オタク に 優しい ギャル。 黒ギャルとオタクが宅飲みしたら意外と相性が良かったことが判明

オタクに優しいギャル、インキャにも気を使える陽キャ←こういう妄想大っ嫌い

オタク に 優しい ギャル

いや……オタクってひとくくりにしないでほしいんですけど。 私は普通に楽しめましたけど。 めっちゃ面白いかというと 個人的には「いや?面白くはなかったので他人にはお勧めしないけど」レベルなんですが、少なくともキモイとかはあんまりなかったなぁと。 っていうか「夢女子」ってこういうやつと違うんですか?なんか夢女子の例えはあんまりしっくりこないかな。 これはあくまでスタンスの違いです。 「男オタクの萌え」も多くの女性からみたら全く理解できない感覚だろうからでお互い様だと思います。 それにしても同じ「CITY HUNTERが大好き」な人でも、ここまで隔たりがあるのか、という新鮮な驚きがありました。 完全に夢女子の夢女子による夢女子のための作品ですが、あえて「オタク」の人はこの作品を読んでみることで夢女子の思考に触れることができると思います。 自分に合わないからと言って、それだけを理由に批判・否定するのはNG というか、今更になってヲタ恋批判してるオタクくんさぁ…… これホント言いたくないんですけど、2年前「ヲタクに恋は難しい」のアニメが放送されてた時はぶっちゃけそんなに視聴者いなかったんだよ。 もう900万部も売れててアニメ化もして、今更になってこの作品をそんな「今初めて知ったんだけど」みたいなノリで語る? それもうオタクとしてのアンテナやばいじゃん……ご隠居レベルじゃん。 って、最近になってようやく「五等分の花嫁」 こちらも900万部越え人気シリーズ作品 を読んだ私が言ってみる(ブーメランで即死)。 少女漫画なんかほとんど知らない私でもこのくらいは知ってるし、知らなかったとしても「どういう層がどのように楽しんでるか」を無視したり軽視したりするのはダメでしょ こういう層が楽しんで読んでるのだから、ちゃんと言及したいならそれに対してチューニング合わせようよ。 それができないなら「not for me」以上のことを言わなきゃいいだけでしょ。 話題になってるからって少女漫画の文脈を踏まえずに、いっちょ前にこの作品について語ろうとかその態度のほうがよっぽどお前らが信じるオールドオタクに対する冒とくじゃないの? オタクである以上、文化的教養があるべきだと思う。 歌がうまいとか、踊りのキレがあるとかないとかそのぐらい見分けられないならオタク名乗る資格ないわ。 少なくともアニオタとアイドルオタでそれできないやつは勉強不足だと思う。 専門外なら質の低いミュージカルに歌上手いとか言うな こういうことを意味不明なこと言ってる人いたけど、「ヲタクに恋は難しい」について語りたいなら少女漫画についての最低限の教養を身に着けてから語らないと話にならないじゃん。 これ女性向け漫画だよ? 自分のオタクとしての文脈だけ尊重してくれって言って相手の文脈は平気で踏みにじるようなことして平気なの?私からしたらそういう人たちは宇崎ちゃん叩いてた人たちと何が違うんですかって思うけどね。 ほんとうにどーでもいい作品の時は私も雑にdisったりするけどさ。 そういう態度とってるときに「オタクとは」って語るのはやめなよ。 どっちか片方でしょ。 少女漫画の文脈も踏まえずにこの作品を雑にDISってるようなやつはオタク失格なのだからオタクとは~なんて語る資格はないってまじで。 声高々と我こそはオタクなり、みたいなことを言いながらオタクとして恥ずかしい真似するのほんとやめて。 共感性羞恥で死ぬ。 夢女子的な要素よりも、4人の掛け合いとか、「こーちゃん」の不器用な姿を見るのが楽しい 私は一応最新刊まで読んでますが、正直もうあっと言う間にオタク要素薄くなるよね。 (後述するけど オタク要素が強めなのは1巻だけで後はほんとにふつーーーの美男美女による恋愛ものです) それ以降は「女としてみっともないことを見せてもそれを拒まずむしろ付き合って受け入れてくれる理想の(悪いい方をすれば都合の良い)男性ども」に対して「尊い…尊い…」とかいって拝みつつ、「みんなでワイワイネトゲ楽しんだりハロウィンイベントやったり」っていうリア充ぶりを、「こんなオタクカップルが現実にいてたまるか!」とツッコミを入れながらニヤニヤしながら楽しむ作品だと思うねん。 なので、この作品、タイトルにそうついてるだけで、あんまりオタク云々についてリアリティとか考えない方がいいよ。 それは「もしドラ」を読んで「ドラッカーらしくない」って文句言うくらい不毛なことだと思う。 いろんな意味で主人公のキャラ造形が7巻にいたってもまだふわふわしてるんだよね。 — あさひんご asahineru とにかくこの作品にダメなところがあるとしたら主人公の成海の設定がふわふわしすぎてるところだなと。 ぶっちゃけメガネ美人のコスプレイヤーさんとこわもてパイセンコンビはかなりちゃんとキャラたってると思うけど、肝心の主人公はいろんな要素詰め込んでる割に描写にあんまり説得力がないのね。 「ギャルゲや乙女ゲーにありがちな設定だけのカオナシ主人公」みたいな感じなんよ。 それ以外は特にめちゃくちゃ悪い要素はないと思うんだけどな。 余談ですが、この作品は1巻と2巻以降では毛色が変わっていて、 そのせいで1巻の内容を扱おうとすると2巻以降の内容を入れにくくなり ただでさえ薄い1巻メインで、あと2巻以降の内容は細切れに取り入れるしかなくなったという 映画化にそもそも向いてないコンテンツだったのが不幸でしたね。 そのせいで映画の方は本編のボリュームが絶望に少なくて、 ミュージカルなどでかさまししなければいけなかった、とかそういう事情もあります。 もちろん映画だけ見た人ならそういう事情は知ったこっちゃねえよと思いますけどね(笑).

