セカンド ストリート 北山。 【仕入れ額<利益】セカンドストリートはせどり初心者が最も稼ぎやすい仕入先!

【2020年06月最新】セカンドストリート(ジャンブルストア) 買取の647件のクチコミ・評判・体験談

セカンド ストリート 北山

この記事でわかること• セカンドストリートの支払い方法を全てご紹介 先ずは、セカンドストリートのホームページに表示されている、現金以外の支払い方法を確認しておきましょう。 ご覧のように13種類の決済方法があるんですね。 ではこれらを種類別に整理していきたいと思います。 最初にクレジットカードから。 クレジットカード セカンドストリートでは、次のカード会社のものが使えます。 VISA• Master• JCB• DINERS• AMERICAN EXPRESS• DISCOVER• SAISON• AEON• 銀聯クレジット このように、全部で 10種類のカードが使えるんですね。 自分の持っているカードがどのカード会社のものか確認してみてくださいね。 続いて電子マネーについて確認していきます。 上記サイトにもありますが、セカンドストリートってゲオグループのお店なんですね! ですから、Luecaカードはセカンドストリートだけじゃなくて、ゲオでももらえますよ。 実際のカードがどんなものか、Twitterにありましたのでご紹介しましょう。 ゲオ専用ルエカカード作りました — 忌憚茶羽化 kitanntyauka ご覧のように、カエルがモチーフなんですね。 このツイートには「ゲオ専用」となってますが、上記サイトにもあるように、現在ではセカンドストリートでも使えますのでご安心を。 入会金も年会費も無料ですので持っていても損はないと思います。 では次に、セカンドストリートの決済で使えないものも見ておきましょう。 では続いて、ポイントカードに関する情報を確認しておきましょう。 セカンドストリートで使えるポイントカード Pontaカード セカンドストリートでは Pontaカードが使えます。 セカンドストリートでの現金での買い物や買い取りの時にPontaカードを提示すると、次のようにポイントが貯められますよ。 買い物100円ごとに1ポイント• 買い取り100円ごとに1ポイント そして、1ポイント1円として使うことができます。 なお、ここで一つだけ気を付けたいことがあります。 以下をご覧ください。 引用元: ここに「提携外クレジットカード」ってありますよね。 「じゃぁ、提携クレジットカードって何?」ってなりませんか? そこで早速近くのお店に「 提携クレジットカードって何ですか?」って電話で問い合わせてみました。 ところで、Pontaカード以外の共通ポイントカードは、セカンドストリートで使えるのでしょうか?このことも気になったので、調べてみましたよ。 使えない共通ポイントカードは? 残念ながらセカンドストリートでは、Pontaカード以外の共通ポイントは 使えません。 これも先ほどの店舗に電話で確認しました。 つまり、楽天ポイントカード、dポイントカード、Tポイントカードなどのポイントカードは提携していないんですね。 しかし、今回ちょっとお得な情報をキャッチしました!それは、 Pontaポイントはdポイントに等価交換できる ってことなんですよ。 ですから、dポイントを貯めたいって方は、セカンドストリートでの買い物や買い取りでPontaポイントを貯めて、dポイントに交換すれば、間接的にですが、dポイントを貯めることができますよ。 ただし交換できるのは100Pontaポイント以上からで、100ポイント単位となっています。 交換はこちらのサイトからできます。 さらにオトクなクレジットカードとの合わせワザをご紹介 楽天クレジットカード+auウォレット これはauユーザーさんで、楽天ポイントを貯めているって方におすすめです。 auウォレットへのチャージを楽天カードですることで、楽天ポイントを貯められますよ。 100円チャージするごとに楽天ポイントが1ポイント貯まります。 楽天カードが気になる方はこちらをご覧ください。 リクルートカードの還元率は1. ですからauウォレットに1,000円チャージすると12リクルートポイント貯まります。 そして、リクルートポイントはPontaポイントにチャージできるんですよ。 さらにこれを、先ほどご覧いただいたように、dポイントに交換することで、dポイントを貯めることができますよ。 ちょっと手間がかかりますが、dポイントに集中して貯めたいって方はぜひおためしください。 クレジット機能の付いたPontaカードで支払ってPontaポイントを貯めて、ある程度貯まったらdポイントに交換するやり方ですね。 以上、ご自分の貯めたいポイントに合わせてためしてみてください。 では最後に、全体の要点をまとめておきましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回はセカンドストリートの支払い方法についてまとめてみました。 クレジットカードはほとんど利用できますが、電子マネーはほとんど使えないということがわかりましたね。 他の記事でも書かせてもらってますが、最近は現金以外の支払い方法が多様化していますよね。 セカンドストリートでも楽天EdyやiD、交通系電子マネーも使えるようになると良いですね。 ではまとめてみましょう。 セカンドストリートでは、VISA、Master、JCB、DINERS、AMERICAN EXPRESS、DISCOVER、SAISON、AEON、UC、銀聯のクレジットカードが使える• セカンドストリートでは、電子マネーとしてLINE Pay、JCB PREMO、auウォレット、Luecaが使える• セカンドストリートでは、デビットカード、交通系電子マネーや楽天Edy、nanaco、WAON、iDは採用してない• セカンドストリートで使えるポイントカードはPontaカードのみ• Pontaポイントはdポイントへの交換が可能 私は楽天ポイントを貯めることにこだわっていますので、楽天クレジットカードで支払いをしていますが、Pontaポイントやdポイントを貯めている方にも、今回の記事がお役に立てればうれしいですね。 他にもいろんなお店の支払い方法について調べていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

