てい ぼう 日誌。 「放課後ていぼう日誌」面白そうな釣り漫画を見つけたので紹介。

「放課後ていぼう日誌」1巻―青空が眩しい!海辺のアウトドア・ライフ

てい ぼう 日誌

それがこの「放課後ていぼう日誌」です。 あらすじ 海野高校1年生の鶴木陽渚は生き物が苦手なインドア派。 堤防を散歩中、先輩の黒岩と出会ったのをきっかけに謎の「ていぼう部」に入部させられ釣りをはじめることに! 個性的な部員たちに囲まれて、陽渚の高校生活どうなるの!? 感 想 このゆる〜い表紙から想像できないほど。 面白いやんけ! 「釣り」を部活動として行う「ていぼう部」。 なんとセーラー服がユニフォーム。 釣りに潮干狩りに女子高生が大奮闘。 そんな部活動の日々をコミカルに描いた作品です。 ストーリーは…。 都会から引っ越してきた主人公が「ていぼう部」に強引に入部させられるところから始まります。 生き物が苦手で運動音痴。 典型的な、天然ドジっ子。 いかにも、、ですが 笑 そんなドジで生き物苦手の女の子が…。 釣りの楽しみを知っちゃう。 ぐいぐいのめり込んでいっちゃう。 その描き方がお見事! 楽しくなっちゃいます。 そして。 主人公が初心者であるゆえに。 釣りの初歩から描いていくという構成。 とにかくわかりやすい!! 釣りの未経験者でさえも十分に楽しめます。 ていぼう部な人たち。 鶴木 陽渚 つるぎ ひな。 手芸が好きなインドア派。 生き物が苦手な釣り初心者。 帆高 夏海 ほだか なつみ。 ひなとは幼馴染。 元気なムードメーカー。 黒岩悠希 くろいわ ゆうき。 ていぼう部の部長。 ひなを「ていぼう部」に引きずり込む。 大野 真 おおの まこと。 ていぼう部の副部長。 実家は魚屋。 料理がうまい。 How to 本的な! 毎回、釣りのテーマが変わります。 初心者・陽渚に教えるという体で、読者にもわかりやすく、その魚の釣り方、ポイント、仕掛けの作り方などが描かれます。 餌の仕掛け方。 キャスティングの仕方。 ソフトルアーの使い方。 糸の結び方。 う〜ん、ハウツー! いや、ほんと。 ものすごく分かりやすいです。 魚のシメ方まであり。 これも…ハウツー!! さて、評価は? 日常系漫画って。 作画が命な気がします。 作画がおなざりだと、興ざめしてしまうことってありませんか? 大きな魔法やファンタジーなどがない。 身近な日常である分、ごまかしがきかない。 作画の力量が作品の出来を左右してしまいます。 細部までしっかり書き込まれてるからこそ。 安心してその日常の世界に没頭できるというか。 その視点で見ると、本作はとても作画が丁寧で良い! 描き込まれているのに、すっきりと見やすく。 これぞ!日常系漫画!という塩梅です。 2巻まで読了。 釣り好きも、そうでない人も 日常系好きも、そうでない人にも。 人を選ばずオススメできちゃいそう。 これは面白い!の 【星8つ】で。 次巻にも期待。 1巻から読む 2017〜.

