ギャレリア インターナショナル の ec サイト。 ギャレリアインターナショナル、【世界に1枚のマスクを!】ハンドメイドでオリジナルマスクが作れる!必要不可欠な「マスク用ゴム紐」&「ノーズワイヤー」を販売

【2018年版】10分で理解するEC業界の概要とトレンド

ギャレリア インターナショナル の ec サイト

69 1. 95 191 1位 ブルーコムブルー( ) 88位 3. 22 1. 57 39 2位 サルース(Salus) 100位 3. 36 1. 31 189 3位 ユニー( ) 29位 3. 49 1. 70 77 4位 三惠( ) 98位 3. 50 4. 20 283 5位 TOKYO BASE( ) 38位 3. 76 3. 06 120 6位 ジャヴァコーポレーション( ) 60位 3. 92 2. 62 76 7位 ジュピターショップチャンネル( ) 14位 4. 00 1. 85 152 8位 ヒラキ( ) 30位 4. 14 2. 02 192 9位 スタジオアタオ( ) 68位 4. 15 4. 61 197 10位 レナウン( ) 82位 4. 22 6. 89 245 11位 マキシム( ) 35位 4. 23 2. 68 116 12位 ワールド( ) 11位 4. 24 4. 94 256 13位 エフ・ディ・シィ・プロダクツ( ) 72位 4. 35 4. 55 223 14位 ランドマーク( ) 64位 4. 42 2. 61 185 15位 SMbrand( ) 19位 4. 56 5. 63 121 16位 マルカワ( ) 70位 4. 60 3. 46 245 17位 F・O・インターナショナル( ) 62位 4. 98 3. 67 243 18位 ネバーセイネバー( ) 54位 4. 99 1. 12 96 19位 ピー・ビー・アイ( ) 61位 5. 05 6. 27 407 20位 ジーユー( ) 19位 5. 09 1. 79 160 21位 ミューズコー( ) 66位 5. 13 5. 05 162 22位 ロコンド( ) 25位 5. 19 7. 26 214 23位 オットージャパン( ) 56位 5. 19 3. 00 291 24位 アーバンリサーチ( ) 8位 5. 32 3. 33 242 25位 CAMBIO( ) 91位 5. 36 2. 27 149 26位 セキド( ) 74位 5. 36 3. 90 125 27位 サマンサタバサジャパンリミテッド( ) 53位 5. 37 3. 56 201 28位 アイジーエー( ) 74位 5. 46 7. 91 182 29位 QVCジャパン( ) 17位 5. 48 2. 77 223 30位 ベリグリ( ) 96位 5. 48 4. 98 229 31位 センティーレワン( ) 73位 5. 50 3. 81 251 32位 マッシュホールディングス( ) 23位 5. 59 3. 21 166 33位 西松屋チェーン( ) 51位 5. 65 6. 44 347 34位 ジョイックスコーポレーション( ) 55位 5. 74 3. 46 153 35位 Dazzy( ) 44位 5. 88 4. 11 300 36位 三陽商会( ) 35位 5. 99 2. 64 240 37位 コージィコーポレーション( ) 74位 6. 01 13. 52 230 38位 玉屋( ) 83位 6. 03 6. 75 183 39位 ストライプインターナショナル( ) 21位 6. 06 3. 81 322 40位 チチカカ( ) 96位 6. 13 26. 89 217 41位 コナカ( ) 80位 6. 21 1. 43 142 42位 青山商事( ) 63位 6. 32 6. 44 197 43位 カタログハウス( ) 86位 6. 35 2. 63 118 44位 エービーシー・マート( ) 21位 6. 35 2. 50 252 45位 ドラフト( ) 94位 6. 45 3. 03 163 46位 コックス( ) 84位 6. 69 1. 94 138 47位 フェリシモ( ) 15位 6. 70 2. 78 220 48位 ヒロタ( ) 66位 6. 73 6. 66 155 49位 HEAVEN Japan( ) 93位 6. 76 3. 47 210 50位 ジャパンイマジネーション( ) 80位 6. 81 3. 37 210 51位 ユニクロ( ) 1位 6. 85 1. 34 152 52位 ネクストトゥエンティワン( ) 40位 7. 09 3. 05 153 53位 ベイクルーズ( ) 3位 7. 17 3. 94 159 54位 モバコレ( ) 58位 7. 25 6. 90 304 55位 千趣会( ) 2位 7. 27 1. 72 209 56位 ニッセン( ) 9位 7. 32 3. 98 382 57位 mighty( ) 33位 7. 34 7. 26 547 58位 AOKI( ) 88位 7. 38 7. 15 300 59位 ミキハウストレード( ) 65位 7. 