次の

セカンドストリートの口コミ・評判 | みん評

セカンド ストリート 北山

250円の商品が3点なので、おそらくノーブランド品が250円として査定されているのではないかと思います。 定価が低いブラウス(定価:2,000円・値札付き)とスキニー(定価:1,700円)が850円で売れたのは意外でした。 ワンピース(定価:9,000円)は値札付きで価格が明確に分かるため、もう少し大きい金額になることを期待していたのですが、他のブランド品と同じ850円で売れたのも意外です。 今回わたしが査定してもらった服の場合は、どれも同じような価格帯、ターゲット層のブランド品だったため、 同じカテゴリのブランドとして査定されているのではないかと思います。 なおかつ 状態はすべて同じ(タグ付き)だったため、定価に関係なく「850円」という査定がついたのでしょう。 ちなみにブランドは「 MERCURYDUO(マーキュリーデュオ)」、「 LEPSIM レプシィム 」などの10代~30代向けのブランドです。 ということで、このあたりのブランド品を買い取り査定に出す場合、状況によって変動するとは思いますが、 良くて850円程度なのではないかと思った買い取り体験でした。 トレンドの商品だったり、店頭の在庫が少ないときであればもっと高く買い取ってもらえたかな? 使用感のある服:35着で400円ほどの査定 部屋を整理していると、 系統が変わって着られなくなった服が大量に出てきたことがあります。 その数おおよそ 35着。 ざっくりと特徴をまとめてみると、• ブランド• どんなアイテムか(トレンド)• 在庫状況• 査定するスタッフ 同じ商品を同じ時期に持ち込んでも、例えば在庫状況や査定するスタッフによって、買い取り価格が異なるなんてこともそりゃああると思います。 特にビンテージものとかは査定するスタッフによって金額が変わりそうですよね。 そのあたりはこちらでコントロールすることは難しいですが、売るときに 少し状態が良く見えるようにしてみたり、 需要がありそうな時期に売るなどの工夫をすれば、もしかするとちょっと高いランクで査定してもらえるかもしれません。 高く買い取ってもらうには? どうせ買い取ってもらうなら高く買い取ってほしいですよね。 セカンドストリートで高く売るのに知っておきたいポイントも見ていきましょう。 セカンドストリートが掲げる「高く売るコツ」を押さえておこう セカンドストリートでは「高く売るコツ」として以下のような項目を掲げています。 トレンドのアイテム ブランド・ノーブランド問わず、流行に応じたデザインであればあるほどお値段がつきやすくなります! キレイな状態 汚れやキズ、匂いのないキレイな状態ほど、お値段がつきやすくなります! お売りいただくベストなタイミング 衣料品買取の最適なタイミングは、その商品が必要になる時期とは、少しずれています。 たとえば春物なら、実際に春物が欲しくなる時期より少し前が、お値段がつきやすくなります! :セカンドストリート 上記は自分でコントロールしやすい項目なのでぜひ知っておきたいポイント。 個人的には「 キレイな状態で査定に出す」というのは特に気にかけています。 服に髪の毛や汚れなどがないかの確認はもちろんですが、さらにちょっと状態が良く見えるように 笑 きれいに畳んで、ちょっとキレイめな紙袋などに入れて査定に出すようにしています。 