日 向坂 フォーメーション。 【日向坂46】5thシングルのフォーメーションを予想してみました!

【日向坂46】5thシングルのフォーメーションを予想してみました!

日 向坂 フォーメーション

ようやく小坂菜緒が世間に浸透し始めてきたんです。 アイドルグループとしては、けやき坂時代と比べてだいぶメジャーになった日向坂ですが、よく知らない一般人の目線だとようやく小坂の顔を覚えたくらいの感覚だと思います。 顔を覚えるだけというのも凄いことです。 ただ、そのひとつ先を目指したいんですよ。 ファンじゃない人が顔を覚えても名前が出てくるかは定かではありませんし、同じ坂道と比べたとしても齋藤飛鳥や平手友梨奈は顔と名前がかなりの確率で一致するのに対して、小坂はまだそこまでの域には達していないと思います。 これはおひさま視点だからこそ、わかります。 ただ、1年後の東京ドームまでには小坂菜緒をその域まで引き上げる。 その為の日向坂ロードが4thから始まったんじゃないかと、今回のフォーメーションからはそんなメッセージを感じ取りました。 そんなタイミングでセンターというポジションを曖昧な感じにしてくるわけないですよね… 当初、今回のシングルではフォーメーションを変えてくるのでは…と予想しましたが、そこは運営側が徹底していましたし、私自身が「今の日向坂における小坂菜緒をセンターにする理由」についての理解が甘かったと思います。 昨年に続き、今年も小坂菜緒を軸に日向坂は突っ走る!そう考えて間違いなさそうです。 頑張れ!こさかな! 宮田のサポートに期待 小坂菜緒へのプレッシャーは相当なものがかかると思います。 昨年以上にプレッシャーや激務などの負荷がかかると予想されるとは思いますが、仲がよく心の支えにもなっている宮田愛萌を中心に小坂のサポートをしてあげて欲しいと思います。 「宮田愛萌なくして、日向坂なし。 」 今年も献身的なサポートをしてあげて欲しいです。 影で日向坂を支える宮田愛萌。 そんな彼女が私は大好きです。 金村、東村の初フロントに期待 東村のダンスに刮目せよ 東村のダンスパフォーマンスに関しては、もはや今更語る必要もなく、凄いパフォーマンスを毎度見せてくれます。 今までは2列目以降でのパフォーマンスでグループを支えてきましたが、それがついにフロントに来ます。 ライブなどでは双眼鏡などを使えば彼女のパフォーマンスの素晴らしさは追えるのですが、テレビの歌番組などだとその魅力がどうしても半減してしまっていました… それが、フロントに配置されることによってテレビカメラを通してもその魅力が遺憾なく発揮されるわけです! どうなるのか今から楽しみですね。 金村は日向坂の未来 凄く真面目でひたむきさが伝わってきて応援したくなる金村美玖。 私自身、彼女のそういう面が一番好きなところです。 メッセージアプリも頻繁に送ってきてくれ本当によく頑張ってくれています。 敬語の口調とかも凄い好きです 笑 真面目さが本人のコンプレックスなのかもしれませんが、そういう面も含めてが金村美玖という魅力的な人間なので、その性格を財産だと思ってほしいです。 前述では東村のダンスに触れましたが金村のダンスパフォーマンスも私は凄く好きで(特にキツネが好きです)、ダンス面でも楽しみです。 年齢的にも全体的なバランスを見ても日向坂の将来は小坂・金村・河田あたりが中心人物になると思っていますし、そうならなきゃいけないと思っています。 今回はそうなるべきチャンスのひとつだとも思いますので、期待したいですね。 特に潮と富田の2列目ということに関しては深い意味があると思うんですよね。 この2人は最近の「日向坂で会いましょう」では本当にグイグイ前に出てきていますし、ようやく番組内での自分のキャラクターを掴めたような気がするんですよ。 それこそ「ひらがな推し」時代と比べたらそりゃもう全然違います。 潮は謎アイテムや霊感などでの怪しい感じのキャラで覚醒中で、元々声質が良く、喋りも上手いことからその怪しいキャラとの相性が抜群で一気に番組の中心人物になった感があります。 富田はHINABINGOでの小藪さんとの絡み以降、本当に良くなったなぁ…と常々感心しています。 富田の良いところは本当は怖いけど、怖くないふりをして頑張るところです。 本人は不本意かもしれませんが、そういう泥臭い人間ってグループには必要だし凄く応援したいし魅力的な人間なんですよ。 最近はその頑張りが目に見えて視聴者側に伝わってくるんですよね。 放送には乗っていない部分でも(本当は怖いけど)恐れ知らずな絡みを仕掛けているんだなと思うと、なんだかこっちまで涙が出てきてしまいますし、その頑張りが報われて欲しいなと強く思うんですよ。 テレビにはフォーメーション発表の様子が映ることはありませんでしたが、たぶん今回の発表を受けて本人は泣いたと思います。 潮、富田両名は努力が報われる瞬間だったと思います。 その涙の価値を改めて理解してほしいです。 「その位置は自分達が頑張って自ら掴んだものだよ」と… 本当におめでとう! 今後はフォーメーションだけでなく、ホームである「日向坂で会いましょう」以外のバラエティーで爪痕を残してくれることに期待したいです! 濱岸ひよりがグループに復帰! そして、重要なことがもう一点あります! 濱岸が戻ってきます! フォーメーションはキャプテンの佐々木久美の隣で、ファンも安心して見ていられるでしょう。 濱岸ひより復活の報を受けた瞬間は本当にホッとしました。 他メンバーのメッセージアプリでも濱岸の話題が出てくるので卒業はないだろうと思いつつも、やはり心配はしていました。 乃木坂46の白石麻衣卒業の報の直後だったので、突如「濱岸ひより」の名前がトレンドに上がった時は嫌な予感もしてしまいました。 バラエティー復活も今から楽しみですね! 今年も日向坂46から目が離せない! 4thシングルのフォーメーションも発表され、いよいよ2020年の日向坂46が始まりました! 今年は濱岸ひよりに加えて、ついにあの影山優佳が復活することが予想されます。 影ちゃんのキュンやドレミソラシドの衣装を想像してみてください?なんか凄くないですか?めちゃくちゃワクワクしませんか? 私はワクワクが止まりません。 また休業中の井口の復帰も待たれます。 やはり井口のいない日向坂で会いましょうは寂しいんですよ! そして、クリスマスライブで触れられた「たまご」とは…? そして最後に待ち受けるのは「東京ドーム」 今年も激動の一年になりそうです。 運命の東京ドームに向けて、2020年の日向坂46が今、走り出したのです!.

