クロストレーナー 女性。 クロストレーナーで痩せた私の使い方

女性に効果的!ジムでやるべき筋トレメニューおすすめ5選

クロストレーナー 女性

クロストレーナーとは? クロストレーナーとは、 トレーニングジムなどで見たことがある人もいると思いますが、ランニングなどの効果を手に入れることが出来るトレーニングマシーンのことです。 今回、はこのクロストレーナーについての、使い方や効果などをみていきたいと思います。 メリット• 室内で行える• 独特の動作を楽しいと感じる方が多い• 有酸素運動に対しての心理的負荷が小さい• プログラムによる難易度や負荷の自動設定• テレビや動画を見ながら取り組める• 地面との衝撃による関節への負担がない デメリット• 景色に変化がない• 部屋の中に大きなスペースが必要(他の有酸化運動のマシンよりも更に邪魔になる)• 脂肪の燃焼率が低めで消費カロリーが少ない 楽しく行う「ながらトレーニング」に最適! クロストレーナーはとても大きなマシンですし、部屋の中に置いてあれば存在感は抜群です!いやでも目に入りますし、部屋の中にあれば気軽に有酸素運動をちょこちょこと取り入れた生活が可能になるはずです。 テレビを見ながら、雑誌を読みながら、考え事をする時や電話中、何もしていない時などの隙間時間にちょこちょこと身体を動かすに違いありません。 室内で気軽に有酸素運動に取り組めるので、脂肪の燃焼率、カロリー消費が高まりるはずです。 クロストレーナーは何かをしながら行う、「ながらトレーニング」に最適です。 野外で行うジョギングやその他の有酸素運動運動と違い、室内でお好みのテレビや動画を見たながら行えるのは大きな魅力です。 楽しい番組や面白い動画に熱中しているうちに有酸化運動を終了させられるでしょう。 脂肪を燃焼させる為の有酸素運動は長時間取り組む事が理想的です。 クロストレーナーはテレビや動画に集中していると自然と長時間身体を動かし続けられるはずですので、そういった視点でも効果的に取り組みやすいと言えるでしょう。 心理的負荷を最小限に! スタートボタンを押して速度や傾斜角度の設定とをする必要があるルームランナーに比べると、トレーニング開始までに掛かる手間が少ないはずです。 また「走る」という動作に比べるとクロストレーナーの動作は心理的負荷が小さいのがクロストレーナーの最大の魅力です。 「走る」、「泳ぐ」などの有酸素運動は脂肪の燃焼率が高いのですが、実際に始めるまでに億劫になってしまいがちです。 走るのは心理的ストレスが大きく、やる気起きにくいと言えるでしょう。 また、泳ぐためにはプールに行って水着に着替える必要もあります。 しかし、クロストレーナーは室内でマシンに乗ってスイスイと漕ぐような走る様な、独特の動作をマシンの指示に従って行うだけです。 この独特の動作を、走ったり自転車を漕ぐよりも楽しいと感じる方が多いようです。 有酸素運動が続かない方の一番の理由が心理的ストレスにより、身体を動かす事が億劫になってしまう事です。 有酸素運動に対する心理的ストレスを最小限に抑えたクロストレーナーは気軽に継続を促すのでダイエットに成功しやすいマシンと言えるでしょう。 初心者の方や、身体を動かす事をストレスに感じやすい方にはとっておきの有酸素運動マシンです。 