エスコバル 映画。 映画『エスコバル 楽園の掟』ネタバレ感想 大事なのは家族だけ

エスコバル 楽園の掟 : 作品情報

エスコバル 映画

解説とあらすじ・スタッフとキャスト 解説:コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルの実話を基にした犯罪アクション。 麻薬王の姪と恋に落ちたカナダ人青年が、組織の闇に巻き込まれる。 「トラフィック」でアカデミー助演男優賞を受賞したベニチオ・デル・トロがエスコバルを演じる。 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」出演のアンドレア・ディ・ステファノによる初監督作品。 (KINENOTE) あらすじ:サーファーのカナダ人青年ニック(ジョシュ・ハッチャーソン)は、兄の住むコロンビアを訪れる。 青い海と白い砂浜が広がり、まるで理想郷のような場所で、ニックは美しいコロンビア人女性マリア(クラウディア・トレイザック)と出会い、激しい恋に落ちる。 マリアの敬愛する叔父パブロ・エスコバル(ベニチオ・デル・トロ)は国会議員を務め、民衆からの支持も厚い富豪であるが、コロンビア最大の麻薬カルテルのボスという裏の顔を持っていた。 我が子のようにかわいがる姪が連れて来た恋人を、暖かくファミリーに迎え入れるエスコバル。 脱出不可能な巨大な悪のスパイラルに巻き込まれていくニックの運命は……。 どちらかというと、彼の姪の恋人であるカナダ人青年の視点で描かれ、彼に感情移入するように作品がつくられているので、鑑賞者は彼の行く末を追うことでハラハラしながら劇終を迎えることになる。 で、そういうストーリーラインを追って楽しむ映画としては、いいのではないかと思う。 俺は楽しく観られた。 ただ、エスコバルという実在した人物の人となりをさらに深く知りたいと思うのであれば、この作品ではかなりのもの足りなさがある。 彼が善人なのか悪人なのかと問われれば、どちらとも言えそうだ。 本作を通して個人的に興味を感じるのは、血縁者を大事にしてそのつながりに執着する割には、他人に対して猜疑心の塊になってしまう人間の心理についてだ。 単なる猜疑心の塊でなく、その心のありようによって残酷なことをすることに何のためらいも持たない人間。 こうした犯罪組織のボスを描いた話では、『ゴッドファーザー』シリーズのヴィト・コルレオーネもそうだが、家族を大事に思う男が多い。 ヴィトなどは「家族を大事にできない奴は男じゃない」とか言うくらいで、そのセリフ自体は格好いいんだが、そういう愛情を持つ人間が、敵対する相手にも大事な家族がいることを知りながら、敵だからという理由だけで残酷なことができるのはなぜなんだろうか(老人になってからのヴィトはそれなりに平和主義者ではあるが)。 おそらくこういう人たちにとっては、苦楽を共にして生きてはいない、知りもしない他人のことなど、人形と同じなのであろう。 そして、こうした人間たちが行う、常識からかけ離れているように思える行為は、実は俺も含めた誰もが潜在的に抱えている人間の一面性なのである。 というかエスコバルは、けっきょくは愛していると言っていた姪も不幸にしているわけだから、本当の意味で家族を大事にしているかも微妙なんだけど。 アメリカ大会出場をかけた南米予選では、アルゼンチンをアウェイにも関わらず5-0で破っちゃうとか、すごいチームだったのである。 そうではなくて、そのコロンビア代表の中に、というDFがいた。 彼はグループリーグのアメリカ戦でオウンゴールをしてしまい、帰国後に射殺されてまうのである。 当時、かなりニュースになった衝撃の出来事だったけども、この選手、本作のパブロ・エスコバルがオーナーだったクラブチームに在籍していたそうである。 別にエスコバルの組織がエスコバル選手を(ややこしい)射殺したわけではないんだけど、この映画を観てあの魅力的だったコロンビア代表チームを思い出したのである。 犯罪組織を描いた作品の記事.