次の

黒ギャルとオタクが宅飲みしたら意外と相性が良かったことが判明

オタク に 優しい ギャル

ギャルとオタクは仲良くなれるのでしょうか? 突然ですが、みなさんは、ネット上にある「ギャルは意外とオタクに優しい」という仮説はご存じでしょうか? 「ギャルはあまり偏見とか持たないから、実はオタクにも優しいのでは?」という意見があるんですが、「ギャル」と「オタク」という、いわば対極の存在が実際の世界で交わることは少ないので、真相は謎のままです。 では、そのギャルとオタクが実際に 宅飲みをしたらどうなるのでしょうか。 本日は僕の友人に協力してもらって、世紀の大実験をお届けしたいと思います! オタク軍メンバー紹介 オタク軍 リーダー サカイさん(44歳)。 オタク歴30年の大ベテラン。 本日の会場の家主でもある。 好きな女性:初音ミクとアニメ「プリズマイリヤ」のイリヤ。 好きなアニメ:「けいおん!」 オタク軍 軍師 pojiさん(34歳)。 家主のサカイさんや著者であるヨッピーとは古くからの友人でもある。 好きな女性:ゲーム「アルネトリコ」のシュレリヤとアニメ「KEY METAL IDOL」の巳真兎季子 好きなアニメ:KEY METAL IDOL オタク軍 特攻隊長 ゴトウさん(43歳)。 古参テキストサイト「」管理人をしている。 オタク歴30年。 好きな女性:セーラーマーズ 好きなアニメ:アイカツ! という、 筋金入りの3人をお呼びしました。 ちなみに本日の会場はサカイさんの自宅をお借りしているのですが、秋葉原駅から徒歩3分という好立地。 すごい数! サカイさんがいうには、DVDやフィギュアなどのオタグッズにつぎ込んだお金は「4桁まではいかないと思いますが…」というレベルらしい。 サカイさんは自営業をされているのでお金持ちなのかも知れない。 そして本日の宅飲み相手として、「強め黒肌ギャルサー」ブラックダイヤモンドのみなさんに協力を要請しました! Black Diamond公式サイト() そのことを告げると、さっそくiPadを取り出して相手を確認するオタク軍一同。 「ちょっと! 中指立ててるじゃないですか!」 「 バキに出てくる死刑囚みたい」 「 三国志でいったら全員武力90超えてる」 「怖い」といって相談を始める3人。 ゴトウさん「黒い女の子が来るっていうから、てっきり みたいな人が来ると思ってた」 pojiさん「大丈夫かな……。 いきなり『ウゼェ!』ってキレられないかな……」 ゴトウさん「大丈夫ですよ。 こういう人の方が実は寂しがりやなんです。 ただ、スポーツ感覚で異性と関係を持ってしまうので、病気とかはちょっと心配ですね」 サカイさん「 お前は何を心配しているんだよ」 買い出しに行こう スーパーで買い出し。 ちなみに今日はたこ焼きパーティをすることになっております。 たこ焼きを作ったことがなくて、右往左往する3人。 サカイ「安い中国産と高い国産があるけど、どっちが良いの?」 ゴトウ「女の子には国産のものを食べさせなきゃ!」 サカイ「青のりはどうする?」 ゴトウ「青のりはほら、歯についちゃうとキスする時にあれだから……」 と、 謎の気配りを見せるゴトウ。 