また、本格的なトレーニングと言うよりも、楽しみながら身体を動かす事により重点が置かれてるクロストレーナーは、日常生活とトレーニングの大きな隔たりを小さくする事を可能にした素晴らしい機械とも言えるでしょう! スポンサーリンク クロストレーナーで成功するダイエットを! ダイエットが成功しない方の大きな理由は継続できないこと、これに尽きます。 正しい知識を身に付けて、正しく取り組めばダイエットは必ず成功するのです。 勿論、ダイエットを継続できない理由も様々でしょうが、有酸素運動の継続がストレスになり、カロリーの消費が理想通りに上がらないパターンが多いようです。 先ほど述べたように、心理的ストレスが非常に小さいので、「有酸素運動が億劫」、「面倒くさい」、「やる気が出ない」のどの有酸化運動を行わない言い訳を軽減する事が可能です。 また、 クロストレーナー独特の動作は楽しいので無理なく継続しやすいはずですよ。 心理的なストレスの軽減と楽しく継続できる事が成功するダイエットに繋がります。 また、いきなり身体に大きな負荷を掛けるわけではないので、比較的短いウォーミングアップでも構わないでしょう。 これもこのマシンの小さなメリットです。 工夫する事で脂肪の燃焼率を引き上げよう! クロストレーナーはジョギングなどの他の有酸素運動に比べるとカロリーや脂肪の燃焼率が劣ります。 全身に大きな負荷を掛ける訳ではありませんので、筋肉の引き締まりに関しても、エアロバイクなど他のマシンに劣ります。 しかし、ほんの少しの工夫を加える事で脂肪の燃焼率を引き上げて筋肉の引き締め効果的に行えるようにする事が可能です。 まずクロストレーナーで有酸素運動に取り組む前にウォーミングアップを兼ねて筋肉に負荷を掛けて刺激しましょう。 腕立て伏せや腹筋運動、背筋運動、スクワットなど自分の体重を利用して行える筋トレがお薦めです。 自分の体重を利用しているので筋肉に掛かる負荷は決して大きくはありません。 しっかりと限界まで追い込むようにしながら筋肉に負荷を掛ける事がポイントです。 セット数は少なくても回数を多くこなすようにしましょう。 そうする事で、 筋肉内や血液中に溜め込まれた糖質のエネルギー源を意識的に消費する事が可能になります。 これは糖質のエネルギー源の量が低下してから、脂肪が燃焼され始める基本的な原理を利用しています。 ですので、 クロストレーナーを開始した直後から脂肪が燃焼されやすくなるのです。 5分程の軽い筋トレは10~15分程の有酸素運動と同量の糖質をエネルギー源として使用するので、かなり効果的で賢くクロストレーナーによって脂肪を燃焼させられるようになるでしょう。 クロストレーナーの効果がすごい!!?ダイエット効果もあるトレーニングマシーンに注目!のまとめ クロストレーナーは、有酸素運動をあまりやる気になれないと言う方に是非お勧めです。 室内で気軽に有酸素運動を始める気にさせてくれるでしょう。 また、独特の動作は他の有酸素運動に比べて楽しく取り組めるので、継続しやすく、その為ダイエットの成功に繋がるはずです。 有酸化運動の継続に難がある方、ストレスなく、楽しく室内で簡単にダイエットに取り組むにはクロストレーナーが最適と言えるでしょう!.

