ヤマハ ルーター 設定。 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術

ルーターの設定 パソコン初心者講座

ヤマハ ルーター 設定

基本操作 ルーターへの接続は「TELNET」を利用します。 「TELNET」はWindows標準のものが利用できます。 ログインのユーザーモードは2段階になっています。 最初のログインは、一般ユーザーとしてのログインになります。 ルーターへログイン後、「administrator」としてもう一度ログインします。 一般ユーザーで利用できるコマンドは、内容を表示するコマンドだけです。 ルーターの設定変更は、「administrator」モードでなければできません。 設定の流れ• ルーターへログイン• Administratorでログイン• コマンド入力• save• quit• quit 設定手順 WindowsXPの場合の名称で説明します。 例として ルーターのIPアドレス 「192. 168. 254」 ルーターのログインパスワード 「passwd」 ルーターのAdministratorのパスワード 「adminpasswd」 の場合で説明します。 「コマンドプロンプト」を起動。 下記コマンドを入力します。 telnet 192. 168. ログインパスワードを入力し[ENTER]。 「xxxx」は環境により表示は異なります。 「Administraotr」と入力し[ENTER]。 Administratorのパスワードを入力し[ENTER]。 基本的な考え方• パケットフィルターの適用対象は、各インターフェースの「in」と「out」それぞれに適用可能です。 インターフェースとは、[LAN1]、[LAN2]、[pp1]、[pp2]、[tunnel1]、[tunnel2]等の事です。 イメージ的には、[LAN]の中に[pp]があり、[pp]の中に[tunnel]があるといった感じです。 パケットフィルターの基本概念パケットフィルターとは、条件によりパケットを通過させる、させないを決めるものです。 条件指定できるものは下記になります。 ・送信元IPアドレス ・送信先IPアドレス ・プロトコル ・送信元ポート ・送信先ポート上記条件の組み合わせでフィルタリング設定を行います。 フィルター適用パターン• フィルターは設定順に適用されます。 フィルターが何も適用されていない場合はすべてのパケットが通過します。 フィルターを1行でも適用されている場合、フィルターの設定順で照らしあわせて、合致したらそのフィルターを適用します。 全てのフィルターに合致しないパケットは破棄されます。 設定例 インターネット接続に必要な最低限のフィルタリング設定です。 下記環境の場合で説明します。 ローカルネットワークが「192. 168. 168. 254」 ルーターのインターネット側IPアドレスが「172. 1」 ルーターのログインパスワードが「passwd」 ルーターのAdministratorのパスワードが「adminpasswd」• ルーターへログインしAdministratorとしてログインします。 コマンドプロンプトを起動し telnet 192. 168. ログインパスワードを入力し[ENTER]。 「xxxx」は環境により表示は異なります。 「Administraotr」と入力して[ENTER]。 Administratorのパスワードを入力し[ENTER]。 xxxx ip filter 1000 reject 10. 168. 168. 168. 168. 168.