僕「なんでオレオとか、黒豆とか黒いもんばっか買うんですか?」 ゴトウ「 黒ギャルだから黒いのが好きかと思って」 僕「殴られますよ」 食材を持って歩く3人。 どうみてもコミケ帰りのおっさんにしか見えない。 いよいよ女性陣の登場 自宅で準備をしつつ、待つこと数十分…… 「ピンポーン」 きたーーーー! じゃん! 黒ギャルだーーー! 「 えーなにこれ! ちょーすごい! 初音ミクでしょこれ! 知ってる!」 男性陣を放置して部屋にあるフィギュアに気を取られる3人。 それでは、今回の女性陣を紹介しよう。 みるくすさん 日焼けサロン勤務。 BlackDiamond メンバー。 好きな男性は有吉弘行。 えりもっこりさん みるくすさんと同じく日焼けサロンで勤務 BlackDiamond メンバー。 好きな男性は山田孝之。 しーたんさん 介護職。 BlackDiamondメンバーではないが、みるくすさんの友人。 今回唯一の黒くないギャル。 好きな男性は城田優。 poji「しろた、ゆう……?」 サカイ「やまだ、たかゆき……?」 アニメには詳しいが芸能人には疎い3人。 はたして共通の話題は見つかるのか!? てことで、前代未聞の黒ギャルとオタクの宅飲み開始~~~!! いよいよ始まった宅飲み みるくすさん「 せっかくだからみんなで記念に写真を撮りましょうよ。 こうやって、 下向いて撮ると盛れるんで、みなさんもやってください」 poji「え? 下向き? 盛れる……?」 みるくすさん「 かわいく撮れるってことです。 こんな感じで」 イマドキっぽい女性陣に比べて、「ただの元気がない人たち」みたいになるオタク陣。 しーたんさん「 今日はたこ焼きパーティなんですよね? たこ焼き作れます?」 ゴトウ「たこ焼きは、作るものじゃなくて食べるものだから……」 誰も作り方を知らないので、しびれを切らした大阪出身の僕が介入。 一通り教えたらそれっぽくなってきた。 みるくすさん「 やっぱりみなさんは、あの『はい!はい!』みたいなオタ芸? っていうんですか?あーゆうのコンサートでやるんですか? 」 サカイさん「いえ、アレはアイドルオタク、いわゆる『ドルオタ』と呼ばれる人たちで、我々とはちょっと違うんですよ。 あれはオタクの中でも 元気な人たちなので……」 オタクの世界にも、いろいろあるらしい。 poji「みんなはやっぱり日焼けサロンとかで焼くの?」 えりもっこり「 そうですね」 poji「それってやっぱ裸なの?? 」 えりもっこり「 そうですよ。 ただ顔は焼くとシミができたりするから、タオルを乗せたりして焼かずにファンデとかで黒くするんですよ。 ウチら美黒(びぐろ)目指してるんで 」 poji「ビグロってガンダムの……?」 いまいち話が噛み合わない。 みるくすさん「 ところで、みなさんは彼女どれくらいいないんですか?」 サカイさん「 みなさんが産まれた頃からずっといませんよ」 poji「俺は16年とかかな」 ゴトウ「ウソつけ! お前、彼女なんていたことないだろ!」 poji「いやマジだって! 学生の頃、好きだった女の子に朝告白して、OKもらったんだけど、『なんか違うくね?』っていわれて 放課後にフラれたんだ。 