次の

クロストレーナーの効果的な使い方と消費カロリー!おすすめ商品3種も徹底紹介

クロストレーナー 女性

Contents• そもそもクロストレーナーとは? クロストレーナーとは、 全身を鍛えて効率よくカロリーを消費できるマシンのこと。 スキーの板をつけて歩くときに似た動きで、上半身と下半身を同時に使います。 ルームランナーやエアロバイクよりも 脂肪燃焼効果が高いことで評判です。 続いて、どれほどの消費カロリーがあるのか、他の有酸素運動マシンと比較してみましょう。 消費カロリーはジムの他の有酸素運動マシンと比べてどうなの? クロストレーナーを使うと 1時間で約500kcalを消費できるとされています。 他の有酸素運動マシンと比べると、 効率良くカロリーを消費できることがわかりますので、以下の表をご覧ください。 なお、水泳や縄跳びは数値上消費カロリーが高いですが、1時間ぶっ続けで行うことは困難であることも踏まえておきましょう。 クロストレーナーを使うメリット効果 クロストレーナーを使うメリット効果は、 主に4つあります。 以下で詳しくご紹介します。 上半身と下半身の筋肉を同時に筋力アップできる クロストレーナーのメリットは、 上半身と下半身の筋肉を同時に鍛えられることです。 足のペダルと手に持つハンドルを動かすことで全身運動を行い、 1回のトレーニングでバランスよく筋力をアップできます。 高負荷なのに足首や膝に負担がかかりにくい 負荷が大きいのに足首や膝に負担がかかりにくく、 怪我のリスクが少ないことがクロストレーナーの特徴。 足をペダルから離さず鍛えるので、ジョギングのように 体が宙に浮くことがなく、安全に鍛えられることで人気です。 静音なのでマンションなどでも時間を選ばずトレーニングできる クロストレーナーは地面にペダルがつかないので、 静かに使えます。 マンションで使う場合にも 下に音や振動が伝わりづらく、気兼ねなくトレーニングできることがメリットです。 登山フォームのトレーニングにも向いている クロストレーナーの動作は 登山のフォームに似ているため、 ストックを使った動きを身につけたい方にもおすすめ。 しっかりとストックを握るイメージで鍛えれば、いち早く綺麗な登山フォームをマスターできます。 続いて、 クロストレーナーの基本的な使い方をご紹介します。 【基本】クロストレーナーの正しい使い方 クロストレーナーの基本的な使い方を理解しておけば、思いのままにトレーニングできます。 効果を高めるため身につけておくといい、正しい使い方をご紹介します。 【脂肪燃焼・インターバルトレーニング】クロストレーナーの効果的な使い方 クロストレーナーにおけるインターバルトレーニングは、 早くこぐ高負荷トレーニングとゆっくりこぐ低負荷トレーニングを交互に繰り返すことです。 一般的なインターバルトレーニングは、 短時間で筋肉をいじめぬき、少し休憩をとってから再度短時間で集中的に鍛える方法を指します。 【短時間で最大限のダイエット効果】評判のタバタ式を応用したクロストレーナーの使い方 クロストレーナーと タバタ式トレーニングを組み合わせると、 8分間でダイエット効果を最大限に高められます。 タバタ式トレーニングは、インターバルトレーニングの一種。 20秒間の高負荷トレーニングと10秒間の低負荷トレーニングを8セット繰り返すことで、有酸素運動と無酸素運動の両方の効果が得られる鍛え方です。 クロストレーナーで最強の効果を得るための注意点 トレーニング効果を最大限引き出すためには、 細かく負荷を調整しつつ、正しいフォームで取り組むことが大切。 慣れないうちはフォームを維持することが大変だったり、負荷の調整が難しかったりするので、以下の 4つのポイントを強く意識して鍛えましょう。 軽いと感じたら負荷レベルを上げるなどこまめに調整しよう 効率的にトレーニングするため、 物足りなさを感じたときは負荷を上げましょう。 普通にこぐときと後ろ向きにこぐときには、負荷が違って当然です。 取り組み方やその時の状態に合わせて負荷を最適化することで、 最大限の効果を得られます。 膝は持ち上げるように動かし、伸ばし切らないようにしよう 膝を上げるときは、 大きく足を踏み出すイメージで骨盤から太ももを持ち上げるように動かしましょう。 また、こぐときには 膝が伸びきらないようにすることも重要です。 トレーニング効果を高めつつ、怪我のリスクを抑えられます。 つま先ではなくかかと側に体重をかけるよう意識しよう 体重をかけるときはかかと側になるように意識しましょう。 こうすることでしっかりと 筋肉に刺激を届けつつ、長時間のトレーニングが可能となります。 つま先に重心をおくと、足への負担が大きくなるので注意してください。 ハンドルバーにもたれて猫背にならないよう注意しよう クロストレーナーは、 背筋を伸ばして行いましょう。 疲れてくるとハンドルバーにもたれやすくなり、負荷が逃げてしまいます。 トレーニング効果が低下するので注意してください。 酸素を取り込みづらくなることも、 猫背のデメリットです。 さらにトレーニング効率を上げるため、 最適な時間と頻度を確認しておきましょう。 どれくらいの時間と頻度でトレーニングすればよい? クロストレーナーに取り組む際は、 1日30分以上、 週5回を目標にしましょう。 脂肪燃焼の効果がより高くなるは、運動をはじめてから20分以上だといわれているからです。 次は、 自宅で取り組める家庭用のクロストレーナーを厳選して2つお伝えします。 自宅でもできる!おすすめの家庭用クロストレーナー2選 週に5回を目標に取り組みたいクロストレーナーは、自宅で取り組むのがおすすめ。 そこで自宅で効率的に鍛えられるクロストレーナーを2つ、ご紹介します。 1位:DYACO ダイヤコ 家庭用クロストレーナー SE155-30 コスパが高くコンパクトな1台!初心者におすすめ! DYACO ダイヤコ の『SE155-30』は、 5万円台の安さにもかかわらず、基本的な機能が一通り揃っているクロストレーナー。 時間や距離はもちろん、 体脂肪や温度までも計測できます。 本体がスリムなので、置く場所にも困りにくいことも嬉しいポイント。 さらに キャスター付きなので、場所の移動もらくらく。 逆回転でのトレーニングも可能なので、 太ももやお尻まわりを効率的に鍛えたい方にもピッタリです。