次の

ヤマハ (YAMAHA) のルーター RTX830の設定、マニュアル、レビュー、ファームウェア

ヤマハ ルーター 設定

サーバーとネットワーク関連の技術・知識は密接に関連するものの、かなり別の分野であり、サーバー構築時にはネットワークについての知識がある程度必要となります。 DNSサーバー、webサーバー構築時など そこでまずは、ネットワークについて勉強した方がいいんじゃないか、とアドバイス。 すると冒頭のように、 ネットワークやヤマハルーターの設定に関する解説本のおすすめはないですか?と相談されたわけ。 実ははるるたちの勤務先のネットワーク機材の一部にヤマハさんのルーターを使用しており、はるるが設定しているのを何度か見かけて、ヤマハさんのルーターに興味を持ったみたい。 その場では後輩くんに、今度勉強におすすめな本を探しておくよ~! なんて答えたわけ。 そしていざ探してみると、なかなかないんですよ…。 ヤマハルーターの設定に関する解説本。 まったくゼロというわけではないんですが、最低限のネットワークの知識があることを前提とした内容のものばかりのようで。 本来であればネットワークに関する本を数冊読んでもらってから、そういった本を読んでもらえばいいのでしょう。 ですが今回のケースでは、 ネットワークについて少し勉強したら、すぐにルーター実機を設定できるような内容になっている本が良いかなぁ、と思ったんです。 だって勉強ばかりだと、実際に設定の勉強 実践 をする前に飽きちゃうじゃないですか。 だから勉強・実践、勉強・実践みたいな感じで読んでいけそうな本が良いかなぁと考えたわけ。 そこでそういった本を探していたところ、タイトルがそのものズバリな本をAmazonさんで発見。 さっそく購入して読んでみたところ、これがまさに 勉強・実践、勉強・実践という流れになっている本だったのです! これが良さそうだ!ということで、後輩くんにおすすめしたところ、とても分かりやすかったです!と高評価。 ネットワークやヤマハルーターの設定に関する解説本は、技術評論社のヤマハルーター実践ガイドがおすすめ! というわけでこちら、はるるが実際に購入して後輩くんにおすすめしたネットワークや、ヤマハルーターの設定に関する解説本、。 大型本のため重く、紙の本は持ち歩きには適さないため、Kindle版などの電子書籍版の方の購入がおすすめです。 はるるがこのを読んで素晴らしいなぁ、と感じたのは以下の点について。 全462ページにわたる圧倒的なボリュームでくわしく解説! ヤマハルーター実践ガイドは、はるるが実際に購入して手元にある初版 第一刷では、巻末の索引部を除いた内容部が462ページもあり、かなりのボリュームです。 これはネットワークやネットワーク機材に関する解説本としては、かなり多い部類の本になると思います。 税抜価格が3,880円 2017年6月現在税抜き4,190円 とやや高価ですが、 これだけのボリュームがあれば、十分納得できる価格設定だと感じています。 内容は大きくは以下の12のチャプターに分かれて展開されており、前から読み進めていくことで、ネットワークに関する知識を身につけながら、ヤマハルーターの操作・設定方法を実践しつつ覚えていける内容となっています。 IPネットワークの概要• ヤマハルーターの基礎知識• インタフェースとスイッチ機能• IPルーティング• ルーティングプロトコル — RIP• ルーティングプロトコル — OSPF• ルーティングプロトコル — BGP• NAT• セキュリティ• VPN• QoS• 冗長化と負荷分散 ちなみにはるるの手元にある初版 第一刷では、誤記と思われる内容が少しあったのがやや気になりましたが、今後の改版できっと修正されることでしょう。 ルーターは『IPパケットのルーティングを主に行うネットワーク機材』ですから、これは当然のこと。 ただ初心者の方や、小規模なネットワークの構築を行う際の参考にすべくこの本を購入しようと考えている方は、これらについては読み飛ばしても大丈夫だと思います。 具体的にはチャプター4 IPルーティングの途中、ルーティングプロトコルからチャプター7 ルーティングプロトコル — BGPまでの部分がこれに該当します。 この部分に書いてある内容は、ダイナミックルーティング 動的に追加される経路 に関する内容であり、 初心者の方や小規模なネットワークの構築時には知らなくてもあまり問題にならない内容だからです。 またダイナミックルーティングに関する設定の実践には、高価なルーター機材が複数台必要であり、簡単には検証環境を用意できないことも理由の一つです。 ネットワーク規模が中・大規模の場合は、ルーティングプロトコルを利用したダイナミックルーティング 動的に追加される経路 を利用しないと、設定の手間がかかる・設定漏れによる問題が起こることから、ダイナミックルーティングに関する知識は必須です。 しかし小規模なネットワークの場合では、スタティックルーティング あらかじめ手動で追加しておく静的な経路 だけで問題なく運用可能なため、 ひとまずルーティングプロトコルに関する内容は読み飛ばしてその後のNATやセキュリティーに関する内容を勉強するのがおすすめです。 チャプター1のIPネットワークの概要を読めば、現在主に使われているネットワークに関する内容はある程度理解できる! ヤマハルーター実践ガイドのチャプター1では、現在主に使われているネットワークの仕組みであるIPネットワークに関して、基本的な仕組みや代表的なプロトコルについて解説しています。 