オンラインストレージ ギガファイル。 容量で選んでいいの?人気の無料オンラインストレージを比較【19選】|ferret

動画がメールやLINEで送れない時の最適な対処法【オンラインストレージ】|WeddingMovieLabo

オンラインストレージ ギガファイル

オンラインストレージとは、オンラインで利用できるストレージ(外部記憶装置)のことです。 オンラインストレージを利用すれば、パソコンの容量を軽減することができたり、をすることができたり、外出先で使いたいファイルを置いておくことができたり、家族や友人とファイルや画像を共有することができたり、、と様々な用途に利用することができます。 無料で利用できるので気軽に利用することができます。 大事なファイルは別の場所にコピーしておくか、複数のストレージに保存しておくと安全です。 無料で2GB利用できるオンラインストレージ Webでも利用できますが、をインストールすると、ローカルフォルダーにするだけでオンラインストレージと自動で同期。 iPhoneアプリもあり、自宅、外出先、職場のどこでもデータを共有できます。 フォルダーによるファイル整理ができ、誤ってファイルを削除しても、30日間までファイルの復元が可能。 紹介制度を利用すると、一人紹介するたびに500MBの容量がプレゼントされ、最大18GBまで追加できます。 パソコンにインストールして利用する をインストールすると、Google ドライブ 専用フォルダーが作成され、ファイルのアップロードが簡単になります。 パソコンにインストールする 、 や を利用すると、ローカルドライブのように利用できます。 から登録していただくと、500MB多い容量で利用できます。 ファイルを移動したり削除すると、オンラインのファイルも削除されます。 削除したファイルを「削除済みファイル」という場所へ保存しているので、誤って削除してしまっても復元可能です。 ただし1ヶ月ログインの無い場合は削除されてしまうため、あまり大事なファイルを置くのには向いていないかもしれません。 無料会員登録をすることで、最大20ファイルまで同時アップロードができ、パスワードによるアクセス制限、アクセス集計、コメント機能、ダウンロード通知メールの送信、アップロードしたファイルをZIP圧縮するなど便利な機能を追加することができます。 ボックス - 2020年9月1日、実質的に終了 2011年10月10日にサービスを開始した Yahoo! JAPAN によるオンラインストレージサービス 2020年6月1日以降、新規共有、新規公開停止、2020年9月1日以降、共有、公開、アップロード、移動/コピーの機能を終了。 Yahoo! フォトとYahoo! ブリーフケースが統合して誕生しました。 無料で5GB、Yahoo! プレミアム会員(月額346円)なら50GBを利用できます。 プレミアム会員は50GB。 有料で容量無制限。 クライアントソフトをインストールすると、指定フォルダーをサーバーと同期したり、仮想ドライブ機能を使ってデータファイルを簡単にアップロードできるようになります。 利用はすべてソフト、アプリ経由となります。 ファイルアップロード時からを行い、セキュアな環境を整えてプライバシーを保護します。 ソフトをインストールしている端末間でファイルの同期ができるので、自宅で編集したファイルを外出先でも利用できます。 com [海外] - 2015年10月17日サービス終了確認 データごとに検索用のタグを設定して管理できるオンラインストレージサービス 初期で10GB利用でき、友人紹介等で1人当たり256MBがボーナスとして追加され、最大で15GBまで増量できます。 各データごとにURLを公開してファイルの共有ができ、特定のグループのみ閲覧可能なパスワード設定も可能。 DropBoxライクなインタフェースで使いやすいのが魅力です。 ファイルごとに共有URLを利用して共有したり、フォルダーを Public(公開)したりできます。 ログイン直後に表示される「Download」ボタン型の広告からダウンロードしたファイルは不要ソフトが複数インストールされてしまう ただの広告ソフトです。 ダウンロード及びインストールしないことをお勧めします。 法人向けサービス KDrive for Business は継続されます。 を利用して仮想ドライブとしても利用できます。 iPhoneにも対応し、外出先でも手軽にファイルを確認することができます。 パソコンにインストールするを利用すると、ローカルフォルダーとして利用でき、するだけで手軽にファイルのアップロード、ダウンロードができるようになります。

