ここ から アメ横。 ここは日本?上野アメ横で食べ歩きのおすすめグルメ10選!

アメヤ横丁

ここ から アメ横

地名の由来 [ ] 商店街が「アメヤ横丁」という名前で呼ばれるようになった由来は大別して二つある。 直後、が手に入りにくかった時代に、マーケット周辺でを出したからの会がを販売し、甘味に飢えた人々の間で大好評を博したからとも 、「あめ」を売る店が並んだためともいう説がある。 もう一つは、の放出物資を売る店も多かったことからである。 現在でも、 アメヤ横丁問屋街には、飴などの菓子類を売る店がある。 それが、いつしかアメヤ横丁の呼び名が縮まり、「アメ横」と通称されるようになっていったといわれる。 歴史 [ ] 元々はやがひしめき合うの住宅街( を参照)であった。 のがあったことから、下のに因る被災を避けるため、強制的なが行われた。 しかしによって周辺一帯は焦土と化し、は建ての住宅と店舗、そして盛り場ではやが目立ち始めるようになる。 これらは公の営業許可を受けないためと呼ばれ、アメ横があるところもその一つであった。 が十分に行き渡らないため民衆はそこに集まり、十分なモラルがない中で、様々な人間が多種多様な物資を公定価格の10倍ほどの値段で売買しており 、それらに群がるやなどが入り乱れ白昼の発砲事件なども起き、その度に(米陸軍憲兵)とが対処に当たるというような状況が続いていた。 (21年)、手を焼いた当局(と台東区役所)が近くの・に頼み込み、現在アメ横センタービルの建っている三角地帯に、80軒の商店を収容した「近藤マーケット」を作らせた。 近藤マーケットは出所の怪しい者を排除して出店させたため、アメ横はようやく正常化へと向かっていった。 その後、マーケットの周辺では中国からの引揚者が露店を出すようになり、現在あるアメ横のルーツとなった。 上野駅はや、との鉄道の玄関口であった。 これらの地方から東京へコメや野菜を売りに来た人が、地元では不足していた甘味の飴を仕入れて帰るため、飴屋が並んだ。 放出品などを扱うミリタリーショップは現在もあるが、飴屋は日本で戦災復興が進み、飴の売り上げが減ると、取扱商品や業態を変えていった。 上野駅側の「アメヤ横丁」看板は、まだ飴屋が残っていた1950年代に設置されたものである。 なお、に現在も残る「」は、この時アメ横から移転したが作ったものである。 (57年)12月21日に旧・上野変電所跡にアメ横センタービルが完成した。 この頃の1980年代に入ると、化(年末に地方から帰京する子供の数が激減した)が進んだ事に伴い鮮魚を扱う店が減少していった。 代わって若者向けの用品店や都市型薬品店(1987年7月一号店)が1990年代に目立って増えた。 また、アメ横センタービルの地下ではやの食材が売られており、多くの中国人が買い物に訪れるため、店員も中国人が多く、が飛び交うようになった。 になって目立ち始めたのが「閉店セール」である。 実際には毎日閉店セールと称して通行人に、たたき売りのイメージを抱かせて販売している。 その他、つまみやなどを専門に1000円で山盛りサービスといったパフォーマンスを披露して販売している。 魚屋の呼び込みでは一年中やの切り身を1000円で道行く人に声をかけて販売している。 これらは一見の客を対象に売られているものの、昭和時代と較べて品質の極めて低いものはなくなりつつある。 [ ] 現在 [ ] 現在は(主にや)、、、などの店が業種ごとに集中している。 特にには用の生鮮食品などを買い求める人たちでごった返し、普段は商店街の端から端まで歩いて十分程度のところ、この時期は数十分を要するほどの様相を呈す。 この様子はやを中心としてやでのとして中継される。 