次の

ソンナコトナイヨのセンター&フォーメーションまとめ【日向坂46/4thシングル】

日 向坂 フォーメーション

フォーメーションのおさらいからです フォーメーション発表は冠番組の「日向坂で会いましょう」でさらっと発表されます。 乃木坂46、欅坂46みたいに、フォーメーション発表を番組内の企画としてはやらない方針のようです。 最近は欅もさらっと発表方式に変わりましたね。 1st「キュン」フォーメーション 1stシングルのフォーメーションは上記のようになります。 5-6-9の構成でセンターは「小坂菜緒」です。 せっかくなので、期ごとに色分けしてみました。 こうしてみると、1期生が前寄りのフォーメーションに見えますね。 フロントは全員がセンター経験者という強力な布陣となっています。 (あれ、小坂は初センターでしたっけ?) デビューシングルということもあり、全力フォーメーションと言ったところでしょうか。 2nd「ドレミソラシド」フォーメーション 2ndシングルのフォーメーションは上記のようになります。 5-6-8の構成でセンターは2作連続で「小坂菜緒」となりました。 丹生ちゃんと河田さんがフロントに昇格! これはHINABINGO! で披露した「ひーひー兄弟」の2人ですね。 センター小坂を癒し系の丹生、河田で挟むという贅沢な布陣となりました。 宮田、お寿司(金村)も2列目に昇格していて、全体的に2期生が前の方に集まってきた印象です。 フロントメンは「キュン」のMVで登場していた!? このシーンは、1サビ前の「カワイイ(小声)」ですね。 この3人がそのまま「ドレミソラシド」のセンターと両サイドを担当しています。 思っていたより少ないですね。 列がUPしたメンバーは4名で全員が2期生。 逆に列がDOWNしたメンバーは2名でどちらも1期生という結果でした。 1stから2ndになり、2期生が強めのフォーメーションになった印象です。 【予想外】超実力主義のフォーメーション 1stから2ndのフォーメーションになり、より一層握手人気というか、序列がそのまま反映された結果のように見えます。 この現実を具体的なデータで示すことは控えますが、日向坂ファンの皆様はなんとなくお気づきではないでしょうか。 僕としては、デビュー前の段階で「日向坂はどんなフォーメーションでも楽しめそう」的な考えをもっていましたし、今でもそう思います。 ハッピーオーラがコンセプトなわけだし。。。 しかし現実としては、今のところ超実力主義なフォーメーションになっていて正直驚いています。 今後のフォーメーションはどうなる? 運営のみ知ると言ったところでしょうか。 このままの実力主義だと、3列目メンバーには厳しい印象です。 3列目も決して弱くはないのですが、上位勢が強すぎて相対的に上がれない構図になっています。 客観的に見て昇格の可能性があるのは、上村、松田くらいでしょうか。 欅坂46は全員フロントやってましたよね 確か、欅坂46はシングルごとにフォーメーションをガラッと変えて、全員がフロントを経験していたと思います。 日向坂も欅と同じ流れで「全員フロント」をやるのか、このまま実力主義を貫くのか。 なんだかんだで楽しみなところです。 【一安心】PVではまんべんなく映っています.