39 2. 93 263 60位 DHOLIC FBL( ) 44位 7. 56 18. 08 307 61位 サックスバーホールディングス( ) 79位 7. 57 9. 27 196 62位 夢展望( ) 34位 7. 58 2. 23 202 63位 ルック( ) 59位 7. 83 5. 85 210 64位 サダ・マーチャンダイジングリプリゼンタティブ( ) 87位 7. 89 4. 64 86 65位 ウィゴー( ) 41位 7. 99 5. 86 240 66位 ユナイテッドアローズ( ) 6位 8. 07 1. 50 130 67位 ANAP( ) 47位 8. 08 11. 91 243 68位 赤ちゃん本舗( ) 26位 8. 14 3. 32 164 69位 ベルーナ( ) 12位 8. 17 1. 65 278 70位 ズーティー( ) 49位 8. 23 6. 14 314 71位 ワコール( ) 48位 8. 31 3. 75 273 72位 SHIBUYA109エンタテイメント( ) 90位 8. 35 3. 23 175 73位 ゲオホールディングス( ) 44位 8. 37 3. 76 270 74位 スウィートマミー( ) 71位 8. 41 3. 77 212 75位 ゴールドウィン( ) 69位 8. 58 3. 64 198 76位 ナルミヤ・インターナショナル( ) 49位 8. 73 5. 69 216 77位 白鳩( ) 32位 8. 93 4. 74 287 78位 MARK STYLER( ) 17位 9. 03 4. 79 429 79位 TSIホールディングス( ) 5位 9. 24 2. 46 304 80位 バロックジャパンリミテッド( ) 24位 9. 37 17. 59 831 81位 アダストリア( ) 4位 9. 60 7. 95 298 82位 ドゥクラッセ( ) 39位 10. 02 3. 03 227 83位 パル( ) 16位 11. 43 5. 99 187 84位 デジスト( ) 95位 11. 62 1. 96 116 85位 ロイヤル( ) 27位 11. 90 7. 77 208 86位 ピーチ・ジョン( ) 35位 12. 82 7. 52 477 87位 レイ・カズン( ) 99位 12. 86 9. 61 187 88位 オンワードホールディングス( ) 7位 14. 04 2. 60 391 89位 ミルク( ) 92位 15. 93 16. 50 90 90位 モダンブルー( ) 52位 20. 24 10. 60 247 91位 シップス( ) 27位 21. 42 16. 01 288 92位 ジーフット( ) 74位 24. 38 2. 06 117 Speed Index 7. 36秒 ファイル容量 5. 14MB リクエスト数 225. 15 弊社では「Speed Indexが最低でも5秒以下、できれば3秒以下になること」を推奨していますが、今回の調査で5秒以下だったのはわずか18社のみ。 全体平均でも2. 36秒ほど上回っており、ファッションECサイトは総じて表示スピードが遅いということがわかりました。 これをAmazonおよびEC総合トップ100サイトと比較してみると次のようになります。 参考値としてBackend、Start Renderを加えています。 Backend (秒) Start Render (秒) Speed Index (秒) ファイル容量 (MB) リクエスト数 アパレルEC100 1. 93 4. 44 7. 36 5. 14 225. 15 Amazon 1. 07 2. 06 2. 69 1. 95 191 差(+) 0. 86 2. 38 4. 67 3. 19 34. 15 EC総合トップ100 2. 01 4. 7 7. 07 2. 97 228. 26 差(+) -0. 08 -0. 26 0. 29 2. 17 -3. 11 ファッションECサイトはAmazonと比べて、Backendで0. 86秒、Start Renderで2. 38秒、Speed Indexでは4. 67秒も遅いことがわかります。 さらにEC総合トップ100と比べてみると、Backend、Start Render、リクエスト数はアパレルEC100が優れていますが、Speed Indexではなぜか0. 29秒と負けてしまっています。 その理由はファイル容量。 ファッションECサイトのファイル容量は、EC総合トップ100に比べて2. 17MBも大きいのです。 つまり、画像の多い、リッチ過ぎるコンテンツを作っているということです。 実際、ファッションECサイトは画像が大きく、リクエスト数が多いサイトが多い。 それはサイトの担当者たちが、「よりきれいな写真で、多くの商品を見せることこそ重要だ」と考えているからでしょう。 きれいな写真こそユーザーを魅了し、結果、購入に結び付くという考えが根強くあるようです。 当然、掲載する商品点数を減らすとか、写真を粗くするということは検討に入りにくいことは想像に難くありません。 