だから一応いたことにはなる」 ゴトウ「プライド無いのかよ」 ゴトウ「ちなみにみんなは、何歳まで恋愛対象なの?」 しーたん「 年上の男の人好きですよ」 えりもっこりさん「 お父さんの年までなら全然平気!」 ゴトウ「へー! お父さんは何歳?」 えりもっこりさん「 40歳!」 サカイさん( 44歳) 徐々に打ち解けあうギャルとオタク ゴトウ「最初はちょっと怖かったんですけど、みなさん良い人ですね。 『はあ!? 』って怒られるかと思った」 みるくすさん「 いや、ウチらも最初怖かったですよ。 秋葉原とかアウェイだし。 駅で待ち合わせしてたら『なんだよ。 渋谷行けよ』みたいな声が聞こえてきましたし」 poji「それはひどい」 ゴトウ「結局、オタクもギャルも 偏見に悩まされてるっていうことでは同じなのかも知れませんね。 僕らも人に迷惑かけてるわけじゃないのに、キモいとかいわれるし」 みるくすさん「 そうなんですよ。 ウチらもこういう格好が好きだからやってるだけなのに、『チャラそう』とかいわれるし。 清楚系みたいな人でも中身がひどい人いっぱいいますもん。 『すっぴん』とかいって自撮り写真載せてるくせにカラコンつけてるし! 許せない!」 ゴトウ「どうしたんですか。 今日一番怒ってるじゃないですか」 poji「まぁ俺らにいわせれば、世間体とか気にして、 自分の好きなものに本気になれないような奴は信用できないよね」 ゴトウ「いってることはかっこいいけど、好きなものってアニメ見ることだからね」 その後、「たけのこニョッキッキ」で盛り上がる一同。 「のうりん!」というあまりメジャーじゃないアニメを見ていることで、オタク陣から持ち上げられるしーたんさん。 サカイ「どうぞ。 マカロンです」 家主のサカイさんからデザートの差し入れがきた。 ゴトウ「サカイさん。 これ マカロンじゃなくて大福ですよ」 サカイ「すみません。 マカロンがどういうものか分かりませんでした」 少しズレたオタク陣ではありますが、偏見に悩まされたり、「人とかぶるのが嫌だ」というところから、よりマニアックな方を攻めたりする部分でギャルたちとの共通項を見つけ出し、宅飲みはマジで最高の盛り上りを見せるのであります。 ドラマかよ。 仲良くなって、お互いにTwitterでフォローし合う一同。 そんなこんなで19時に開始した宅飲みが、22時を過ぎてもまだ盛り上がっていたので、 みんなにお礼をいって、僕だけ先に会場を後にしたのであります。 そんなわけで、「黒ギャルとオタクの宅飲み」はいかがだったでしょうか? 対極に存在する2つのグループが、徐々に打ち解けて行く様には素晴らしいものがありました。 会合そのものもかなりおもしろく、文字だけでは伝えきれないので、「動画に撮っておけばよかった」と後から後悔したくらいです。 ギャルのみなさんには事前に、「普段通りに飲んでるだけでオッケーです」ということをお伝えしていたのですが、あまりにも上手くいきすぎてヤラセ臭くなってしまいましたけど。 今後もこのような、本当の意味での異業種交流みたいなものが広まっていくと良いですね。 (ヨッピー+ノオト)• 374• 154• 392• 100• 134• 706• 306• 107• 435• 103• 139• 115•

