東京 オリンピック メダル デザイン。 【オリンピックメダル歴代デザイン一覧】過去にはどんな柄や形が?

【オリンピックメダル歴代デザイン一覧】過去にはどんな柄や形が?

東京 オリンピック メダル デザイン

2020年東京五輪開幕まで1年となった24日、大会組織委員会は五輪で優秀な成績を収めた選手に授与される金、銀、銅メダルのデザインを発表した。 デザインは3種類とも共通で、中央に大会エンブレムや五輪マークを配置。 周囲を不規則に加工することで「光の輪」を表現した。 おもて面となる反対側は国際オリンピック委員会(IOC)の規定で勝利の女神「ニケ像」を含めるなど、構図が決まっている。 各メダルの直径は85ミリ、本体重量は金メダル約556グラム、銀メダル約550グラム、銅メダル約450グラム。 組織委によると金、銀メダルは夏季五輪で最重量という。 メダルを首から下げるためのリボン、木製ケースのデザインも発表した。 メダルのデザインには421人が応募。 過去大会のメダリストや有識者らによる審査会で、大阪市在住のサインデザイナー、川西純市氏(51)の作品を選んだ。 川西氏は「アスリートの努力と栄光、世界の友情を輝く光の輪でたたえられるようなメダルになれば」とコメント。 審査員の1人で組織委の古宮正章副事務総長は「すべての曲面が異なる角度で構成され、どこから見ても美しい光と輝きを放つ点が最大の特徴」と評価した。 東京大会のメダルは五輪史上初めて、使用済み携帯電話など小型家電から抽出される再生金属のみでつくられる。 五輪では約2500個を製作予定で、パラリンピックのメダルは8月に発表される見通し。

次の

東京オリンピック延期でメダルの2020の刻印はどうなるの?錆びない?

東京 オリンピック メダル デザイン

裏面は東京五輪のエンブレムを中央に配置。 周囲の渦巻き状の切り込みの角度を変えることで光を反射しやすくし、どの方向から見てもきれいに輝くのが特徴。 川西さんは「五輪を目指して挑戦する選手の努力と栄光を輝く光の輪で表し、多様性を認め合って一つの輪になるような世界を表現したかった」と語った。 表面は国際オリンピック委員会(IOC)の規定に従い、勝利の女神「ニケ像」と大会正式名称、五輪マークが描かれている。 本体の重さは金と銀が夏季大会最重量でそれぞれ556グラムと550グラム。 銅は450グラムとなっている。 直径は85ミリで厚さは最大約12ミリ。 メダルのリボンには視覚障害者に配慮してシリコーンの突起物を初めて付け、手触りで色が分かるようにした。 ケースには国産のタモ材が使われた。 メダルは使用済み携帯電話などから取り出した金属で作る。 五輪では約2500個が必要で、来年5月に製造が完了する。

次の

1964年東京オリンピック

東京 オリンピック メダル デザイン

裏面は東京五輪のエンブレムを中央に配置。 周囲の渦巻き状の切り込みの角度を変えることで光を反射しやすくし、どの方向から見てもきれいに輝くのが特徴。 川西さんは「五輪を目指して挑戦する選手の努力と栄光を輝く光の輪で表し、多様性を認め合って一つの輪になるような世界を表現したかった」と語った。 表面は国際オリンピック委員会(IOC)の規定に従い、勝利の女神「ニケ像」と大会正式名称、五輪マークが描かれている。 本体の重さは金と銀が夏季大会最重量でそれぞれ556グラムと550グラム。 銅は450グラムとなっている。 直径は85ミリで厚さは最大約12ミリ。 メダルのリボンには視覚障害者に配慮してシリコーンの突起物を初めて付け、手触りで色が分かるようにした。 ケースには国産のタモ材が使われた。 メダルは使用済み携帯電話などから取り出した金属で作る。 五輪では約2500個が必要で、来年5月に製造が完了する。

次の