次の

コロンビアで「パブロ・エスコバル」はNGワード、マジで嫌がられます

エスコバル 映画

概要 [ ] エスコバルはコロンビア最大の麻薬密売組織「」を創設し、「 麻薬王」として世界中に悪名を轟かせた。 世界最大の麻薬消費国であるをはじめ世界中でを密売し世界有数のの一人に上りつめた。 エスコバルの命令によって3000人 以上の人間が殺されたと言われている。 それを表す言葉が「Sometimes I am God, if I say a man dies, he dies that same day. 」(私は時々神になる。 私が死を命じた者は、その日に死ぬ)である。 そのためコロンビアやアメリカでは「史上最も凶悪非情な野心に満ちた麻薬王の一人」として知られている。 大富豪であったエスコバルは自宅に、、まで所有していた。 が乗ったとされる車やも所有していた。 自身はコカインはいっさい嗜まずを愛用したと伝えられる。 生涯 [ ] メデジン・カルテル [ ] パブロ・エスコバルの邸宅のエントランス・ゲート。 セスナ機は麻薬取引に使われたとみられる の中流家庭に育った少年エスコバルは、兄のロベルトによると、頭が良く成績は学校で一番だったという。 父は畜産業、母は教師であったが、10代で墓石を盗んで墓碑名を消して転売したのを皮切りに高校を中退、犯罪に目覚め自動車盗、、、に手を染め始めた。 その後、コカイン取引が金になることを知って、までにを築きあげた。 カルテルの拡大 [ ] 、メデジン・カルテルは販売ルートを拡大して、とから持ち込んだ良質のコカインを、、に売り込んだ。 その後も販売ルートを拡大して、南北や一部とも取引するようになりコロンビア政府やアメリカ政府と激しく対立するようになる。 最盛期のメデジン・カルテルは、世界のコカイン市場の8割を支配し年間最大250億ドルの収入を得ていたと見積もられ、エスコバル自身も誌で世界で7番目の大富豪としてに取り上げられた。 エスコバルはコロンビア政府やアメリカ政府の敵であったが、貧困層の住宅建設、スタジアム建設などの慈善事業に熱心で、無知で無学な貧困層を中心とした一部のメデジン市民の支持を得て彼らの英雄となった。 だが彼の目的は、自分を頼らせることで住民から情報を得て、安全を確保することだった。 また複合施設アシェンダ・ナポレスを建設し、恐竜の模型やカバなどの野生動物を入れた巨大な敷地を公開した。 援助を受けたメデジン市民の中には、自ら警護役や見張役をかって出てエスコバルの身を官憲から守る者もいた。 1982年には与党・ ()に所属する上院議員となったが、翌1983年にはカルテルとの関係が露見し職を追われた。 テロ [ ] 1980年代後半、コカイン流入に頭を痛めたアメリカ政府は、「エスコバルの引渡しとアメリカ国内での裁判」を条件にコロンビア政府と協定を結んだ。 これに激しく反発したエスコバルは「plata o plomo (直訳すると「かか」、意訳すれば「かか」)と称し、政治家・役人・裁判官への工作を活発化させる一方、敵対者への・を敢行した。 に発生した左派ゲリラによるはエスコバルの関与が噂された。 さらに、メデジン・カルテルは、ら大統領候補者3人の暗殺、機、の治安ビルの爆破などの行為を実行している。 そしてライバル組織であるとの抗争も激化し、メデジン周辺はに陥った。 「刑務所」への収監 [ ] 1990年、が大統領に就任。 彼は大統領候補時代に暗殺されかけた事から、エスコバルを恐れ、そして屈服してしまった。 アメリカへの引き渡し制度を廃止し、有罪を1つ認めれば、他のすべての犯罪は不問にするとした。 この前代未聞の判断にアメリカ大使館、国務省、大統領は激怒した。 、エスコバルは5年の服役とアメリカへの引渡忌避を条件にコロンビア政府と合意すると、「ラ・カテドラル(La Catedral、や の意)」または「オテル(ホテル)・エスコバル」と称されるエスコバル個人用の豪華な設備を備えた刑務所(この施設自体がエスコバルによって建設されたものだった)に収監された。 エスコバルの部屋はベッドやソファ、ウォークインクローゼットまで備わるで 、他にも、場や、執務室さえ完備していた。 や他のさえもエスコバルによって選ばれており 、危険などはまったくなかった。 警察は周囲3キロ以内へ立ち入る事さえ禁止されていた。 「ラ・カテドラル」での生活は快適で、エスコバルは今までどおりここから組織に指示を出し続け、豪勢なパーティーを開いては、美女を呼んで乱交をした。 メデジン市内にも自由に外出し、買い物やサッカー見物を楽しんだ。 しかしにエスコバルが刑務所内で2件の殺人事件を起こし(殺された2人の内、1人はエスコバルの幼馴染だった。 幼馴染の友人は、囚人の前で幼馴染であるエスコバルに気安い態度を取り、それに激昂したエスコバルが男性を射殺した)、事件が表面化すると、さすがに世論も沸騰、及び腰だった政府も動き、別の刑務所への移管が計画された。 1992年移管の日、エスコバルは刑務官の前を堂々と歩いて刑務所を出ると、移管先の刑務所に向かわず、そのままメデジン市中に姿を隠した。 殺害 [ ] パブロ・エスコバルの死体と警察特殊部隊 潜伏したエスコバルは、コロンビア政府、アメリカの諜報部隊・情報支援隊(当時のコードネーム central spike)、カリ・カルテルに追われる身となったが、独裁的なエスコバルの追い落としを目的とする「Los Pepes(パブロ・エスコバルに虐待された人々)」と称する闇のグループからもつけ狙われた。 「Los Pepes」は、エスコバルの家族や手下300人以上を殺害してメデジン・カルテルに大打撃を与えた。 犯行現場には必ず「Los Pepes」の署名を残したという。 エスコバルは味方には多くの恩恵を与えたが、敵対者を殺害する前に指を切り落とすなどの残虐行為を犯したため、多くの人々の恨みもかっていた。 その後、「Los Pepes」は、敵対するカリ・カルテルが組織したグループだと判明し、市民は愕然としたという。 しかしながら「Los Pepes」の身元に関しては明確な証拠がなく、カリ・カルテル出自のものであるという確認もなく、軍と警察を支援していたの関与も取りざたされているが真偽の程は明らかではない。 確かなのは、争いが激しさを増す状況でエスコバルに身近な人々の殺害を積み重ねて行くだけの組織的な実行力を備えていたということである。 これらに関してはで放映された Situation Critical シリーズの「Hunting Pablo Escobar」でも触れられており、デルタフォースの関与を危惧したアメリカ政府による懸念も伝えられている。 その後政府はエスコバルの一部の家族の身柄を確保し、さらに1993年12月2日、コロンビア国家警察直下のコロンビア治安部隊の電波調査斑が、メデジンの中産階級住宅街の隠れ家から息子とで通話するエスコバルの居場所を突き止め、治安部隊の特捜チームが突入して屋根の上に逃れたエスコバルに一斉射撃を加えて殺害した。 44歳没。 エスコバルの脚と背中、さらに耳の後ろに致命傷の銃弾痕が残っていたという。 なお、「密かに出動していたデルタフォースのがエスコバルを仕留めた」と信じる者や、「自殺した」と信じる者、さらには、「射殺されたのは別人でエスコバルは逃走して優雅な生活を続けている」と信じる者がいる。 エスコバルは死によって伝説化され、今でもメデジンの英雄として信望する者が多い。 エスコバルの妻子は敵対者の報復を恐れて各地を転々としたが、現在、名前を変えてに住んでいるという。 遺体の確認 [ ] 発掘に反対していた母の死後2日経った2006年10月28日、エスコバルの遺体が甥のの要請で掘り出され、の採取・鑑定の結果、遺体が実際にエスコバルのものであったことが確められた。 紙の報道によれば、エスコバルの先妻は、ビデオカメラで発掘を記録していた。 家族の何人かは、エスコバルが自殺したと信じていた。 死後 [ ] エスコバルの死後、メデジン・カルテルは分断され、そのリーダー達も半ばまでに殺害または逮捕され、現在、コカイン市場はカリ・カルテルの支配下に移っている。 エスコバル亡き現在、コカインの単価は低下し取引量は増加の一途をたどっている。 アシェンダ・ナポレスはコロンビア麻薬取締局によって差し押さえられたがその後放置され、後にとして再開発された。 パブロ・エスコバルを扱った作品 [ ] 映画 [ ]• (、アメリカ。 ドラッグ・ディーラーのが関わった主要人物として登場している)• わが父の大罪 〜麻薬王パブロ・エスコバル〜 (、コロンビア=アルゼンチン。 監督:ニコラス・エンテル。 ドキュメンタリー作品)• 監督:。 の回顧録『 The Infiltrator』が原作。 (、アメリカ。 監督:ダグ・リーマン、主演:トム・クルーズ) テレビドラマ [ ]• (、原作・制作:、)• (8月28日 - 、脚本・製作総指揮:) ドキュメンタリー [ ]• (、監督:)• ライバルが暴く 真実と秘密「パブロ・エスコバル」() 伝記 [ ]• Killing Pablo(著:Mark Bowden、、Penguin Books、paperback)• パブロを殺せ(訳:、4月、)• Mi hermano Pablo My Brother Pablo (著:Roberto Escobar Gaviria、、Quintero Editores) 当書を原作とした映画『Escobar』が、の監督で2008年に制作される予定だったが、中止となった。 エスコバル狩り(原題:、2001年、著:) 当書を原作とした同名映画の公開が2009年に予定されていたが、プロデューサーがに破産申請したために制作中止となった。 音楽 [ ]• のがパブロ・エスコバルを敬愛し、自らの別名として「ナズ・エスコバル」を名乗っている。 El Pablo(ヒップホップアーティストのSnootie Wildによる楽曲。 2016年) 脚註 [ ].