年末が近づくと多くの店が正月用の食品を取り扱うようになり、洋品店など年末に特に売り上げが上がらないもしくは混雑で売り上げを落とすような店は閉店して間貸しあるいは一時的に食料品店に衣替えするため、通りは大きく様変わりする。 魚介類などの生鮮食品を中心に扱う店舗が集まっている場としては他にとその周辺があるが、築地市場そのものはの施設であること、築地市場は業者向けのの量販を主体としていた(現在、卸売市場の機能はへ移転)。 築地場外と呼ばれる小売店でも、基本的に値引き交渉をしないことが前提となっている。 一方のアメ横は一般消費者向けのが主体で、時には店員との交渉次第で安く買えることが特徴である。 年末には毎年1日あたり50万人程の人出があり、日本各地から観光客も押し寄せる(普段は一日10万人程度)。 特徴としては他の日本各地にある商店街と違って地域密着型ではない。 魚屋の店先でダミ声で鮭やマグロを売っている場合、たいてい値引き対象の品である。 その他の魚に関しては表示どおりの価格で取引されたり、普通は客がいくら言い値を言っても相手にされなかったりする事がある。 しかし夕方近くなると売れ残った商品のたたき売りも見られる。 年末になると多くの店は正月用品が目立つようになる。 用品や雑貨などを売っている店は休業し店先を貸す事もある。 鮮魚などは普段の二倍近くで売りに出される事もあり、一方割引きもある。 果物なども傷物に限り店頭に半値以下で並ぶ以外安くなることはない。 など昭和時代に定価販売でメーカーの物は取引されていたが、アメ横では2割引で売られていた。 その他、化粧品やブランド品など高価な時計や雑貨がガード下で売られている。 昭和時代は偽物やレプリカ品が多かったが、現在はその影はほとんどなく本物志向になっている。 国際化 [ ] アフリカ系やアジア系の人が経営する衣料品店やブティックが増加中で、2015年になると外国人が経営する店はアメ横全体の1割にあたる40店になった。 40軒いずれの店もアメ横商店街連合会に所属し、会費も払っている。 このような外国人の経営する店の増加に対し「アメ横の雰囲気が変わってしまう」と懸念する声もあるが、同連合会広報部長は「アメ横には闇市の雑多な店舗が活力になった歴史がある。 変化を受け入れつつ共存し、商店街を盛り上げていけばいい」と話している。 アメヤ横丁は、と結ぶが発着するに近く、外国人観光客が訪れるスポットの一つとなっている。 2019年現在、訪れる客の半分以上が外国人となる時期がある。 あまちゃん [ ] 2013年上半期に放送された『』では舞台の一つとなり、ユニット「アメ横女学園」の練習場として、当横丁にあるアメ横センタービルが登場した。 また、同年11月上旬の連休には、関連イベントも行われた。 ギャラリー [ ]• アメヤ横丁 御徒町駅側入口(2010年12月6日撮影) 出典 [ ]• 飴屋とアメリカ説 有力『』朝刊2019年2月18日(都民面)。 じゅん散歩 2020年6月8日放送• 168. 『』(小学館)• , p. 169. 2019年5月17日. 2019年5月22日閲覧。 参考文献 [ ]• ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり! 博学知識』〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日。 関連項目 [ ]• 商店街の中には、(2年)の開山とされる寺院・がある。 シンボルともなっている• 交通 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (JR・、・)• (JR・)• () 外部リンク [ ]•