しかし、高速表示で定評のある「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」のシニアエンジニアである種村和豊氏はこう言います。 Amazonは調査やABテストを相当な費用をかけて行っていますから、ある意味 ECの推奨値を追求しているわけです。 システムは真似できなくても、せめてファイル容量やリクエスト数は、この数値を目指してもらいたいものです。 多くのファッションECの担当者は、「Amazonとは体力も資金力も違うから」と、ベンチマークとして参考にしようとしませんが、 ファッションECこそ、表示スピードの改善が売上貢献に結びつきやすいと言えます。 ぜひ表示スピードの改善を進め、CVRの向上に注力してもらいたいものです。 調査概要 調査期間:2019年6月28日(金)18:30 〜 7月12日(金)12:30までの14日間 調査対象:日本流通産業新聞社の『日本ネット経済新聞』が、2017年9月~2018年8月の決算データを調査した、『 』において、EC売上高上位100社に掲載されている企業。 当該サイトURLは、検索エンジンによる検索結果から移動できるURLを用い、URLに付加されたパラメータ削除せず、そのまま計測に使用した。

次の

ギャレリアインターナショナル、【反響の大きかったハンドジェルが再入荷!】アルコール75%を配合した高アルコール濃度 “アルコールハンドジェル”

ギャレリア インターナショナル の ec サイト

WEB担当者がECサイトの構築やリニューアルを検討する際、同じ業界や自社ビジネスと近いECの事例こそが、参考にすべきサイトになることでしょう。 しかし、ECサイトと言っても、その目的や運営方法、目的は業界毎に 大きく異なります。 ECサイト活用に対する考えも変化しつつあり、「商品を販売するツール」という考えから、 顧客や在庫情報など、すべての情報をECサイト(システム)に集約し、DMP(データマネジメントプラットフォーム)としての役割を担っている企業もあれば、 オムニチャネルやO2Oを実現することで、売上を伸ばしている企業も出てきております。 そこで、 600サイト以上のECサイト構築実績を持つebisumart(株式会社インターファクトリー)の担当が、「ebisumart」導入サイトの中から、業界別・ソリューション別にECサイトの事例を厳選して紹介するので、あなたの 業界や目的に近いECの事例を、下記の目次より探してみてください。 ECサイトと実店舗のポイントが共通化されており、ECサイトと実店舗の両方で割引購入とポイントの付与ができるようになっています。 URL: 運営会社:株式会社デイトナ・インターナショナル ECシステム:ebisumart お客様の声: FRED PERRY ONLINE SHOP(フレッドぺリー オンラインショップ) アパレル イギリスのオーセンティックなストリートファッションブランド「FRED PERRY」の日本公式通販サイトです。 ECサイト上で予約した商品を実店舗で試着、または自宅へのお取り寄せができるサービスを実施しています。 URL: 運営会社:ヒットユニオン株式会社 ECシステム:ebisumart WILD THINGS(ワイルド シングス) アパレル ソーズカンパニー社が正規輸入総代理店として展開するブランド「WILD THINGS」の日本公式通販サイトです。 URL: 運営会社:株式会社ソーズカンパニー ECシステム:ebisumart 美容・化粧品系サイトの事例 tredinaストア(トレディナストア) 美容・化粧品 メイクアップ・スキンケア商品をはじめとする美容グッズを販売するサイトです。 最新のビューティートレンドを発信する「tredina(トレディナ)」との相互遷移が可能になっています。 URL: 運営会社:株式会社ゼンリンデータコム ECシステム:ebisumart 柳屋本店 美容・化粧品 創業から400年という長い歴史を持つ柳屋本店の主力商品の、ヘアオイル「あんず油」や、頭髪用育毛剤の「フレッシュトニック」をはじめとしたが商品があります。 商品詳細ページの機能を使い、 カタログサイトのような見せ方になっています。 日本語・英語・中国語(簡体)3カ国に対応しています。 URL: 運営会社:株式会社柳屋本店 ECシステム:ebisumart お客様の声: paso a paso(パソ ア パソ) 美容・化粧品 美肌へ導くエイジングケア基礎化粧品や健康食品などの通販サイトです。 購入回数に応じた特典機能がある定期販売が特徴です。 商品の使い方をYouTubeで公開しています。 URL: 運営会社:株式会社ラヴィータ ECシステム:ebisumart Miche Bloomin(ミッシュ ブルーミン) 美容・化粧品 Miche Bloomin ミッシュブルーミン カラーコンタクト公式通販サイトです。 レスポンシブデザインのサイトになっています。 URL: 運営会社:株式会社カラコンワークス ECシステム:ebisumart 食品系サイトの事例 北菓楼 ONLINE SHOP 食品 北海道の有名お菓子メーカー「北菓楼」の和洋菓子お取り寄せサイトです。 