これはたとえばIPアドレスやサブネットマスク、ポート番号、IPパケットのフォーマット、ARP・ICMP・TCP・UDP、HTTP・SNMP・DHCP・DNS・TELNET・SSHといった各種プロトコルについて。 そのため ネットワークに関する知識がほとんどない状態でこの本を読み始めても、まったく問題ないと思います。 もちろん事前にある程度の知識があった方が理解が容易になる箇所もありますが、必須ではありません。 だからはるるの後輩くんのように、 これまでプログラミング業務しか行っておらず、サーバーやネットワーク関連についての知識がほとんどない状態の技術者の方にもおすすめできる一冊と言えるのです! ちなみにチャプター1の内容のイメージは、IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 さんが実施している基本情報技術者試験 FE の合格対策用の参考書に書いてあるような感じです。 したがって、すでに基本情報技術者試験の勉強をしている方であれば、読み飛ばしても良い内容かもしれません。 豊富な図と設定例が掲載されているので、理解が容易! 本書では 全編を通してたくさんの図や設定例が掲載されているので、理解しやすい点も素晴らしいです。 ネットワークはその構造や接続形態の全体像を把握するためには、ネットワーク構成図があるととっても便利。 ヤマハルーターのルーティングプロトコル RIP、OSPF、BGP の設定については、ネット上にあまりサンプルがないので参考になる! 先ほど初心者の方や、小規模なネットワークの構築を行う方は読み飛ばしてもOKと書いたルーティングプロトコル RIP、OSPF、BGP についてですが、ヤマハのルーターでの設定サンプルやネットで公開されている構築事例に関する情報はあまり多くはない印象です。 もちろんこれらのルーティングプロトコルに関する知識があれば、RTX系のルーターのコマンドリファレンスを見ながら設定を行うことが可能です。 ただやはりサンプルがあった方が分かりやすいので、初めてこれらの設定を行う際は、本書のサンプルがかなり役に立つことでしょう。 またルーティングプロトコル RIP、OSPF、BGP については、設定の説明の前にかなりくわしいプロトコルに関する解説があります。 そのため ルーティングプロトコルに関する知識がない方でも、ちゃんと設定できるレベルまで理解ができるはずです。 ちなみに本書の巻末の索引部を除いた内容部462ページのうち、147ページから332ページまでの176ページ、本書の約38%がルーティングプロトコルに関する内容であることから、いかにしっかりと解説されているか、よく分かると思います。 ルーティングプロトコルについて設定する際は、コマンドのパラメーターとすべき内容を判断・決定するのに、ルーティングプロトコルに関する知識が必須となるため、しっかりと勉強してから設定すると良いと思います。 Ciscoルーターのコマンドの併記も便利! ネットワーク機材の有名なメーカーさんの一つに、シスコシステムズ Cisco Systems, Inc さんが挙げられます。 そして業務の一環でヤマハさんのルーターの設定が必要となることもあるでしょう。 そんなときにも本書はとても役に立ちます。 と言いますのもでは、以下のように ヤマハルーターの操作・設定用コマンドと同じ意味を持つIOSコマンドが併記されているからです。 IOS enable pass そのためこれまでCiscoさんの機材を設定してきたネットワークエンジニアの方が本書を読めば、サクサクとヤマハルーターの設定をマスターできることでしょう。 Ciscoルーターにできてヤマハルーターでは設定できない機能の対照表があるのも助かる! 同じメーカーの製品でもグレードが異なると設定・利用できない機能がありますが、メーカーが異なる場合にはさらに利用できる機能の差が多いです。 この点について本書では、Ciscoルーターにできてヤマハルーターでは設定できない機能の対照表が掲載されているなど、分かりやすくまとめられています。 たとえばOSPFの完全スタブエリア・NSSAエリア・完全NSSAエリアについて、Ciscoルーターであれば対応しているが、ヤマハルーターでは今のところ非対応であるなどが、表でまとめられています。 GUIの操作に関してはほとんど書かれていません! ヤマハルーターでは一部の操作について、などGUI webGUI 操作で設定可能な機種もあります。 そのためCUIの操作が苦手な方は、GUIによる操作・設定を勉強するために、を買おう! と思われるかもしれませんが、これはおすすめしません。 理由は簡単で、この本ではwebGUIによる操作についてはほとんどふれられておらず、勉強ができないからです。 数ページ書かれている程度 webGUIによる操作については、ヤマハさんのwebサイトから詳しい取扱説明書のPDFがダウンロード可能なので、それを使って勉強すると良いでしょう。 ヤマハさんのコマンドリファレンスと一緒に参照すれば、たいていのことは理解・設定できるようになる! 今回ご紹介したヤマハルーターの設定に関する解説本、を読めば、ヤマハルーターの設定についてはそれなりのレベルまでは理解・設定できるようになるはずです。