実際のところは上記の項目に加えて、先ほど「査定基準」でもお話した 在庫状況や 査定するスタッフによっても査定金額は大きく前後してくるのではないかと思いますが、とりあえず自分でできることはしておきたいですね。 買い取り価格アップキャンペーンを利用 セカンドストリートではたまに「 買い取り価格アップキャンペーン」というものを開催しています。 :セカンドストリート 買い取り金額アップキャンペーンは不定期で行われます。 に登録しておくとキャンペーンの通知が来て便利ですよ。 買い取り金額アップの対象外の商品があったり、キャンペーンを実施していない店舗もあるようですが、タイミングが合えばぜひこの時期を狙って買い取りに出してみましょう。 実はゲオグループでは、ゲオやセカンドストリートで利用できる「 Lueca(ルエカ)」というプリペイドカードを発行しています。 この「Lueca(ルエカ)」は事前にチャージしておくことで、 ゲオやセカンドストリートで現金いらずで決済ができるというもの。 例えば査定金額が5,000円だった場合、現金で受け取ると売上金は5,000円となりますが、「Lueca(ルエカ)」で受け取ると 5,500円がチャージされます。 「Lueca(ルエカ)」の利用先はゲオとセカンドストリートしかなく(2020年4月現在)、あまり利便性が高いとは言えませんが、これらのお店を頻繁に利用するのであればぜひ利用しておきたいですね。 セカンドストリートとブックオフ、どちらの方が買い取り価格が高いのか? リサイクルショップに服を持ち込んで売る場合、お店によって査定金額にバラつきがあります。 自分がよく利用するお店の特徴を知って査定に出すと、さらにお得に買い取りをしてもらえるかもしれません。 例えば「 セカンドストリート」と「 ブックオフ」。 冒頭でお話した服を売ったときの値段ですが、実はこのときわたしはブックオフにも査定を依頼しています。 でもこのときの査定金額には大きな差がありました。 着用感のある服35着(ノーブランドも多く含む) セカンドストリート:400円 ブックオフ:1,800円 ブランドものであれば、セカンドストリートはやっぱりちょっと高めに買い取ってくれる印象です。 ただ、着用感のある服やノーブランドの服などは、セカンドストリートでは「衣料品C」や「エコ買い取り」の対象となりやすく、査定金額が低くなりがちでした。 それに対して、ブックオフも着用感のある服やノーブランドの服は全体的に査定金額は低めではあるものの、 たまに50円の値段がつくものもあり、タグ付きの服は200円くらいで査定されていました。 以上のことから、わたしはリサイクルショップに服を買い取ってもらう場合は以下のように使い分けをしています。 笑 まとめ:ブランドものならセカンドストリートで売ると意外な金額になる セカンドストリートは「 買い取り価格がひどい」というお話をちらほら目にしますが、状況によっては意外に高めに買い取ってもらえます。 特にブランドものであれば一度セカンドストリートで査定してもらう価値アリ。 ただ、買い取り価格が低くなってしまったり、期待していた金額より少なくてガッカリしてしまうこともあるようです。 査定してもらうのは無料ですので、「まだ使えるけど捨てるのはもったいないなぁ」という商品があればぜひ一度査定に出してみましょう。 ちょっとしたお小遣いになるとうれしいですね。

次の

【仕入れ額<利益】セカンドストリートはせどり初心者が最も稼ぎやすい仕入先!

