生後1ヶ月 体重増えない。 赤ちゃんの体重が増えない!月齢別の原因と対策

生後10ヶ月の体重の目安!増えない場合どうすれば良い?

生後1ヶ月 体重増えない

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 出産後、赤ちゃんがしっかり成長しているのか、ちゃんと母乳やミルクが飲めているのか、体重をみて一喜一憂するママは多いのではないでしょうか?一生のうちでもっとも体の成長が著しい赤ちゃん。 そんな赤ちゃんの体重が思ったよりも増えないと不安を感じてしまいますよね。 そこで今回は、新生児や赤ちゃんの体重が増えない原因や、生後6ヶ月までの体重の増え方についてまとめました。 そもそも新生児や赤ちゃんの体重増加はなぜ必要? 新生児や赤ちゃんの体重増加は、1年間で歩行が可能になるだけの筋肉や骨格・脳の機能などを発達させるために必要なこと。 つたい歩きや歩行しはじめの時期は転びやすいため、転んだときの衝撃を吸収できるように脂肪をつける必要もあります。 大人にとって、体重が増えるのは嫌なことと感じる人もいますが、そもそもの役割や意味が異なります。 生まれたばかりは寝ているだけの赤ちゃんにとって、生後1年前後で歩けるようになるまでには、体重の増加はとても大切なことなんですよ。 新生児の体重が増えない原因は?減るのはなぜ? 生後1週間までの間、新生児の体重が増えないのは、「生理的体重減少」が原因の一つです。 この時期は、母乳やミルクをたっぷり飲みますが、その反面、尿・胎便・老廃物・汗といった、体外に出ていくものの量が上回るほど多いのも特徴です。 生理的体重減少は出産直後から起こります。 自然現象のひとつで、生後1~2週間すると元通りになることがほとんどです。 関連記事 新生児や赤ちゃんの1日の体重の増え方は? 新生児や赤ちゃんの1日の体重の増え方の平均は、生後1~3ヶ月なら25~30g、生後3~4ヶ月未は13~16g、生後5ヶ月~1歳は8~10gくらいと覚えておくと良いでしょう。 生後2週間あたりから増え始め、生後3ヶ月頃には出生時の約2倍、生後1年で出生時の約3倍というのが平均的な増加スピードです。 もし平均よりも体重が増えておらず、成長曲線を下回るようであれば、食生活などを見直してみるタイミングかもしれませんね。 離乳食が始まっている月齢であれば、児童館や子育て支援センターの離乳食指導や講習に参加してみたり、育児相談で管理栄養士に相談してみたりするのもひとつの方法ですよ。 関連記事 生後1・2・3・4・5・6ヶ月の赤ちゃんの体重が増えない原因は? 新生児の体重が増えない原因のひとつに、生理的現象をご紹介しましたが、生後1~6ヶ月で体重が増えない原因にはどんなことがあるのでしょうか。 原因の一つには、体重よりも身長や頭囲が成長するタイミングで、体重増加が鈍化することもあげられます。 以下に月齢別の特徴をご紹介します。 生後1・2・3・4ヶ月で体重が増えない 生後1~4ヶ月で体重が増えない場合、母乳やミルクが足りていない可能性があります。 母乳やミルクの過不足を判断するには、おしっこの回数に注意してください。 生後3ヶ月頃は1日に5~6回おしっこをしますが、これよりも少ないと母乳やミルクが足りていない可能性があります。 もし母乳育児で回数や間隔にとらわれ、泣いても授乳していないなどの心当たりがあれば、気にせず母乳を飲ませてあげましょう。 ママの体調が悪いときは、母乳の出が悪いこともあるので、ほしがるときは回数を増やすと良いですよ。 うまく飲めないうちは、ミルクと混合にしてみても良いですね。 ミルクの場合も、量・回数が月齢や体重と合っているか、見直してみてください。 生後5・6ヶ月以降で体重が増えない 生後5ヶ月を超えると離乳食がスタートするため、離乳食をきちんと食べてくれるかどうかで体重の増加も左右されます。 体重が増えない場合は、離乳食が足りずに栄養が不足している可能性も考えられるので、フォローアップミルクをあげて栄養を補うようにしましょう。 この頃から寝返りなどで運動量が増えてくるので、離乳食をたくさん食べていても体重がそれほど増えないことはあります。 きちんと食べているかどうかは、おしっこやうんちが毎日出ているかで判断しましょう。 関連記事 新生児や赤ちゃんの体重が増えないのは病気? 新生児や赤ちゃんの体重が増えないのは、個人差もあるので一概にはいえませんが、1日の平均増加体重よりも少ない日が長く続く場合は注意が必要です。 赤ちゃんがずっとぐずっていたり、いつもと様子が違うときは病気の可能性もあります。 特に新生児の場合、体重が全く減らない・増えない状態は「ヒルシュスプリング病」という、腸や内臓の異常による病気の可能性もあるので、小児科を受診しましょう。 ある程度機嫌が良く、食欲があるようなら、まずは母乳やミルク、離乳食の量を増やして様子をみましょう。 必ずしもすべての赤ちゃんが成長曲線通りになるとは限りません。 もともとの出生体重もあるので、成長曲線を下回ったからといって過剰に心配する必要はありませんよ。