次の

エスコバル/楽園の掟の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

エスコバル 映画

解説 ベニチオ・デル・トロが実在した麻薬王パブロ・エスコバルに扮し、エスコバルの光と闇を描く犯罪ドラマ。 コロンビアを訪れたカナダ人青年ニックがコロンビア人女性のマリアと恋に落ちた。 マリアが敬愛する叔父のパブロ・エスコバルは、国会議員として慈善事業に携わり、多くの人からの支持を集める一方で、コロンビア最大の麻薬カルテルのボスというもう一つの顔があった。 マリアが連れてきた恋人のニックをエスコバルはあたたかくファミリーへと迎え入れる。 それはニックにとって後戻りすることができない裏の世界の入り口を意味していた。 エスコバル役のデル・トロのほか、ニック役を「ハンガー・ゲーム」シリーズのジョシュ・ハッチャーソンが共演。 監督は「夜になるまえに」などで俳優として活躍し、本作品が初の監督作品となるアンドレア・ディ・ステファノ。 2015年製作/119分/G/フランス・スペイン・ベルギー・パナマ合作 原題:Escobar: Paradise Lost 配給:トランスフォーマー スタッフ・キャスト• C 2014 Chapter 2 - Orange Studio - Pathe Production - Norsean Plus S. L - Paradise Lost Film A. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の