セカンド ストリート 北山

サイト 会社名 株式会社ゲオホールディングス 設立 1989年1月 代表者 遠藤 結蔵 資本金 89億6,900万円 古物商許可番号 愛知県公安委員会第542541106300号 東京都公安委員会第第304371104878号 セカンドストリートの概要 大手企業のゲオホールディングスが提供するリユースサービス・セカンドストリート。 レディース・メンズ問わずに古着の買取をしている他、靴やバッグ、アクセサリーも売却することができます。 ハイブランド以外の洋服も買取対象になっているので、ブランド問わずに不要な古着を処分できるのがポイントでしょう。 店頭での買取に加えて、宅配買取サービスも実施しているため、近場にセカンドストリートがない方でも問題なく利用できます。 セカンドストリートの買取対象・ジャンル・実績 買取対象ブランド NIKE エアーマックス95 ネオン 20,000円 押さえておきたいセカンドストリートの特徴的なサービス 全ての買取方法が無料で利用できる! セカンドストリートでは、全国にある600店舗以上のお店で店頭買取を実施している他、宅配買取と出張買取のサービスも提供しています。 どの買取方法を利用しても査定料はかからないのがポイントですが、買取方法によって売却できる商品が異なり、 出張買取ではブランド品や古着を売ることはできないのでその点だけ注意してください。 近くにお店がない方や、忙しい方は宅配買取を利用して不要なブランド品を売るのも良いでしょう。 宅配買取なら、 無料で自宅まで荷物を集荷に来てもらえるので、自宅から出るのが億劫な方にもピッタリです。 宅配買取は1点から利用可能 セカンドストリートの宅配買取は、 商品を査定に出す際の送料は全額店舗が負担してくれます。 買取成約時の代金の振込手数量もお店負担のため、利用者は余計なお金をかけずにブランド品を売却できるのが嬉しいポイントです。 さらに、古着の宅配買取店の中には、査定に出せる商品の点数条件が定められている所もありますが、 セカンドストリートは1点からでも査定に出すことができるので、売りたい商品の量が少ない方にも使いやすいでしょう。 ただし、宅配買取で査定対象となるのは、箱の高さ・長さ・奥行の3辺の寸法を合算した寸法が160センチ以内の荷物に限られるので、大量の商品や大きなブランド品を売る予定の方は注意してください。 不定期でお得なキャンペーンを開催 セカンドストリートでは、「衣料品・服飾品指定ブランド買取金額20%UP」や、「指定ブランドアイテム買取成立で同時にお売りいただいたお品物全て20%UP」といった、買取金額が上がるお得なキャンペーンを不定期で実施しています。 キャンペーン期間中は、 通常よりもお得にブランド品や古着を売れるチャンスなので、有効活用しましょう。 キャンペーンは、一部の商品は適用対象外となってしまったり、他のクーポンやサービスが併用できないので、その点だけ注意しましょう。 基本的に 開催中のキャンペーンは公式HPで詳しく紹介されているので、申し込み前にチェックしてみるのも有効です。 【メリット】セカンドストリートの強み・優れた点 梱包材は無料でプレゼント 宅配買取を利用する場合、ブランドバッグや古着はダンボール箱に入れて送ることになりますが、 梱包材はお店が手配してくれるので、自分で用意する必要はありません。 100サイズと120サイズの2種類を提供しているので、売りたい商品の量や大きさに合わせて選択すると良いでしょう。 もちろん自分で用意したダンボール箱を使って商品を発送することも可能です。 自分で梱包材を用意した場合、 集荷日にドライバーが送り状を持って荷物を取りに来るので、集荷日までに荷物の梱包を済ませておきましょう。 宅配キットが届くまでに、数日かかるため、急ぎの方は自宅にあるダンボール箱や、通販で届いた箱を再利用して荷物を送るのも有効です。 