お聞かせ願いたく存じます。 お聞きしたいお聞かせ願いたい↑どう違うんでしょうか?使い方も教えてください...

「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

お聞かせ願いたく存じます

「お聞かせください」は、敬語表現としてやや失礼になる場合があります。 「お聞かせください」自体は、間違いではありません。 しかし、「お聞かせください」の「ください」という部分には、やや命令的な印象があります。 このような印象の言葉であるため、使われると失礼に感じる人もいるのです。 そのため、別の言い方をした方が無難でしょう。 目上の人に対しては失礼になる可能性が高い 特に目上の人に関しては、「お聞かせください」という敬語は使わない方が正しいでしょう。 目上の人は、特に敬意を表さないとならない存在になります。 そのため、このような失礼に聞こえる可能性がある言葉を使うのは、やはり良くありません。 きちんと敬意が伝わる敬語で、「お聞かせください」と表現していきましょう。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現が適切 では、「お聞かせください」がやや失礼になってしまうであろう人達への敬語表現としては、どのような形が適切になるのでしょうか。 その正解のひとつが、「お聞かせ願えませんか」になります。 「お聞かせ願えませんか」の敬語表現あれば、「ください」という命令的な表現も入っていないため、目上の人に対しても失礼ではありません。 お願いの印象が強く出るため失礼にならない また、「お聞かせ願えませんか」は、「お聞かせください」と比べると、お願いの形になっています。 言葉の中に「願う」が入っているため、よりお願いの印象が強く出るのです。 このような敬語であれば、まず失礼になることはありません。 そのため、「お聞かせください」と目上の人に述べる際は、「お聞かせ願えませんか」と言い換えるといいでしょう。 「お聞かせいただけませんか」も目上の人にふさわしい敬語 「お聞かせください」を目上の人に使っても失礼のない敬語にするには、「お聞かせいただけませんか」にする方法もあります。 「お聞かせいただけませんか」でも、命令ともとれる失礼に聞こえがちな言葉遣いではなくなります。 そのため、適切な敬語表現と言えるのです。 「いただく」は謙譲語になる さらに、「お聞かせいただけませんか」には、「いただく」という謙譲表現が入っています。 自分を下げて相手を上げるため、失礼な敬語表現にならなくなるのです。 謙譲語の言葉の作りになっているため、何かを聞きたいときには「お聞かせいただけませんか」という表現をしていくのも正解です。 「お聞かせください」は失礼に感じられる場合があるため他の敬語に言い換えるのが適切 「お聞かせください」は、敬語として正しい表現かどうかを見てきました。 結論としては、「お聞かせください」の敬語は、必ずしも失礼になる言葉遣いではありません。 しかし、失礼に感じられる場合もあるため、「お聞かせください」ではなく、「お聞かせ願えませんか」や「お聞かせいただけませんか」に言い換えるのがおすすめです。