製品が出来上がるまでのストーリーがきめ細やかに書かれています。 また、 贈答用に熨斗(のし)対応もしています。 URL: 運営会社:株式会社北菓楼 ECシステム:ebisumart お客様の声: HORI オンラインショップ 食品 北海道土産で有名な「ホリ」の、スイーツお取り寄せサイトです。 URL: 運営会社:株式会社ホリ ECシステム:ebisumart 銀座菊廼舎Online Shop 食品 創業明治23年の株式会社菊廼舎本店が運営するオンラインショップ「銀座菊廼舎Online Shop」です。 URL: 運営会社:株式会社菊廼舎本店 ECシステム:ebisumart お客様の声: Krispy Kreme for APP(本会員用サービス「クイック オーダー」) 食品 クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社様が運営する公式アプリ「Krispy Kreme for APP」での本会員用サービス「クイック オーダー」です。 簡単予約で並ばずドーナツが受け取れます。 URL: 運営会社:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン株式会社 ECシステム:ebisumart お客様の声: 雑貨系サイトの事例 伊東屋オンラインストア 雑貨 文房具専門店の銀座・伊東屋の公式通販サイトです。 独自の 「メルシーカードポイント」が実店舗とECサイトの両方でシームレスに利用できるような仕組みになっています。 URL: 運営会社:株式会社伊東屋 ECシステム:ebisumart お客様の声: カワダオンライン 雑貨 創業60年の玩具総合問屋カワダ社が運営するおもちゃと雑貨の BtoB向け卸売通販サイトです。 卸売通販ならではの、 会員のみ閲覧可能な価格表示機能が導入されています。 URL: 運営会社:株式会社カワダ ECシステム:ebisumart お客様の声: IDEA online 雑貨 株式会社イデアインターナショナル様が運営する「IDEA online」です。 話題の「BRUNO(ブルーノ)」や「MILESTO(ミレスト)」、「Terracuore(テラクオーレ)」など、イデアインターナショナルが取り扱う全ての商品を1つのECサイトで購入することができ、ギフト包装やメッセージカードも多彩です。 URL: 運営会社:株式会社イデアインターナショナル ECシステム:ebisumart お客様の声: ソフトウェア系サイトの事例 ZENRIN Store(ゼンリン ストア) ソフトウェア 住宅地図を中心として、パソコン用地図ソフト・カーナビソフトなどの通販サイトです。 法人向け限定で、見積もり機能が利用できるようになっています。 URL: 運営会社:株式会社ゼンリン ECシステム:ebisumart お客様の声: メディアドライブ オンラインショップ ソフトウェア 認識精度の高い活字文書OCRや手書帳票OCR商品をはじめとしたソフトウェアの通販サイトです。 パッケージ販売だけでなく、 ダウンロード販売も行っています。 URL: 運営会社:メディアドライブ株式会社 ECシステム:ebisumart エンターテイメント系のサイト スクウェア・エニックス e-STORE エンターテイメント ゲームソフト、CD・書籍・グッズなどの通販サイトです。 ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなど、有名なゲームシリーズが勢ぞろいです。 URL: 運営会社:株式会社スクウェア・エニックス ECシステム:ebisumart お客様の声: FSW Smart Pay(富士スピードウェイスマートペイ) エンターテイメント 各種レースの主催や共催などをしている富士スピードウェイ社が運営する、個人会員向けの ライセンス費用の継続課金サイトです。 URL: 運営会社:富士スピードウェイ株式会社 ECシステム:ebisumart お客様の声: オムニチャネル・O2O theCORNER(ザ コーナー) オムニチャネル 「VANQUISH」「3rd by VANQUISH」「gonoturn」をはじめとした複数ブランドを取り扱う通販サイトです。 実店舗でデジタル会員証として使用可能な会員向けのスマートフォンアプリサービスがあり、ECサイトと実店舗でのポイント連携も可能です。 また、 SMS(ショートメッセージサービス)とECの連携も図っています。 URL: 運営会社:株式会社せーの ECシステム:ebisumart ショッピングモール e-JAF Shop(イー ジャフショップ) ショッピングモール このサイトは、ショッピングモール型で、JAFオリジナルグッズの他、交通安全、防災グッズ、地域の物産品など幅広いジャンルの商品を取り揃えています。 URL: 運営会社:一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF) ECシステム:ebisumart.