次の

「放課後ていぼう日誌」面白そうな釣り漫画を見つけたので紹介。

てい ぼう 日誌

そこで今回は,最近見つけたマンガですが、 「釣り」を題材にした面白そうなマンガがありましたので、みなさんにご紹介したいと思います! その名も 【 放課後ていぼう日誌】です。 女子高生なんて現実にはいないんだなぁ。 簡単なあらすじ 田舎に引っ越してきた主人公の「 鶴木陽渚」は、手芸・編み物が得意で 生き物が大の苦手な高校一年生。 入学する海野高校では手芸部に入り楽しい高校生活を過ごすことを夢見ていた。 ある日、買い物ついでに散歩をしていると、堤防の上をウロウロしている人影を見つける。 右へ左へ、時には座り込むその人を見て陽渚は「もしかして体調が悪いんじゃないか?」と思い、その人に駆け寄る。 しかし、その人物はただ堤防の上で探り釣りをしていただけで、この人物こそが 海野高校ていぼう部部長の「 黒岩悠希」であった。 彼女は陽渚に、絡まった糸を直してくれたお礼にと釣りを教える。 陽渚もせっかくなのでと、やってみたところ ハプニングが発生。 このハプニングを黒岩に上手く使われ、陽渚は 半ば強制的にていぼう部への入部をこじつけられることに。 そして入学後にていぼう部を訪れると、 部長の黒岩・いろいろとでかい2年の大野・陽渚の幼馴染の帆高、そして陽渚。 個性的なメンバーぞろいの ていぼう部で、陽渚の高校生活はどうなってしまうのか。 感想 ていぼう部のメンバーは全員女子高生です。 みたいなのが流行ってるんですかね? このマンガの面白い所は、 なかなか本格的な釣りネタが多い所です。 普段釣りをされてる方でも、 「あ~これ分かる!」「へ~そういうやり方もあるんだ!」という感じで「共感」・「驚き」を感じられます。 しかし決して長ったらしいくどい文章ではなく、程よく入っているので、釣りを実際にされてない方に敬遠されるようなものではありません。 そして絵が見やすい。 クセのある絵面ではなく、万人受けするような絵なのでとても見やすいです。 魚や風景の描写も細かく、釣り場の空気感が伝わってくるようでした。 「釣りをしたことがない人」・「釣りが好きな人」、両方が楽しめる作品だと思います。

次の

放課後ていぼう日誌

てい ぼう 日誌

それがこの「放課後ていぼう日誌」です。 あらすじ 海野高校1年生の鶴木陽渚は生き物が苦手なインドア派。 堤防を散歩中、先輩の黒岩と出会ったのをきっかけに謎の「ていぼう部」に入部させられ釣りをはじめることに! 個性的な部員たちに囲まれて、陽渚の高校生活どうなるの!? 感 想 このゆる〜い表紙から想像できないほど。 面白いやんけ! 「釣り」を部活動として行う「ていぼう部」。 なんとセーラー服がユニフォーム。 釣りに潮干狩りに女子高生が大奮闘。 そんな部活動の日々をコミカルに描いた作品です。 ストーリーは…。 都会から引っ越してきた主人公が「ていぼう部」に強引に入部させられるところから始まります。 生き物が苦手で運動音痴。 典型的な、天然ドジっ子。 いかにも、、ですが 笑 そんなドジで生き物苦手の女の子が…。 釣りの楽しみを知っちゃう。 ぐいぐいのめり込んでいっちゃう。 その描き方がお見事! 楽しくなっちゃいます。 そして。 主人公が初心者であるゆえに。 釣りの初歩から描いていくという構成。 とにかくわかりやすい!! 釣りの未経験者でさえも十分に楽しめます。 ていぼう部な人たち。 鶴木 陽渚 つるぎ ひな。 手芸が好きなインドア派。 生き物が苦手な釣り初心者。 帆高 夏海 ほだか なつみ。 ひなとは幼馴染。 元気なムードメーカー。 黒岩悠希 くろいわ ゆうき。 ていぼう部の部長。 ひなを「ていぼう部」に引きずり込む。 大野 真 おおの まこと。 ていぼう部の副部長。 実家は魚屋。 料理がうまい。 How to 本的な! 毎回、釣りのテーマが変わります。 初心者・陽渚に教えるという体で、読者にもわかりやすく、その魚の釣り方、ポイント、仕掛けの作り方などが描かれます。 餌の仕掛け方。 キャスティングの仕方。 ソフトルアーの使い方。 糸の結び方。 う〜ん、ハウツー! いや、ほんと。 ものすごく分かりやすいです。 魚のシメ方まであり。 これも…ハウツー!! さて、評価は? 日常系漫画って。 作画が命な気がします。 作画がおなざりだと、興ざめしてしまうことってありませんか? 大きな魔法やファンタジーなどがない。 身近な日常である分、ごまかしがきかない。 作画の力量が作品の出来を左右してしまいます。 細部までしっかり書き込まれてるからこそ。 安心してその日常の世界に没頭できるというか。 その視点で見ると、本作はとても作画が丁寧で良い! 描き込まれているのに、すっきりと見やすく。 これぞ!日常系漫画!という塩梅です。 2巻まで読了。 釣り好きも、そうでない人も 日常系好きも、そうでない人にも。 人を選ばずオススメできちゃいそう。 これは面白い!の 【星8つ】で。 次巻にも期待。 1巻から読む 2017〜.

次の