次の

「存じます」の意味と使い方、言い換え、謙譲語、「思います」との違い

お聞かせ願いたく存じます

「存じます」の読み方と意味 「存じます」の読み方は「ぞんじます」 「存じます」は「 ぞんじます」と読みます。 「そんじます」とは読まないので注意しましょう。 「存」は音読みで「ソン・ゾン」、訓読みで「ある・ながらえる・たもつ・とう」と読みます。 「存じます」の意味は「思います」「知っています」 「存じます」の意味は「 思います」「 知っています」です。 「存ずる」は謙譲語、「ます」は丁寧語 「存じます」は、 「思う」「知る」の謙譲語「存ずる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「存じます」は「思います」「知っています」の謙譲表現です。 自分自身をへりくだった言い方で、目上の人に対して使うことができます。 謙譲語は敬語の一つで、自分の行いをへりくだることで相手に敬意を示せます。 「思います」「知っています」の「ます」も丁寧語なので敬語ですが、謙譲語「存じます」を使うと、より丁寧な表現になります。 「いただく」は「もらう」の謙譲語で、「たい」は希望を表す助動詞です。 「いただきたく存じます」は、 目上の人に対してお願いをする場合に使う言い回しです。 例えば、目上の人に資料を確認してほしい場合に「資料をご確認いただきたく存じます」などと言います。 依頼だけではなく、都合がつかず誘いを断るときに「辞退させていただきたく存じます」などと使うこともできます。 例文 ・先日の件について明日までにご連絡いただきたく存じます。 ・日程を決定するにあたって皆様のご都合をお聞かせいただきたく存じます。 「ことと存じます」は「〜と思います」 「ことと存じます」は「 〜と思います」を意味します。 例えば、「お忙しいことと存じます」といった場合は「(あなたは)お忙しいと思います」という意味になります。 「つつがなくお過ごしのことと存じます」と手紙で書いたり、「ご多忙のことと存じます」とビジネスメールで使ったりします。 「ことと存じます」と言う他に、「かと存じます」と言う場合もあります。 ・お忙しいことと存じますが、是非ご出席いただけますようお願いいたします。 「存じますが」は「知っていますが」 「存じますが」は「 知っていますが」という意味です。 「存じますが」は依頼をする場合に使う言い回しです。 例えば、「お忙しいとは存じますが」と言います。 「お忙しいとは存じますが」ということで、相手への配慮を示すことができます。 例文 ・お忙しいとは存じますが、今週中までにご返答くださいますようお願いいたします。 「いただければと存じます」は「〜してもらえたらと思う」 「いただければと存じます」は「 〜してもらえたらと思う」と願望を表す言い回しです。 相手に依頼をする場合に使います。 例えば、「ご連絡いただければと存じます」といった場合は「ご連絡してもらえたらと思う」という意味になります。 例文 ・お詫びの品をお送りいたしましたので、ご笑納いただければと存じます。 ・新しい企画内容を送付いたしましたので、ご検討いただければと存じます。 「お願いしたく存じます」は「お願いしたいと思います」 「お願いしたく存じます」は「 お願いしたいと思います」という意味になります。 目上の人に依頼をする場合に使う表現です。 「お願いしたいと思う」という表現は回りくどいですが、その結果遠慮の気持ちを表すことができます。 「大変申し訳ありませんが、お願いしたく存じます」「お手数をおかけしますが、お願いしたく存じます」などと、クッション言葉を入れるとより丁寧になります。 例文 ・お早めにお手続きくださいますよう、お願いしたく存じます。 ご理解いただけますようお願いしたく存じます。 「〜と存じますがいかがでしょうか」は「〜と思いますがどうでしょうか」 「〜と存じますがいかがでしょうか」は「 〜と思いますがどうでしょうか」と提案する表現です。 「私はこう思いますがあなたはどうですか」と自分が思っていることを伝えた上で相手の状態を尋ねたり、感想を求める場合に使うのが適します。 「いかがでしょうか」は敬語ですので、目上の人に対して使うことができます。 例文 ・来週の水曜日、御社にお伺いしたいと存じますがいかがでしょうか。 ・ご返事は来月直接お伺いしたいと存じますがいかがでしょうか。 「問題ないかと存じます」は「問題ないと思います」 「問題ないかと存じます」は「 問題ないと思います」です。 相手からの連絡や確認に対して何も問題がなかった場合に「問題ないかと存じます」を用います。 例えば、相手の提案について良いかどうか聞かれた場合に「問題ないかと存じます」と答えることができます。 例文 ・そちらの案で問題ないかと存じます。 ・そちらの内容で問題ないかと存じます。 引き続きよろしくお願いいたします。 「失礼かと存じますが」は「失礼かと思いますが」 「失礼かと存じますが」は「 失礼だと思いますが」という意味です。 相手に対して失礼になることをお願いする場合に使う表現です。 例えば、直接お礼を言うべきところをある事情によって手紙で伝えることになった場合に「失礼かと存じますが書面をもちましてお礼を申し述べます」と使うことができます。 「失礼かと存じますが」は、要件の前につけるのが良いです。 例文 ・昨日お送りいただいたメールを間違えて削除してしまいました。 失礼かと存じますがもう一度送っていただけますか。 ・大変失礼かと存じますがご検討くださいますようお願い申し上げます。 相手のおかげで物事を成功することができた、上手くいった際に使います。 例えば、「今回のプロジェクトの成功は皆様のおかげと存じます」といった場合は、プロジェクトが成功したのは皆様のおかげであると、感謝の思いを表します。 例文 ・当店が無事5周年を迎えることができたのは皆様のおかげと存じます。 ・今回、特別賞を受賞できたのは先生のおかげと存じます。 「ありがとう存じます」は「ありがたいと思います」 「ありがとう存じます」は 相手の厚意に対して、感謝の気持ちを伝える言い回しです。 「ありがとう存じます」は「ありがたいと思います」と同じ意味ですが、あまり一般的には使われません。 例文 ・先日お願いした件ですが迅速なご対応をいただき、ありがとう存じます。 ・お忙しい中お越しいただき、ありがとう存じます。 「〜できればと存じます」は「可能ならば〜したいと思います」 「〜できればと存じます」は「 可能であるならば〜したいと思います」という意味です。 「できれば」の意味は「できるのであれば、可能だったら」です。 「〜できればと存じます」は、相手にお願いをする場合に使う言い回しです。 例文 ・内容が決定し次第、ご連絡できればと存じます。 ・確認してまいりますので、お時間を頂戴できればと存じます。 「幸甚と存じます」 「幸甚と存じます」は「 こうじんとぞんじます」と読みます。 「幸甚」の意味は「この上ない幸せ」で、「幸甚と存じます」とすると「 とてもありがたく思っている、これ以上ないほどの幸せだと思う」という意味になります。 元々は手紙でよく使われていましたが、最近はビジネスメールにおいて使われることが多くなりました。 「幸甚と存じます」は感謝の気持ちを伝える場合、依頼をする場合に使う言い回しです。 ・お忙しいところ申し訳ありませんが、資料をご確認いただければ幸甚と存じます。 「存じます」の使用上の注意点 「存じます」は使いすぎない 「存じます」は非常に丁寧な表現ですが、使いすぎてしまうと相手にしつこい印象を与えてしまいます。 また、あらたまった場面ではないときに使ってしまうと、不自然になってしまいます。 敬語を多用すると、慇懃無礼になってしまうので注意です。 一回のメールで複数回「存じます」使っている場合は「 思います」で代用すればよいでしょう。 「思います」も丁寧語「ます」が付いているので、正しい敬語です。 「させていただきたく存じます」は相手の許可が必要な場合に使う 「させていただきたく存じます」という言い回しは、使い方に注意が必要です。 「させていただきたく存じます」は 相手のが許可が必要な場合や相手から頼まれたことに対して使います。 (相手から依頼されたということは実質許可がおりているということになります) 「させていただきたく存じます」は「〜させてもらいと思う」という意味です。 「させてもらう」=「相手からの許可」ということになります。 「存じます」の類語・言い換え 承知 「承知」は「 事情を知っていること、頼みを聞き入れること」を意味します。 「相手の依頼や希望、命令などを聞き入れる」という丁寧な意味を持つ言葉ですが、熟語自体は謙譲語ではありません。 ビジネスメールでは「承知しております」「承知しました」「承知いたしました」などの形で非常によく使います。 「知っています」という意味で「存じます」を使っている場合、「承知しております」に言い換えることができます。 例文 ・プロジェクトの内容が変更になった旨を承知しております。 ・日程変更の件、承知いたしました。 所存 「所存」は「 しょぞん」と読みます。 「所存」は「 心の中で思っていること」を意味します。 「所存です」「所存でございます」といったように使います。 「所存です」は自分が心の中で思っていることや、考えを述べる場合に使う言い回しです。 自分をへりくだるニュアンスが含まれているため、目上の人に対して使うことができます。 例文 ・同じミスを繰り返さないよう、一生懸命努めてまいる所存です。 ・退院しましたら、後日改めてご挨拶に伺う所存でございます。