次の

ここは日本?上野アメ横で食べ歩きのおすすめグルメ10選!

ここ から アメ横

上野アメヤ横丁について グルメ紹介の前に、簡単にアメ横について解説! アメ横は一体は元々は民家でしたが、戦争で周辺の住民が疎開。 さらに1944年の東京大空襲後焦土と化し、戦後闇市が開かれたことがアメ横の始まりです。 日本食以外にも、中国・台湾・韓国料理店なども立ち並び 非常に国際色が強い通りとなっています。 外国の方が営業しているお店が多いのですが、 正式にアメ横の商店会に加入しているお店なのでご安心ください。 (元々闇市が始まりという経緯もあり、外国の方のお店も受け入れているようです) 詳しくはこちらのページもおすすめです。 アメ横の名前の由来なども載っていますよ! アメ横でよく見かけるグルメ まず最初に、アメ横を歩いてよく見かけるグルメ=お店の数が多いグルメを紹介します。 ケバブ 最初は ケバブ。 ケバブのお店はアメ横通りを歩いていると頻繁に見かけます。 お店の人がとてもフレンドリーに呼び込みをしていますよ! フルーツ串・カットフルーツ 次に、 フルーツ串・カットフルーツ。 これはその名の通り、フルーツをカットしたもの!種類はパイナップルやいちご、メロンなど。 一本100円からと非常にリーズナブルなものとなっています。 海鮮丼 最後に 海鮮丼。 海鮮丼を販売しているお店もアメ横を歩いているとたくさん見かけます。 店内に入って注文する他に、屋外で注文してその場で食べるというお店も数多くあります。 元々昭和30年代に入って函館からの海産物・農産物の缶詰が入るようになり、その頃の名残で海産物を扱うお店が多いのだとか。 丼物の種類は様々!リーズナブルなものから、かなり豪華な丼と色々あります。 さて、ここからは私がアメ横に行って実際に食べたものを紹介します。 アリランホットドック(韓国式ホットドッグ) まず最初に紹介するのが、韓国式ホットドッグを販売している 「」。 韓国発のフランチャイズ店としてここ上野アメ横店の他にも、大久保にも出店しています。 私はプレミアムホットドッグのポテトレーラ(480円)を注文! 見たとおり特徴はゴツゴツっとした見た目!揚げたてのフランクなのでザクッとした食感が特徴。 そして、店頭ではソースも用意。 種類はケチャップ、チーズマスタード、ホットチリソース、ハニーマスタード、チェダーチーズの5種類。 好みのソースをかければいいのですが、たくさんあってどれか迷う!という方は 全部かけるのをおすすめしています。 はい、これが全部かけた図。 見た目がめっちゃカラフルですね。 韓国式ホットドック、アリランホットドックうまし! ソース類は沢山あるのですが、とりあえず全部かける派です🤣 — わちログ wachilog 全部かけても意外と美味しい!チーズの味・ハニーマスタードの甘さ、ホットチリソースのピリ辛が混ざって何とも言えない味なんですが、美味しいです。 (語彙力) 私の買ったホットドッグの場合、中はソーセージは入っておらず、チーズとポテトです。 先程のアリランホットドッグ店の隣りにあるのがこちら、 みなとや食品の大だこ焼。 私は4つ入りを注文。 これで200円! レジの直ぐ側にソースやマヨネーズをおいてある台が。 ここでたこ焼きを食べることも出来ますよ。 かつおぶしは家庭でよく使われている、麦茶とかを入れるウォーターピッチャーの中に入っています。 ここから好きな分だけお箸で摘んで欠けるという豪快なスタイルです。 たこ焼きは外はサクサクで中はとろっとしています。 ここのたこ焼きは中身まですこ~しだけ火が通ってて、外の皮との硬さのバランスが非常に良くて美味しいです。 タコも大きくて噛みごたえがありました! みなとやはたこ焼きの他に海鮮丼を屋台で食べることができます。 というか、むしろ海鮮丼のほうがメイン! みなとやの海鮮丼は ハーフサイズが選べることが特徴! アメ横で食べ歩きグルメを満喫した場合はハーフサイズを頼めばお腹の膨れが抑えられると思いますよ笑 さて、私はマグロ・明太丼のハーフサイズを注文しました。 ハーフサイズながらわさびは結構多いのでかけすぎに注意しましょう! 屋台の机の上には海鮮丼を頼んだ人限定で麦茶を入れることができますよ。 アメ横は外にテーブルを設置している屋台のようなお店が多く、こちらのお店も外にテーブルを設置しています。 店頭には他にもテイクアウトできる串を販売!(お店の名前の通り) 他にも豚足も販売していますよ。 私はラム串とフランクフルトを購入。 ちなみに一度ディスプレイからとったら温めているのでちょっと待ちます。 ラム串は表面が赤い、香辛料をかけているためピリ辛です。 ラムの肉の臭さが苦手な方でも食べられると思います。 フランクフルトもちょっと辛めですがおいしいです。 両方共つまみに適してお味です! テーブル席で食べる場合はお酒と一緒に注文するといいでしょうね。 商品はお茶葉がメインですが、中には抹茶アイスも販売しています。 種類は「抹茶」「バニラ」「抹茶バニラミックス」の3種類! ソフトクリームを載せるのはコーンが一般的ですが、こちらではカップに入れてもらうことも可能です。 私は抹茶ソフトクリームを選択、せっかくなのでカップにしました!中までソフトクリームが見えるのは新鮮です。 ソフトクリームは抹茶の味が濃く量も十分でとても美味しいです。 こちらでは店内でも食べることができます。 店内で食べる場合はお店の人が温かいお茶を持ってきてくれます。 冷たいものを食べると口の中がヒエヒエになるのですが、温かいお茶を飲むと緩和されます。 これはいいお気遣いですね!.