次の

容量無制限が嬉しい!オンラインストレージサービス 7 選

オンラインストレージ ギガファイル

99ユーロ~ - - メール ビジネスアカウント - 月額10ユーロ~ - - メール プレミアム - 月額8. 従来は、パソコン内のハードディスクやUSB、外付けハードディスクなどに、データを保存することが一般的でした。 しかし、これらの記憶媒体には、保存できるデータ容量に限りがあり、制限の範囲内でデータを保存しなければなりませんでした。 オンラインストレージは、オンライン上にデータの保存領域があるので、これらの記憶媒体よりも多くのデータを保存できます。 また、インターネットを通じて利用できるため、メールでファイルを送信したり、USBや外付けハードディスクなどを使ってデータを取り込んだりすることなく、ファイルやデータを共有できるという特徴があります。 そのほかにも、オンラインストレージサービスの多くは、スマートフォンやタブレットなどのデバイスに対応しているので、パソコンがなければ利用できないということはありません。 オンラインストレージを利用することで、多くのデータを保存や、場所を選ばずに情報の共有ができるようになります。 オンラインストレージ選定のポイント 従来の記憶媒体よりも柔軟な使い方ができるオンラインストレージ。 個人利用向け、法人利用向け、無料のサービスなど、さまざまな種類のオンラインストレージが提供されています。 ここでは、どのようなポイントでオンラインストレージを選べば良いのか紹介していきます。 データ容量 まずは、オンラインストレージに必要なデータ容量を確認しましょう。 個人でオンラインストレージを利用する場合は、自身のパソコンや外付けハードディスクなどにどれくらいのデータがあるのか確認することで、最適なデータ容量を把握できるでしょう。 法人で利用する場合は、個人で利用するよりも多くのデータ容量が必要になります。 これまで蓄積されているデータ量と今後の人員増加などを鑑みて、必要なデータ容量を算出しましょう。 また、文書だけでなく、画像や動画を多く保存する場合は多くのデータ容量を見積もると良いでしょう。 料金 次に、料金を確認しましょう。 オンラインストレージの多くは、保存可能なデータ容量によって費用が発生する従量課金となっています。 契約しているプランで、データ容量がいっぱいになれば、データ容量を増やすことができます。 当然ながら、データ容量が多いプランにすればするほど、費用もかさむことになります。 料金があまりにも高額になる場合は、保存するデータの適正化を図るなどして、最適なコストに収めるようにしましょう。 アプリ対応 検討中のオンラインストレージが、アプリに対応しているかも確認しましょう。 とくに、法人利用の場合は、出先からオンラインストレージにアクセスするということが想定されます。 例えば、営業担当者が訪問先から営業資料をタブレットで表示する、出張先から社内の回覧資料を確認する、などの利用シーンが発生するでしょう。 また、ちょっとした移動時間などで資料を確認するということもできます。 スマートフォンやタブレットのアプリ対応がされているオンラインストレージであれば、このようなケースにも対応でき、仕事の幅が広がります。 