次の

「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

お聞かせ願いたく存じます

【スポンサードリンク】 「お時間をいただきたいのですが」 ビジネスシーンでは頻繁に使う言葉です。 「お時間をいただきたい」との語は、 上司や先輩、目上の人に 相談事をするときに使われます。 目上の人にいきなり相談するのは 相手の都合を無視して一方的ととらえられ、 相手に失礼な行為となりかねません。 上司などに口頭で伺う際は 「ご都合の良いときお時間いただけませんか」 目上の人に手紙などを出す場合は 「ご相談したく、お時間頂ければ幸いです」 このように使ったりします。 「お時間をいただきたい」と ワンクッション置くことで 目上の人への謙虚な気持ちを 伝えることができます。 自分も営業マン時代はもちろん、 現在も日常会話でよく使います。 気軽に言え使い勝手が良い言葉ですね。 もっと丁寧な敬語があるのでは? などと思ったりもしますが ビジネス会話であれば 「お時間を頂きたいのですが…」 としても何ら失礼にはあたりません。 但し、ビジネスメールや文書においては より堅苦しい敬語フレーズが使われます。 なぜかというと、会話と違い、 態度や敬意を示す事が出来ないからです。 メールにおいては丁寧な敬語を 使うことが上司や目上にの人に対する 最大限の配慮だからです。 ですから、 ビジネスメールや文書においては 丁寧な敬語に言い換えるべきです。 今日は「お時間をいただきたい」の ビジネスシーンでの 使い方を考えてみましょう。 「お時間をいただきたい」の意味 「お時間をいただきたい」は、 「あなたの時間をもらいたい」 との意味になります。 簡単に言うと、 「時間を割いて欲しい」 「あなたの時間をください」 と言ったこちらの希望を表しています。 ですが、 このままだとストレート過ぎて 相手に失礼に当たりますよね。 そこで、 「時間をもらう」に「お」がついて 「~してもらう」を「~いただく」 に変換して敬語表現にしています。 「お時間をいただきたい」と伝えるビジネスシーン 主に会話・電話対応で使われる 「お時間をいただけますか」は ビジネスメールよりも、 電話対応や商談・会話シーンで 多く使われます。 メールに使って失礼との意味ではありません。 例文としては、 ・面談のお時間をいただけますか。 ・打合わせのお時間をいただけますでしょうか。 ビジネスメールの場合 電話や会話では、 「お時間をいただけますか」 「お時間をいただきたいのですが」 これで良いのですが メールや手紙は直相手からの返事がありません。 先にも述べましたが表情や敬意が伝わりません。 そこで、 ・お時間をいただきたく存じます。 ・お時間をいただきたく、お願いいたします。 ・お時間をいただければと存じます。 ・お時間をいただければ幸いです。 ・お時間をくださいますようお願いいたします。 このように自分の意思や願望をつたえる 敬語を代わりに選びます。 「お時間をいただきたい」のNG例と言い換え お時間をいただきたい。 お時間を割いてください。 お時間貰っても良いですか。 お時間をいただけなければ困ります。 お時間をいただきたいのですが恐縮です。 お時間をいただければ恐れ入ります。 お時間をいただければありがとうございます。 このような使い方はNGです。 そして、上司や目上の人、取引先に いきなり「お時間をいただきたい!」 では失礼ですよね。 ここでは「お時間をいただきたい」 のより丁寧な言い換え、 ビジネスシーンでの使い方を紹介します。 「お時間をいただきたく存じます」 アポイント・面談・打合せを 依頼する際に使います。 口頭でも良いですがメールで多く使われます。 取引先など社外あてに限らず、 上司や目上など社内あての メールにも使えます。 アポイントメール の場合 例としては 平素大変お世話になっております。 (株)〇〇の新担当の川村です。 ご挨拶かたがた貴社訪問 させていたしたく存じます。 突然のお願いにて誠に申し訳ございません。 よろしけければ、来週1時間ほど、 お時間をいただきたく存じますが、 ご都合はいかがでしょうか。 勝手を申し上げますが、 ご検討の程よろしくお願いいたします。 打合せ依頼メール これは上司に打合せを依頼しています。 お疲れ様です。 現場の工事の進捗状況の報告 ならびに相談したい事項があります。 