次の

【日向坂46】フォーメーションは超実力主義!?「ドレミソラシド」と「キュン」を比較してみた

日 向坂 フォーメーション

サクッと読める目次• ひらがなけやきはシングルを出さない!楽曲リリースのシステムを解説 センターメンバーをご紹介していく前に、まずは ひらがなけやきの楽曲のシステムについてを簡単にご説明しておきたいと思います。 乃木坂46や欅坂46はシングルリリースごとに表題曲を歌うメンバーが選ばれ、その中からセンターが決定するという仕組みになっていますが、 ひらがなけやきはシングルCDをリリースしません。 ひらがなけやきの楽曲は基本的に 欅坂46(漢字欅)のシングルにカップリング曲として収録されるという形で発表されるのです。 こうしてしばらくはずっと欅坂46のカップリングで曲を発表していたひらがなけやきですが、2018年の6月20日にはけやき坂46単独名義でのデビューアルバム 『走り出す瞬間』がリリースされました。 このアルバムで単独デビューを果たしたわけですが、 これ以降も欅坂46のシングルにカップリングとしてひらがなの曲が収録されるというスタイルは変わっていません。 しかしひらがなけやきの人気はますます高まっているため、この先、単独でのシングルCD発売の可能性も大いに考えられます。 スポンサーリンク 加藤史帆、高本彩花、長濱ねる、齊藤京子、佐々木久美 ひらがなけやきの3曲目「僕たちは付き合っている」でセンターを努めているのは長濱ねるちゃん。 前2作はダブルセンターでしたが、今作はねるちゃんの単独です。 この曲のミュージックビデオはストーリー仕立てになっていて、そこでメインになっているのは加藤史帆ちゃんと高本彩花ちゃんの2人。 「永遠の白線」センターとフォーメーション 井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、長濱ねる、東村芽依 欅坂46のアルバム『真っ白なものは汚したくなる』に収録された新曲「永遠の白線」でセンターを努めているのは柿崎芽実ちゃん。 ひらがならしいキャッチーで爽やかなメロディに、哲学を感じる要素もあって印象深い一曲ですね。 「それでも歩いてる」センターとフォーメーション 加藤史帆、高本彩花、齊藤京子、柿崎芽実、潮紗理菜 「それでも歩いてる」でセンターを努めているのは齊藤京子ちゃん。 この曲が収録されている5枚目シングル『風に吹かれても』から長濱ねるちゃんが漢字欅専任となったため、ひらがなけやきの再スタート的な曲でもあります。 長渕剛や吉田拓郎テイストのフォークソングでそれぞれのメンバーの歌声をしっかりと堪能できる曲なのですが、やっぱりセンターであるきょんこの低音ボイスがカッコ良すぎます・・・!! この「それでも歩いてる」は欅坂46の5thシングル『風に吹かれても』Type-Dに収録されています。 「NO WAR in the future」センターとフォーメーション ひらがなけやき2期生のセンターは誰? ひらがなけやき2期生のセンターは誰なのでしょうか? 2期生曲『半分の記憶』では小坂菜緒ちゃんがセンターを努めていますよね。 彼女は2期生の中でも早くからファッション誌「Seventeen」の専属モデルに起用されたり、単独で雑誌の表紙を飾るなどもはや2期生の顔といっても過言ではないほどの活躍っぷり。 人気やメディア露出などさまざまな面を考えても、ひらがなけやき2期生のエースでありセンターといえるのは彼女で間違いないでしょう。 スポンサーリンク.

次の