セキュリティ セキュリティ対策も、オンラインストレージを選定するうえで大事なポイントの1つです。 オンラインストレージでは、オンライン上にデータを保存するため、不正アクセスや情報漏洩のリスクは避けられません。 そのため、オンラインストレージを運営する会社も、それぞれにセキュリティ対策をおこなっています。 とくに、法人の場合は、セキュリティ事故によって機密情報が流出するだけでなく、金銭的な損害が発生する可能性もあります。 オンラインストレージサービスのセキュリティ対策の状況は念入りに確認するようにしましょう。 また、何かあった場合に備えてサポート体制がしっかり整っているかも確認すべきポイントの1つになります。 【法人向け】無料で使えるオンラインストレージサービス8選 ここでは、無料で使えるオンラインストレージサービスを紹介します。 それほど多くの容量を使う予定がない場合や、試しにオンラインストレージを使ってみたい場合にはおすすめです。 無料オンラインストレージを活用するメリットや、おすすめの無料オンラインストレージサービスについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。 Yahoo! ボックス HPより• ヤフー社が提供するオンラインストレージサービスであり、Yahoo! プレミアム会員ならスマートフォンのバックアップサービスが無料で利用可能• ヤフオクと連携し、出品画像枚数の制限をなくすことができる• Yahoo! コカ・コーラ社やグリー社など、大手企業に導入されている安心と信頼のあるオンラインストレージサービス• 削除されたデータをいつ誰によって削除しているを確認することができる• 大手から中小企業まで幅広い企業に導入されているオンラインストレージサービス• ユーザーの利用状況を監視するための83のログ監視機能が搭載されている• NTT東日本社が提供する法人向けオンラインストレージサービス• 自動バックアップ機能が搭載されており、データが自動で保存されるため、万が一データが消えた際でも安心して復元できる• KDDI社が提供する法人向けオンラインストレージサービス• ID単位コース、容量単位コースと2つのコースが用意されており、導入形態に応じてそれぞれの会社に合ったコースを選択することができる• 保存容量無制限で、1ファイル当たり2GBまでのファイルをアップロード可能なファイル転送サービス• メールで共有できない大容量のファイルを、気軽に共有することが可能• スマートフォンやパソコンに入ったデータを保存するための場所として利用してみてはいかがでしょうか。 Googleドライブ• グーグル社が提供するオンラインストレージサービスであり、個人向け、法人向けともに人気のサービス• 1つのデバイスだけでシームレスにビジネスとプライベートモードを切り替え可能• 多くの企業や個人に利用されているオンラインストレージサービス• 30万以上のアプリがDropboxと連携しているため、使い慣れているツールをさらにパワーアップすることができる• PowerPointやPhotoshopといった、容量の大きいファイルも共有可能であるため、クリエイティブなデータも容易に保存できる.