よろしければ今週どこかで 1時間ほど打ち合わせの お時間をいただきたく存じます ご都合のほどはいかがでしょうか。 同様の意味の表現としては、 ・お時間をいただければと存じます ・お時間をいただければ幸いです ・お時間を頂戴できればと存じます ・お時間をいただけますでしょうか などがあります。 「お時間をいただき」の使い方 細切れに「お時間をいただき」の 使い方を紹介してきましたが ここでおさらいをしておきましょう。 場面に合わせて考えていきます。 メール 「お時間をいただき」というフレーズを メールで伝える場合は、その日中に メールを送ることを心がけましょう。 お礼を送るメールは早いほどいいです。 お礼の気持ちのこもったメールは その人と会って家や会社に戻ったあと すぐに送るようにしましょう。 遅くともその日中に送るか、 翌日の朝一番でおくるようにしてください。 すぐに送ることで相手に伝わる感謝も さらに倍増します。 挨拶 「お時間をいただき」を 挨拶のときに伝える場合は、 最初に伝えるようにしましょう。 「本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます」 相手と会った瞬間に丁寧に伝えます。 相手の心地も良くなるはずです。 手紙 「お時間をいただき」を 文頭で使うようにします。 そして、 手紙もなるべく早く送るようにしましょう。 手紙で伝える場合は、 メールよりも時間が空いてしまいます。 その分、 感謝の気持ちを文面に込めてください。 上司に言う場合 ・「本日はお時間をいただき、ありがとうございます。 」 上司は普段から関係が深いため、 素直に伝わりやすい感謝を伝えます。 挨拶はすばやく済ませ本題にはいりましょう。 取引先に言う場合 ・「本日は貴重なお時間をいただき面談することができること、大変ありがたく思います。 」 取引先相手には、第一印象が大切です。 時間をとっていただいたことに 大きな感謝を伝えましょう。 ビジネス(人間関係)での第一印象は 思いのほか大きいものです。 最初が肝心であることを忘れないでください。 お時間をいただきの例文 「お時間をいただき」の例文を考えてみます。 ・「お時間をいただき、ありがとうございます」 自分のために時間を作っていただいたことに 感謝の気持ちを込めて、素直に伝えましょう。 面談終了、最後の時点で再び、 「本日は貴重なお時間をいただき、 ありがとうございました」 で締めくくります。 ・「お時間をいただきまして、感謝しております」 ・「お時間をいただきたく存じます」 ・「お時間をいただき、恐縮です」 ・「お時間をいただき、光栄です」 このような言い回しが多く使われています。 「お時間をいただきたい」お勧め文例30選 「お時間をいただきたい」 の文例をケース別に紹介します。 参考にしてみてください。 メール 1、「ご挨拶兼ねて貴社訪問いたしたく存じます。 よろしければ、以下候補のうちから1時間ほどお時間をいただきたく存じますが、ご都合はいかがでしょうか。 」 2、「先日ご依頼をいただきました、お見積もりができあがりましたので、ご多忙のところ恐縮ですが、一度打ち合わせのお時間をいただきたく存じます。 」 3、「この度新担当になりました上原と申します。 突然ではございますが、3月10日10:00に貴社にお伺いしたいと思います。 お時間いただけますでしょうか。 お返事をお待ちしております。 」 4、「最新の市況ご報告のため貴社訪問いたしたく存じます。 よろしければ、以下候補のいずれかでお時間を頂戴できますでしょうか。 」 5、「システムのメンテナンスで2月15日の午後、貴社にお伺いできればと存じます。 お時間いただけますでしょうか。 お差し障りがございましたら、都合の良い日時を折り返しご指示いただければ幸いに存じます。 貴社の製品並びに展開に興味を持ちました。 一度お時間をいただきもう少し詳しくお話を聞かせていただければと思っております。 ご多忙とは存じますがご都合はいかがでしょうか。 」 挨拶 7、「先日は打合せに際して貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 」 8、「本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。 」 9、「お時間をいただきまして、誠に感謝しております。 