次の

赤ちゃん&子育てインフォ

生後1ヶ月 体重増えない

体重が増えません。 生後1ヶ月半の新生児です。 出生時3120グラムで、退院時3370グラム、1ヶ月検診の時3620グラム・・・。 栄養状態が要指導になってしまい、2ヶ月検診もくるように言われました。 1ヶ月検診までは母乳のみで育てていましたが、ミルクを足すように言われ、今は混合です。 昨日子供の体重を計ったところ、3980グラムでした。 母乳も絞れるほど出ていますし(飲んだ後、毎回搾り出しています)子供もゴクゴク音をたて飲んでいます。 (1ヶ月検診時の病院の指導により、母乳は10分で止めるように言われました) その後ミルクを飲むのですが、疲れてしまうのか、20~30ぐらいしか飲みません(多いときで50ぐらい) 日に2~3回ミルクだけあげるようにもしましたが、100飲むのがやっとです。 疲れて飲むのを止めてしまうのかと思い、哺乳瓶の乳首を大きいサイズに変えましたが、飲む量は変わりません。 昼間はほとんど起きていることが多い子で、欲しがるだけ母乳をあげています。 30分で欲しがる場合もあり、その場合は母乳を与え、ミルクは3時間おきにあげています。 夜中は1度起きる程度です。 来週2ヶ月検診なのですが、このままだと心配で・・・。 自治体の保健師さんにも相談しましたが「体重増えが少ないけど、少しでも増えてるから大丈夫」と言われました。 でも調べると、生後1~2ヶ月が1番増える時期とのこと。 今が丁度その時期なのですが、まったく増える気配がないのです。 平均ですが、尿は1日に10回ぐらい、便は6回ぐらいです。 体重があまり増えないと、脳障害がおきる可能性があると小児科の先生(1ヶ月検診時)に言われ、心配でなりません。 長くなりましたが、同じような経験がある方、どのように対処しましたか? 赤ちゃんは機嫌良く、元気ですか? 母乳やミルクを噴水のように吐いていませんか? 上記が無ければ大丈夫ですよ。 尿の回数は最低6回以上(便は個人差があるので)あれば良いと聞きました。 もう直ぐ4ヶ月になる子がいるママです。 うちは2214gで産まれ、退院する時は2092g、1ヶ月検診時で2700gでした。 今は正確ではないですが6000g位かと。 始めは完母で育てたかったのですが、生後2週間を過ぎた頃から足りないようで泣き出したのでミルクを40g足し出しました。 でも毎回では無かったんです。 1ヶ月検診の際ミルクは毎回好きなだけ足してあげるように指示されました。 母乳の出は毎回同じでは無いかもしれないって。 それにうちも夜中5時間も寝ている事も多くて相談しました。 やはり5時間は寝過ぎなので、長くても4時間で起こすようにと。 検診後は言われた通り、ミルクは毎回足しました。 その時によって20gの時もあれば60g飲む時もありました。 夜中は4時間以上寝てても私の体調次第でしか起こしませんでした。 目覚ましをセットする訳では無いので、目が覚めて寝過ぎと思った時に起こす程度でした。 うちの子はいつも元気ですし、生後3週間でおっぱいを噛み始めた子です。 おっぱいを噛むのも夜長く寝るのもこの子の性格って思ってます。 全てを「普通は」とか「平均」とかではくくれないと思います。 元気だったらその子の性格と思ったらいかがでしょう? ママは未だ自分の体も大変だと思います。 ストレスはよくないですよ。 もう少ししたら笑顔が見られるようになりますよ! 楽しみですね。