次の

容量無制限の無料オンラインストレージ firestorage firestorage

オンラインストレージ ギガファイル

99ユーロ~ - - メール ビジネスアカウント - 月額10ユーロ~ - - メール プレミアム - 月額8. 従来は、パソコン内のハードディスクやUSB、外付けハードディスクなどに、データを保存することが一般的でした。 しかし、これらの記憶媒体には、保存できるデータ容量に限りがあり、制限の範囲内でデータを保存しなければなりませんでした。 オンラインストレージは、オンライン上にデータの保存領域があるので、これらの記憶媒体よりも多くのデータを保存できます。 また、インターネットを通じて利用できるため、メールでファイルを送信したり、USBや外付けハードディスクなどを使ってデータを取り込んだりすることなく、ファイルやデータを共有できるという特徴があります。 そのほかにも、オンラインストレージサービスの多くは、スマートフォンやタブレットなどのデバイスに対応しているので、パソコンがなければ利用できないということはありません。 オンラインストレージを利用することで、多くのデータを保存や、場所を選ばずに情報の共有ができるようになります。 オンラインストレージ選定のポイント 従来の記憶媒体よりも柔軟な使い方ができるオンラインストレージ。 個人利用向け、法人利用向け、無料のサービスなど、さまざまな種類のオンラインストレージが提供されています。 ここでは、どのようなポイントでオンラインストレージを選べば良いのか紹介していきます。 データ容量 まずは、オンラインストレージに必要なデータ容量を確認しましょう。 個人でオンラインストレージを利用する場合は、自身のパソコンや外付けハードディスクなどにどれくらいのデータがあるのか確認することで、最適なデータ容量を把握できるでしょう。 法人で利用する場合は、個人で利用するよりも多くのデータ容量が必要になります。 これまで蓄積されているデータ量と今後の人員増加などを鑑みて、必要なデータ容量を算出しましょう。 また、文書だけでなく、画像や動画を多く保存する場合は多くのデータ容量を見積もると良いでしょう。 料金 次に、料金を確認しましょう。 オンラインストレージの多くは、保存可能なデータ容量によって費用が発生する従量課金となっています。 契約しているプランで、データ容量がいっぱいになれば、データ容量を増やすことができます。 当然ながら、データ容量が多いプランにすればするほど、費用もかさむことになります。 料金があまりにも高額になる場合は、保存するデータの適正化を図るなどして、最適なコストに収めるようにしましょう。 アプリ対応 検討中のオンラインストレージが、アプリに対応しているかも確認しましょう。 とくに、法人利用の場合は、出先からオンラインストレージにアクセスするということが想定されます。 例えば、営業担当者が訪問先から営業資料をタブレットで表示する、出張先から社内の回覧資料を確認する、などの利用シーンが発生するでしょう。 また、ちょっとした移動時間などで資料を確認するということもできます。 スマートフォンやタブレットのアプリ対応がされているオンラインストレージであれば、このようなケースにも対応でき、仕事の幅が広がります。 セキュリティ セキュリティ対策も、オンラインストレージを選定するうえで大事なポイントの1つです。 オンラインストレージでは、オンライン上にデータを保存するため、不正アクセスや情報漏洩のリスクは避けられません。 そのため、オンラインストレージを運営する会社も、それぞれにセキュリティ対策をおこなっています。 とくに、法人の場合は、セキュリティ事故によって機密情報が流出するだけでなく、金銭的な損害が発生する可能性もあります。 オンラインストレージサービスのセキュリティ対策の状況は念入りに確認するようにしましょう。 また、何かあった場合に備えてサポート体制がしっかり整っているかも確認すべきポイントの1つになります。 【法人向け】無料で使えるオンラインストレージサービス8選 ここでは、無料で使えるオンラインストレージサービスを紹介します。 それほど多くの容量を使う予定がない場合や、試しにオンラインストレージを使ってみたい場合にはおすすめです。 無料オンラインストレージを活用するメリットや、おすすめの無料オンラインストレージサービスについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。 Yahoo! ボックス HPより• ヤフー社が提供するオンラインストレージサービスであり、Yahoo! プレミアム会員ならスマートフォンのバックアップサービスが無料で利用可能• ヤフオクと連携し、出品画像枚数の制限をなくすことができる• Yahoo! コカ・コーラ社やグリー社など、大手企業に導入されている安心と信頼のあるオンラインストレージサービス• 削除されたデータをいつ誰によって削除しているを確認することができる• 大手から中小企業まで幅広い企業に導入されているオンラインストレージサービス• ユーザーの利用状況を監視するための83のログ監視機能が搭載されている• NTT東日本社が提供する法人向けオンラインストレージサービス• 自動バックアップ機能が搭載されており、データが自動で保存されるため、万が一データが消えた際でも安心して復元できる• KDDI社が提供する法人向けオンラインストレージサービス• ID単位コース、容量単位コースと2つのコースが用意されており、導入形態に応じてそれぞれの会社に合ったコースを選択することができる• 保存容量無制限で、1ファイル当たり2GBまでのファイルをアップロード可能なファイル転送サービス• メールで共有できない大容量のファイルを、気軽に共有することが可能• スマートフォンやパソコンに入ったデータを保存するための場所として利用してみてはいかがでしょうか。 Googleドライブ• グーグル社が提供するオンラインストレージサービスであり、個人向け、法人向けともに人気のサービス• 1つのデバイスだけでシームレスにビジネスとプライベートモードを切り替え可能• 多くの企業や個人に利用されているオンラインストレージサービス• 30万以上のアプリがDropboxと連携しているため、使い慣れているツールをさらにパワーアップすることができる• PowerPointやPhotoshopといった、容量の大きいファイルも共有可能であるため、クリエイティブなデータも容易に保存できる.

次の