」 10、「今日は佐藤様にお時間をいただきまして、大変に光栄です。 」 11、「私どものためにお時間を頂戴しまして、誠に恐縮です。 」 12、「月末のご多忙な中、貴重なお時間をいただきましてありがとうございます。 」 手紙 13、「お手数ながら、お時間いただけますかどうか、ご都合のほど、同封のハガキにてお知らせくださいますよう、お願い申し上げます。 」 14、「先日は失礼もかえりみず貴重なお時間をいただきましたこと、心よりお詫び申し上げます。 」 15、「ご依頼へのお返事は、直接お会いして伺いたいと存じます。 一度お時間をいただけませんでしょうか。 ご都合は可能な限り合わせます。 」 16、「弊社来訪のお時間がいただけないようでしたら、私の方からお伺いいたします。 一方的なお願いではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 」 17、「2月2日の弊社セミナーの件ですが、終了後、懇親会を予定しております。 お時間いただけるようでしたらご参加くださいますようお願いいたします。 ご多忙にもかかわらず、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。 」 上司 19、「直近の営業状況につき報告ならびに相談したい事項があり、よろしければ今週~来週のどこかで1時間ほど打ち合わせのお時間をいただきたく存じます。 」 20、「今、お時間をいただいてもよろしいでしょうか」 21、「井川課長に相談したいことがあります。 20分ほどお時間をいただけませんか。 」 22、「つきましては来週の会議の前に加藤部長と打ち合わせさせていただければと思います。 打合せのお時間をいただいてもよろしいでしょうか。 」 23、「金子課長、お忙しいところ恐れ入りますが、C社提案資料のお目通しのお時間をいただくことは可能でしょうか。 」 24、「〇〇現場の進捗状況について部長に報告とご相談があります。 急で恐縮ですが今日か明日夕方以降でお時間いただけないでしょうか。 」 取引先 25、「もしよろしければ1時間ほど面談のお時間を頂戴いたしたく、今週~来週のどこかでいくつか候補日程をいただければ幸いです。 」 26、「もしお時間をいただけるようでしたら、〇〇様のご都合のよろしい日時をいくつか、ご教示いただければ幸いです。 」 27、「29日の13:00にお伺いいたします。 ご都合が悪くなった際はメールにて教えていただきたいと存じます。 」 28、「本日は貴重なお時間をいただき面談することができること、大変ありがたく思います。 」 29、「それでは、今週中にお電話にて、お時間いただけますかどうか、ご都合をお伺いしたいと存じます。 」 30、「御社のご都合がよろしい日時に、1時間程度、工場見学のお時間をいただけないでしょうか。 」 「お時間をいただきたい」営業マンが上手に使うために 「お時間をいただき」というフレーズの 例文や使い方について説明してきました。 ご理解いただけたでしょうか。 営業マン時代、 やはりアポ取りに使うことが多かったです。 それと特に初回訪問の場では必ず、 「お時間いただきありがとうございます」 を使っていました。 このフレーズを使うコツは 相手にとって貴重な時間を割いてもらっている。 これを意識できるかです。 そして、そのことに対して、 素直なお礼の気持ちを伝えられるよう 心がけましょう。 相手の時間は相手の人生の一部ですから、 相手の生命の一部とみることも出来ます。 相手が貴重な生命の一部を 私たちに与えてくれている。 そんな捉え方もできると思います。 とかく営業はアポ取りやプレゼン、 成約、フォローに追われがちで 相手の時間を軽視しがちな傾向にあります。 「時間をいただける」「時間をいただいた」 このことに対する感謝の気持ちが 普段からどれだけ出せているのか。 「時間をいただきたい」を 上手に使うコツはここかもしれません。 相手に感謝の気持ちを持って お礼を言うことは大切なことです。 口に出さなければ最大限の お礼を伝えることが出来ません。 「ありがとう」ということで 自分も相手もあたたかい気持ちになれます。 人間関係を良くするためにも、 「自分に会って下さる」ことに 対しての感謝の気持ちを忘れずに、 声に出して伝えましょう。 【スポンサードリンク】 覚えるだけで出世するビジネス用語大辞典119選.

次の