次の

赤ちゃん&子育てインフォ

生後1ヶ月 体重増えない

生後3ヵ月までの平均体重の増え方と成長曲線 赤ちゃんは、平均してだいたい 男女ともに2,100~3,700グラムほどで生まれてきます。 そして次のように体重が増えていきます。 <生後1ヵ月頃> 男の子:3,200~5,100グラム 女の子:3,000~4,800グラム <3ヵ月頃> 男の子:4,900~7,900グラム 女の子:4,800~7,300グラム これらのデータは、厚生労働省が10年に一度、全国の乳幼児を対象に発達の調査をしたものです。 そのデータを基に伸長・体重を月齢とともにグラフに表したものを発育曲線(成長曲線)といいます。 子どもの伸長や体重は、この発育曲線を参考にしましょう。 発育曲線は母子手帳にも記載されているので、グラフで見てみると良いでしょう。 また、子どもの身体測定をするたびにグラフに印を打っていくとどのように成長しているのか分かりやすいです。 [参考文献] 厚生労働省/平成22年乳幼児身体発育調査の概況について スポンサーリンク 赤ちゃんの体重の増え方の注意点 先ほど、平均体重と発達曲線について書きましたが、平均の範囲内に収まっていれば良いというわけではありません。 小さく生まれた子も大きく生まれた子も、成長曲線に沿って、だいたい同じように成長しているということが大切です。 範囲内に収まっていても、体重が横ばいで増えてなかったり、減っていたりしていたら、原因を考えて対策をとりましょう。 「体重の増え方」については、次のように考えると良いでしょう。 生後1ヵ月頃: 出生時よりも プラス約1キロ• 生後3ヵ月頃: 出生時の 約2倍 「1日あたりの体重の増え方」は次のとおりです。 生後1ヵ月まで: 40グラム• 生後2~3ヵ月 : 30グラム• 生後4~6ヵ月 : 20グラム• 生後7ヵ月以降: 10グラム またWHOの指針では、 生後6ヶ月までの体重増加は 1週間に100~200グラムを目安としています。 ただ、毎日毎日同じだけ体重が増えるわけではありません。 赤ちゃんの体調や機嫌や排泄の回数によって、一日におっぱいやミルクを飲む量は変わり、体重の増え方もバラバラです。 なので、体重の増え方は1週間や1ヶ月ごとくらいで、長期的に見ると良いでしょう。 スポンサーリンク 哺乳量と授乳回数 まだ母乳やミルクしか飲んでいない赤ちゃんは、 飲んだ量が体重に大きく影響してきます。 特に体重の増加が少ない赤ちゃんの場合は、一日にどれくらいの量が必要なのか把握しておくといいでしょう。 ミルクのケースなどには月齢ごとに1回の目安量と回数が書いてありますが、同じ月齢の赤ちゃんでも身体の大きさには個人差があるので、一日の哺乳量も赤ちゃんによって変わってきます。 理想的な哺乳量は? ここでは、赤ちゃんの体重に合った1日の哺乳量を見ていきましょう。 離乳食が始まるまでの赤ちゃんの1日のミルク哺乳量は1kg当たり約100ml~200mlです。 平均では1kg当たり約150mlです。 1回の哺乳量の目安は1kg当たり約20mlです。 (例:4kgの赤ちゃんなら1回80ml、1日で600ml。 7kgなら1回140ml、1日で1,050ml) 引用元: 「1日の哺乳量が、体重1キロあたり約150ml」というのは、多くの産院でも言われていますね。 