次の

グッズインターナショナル

ギャレリア インターナショナル の ec サイト

転職や部署異動で新たにEC担当者になると、知っているようで、知らないことの多いEC業界。 EC業界とはどのようなものなのでしょうか? 社内やベンダーとの会議の話についていくために、知らないといけないEC業界の概要やトレンドというものがあります。 新卒じゃない方は、今さら同僚や上司にも聞きにくいかもしれませんね。 しかし、ご安心ください。 この 記事を上から下まで10分かけて読んでいただくだけで、EC業界の概要とトレンドを全て学ぶことができます。 本日は株式会社インターファクトリーでWEBマーケティングを担当している筆者が、これからEC業界を学ぶ人のために、EC業界の概要とトレンドの全てを解説いたします。 EC化率とは、全商取引(実店舗とECを含む)の中で、 ECサイトの割合を指す言葉です。 それでは、最新の2018年度のBtoBとBtoCのEC化率を見てみましょう。 2% データ及び図の引用先: つまり、BtoB,BtoCともに言えるのが、日本国内のEC化率はまだまだ低く、 しかも、右肩上がりのため、これからも成長が見込める産業だということがわかります。 企業間の商取引において必ず発生する、注文、請求、決済などの取引をデジタルに変換し、企業間のやり取りをスムーズにするシステムのこと。 EDIについてはこちらの記事をご覧ください: 社内で、自社ECサイトの今後の展望のプレゼンテーションを行うなら、 EC業界全体の数字は資料に掲載する必要があります。 そして、業界毎のEC化率や考察を押さえておく必要があります。 業界毎の考察は、下記の記事の下の方にまとめておりますので、こちらをご覧ください。 なぜなら、そこには、必ず、あなたの会社のベンチマークすべき企業があります。 そして自社ECサイトのKPIや目標を定めるには、業界トップの企業のECサイトの売上を参考にするケースがあるからです。 では、以下、「」から引用した、ランキングを紹介いたします。 実際のページはこちらです。 そして店舗とECサイトの連動するオムニチャネルに成功した ヨドバシカメラが日本企業では最高位につけています。 ビックカメラも16位につけており、 家電系は、型番や製品名がわかれば、どの店で買っても、品質に変わりなく、より安い製品をインターネットで探す傾向が強いので、ECに向いている業界と言えます。 ZOZOTOWNで有名な、スタートトゥデイ(現ZOZO)も急激に順位を上げて3位につけています。 ZOZOTOWNは、売上を伸ばすためにECサイトを徹底的にチューニングをいれ売上を伸ばしつづけています。 集客に関してはWEARというファッションコーディネートアプリが1,000万ダウンロードを超え、世界中のユーザーが利用しており、気に入った服をアプリで見つければ、ユーザーはそのままZOZOTOWNで購入することができます。 また、オムニチャネルに力をいれている、セブン&アイ・ホールディングスのイトーヨーカドーが12位につけております。 セブン&アイHDの総力をあげたオムニチャネル戦略を実施しておりましたが、上手く機能せず苦戦をしており、グループのオムニチャネル戦略の転換が迫られています。 この動きで、Amazonやイーオンとの今後のネットスーパーの覇権争いがどうなるか、注目しましょう。 このように EC企業のランキングから、各業種のECのトレンドを読み取ることができるのです。 オムニチャネル・O2Oとは? EC業界を知るには絶対に、 「オムニチャネル」と 「O2O」という言葉を理解しておく必要があります。 またこの2つは似ている施策のため、混同している人が多いので、どのポイントが違うのかも明確に分けて解説いたします。 O2O O2Oとは、 オンライン to オフライン(逆の場合も使われます)の略語です。 具体的には、 「スマートフォンで受けとったクーポン券を、実店舗に持っていき、店員に見せて、割引で製品を購入する」という行為が代表的でしょう。 つまりWEBクーポンなどを、実店舗の集客を目的に使う手法です。 効果は限定的で、短期的な施策になります。 この施策を行うためには、 会員のポイントデータの統合を行う必要があります。 