ツイッター センシティブ 基準。 Twitterの「詳細のクリック数」とは?自分のクリックもカウントされる?

【Twitter】iPhoneでセンシティブな内容のツイートが見られるよう設定を解除する方法【アプリだとできない】

ツイッター センシティブ 基準

Twitterの通報は相手にバレない?通知は行く? Twitterの通報は、 基本的には相手にバレません。 通報はTwitterに「報告」としておこなうもので、それをどう判断するかはTwitter次第です。 こちらが相手を裁くわけではなく、あくまで裁くのはTwitterです。 こちらはその判断材料を渡すだけです。 通報によって通知が行くこともないので、通報した事が相手に分かることはありません。 ペナルティを受けた側は、どういう理由で自分がペナルティを受けたのか具体的に分からない事もあるくらいです。 もっと言えば、相手へのペナルティの理由が自分の通報かどうかも分かりません。 なんとなく「タイミング的にそうかな?」と想像できるくらいです。 相手にバレる通報もある 基本的にTwitterの通報は相手にバレませんが、バレる通報もあります。 この場合は「住所氏名」などの個人情報が筒抜けになります。 kiwamiです。 今回はちょっとビックリな話。 Twitterを通じて著作権侵害を報告すると、自分の住所や名前などの個人情報がまるまる相手にバレてしまうというのです。 それってめちゃくちゃ怖いんですが... どうすれば相手に通報がバレない? じゃあどのフォームならバレて、どのフォームならバレないの?という話になりますが、これを判断する材料の1つが 「住所氏名」を入力するフォームがあるかどうか?です。 上のリンクから飛べる 「著作権侵害について報告する」のフォームには、上の画像の様な入力箇所があります。 つまり、ここで記入したものが、相手にそのまま伝わる・・と言うことです。 Twitterを使っていれば住所氏名を入力する機会はありません。 通常の通報フォームにも住所氏名を入力する場所はないので、それを求められるかどうか?が相手に通報がバレるかどうかの1つの基準と考えて良さそうです。

次の

【Twitter】センシティブな内容の投稿とは?表示/非表示の切り替え方を解説!

ツイッター センシティブ 基準

Twitterでセンシティブな内容となってしまうツイートを見れるようにする方法は、iPhoneとAndroidスマホで手順が異なります。 以下、ブラウザ版Twitterから設定を変更していきます。 以上の手順で、iPhoneのTwitterアプリでセンシティブな内容を見れるように設定を変更することができます。 設定を変更した後に「保存」などをタップする必要はないので、チェックを入れたらそのままブラウザを閉じてしまって大丈夫です。 表示する• それぞれ役割はこのようになっているので、好きな方を選んでタップしてください。 ちなみに、こちらも 初めてブラウザ版Twitterにログインした場合はメニューが英語表記になっているので・・・ 英語表記の場合は「Display media that may contain sensitive content」のチェックを外せばOKです。 こちらも設定を変更した後に「保存」などを選択する必要はないので、チェックを入れたらそのままブラウザを閉じてしまって大丈夫です。 この手順で、AndroidスマホのTwitterアプリでセンシティブな内容を非表示にすることができます。 Twitterには、不適切な内容が含まれているツイートを報告 通報 する機能が備わっています。 ライブ放送の場合は、コンテンツ全体を削除します。 この際に「センシティブな内容を投稿する人」と認定されてしまった場合、セキュリティ設定を勝手に変更されてしまう場合があるんです。 Twitterに認定され、設定が変更されてしまう基準は不明ですが、悪質な場合はアカウント凍結などの処理が行われます。 とは言え、もし設定が変更されてしまったとしても、先ほどの手順で元に戻すことができるので、悪質なツイート 後述 をしている自覚がない場合には、あまり深く考えず設定を変更してしまいましょう。 ・そもそもTwitterのセンシティブとは? そもそもTwitterのセンシティブって基準があいまいなので、具体的にどういったものが該当するのかよくわからないですよね。 写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• また、なかなか気づきにくいですが自分のツイートがセンシティブな内容になってしまっている場合にも、「プライバシーとセキュリティ」の設定から解除することができるようになっています。

次の

身に覚えがない凍結が多発? Twitterのアカウント凍結の原因と解除方法は?

ツイッター センシティブ 基準

相手のリスト内から抜け出す方法は簡単よ。 自分をリストに追加しているアカウントを選択して ブロックするだけで完了するわ。 まずは自分の事をリストに追加しているアカウントを調べます。 自分のアイコンをタップするとメニューが表示されるので、その中から「 リスト」を選択しましょう。 「自分が登録しているリスト」と「追加されているリスト」のタブが現われるので、 追加されているをタップしてください。 すると自分の事をリストに追加しているアカウント情報が表示されます。 解除したいリストを選択しましょう。 続いては、選択したリストの中からリストの作成者を探していきます。 タブを「保存ユーザー」に切り替えて先ほど表示されたアカウントを見つけましょう。 自分をリストに加えているアカウントを見つけた後は、相手のプロフィール画面を表示して「ブロック」すれば完了だよ。 以上の流れで相手のリスト内から自分のアカウントは解除されます。 なお、ブロックしたままの状態でも問題ありませんが、 ブロックされた事を悟られたくない場合はすぐにブロックを解除してください。 一度ブロックを済ませると解除してもリストからは削除されています。 リスト解除時の注意点 ここではリスト解除を行う際の注意点をまとめています。 「リスト非公開」の場合ブロックでは対応不可 リストを解除する方法はブロックが基本。 ところが、Twitterには「非公開リスト」と呼ばれる機能が存在しています。 相手からの見え方 公開リスト 通常のリスト機能 誰に追加されたか察知可能 通知される 非公開リスト 誰に追加されたか察知不能 通知されない このように、非公開リストに追加されてしまうとリスト追加時の通知が届かないため「知らないところで知らない人に監視されている」なんて状況も起こりえます。 自分を追加しているアカウントにも表示されないから、検索することも出来ないんだ。 つまり、非公開リストに追加されてしまうとブロック機能で対策することができません。 もしも、見えていないアカウントからの閲覧を避けたいのであれば「 鍵アカウント」に設定する必要があります。 相互フォローのアカウントから追加された場合 この記事でお伝えしているリストから抜け出す方法は、「 知らないアカウントから追加されたケース」を想定しています。 そのため、ブロック機能や鍵アカウントなどの機能を利用しているわけですが、「相互フォローのアカウント・友達のリストから解除したい」といった場合は使いにくいのが現状です。 なぜなら ブロックしてしまうとフォローも解除されてしまうからですね。

次の