次の

ヤマハルーターRTX810でIPsecVPN接続をする

ヤマハ ルーター 設定

基本操作 ルーターへの接続は「TELNET」を利用します。 「TELNET」はWindows標準のものが利用できます。 ログインのユーザーモードは2段階になっています。 最初のログインは、一般ユーザーとしてのログインになります。 ルーターへログイン後、「administrator」としてもう一度ログインします。 一般ユーザーで利用できるコマンドは、内容を表示するコマンドだけです。 ルーターの設定変更は、「administrator」モードでなければできません。 設定の流れ• ルーターへログイン• Administratorでログイン• コマンド入力• save• quit• quit 設定手順 WindowsXPの場合の名称で説明します。 例として ルーターのIPアドレス 「192. 168. 254」 ルーターのログインパスワード 「passwd」 ルーターのAdministratorのパスワード 「adminpasswd」 の場合で説明します。 「コマンドプロンプト」を起動。 下記コマンドを入力します。 telnet 192. 168. ログインパスワードを入力し[ENTER]。 「xxxx」は環境により表示は異なります。 「Administraotr」と入力し[ENTER]。 Administratorのパスワードを入力し[ENTER]。 基本的な考え方• パケットフィルターの適用対象は、各インターフェースの「in」と「out」それぞれに適用可能です。 インターフェースとは、[LAN1]、[LAN2]、[pp1]、[pp2]、[tunnel1]、[tunnel2]等の事です。 イメージ的には、[LAN]の中に[pp]があり、[pp]の中に[tunnel]があるといった感じです。 パケットフィルターの基本概念パケットフィルターとは、条件によりパケットを通過させる、させないを決めるものです。 条件指定できるものは下記になります。 ・送信元IPアドレス ・送信先IPアドレス ・プロトコル ・送信元ポート ・送信先ポート上記条件の組み合わせでフィルタリング設定を行います。 フィルター適用パターン• フィルターは設定順に適用されます。 フィルターが何も適用されていない場合はすべてのパケットが通過します。 フィルターを1行でも適用されている場合、フィルターの設定順で照らしあわせて、合致したらそのフィルターを適用します。 全てのフィルターに合致しないパケットは破棄されます。 設定例 インターネット接続に必要な最低限のフィルタリング設定です。 下記環境の場合で説明します。 ローカルネットワークが「192. 168. 168. 254」 ルーターのインターネット側IPアドレスが「172. 1」 ルーターのログインパスワードが「passwd」 ルーターのAdministratorのパスワードが「adminpasswd」• ルーターへログインしAdministratorとしてログインします。 コマンドプロンプトを起動し telnet 192. 168. ログインパスワードを入力し[ENTER]。 「xxxx」は環境により表示は異なります。 「Administraotr」と入力して[ENTER]。 Administratorのパスワードを入力し[ENTER]。 xxxx ip filter 1000 reject 10. 168. 168. 168. 168. 168.

次の