オムニチャネル オムニチャネルとは、ECサイトと実店舗の会員情報、受注情報、ポイント情報など、 全てのデータベースを統合して、顧客は、店舗やスマートフォンなどの全ての接点から、自由に買い物や返品ができる仕組みのことで、目的は顧客満足度を追及することで、リピーターを増やして売上を向上させる長期的施策になります。 O2Oとオムニチャネルの違いは? O2Oとオムニチャネルの違いがわからない新人を多くみかけますので、この違いを紹介いたします。 O2Oはポイント情報の統合により、WEBクーポンを使って実店舗に集客する短期的施策です。 それに対して、 オムニチャネルは全てのデータベースを統合し、実店舗とECサイトの境界を無くして、顧客は店舗でも、スマートフォンでも、電話でも、シームレスに買い物ができる仕組みになり、利便性が向上し、リピーターが増える施策で、長期的に利益を上げることができます。 オムニチャネルの弱点は、店舗を多く持つ企業がECサイトを積極的に展開した結果、実店舗より、ECサイトの売上が向上するため、実店舗の閉鎖や、店舗スタッフのモチベーション低下があります。 そういう意味でも、 Amazonのような、Eコマースがメインの会社が、実店舗を展開する方が、メリットが大きい施策でもあります。 オムニチャネルやO2Oに関して、もっと詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。 越境EC 2015年から16年は、業界では中国人向けの越境ECが大いに盛り上がりました。 特に世間を騒がしたのは、中国人による爆買いです。 多くのEC事業者は、中国人の旺盛な消費力に目をつけて、越境EC施策に興味を持ったため、業界では、越境ECがトレンドになったのです。 2016年には、中国人の日本旅行者への関税率の引き上げや、中国人の日本旅行への目的が購入から体験にシフトしたため、越境ECは少し落ち着きましたが、今でも 中国人向けの越境EC施策を検討している企業は多いです。 中国向け越境ECがこれだけ、騒がれたにも関わらず、 越境ECで成功している企業は少ないのが現状です。 それには中国の事情が障壁として立ちはだかっています。 なぜなら中国人がインターネットで購入するときは検索エンジンではなく、モールで検索する人がほとんどであり、中国で最も普及しているAlipay(支付宝)やWeChat Payment(微信支付)といった決済方法にも対応しているからです。 越境ECサイト構築や課題については、下記の記事をご覧ください。 ID決済の流れ ID決済とは、クレジットカード番号の入力が不要で、IDとパスワードだけで、決済が行える仕組みのことで、代表的なものは下記の二つです。 ・Amazon Pay ・楽天ペイ ID決済のメリットは、例えば、認知度の低いECサイトに欲しい商品があった場合、ユーザーの心理としては 「この商品は欲しいけど、聞いたことがない。 信頼できるサイトなのかな?」という不安があります。 しかし、決済方法に 「Amazon Pay」や「楽天ペイ」のボタンがあれば、安心して、決済を行うことができるのです。 ログインしてしまえば、名前や住所の入力も不要です。 ユーザーの不安と手間を省くことにより、EC事業者は、CVR(コンバージョンレシオ)を向上させる、売上を伸ばすことができるのです。 Amazonや楽天にとっては、手数料収入がありますし、楽天は楽天ポイントの「楽天経済圏」をさらに広められるメリットがあるのです。 今後、 EC業界で普及していくのは確実ですから、「ID決済」については押さえておきましょう。 詳しくは下記の記事で解説しております。 経済産業省より「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策強化に向けた実行計画」 多発する、クレジットカード番号の流出や、ハッキング被害により、2016年4月に、経済産業省から 「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画」が発表されました。 これにより 、EC加盟店は2018年3月までに、下記のいずれかに対応しなくてはなりませんでしたが、2019年現在も対応できていない企業が多いのが現状です。 ・PCIDSSに準拠する ・クレジットカード番号を非通過にする この両方の対応はEC加盟店にとって、大変なことです。 まず 「PCIDSSに準拠する」には、 数千万円の費用がかかります。 