しかし、母乳を飲ませていると、どれくらい赤ちゃんが飲んでいるのかわからないですよね。 飲んだ母乳の量の計り方は? 飲んだ母乳の量の計り方は、赤ちゃんの体重の増加量でわかります。 授乳する前と後でそれぞれ体重を計り、その差を計算するとそれが飲んだ母乳の量です。 今まで問題なく体重が増えているなら気にする必要はないですが、気になる場合は一度、どれだけ母乳を飲んでいるのか計ってみましょう。 理想的な授乳回数は? 授乳回数は、 だいたい3時間おきで1日7~8回です。 夜にまとまって寝るようになれば、1日7回になります。 ただ、頻繁におっぱいを欲しがる子は1日に12回以上授乳するという場合もあり、個人差があります。 スポンサーリンク 体重が増えない原因は?対策は? では、体重が増えないときはどうしたら良いのでしょうか。 体重が増えない原因は、まずは 「おっぱいやミルクの量が足りない」ということがあげられます。 次のような場合は、哺乳量が足りていないので、1回の量や回数を増やしましょう。 飲み終わっても泣く• 3時間たっていなくても欲しがって泣く• おしっこの量や回数が少ない また母乳では限界があるという方は、 割りきってミルクを足しましょう。 体重がなかなか増えない場合は、欲しがった時にどんどんあげるようにしましょう。 しかし中には、それでもなかなか体重が増えないという赤ちゃんもいます。 おっぱいもよく飲むし機嫌もいいという場合、体重が減少していない限りはそれほど心配しなくても大丈夫です。 また、母乳で育てている場合、最初の 1ヵ月くらいは赤ちゃんがまだおっぱいを飲むのが上手じゃない為に体重増加につながらない可能性もあります。 母乳を上手に飲めるようになってくるのは 2ヵ月目くらいからなので、長い目で見てみましょう。 授乳やミルクを嫌がる、飲んでいるのに体重が増えないまたは減っているという場合は、小児科医や保健師、母乳外来などに相談してみましょう。 体重が増えすぎる原因は?どうすればいい? 体重が著しく増えていくという場合は、 「おっぱいやミルクの飲み過ぎ」が原因かもしれません。 次のような様子が見られる場合は、1回の量を少し減らすか、授乳間隔を少しずつあけるようにしましょう。 授乳後げっぷをしているのによく吐き戻す• 便の回数が多い、お腹がパンパンで苦しそう• 飲んでいるときに口から母乳やミルクが溢れている また、「泣いたら授乳」という風になっていませんか?赤ちゃんが泣く理由は他にあるかもしれません。 おむつをかえたり室温をみたりあやしてあげたりして、それでも泣くようなら授乳しましょう。 体重が平均して 1日に50グラム以上増えているようなら、飲み過ぎを考えましょう。 とはいっても、 生後6ヵ月頃までの赤ちゃんは動き回ったりするわけではないので、 1日50グラム以上体重が増えていてもそれほど心配はいりません。 ハイハイや歩いて動けるようになったら、自然と体重増加にはブレーキがかかります。 体重の増えすぎで気にするのは、母乳やミルクを卒業して食事のみで栄養をとるようになってからで良いでしょう。 さいごに おっぱいやミルクの量は、赤ちゃんの成長に直接繋がってくるので心配になりますよね。 目安も様々な見方がありますが個人差もあります。 一番の目安は赤ちゃんが良く飲んで機嫌もよく元気に過ごしていることですので、あまり神経質になりすぎないように育児をしてくださいね。

次の