次の

アメヤ横丁

ここ から アメ横

地名の由来 [ ] 商店街が「アメヤ横丁」という名前で呼ばれるようになった由来は大別して二つある。 直後、が手に入りにくかった時代に、マーケット周辺でを出したからの会がを販売し、甘味に飢えた人々の間で大好評を博したからとも 、「あめ」を売る店が並んだためともいう説がある。 もう一つは、の放出物資を売る店も多かったことからである。 現在でも、 アメヤ横丁問屋街には、飴などの菓子類を売る店がある。 それが、いつしかアメヤ横丁の呼び名が縮まり、「アメ横」と通称されるようになっていったといわれる。 歴史 [ ] 元々はやがひしめき合うの住宅街( を参照)であった。 のがあったことから、下のに因る被災を避けるため、強制的なが行われた。 しかしによって周辺一帯は焦土と化し、は建ての住宅と店舗、そして盛り場ではやが目立ち始めるようになる。 これらは公の営業許可を受けないためと呼ばれ、アメ横があるところもその一つであった。 が十分に行き渡らないため民衆はそこに集まり、十分なモラルがない中で、様々な人間が多種多様な物資を公定価格の10倍ほどの値段で売買しており 、それらに群がるやなどが入り乱れ白昼の発砲事件なども起き、その度に(米陸軍憲兵)とが対処に当たるというような状況が続いていた。 (21年)、手を焼いた当局(と台東区役所)が近くの・に頼み込み、現在アメ横センタービルの建っている三角地帯に、80軒の商店を収容した「近藤マーケット」を作らせた。 近藤マーケットは出所の怪しい者を排除して出店させたため、アメ横はようやく正常化へと向かっていった。 その後、マーケットの周辺では中国からの引揚者が露店を出すようになり、現在あるアメ横のルーツとなった。 上野駅はや、との鉄道の玄関口であった。 これらの地方から東京へコメや野菜を売りに来た人が、地元では不足していた甘味の飴を仕入れて帰るため、飴屋が並んだ。 放出品などを扱うミリタリーショップは現在もあるが、飴屋は日本で戦災復興が進み、飴の売り上げが減ると、取扱商品や業態を変えていった。 上野駅側の「アメヤ横丁」看板は、まだ飴屋が残っていた1950年代に設置されたものである。 なお、に現在も残る「」は、この時アメ横から移転したが作ったものである。 (57年)12月21日に旧・上野変電所跡にアメ横センタービルが完成した。 この頃の1980年代に入ると、化(年末に地方から帰京する子供の数が激減した)が進んだ事に伴い鮮魚を扱う店が減少していった。 代わって若者向けの用品店や都市型薬品店(1987年7月一号店)が1990年代に目立って増えた。 また、アメ横センタービルの地下ではやの食材が売られており、多くの中国人が買い物に訪れるため、店員も中国人が多く、が飛び交うようになった。 になって目立ち始めたのが「閉店セール」である。 実際には毎日閉店セールと称して通行人に、たたき売りのイメージを抱かせて販売している。 その他、つまみやなどを専門に1000円で山盛りサービスといったパフォーマンスを披露して販売している。 魚屋の呼び込みでは一年中やの切り身を1000円で道行く人に声をかけて販売している。 これらは一見の客を対象に売られているものの、昭和時代と較べて品質の極めて低いものはなくなりつつある。 [ ] 現在 [ ] 現在は(主にや)、、、などの店が業種ごとに集中している。 特にには用の生鮮食品などを買い求める人たちでごった返し、普段は商店街の端から端まで歩いて十分程度のところ、この時期は数十分を要するほどの様相を呈す。 この様子はやを中心としてやでのとして中継される。 