一方、 「クレジットカード番号を非通過にする」は、決済画面のクレジットカード番号入力画面を、外部の決済会社のURLで持つことになり、 実装はカンタンですが、外部のURLに飛ばすと、CVRが下がり、売上が下がるデメリットがあります。 PCIDSSについては、下記記事で詳しく解説しております。 新しいECサイト構築手法のクラウドECが普及 下記のリンクは2017年2月16日のに、クラウドECの導入拡大が取り上げられました。 今までは、ECサイトを構築する手段としては、下記の4つが主流でした。 (ASPは陳腐化しませんが、カスタマイズやシステム連携が不可のため、中小規模のECサイト向きの構築方法です。 ) そこで、生まれたのが クラウドECという「常に最新で」「カスタマイズ・システム連携が可能」なEC構築方式です。 長期的にシステム投資が安くなる、クラウドECによる、ECサイト構築方法は普及するでしょう。 誰でもECサイトが作れる時代、ECを作るのはカンタンだけど、ECを成功させるのは非常に難しい! ここまで「オムニチャネル」や「越境EC」などの聞いたことのない言葉について解説してきましたが、もし、ECについてもっと詳しくなりたい!という方は、一番良い方法があります。 それは ECサイトの運営者になってしまうことです。 例えば家にいらないものがあれば、それを 販売する個人のECサイトをすぐに作ることができます。 商品の写真があれば、それこそ10分で作ることも可能です。 詳しい方法は下記の記事をごらんください。 つまり、個人であっても企業であっても、ECサイトをすぐに作れる時代ですから、ECサイトを作る難易度は下がっており、特別な機能をもたせなければ、すぐに作ることができます。 しかし、 ECサイトで最も難しいのは、ECサイトに人を集めるマーケティングなのです。 なぜならあなた自身が、ネットで買い物するのも「Amazon」や「楽天市場」などのショッピングモールではないでしょうか?あるいは「ユニクロ」や「ヨドバシカメラ」などの誰もが知っている大手小売りのECサイトではないでしょうか? よほどの理由がないかぎり、 クレジットカード番号を入力するのに抵抗のある小さいネットショップで買い物することはないでしょう。 それでも「このショップで買いたい!」とユーザーに思わせるのは大変なことなのです。 ここに ECサイトを成功させる難しさがあるのです。 EC業界に求められるスキルとは? ITエンジニアの場合 ITエンジニアの方であれば、他の開発と何が違うのでしょうか? ECサイトの開発において、大切な要素はトラフィック制御です。 カンタンに言うと、例えばテレビで自社商品が取り上げられると、その反響はすさまじく秒間に数千のアクセスがECサイトにやってきます。 ECサイトでは、 トラフィックを上手く制御しながらECサイトを落ちない(動きを止めない)ようにする技術が求められます。 Amazonのサイトが毎日世界中から大量のアクセスがあっても、決してサイトを止めず、ECを運営するのは、実は大変な技術が必要になるのです。 ネットショップ担当の場合 年商が1億円未満のネットショップを担当する場合に求められるスキルは、それこそ経営者のように、全てのスキルが必要になります。 ざっくりとあげるだけでも下記のようなスキルがあります。 そして EC業界の大きな課題ですが、ECの運営を担当できる人材が非常に少ないのです。 特に、ECを成功させるために絶対に必要なWEBマーケティングスキルを持っている方はごくわずかしかおらず、このスキルがあれば収入で困ることはないでしょう。 どの企業であっても優れたマーケティング担当の採用をおこなっており、高い収入を見込めるからです。 あらゆる産業がECに進出する!EC業界は面白い! 私の経験ですと、日本の大手の小売業では、EC部門が花形部門ではない会社が多いのが実情です。 しかし、冒頭で紹介したとおり、日本国内ではEC化率は毎年右肩上がりで、 今後も、さらなる成長が見込める分野であることは確実です。 今後、企業が成長を重ねるには、ECへの参入や、店舗とECの垣根を無くすオムニチャネル戦略が増えていくでしょう。 そしてEC業界は、移り変わりの激しい業界です、毎年新しいトレンドや、施策が生まれる、非常に面白い業界であることは、私は断言します!.

次の