キャンセル料も無料だから安心 万が一査定に出した商品の買取価格に納得がいかなかった場合、買取をキャンセルして商品を返品してもらうことも可能です。 キャンセル時の返送料はお店が負担してくれるので、返送料をとられることはありません。 また、キャンセル料も発生しないので、金額に不満があれば気軽に買取をキャンセルできます。 往復の送料が無料なので、試しに買取金額だけ知りたい方も利用してみると良いでしょう。 ただし、査定結果が届いてから30日以内に承諾・キャンセルの旨を返信しない場合、 商品は着払いで送り返されてしまうのでその点は注意してください。 買取可能なブランドが豊富 セカンドストリートでは、ブランド品ならシャネルやルイヴィトン、古着だとバーバリーやアクアスキュータム、モンクレールといった有名なブランドを主に買取していますが、 中堅ブランドやスポーツブランドも売却することは可能です。 さらに、マイナーなブランドやノーブランドも買取対象になっているのが嬉しいポイントですが、ノーブランドと一部の商品は宅配買取だと値段が付かない恐れがあります。 ブランドのジャンル問わずに買取しているのは、店頭買取のみとなっているため、売りたい商品のブランドによっては注意が必要です。 HPには、ブランド名を入力することで、取扱いしているかどうか確認できる検索機能があるので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。 【デメリット】セカンドストリートを使うときの注意点 買取条件が厳しいブランドも 幅広い種類のブランドを買取対象としているのがセカンドストリートの強みですが、商品の状態によっては有名なブランドでも買取を断られることがあります。 フェンディやプラダ、バレンシアガ、セリーヌなどのハイブランドでも、 国内代理店表記が無いものは買取不可となるので注意が必要です。 また、ハイブランドの腕時計やバレンシアガ、プラダのバッグ・財布、ティファニーのアクセサリーなどは、 ギャランティーカードがないと査定対象外となってしまいます。 ブランドごとに買取可能な条件が定められているので、自分の売りたい商品が買取できるかどうか不安な方は、HPにある「買取に条件がある商品」に目を通しておくのがオススメです。 査定額に期待が持てない ブランドアイテムや古着を売る際に気になるのが商品の買取価格ですが、残念ながら口コミを見る限りセカンドストリートの 買取価格は他店と比べても安めのようです。 「100点以上の商品を持ち込んだけどほとんど1円買取になった」「自分が10円で買い取られた服が1,000円で売られていた」などの口コミもあり、買取価格については不満を持っている利用者が多いことが分かります。 有名ブランドの商品を売っても高値になることはほとんどないようなので、高価買取を狙ってサービスを利用する方には不向きです。 元値の高いアイテムを売りたい人よりも、値段を気にせず不要な物を処分したい方の利用をオススメします。 店頭スタッフの評価が不評 セカンドストリートの店頭買取を利用したことがある人たちの口コミを調べると、「言葉づかいも悪くかなり無礼だった」「裏で客に対して文句を言っているのが聞こえた」など、 スタッフに対して悪い印象を持っている声が多数あります。 もちろん全てのスタッフの態度が悪いわけではないものの、接客態度を重視する方の利用は不向きと言えるでしょう。 また、「ブランドに全然詳しくない」「何を根拠に査定しているのか分からない」など、 査定スキルを疑う口コミもあるため、担当した査定士によっては、商品に見合わない不当な値段を付けられてしまうこともありえます。 利用者の口コミでセカンドストリートを解明! セカンドストリートの口コミ・評判.

次の