年末が近づくと多くの店が正月用の食品を取り扱うようになり、洋品店など年末に特に売り上げが上がらないもしくは混雑で売り上げを落とすような店は閉店して間貸しあるいは一時的に食料品店に衣替えするため、通りは大きく様変わりする。 魚介類などの生鮮食品を中心に扱う店舗が集まっている場としては他にとその周辺があるが、築地市場そのものはの施設であること、築地市場は業者向けのの量販を主体としていた(現在、卸売市場の機能はへ移転)。 築地場外と呼ばれる小売店でも、基本的に値引き交渉をしないことが前提となっている。 一方のアメ横は一般消費者向けのが主体で、時には店員との交渉次第で安く買えることが特徴である。 年末には毎年1日あたり50万人程の人出があり、日本各地から観光客も押し寄せる(普段は一日10万人程度)。 特徴としては他の日本各地にある商店街と違って地域密着型ではない。 魚屋の店先でダミ声で鮭やマグロを売っている場合、たいてい値引き対象の品である。 その他の魚に関しては表示どおりの価格で取引されたり、普通は客がいくら言い値を言っても相手にされなかったりする事がある。 しかし夕方近くなると売れ残った商品のたたき売りも見られる。 年末になると多くの店は正月用品が目立つようになる。 用品や雑貨などを売っている店は休業し店先を貸す事もある。 鮮魚などは普段の二倍近くで売りに出される事もあり、一方割引きもある。 果物なども傷物に限り店頭に半値以下で並ぶ以外安くなることはない。 など昭和時代に定価販売でメーカーの物は取引されていたが、アメ横では2割引で売られていた。 その他、化粧品やブランド品など高価な時計や雑貨がガード下で売られている。 昭和時代は偽物やレプリカ品が多かったが、現在はその影はほとんどなく本物志向になっている。 国際化 [ ] アフリカ系やアジア系の人が経営する衣料品店やブティックが増加中で、2015年になると外国人が経営する店はアメ横全体の1割にあたる40店になった。 40軒いずれの店もアメ横商店街連合会に所属し、会費も払っている。 このような外国人の経営する店の増加に対し「アメ横の雰囲気が変わってしまう」と懸念する声もあるが、同連合会広報部長は「アメ横には闇市の雑多な店舗が活力になった歴史がある。 変化を受け入れつつ共存し、商店街を盛り上げていけばいい」と話している。 アメヤ横丁は、と結ぶが発着するに近く、外国人観光客が訪れるスポットの一つとなっている。 2019年現在、訪れる客の半分以上が外国人となる時期がある。 あまちゃん [ ] 2013年上半期に放送された『』では舞台の一つとなり、ユニット「アメ横女学園」の練習場として、当横丁にあるアメ横センタービルが登場した。 また、同年11月上旬の連休には、関連イベントも行われた。 ギャラリー [ ]• アメヤ横丁 御徒町駅側入口(2010年12月6日撮影) 出典 [ ]• 飴屋とアメリカ説 有力『』朝刊2019年2月18日(都民面)。 じゅん散歩 2020年6月8日放送• 168. 『』(小学館)• , p. 169. 2019年5月17日. 2019年5月22日閲覧。 参考文献 [ ]• ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり! 博学知識』〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日。 関連項目 [ ]• 商店街の中には、(2年)の開山とされる寺院・がある。 シンボルともなっている• 交通 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (JR・、・)• (JR・)• () 外部リンク [ ]•

次の