次の

製品

クロストレーナー 女性

クロストレーナーの負荷機能には、「ウエイトを与える負荷」と「傾斜を変える負荷」の2種類にがあります。 負荷を与えてしっかりトレーニングしたい方は、両方の機能が充実したタイプがおすすめです。 傾斜の調節ができるタイプは、ペダルの動きが代わり、昇降運動を行うこともできます。 ウェイトを加える負荷はマグネットブレーキや電動式タイプなどがあり、この負荷レベルが充実している機種を選ぶと、軽い有酸素運動から体を鍛える運動まで幅広いトレーニングが可能となり、家族みんなで愛用できます。 フィットネスマシン専門メーカーのホライズン。 こちらはインダクションブレーキにより30段階の中から 最適な負荷を正確かつ瞬時に自動変更。 自分のコンディションに合わせた運動をすることができます。 トレーニング中の音も静かなので周りを気にする心配も減らせます。 マンション住まいでもトレーニングに集中可能です。 また、ViewFitにも対応しており運動履歴を自動記録。 パソコンやスマートフォンで確認できるのでより快適なワークアウトを楽しめます。 パネル機能 時間・距離・カロリー・スピード・RPM(回転数)・負荷レベル・ 心拍数・ワット・心拍ホイール・パワーグラフ・プロファイル 負荷のレベル調整 有 ペダルの調整 - 耐荷重 136kg パネル機能 時間・距離・カロリー・スピード・RPM(回転数)・負荷レベル・ 心拍数・ワット・心拍ホイール・パワーグラフ・プロファイル スキャン表示・速度・距離・時間・消費カロリー・回転数・目標脈拍値・脈拍数・体脂肪・リカバリー・カレンダー・時計・温度 時間・距離・カロリー・スピード・RPM(回転数)・負荷レベル・ 心拍数・ワット・心拍ホイール・プロファイル スキャン表示・速度・距離・時間・消費カロリー・回転数・目標心拍数・心拍数・体脂肪測定・リカバリー測定・時計 スキャン表示・速度・時間・距離・消費カロリー・回転数・目標心拍数・心拍数・体脂肪測定・リカバリー機能 速度・カロリー・距離・時間 時間・距離・カロリー・心拍数・スピード・回転数・負荷レベルグラフ・プログラム 負荷のレベル調整 有 有 有 有 有 無 有 ペダルの調整 - - - - - - - 耐荷重 136kg 100kg 136kg 120kg 130kg 100kg 100kg 商品リンク•

次の