次の

黒ギャルとオタクが宅飲みしたら意外と相性が良かったことが判明

オタク に 優しい ギャル

普通の女子高生は、な方々をキモがって全く相手にしてくれなかったりするけども、ギャルは意外とフレンドリーに接してくれるというアレです。 この違いは一体に何に因るのかと考えたところ、「異質拒否傾向」という性質が関係してそうだと思いました。 「異質拒否傾向」というのはその名の通り、集団から異質な人間を拒否して退けようとする傾向のことです。 毛色の違う人間を異端分子として排斥して、集団を同質の人間だけで固めることで、連帯感とか親密感とかを高めようとする傾向です。 この異質拒否傾向は、とくに思春期あたりの女子グループの中で顕著に見られるそうです。 女子高生なんかはモロ異質拒否傾向が高い環境で過ごしている人々と言えそうですね。 オタクの方々は女子高生から見ると異質な忌避すべき存在に見えるので、距離を置かれてしまうのではないでしょうか。 集団を同質・均一な人間で固めることで、より凝集性の高いクローズドな関係を築いて孤立を避けようとしてるのだと思います。 人間には自分と類似した相手に対して親近感を覚えて仲間になろうとする性質があるそうです。 突出した個性を排除して皆で同じような振る舞いをすることが、互いに仲間であることの印として機能しているのではないでしょうか。 「異質拒否傾向」の裏には必ず「被異質視不安」(異質に見られることへの不安)があるので、集団の中でできるだけ目立たないように、没個性的に振舞う必要があります。 そうしないとみんなから仲間はずれにされてしまうから。 こういう同質性への圧力を「ピアプレッシャー」というらしいです。 みんなで同じかっこをする量産型女子大生が増えてるのも、こういうピリピリとした人間関係の圧力が背景があるのかもしれませんね。 おそらくギャルの仲間関係は、普通の女子高生たちとは少し違った形をしているのではないでしょうか。 ギャルの仲間関係は、一般の女子高生に見られる「少人数・内閉的」な形ではなくて、「多人数・開放的」な形を指向してると思われます。 少人数の(同質な)友達との仲を深めることよりも、多人数の(多様な)人や集団と繋がることで、自分が孤独に陥ることを回避しようとする方略です。 この形は、もしある集団から排斥されても別の集団に引越しすることがたやすくできるので、一種のになっているとも考えられます。 多数の集団と繋がる形ならば、異質な人々との交流があった方がより異なる価値に触れられる機会も多くなるので、異質な者への門戸を開く性質を持つことも納得できる気がします。 ギャルはオタクと友達になることも「変な奴と友達になってラッキー」くらいに思ってるのかもしれません。 なぜギャルがこのような開かれた仲間関係を持つのかと考えてみたのですが、たぶん根底に田舎的・マイルドヤンキー的なマインドがあるからなのではないかと思いました。 ヤンキーの世界は「喧嘩上等」「目立ったもの勝ち」「仲間を大事に」みたいな価値観があると思うので、一般の女子高生のような個性が抑圧されたウェットな人間関係はなんだか窮屈なのかもしれません。 それよりももっと自分の個性をバンバン出して、自己主張をして、それでも互いに認め合うような関係を希求してるのかもしれません。 これは想像ですが、おそらくギャルのお父さんお母さんには元ヤンの方が多いのではないでしょうか。 幼い頃にお父さんお母さんや、そのお友達のオラオラした方々と接することで、ギャルの中にこのヤンキーマインドが継承された可能性があります。 なんだか普通の女子高生よりも、こういう友達関係の方が健康的で良い気もするのですがどうでしょうかね。 やっぱり一長一短はあるのでしょうか。 absg.

次の