サフラン 栽培。 サフラン栽培活動日誌

サフランの育て方|ヤサシイエンゲイ

サフラン 栽培

サフランの栽培時期 開花は10月から12月中旬までで、植え付けから40日ほどで次々と花を咲かせます。 植え付けは8月から9月ごろ、暑さがやわらいできたころが良いでしょう。 肥料は元肥以外必要ありません。 サフランのプランターと用土 窓辺に飾れるぐらいの小型の鉢植えにしてみても良いですね。 5号鉢(直径15センチ)なら球根を3から5個植えられます。 肥沃な用土を好みます。 水はけが良く通気性も必要ですが保水性も必要です。 市販の草花培養土にたい肥や油かす・腐葉土などを1割ほど混ぜ込むと良いでしょう。 サフランの球根の植え付け サフランは春に咲くクロッカス同様球根です。 植え付け時期は8月から9月が適しています。 少々遅くなっても開花はしますが弱々しい花が咲くことになります。 また、球根を植え忘れて放置していて芽を出して花が咲いてしまったときには急いで植え付けるようにしましょう。 鉢のふちから2. 5センチまで用土を入れて植えつけます。 植え付けの深さは球根の1個分から1. 5個分の深さと覚えてください。 2個分の深さだとちょっと深すぎるかもしれません。 大きなプランターに植え付ける場合は球根の間隔が10センチぐらいが適切です。 サフランの置き場所 日当たりの良い場所で風通しの良さを好みます。 耐寒性は強いのであまり防寒に関しては気にせずに育てられますが高温多湿に少し弱いという性質があります。 長雨に当たらない地域なら、ベランダで植えっぱなしでも十分育ちます。 花が終わったら水分をあまり必要としなくなるので雨のかからない場所に移動しましょう。 過湿対策にもなります。 球根なので水栽培が可能です。 ビンなどに水を入れて日の当たるところで育てると根が伸び、やがて葉っぱと花が出てきます。 かわいらしいインテリアにもなりますが、やはり土に植えた方が生育は良いです。 サフランの球根の掘り上げと芽かき サフランは高温多湿の時期は掘り上げて涼しいところで管理すると病気の確率を減らせます。 春先に葉が3分の2ほど枯れてきたら掘り上げの時期です。 掘ったら土をざっと落として雨の当たらない日陰に吊るします。 葉が完全に枯れたら取り除き、風通しを良くするためにネットなどに入れておくと良いです。 子株ができていたら傷つけないように外しておきましょう。 高温多湿が心配ない場所では掘り上げる作業は必要ないので、鉢植えならば春から秋口まではかなり乾燥気味に管理すると植えっぱなしでもOKです。 でも、3年に1回ぐらいは植え替えをしないと子株で鉢がぎゅうぎゅうになっている可能性があります。 芽かきをすることで球根を大きく太らせます。 1球から4つの芽が出たとしたら4つの球根になります。 鉢などでは大きくなれるスペースが限られていて太れないために花が咲かなくなることがあります。 掘り上げた球根についている芽の数をしぼるためにかき取りましょう。 掘り上げない場合は地上に出ている芽で花が咲かなかったものなどを折り取る方法もあります。 全部育てたいところですが、ここは我慢で少数精鋭を目指しましょう。 サフランの増やし方 掘り上げたときに外した子株でも増やすことは可能です。 小さすぎるものは無理ですが、ある程度のものまでは植え付け時期に土に植えてやります。 芽が出てつぼみが出たら、そのつぼみだけを摘み取ります。 そうすることで鼻に持って行かれる養分を葉と球根に留めて小さな球根を大きく育てることができます。 分球したらぜひやってみてください。 サフランの水やりと肥料 生育期間は土の表面が乾いたらたっぷりと水をかけます。 過湿にならないようにするために、完全に表面が乾くまでは水やりはしません。 葉が枯れ始める春ごろから水を徐々に少なめにして管理します。 肥料は植え付けの元肥の他は植え替えるまでそれほど必要ありません。 やるとしたら真冬の2月ごろと花の後に化成肥料を株元にばらまいておくと球根の生育が良いです。 肥料が多すぎると逆に球根が弱るので注意しましょう。 サフランの手入れ 球根を太らせて毎年花を咲かせる場合は花が終わったら引き抜きます。 根元を手でさせ支えながら花がらだけを引き抜いてください。 サフランの病害虫対策 長雨や高温の時期に発生しやすい軟腐病があります。 肥料の窒素分が多すぎても球根が腐ってしまいます。 夏になるとまれにネダニが発生することがあります。 サフランの育て方やポイント 日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。 高温多湿と肥料のやりすぎは球根が腐ってしまいます。 水は乾かし気味で、肥料もピンポイントで与えます。 球根の植え方が深くても浅くても生育が悪くなります。 球根の1. 5個分の深さに植え付けましょう。 サフランの収穫と活用法 サフランは花を収穫します。 花が咲いたらすぐに摘み取ることが大切です。 花ごとティーカップに入れてお湯を注げば甘い香りのサフランティーとしても飲用できます。 スパイスや薬効成分を重視するなら、花を収穫したら赤い雌しべを急いで抜き取りましょう。 キッチンタオルなどの吸水性の良い紙の上に並べて日陰で乾燥させます。 間違っても扇風機やエアコンで乾燥させようなどと思ってはいけません。 なぜなら乾燥した雌しべはまるで赤い糸くずなのです。 せっかくの雌しべがどこへ飛んで行ったか分からなくならないように密閉容器で保存します。 収穫したての風味はひと月ほどしか持ちませんが、ビンなどに入れて並べるとオシャレで料理上手に見えますね。 パエリアやサフランライスにする場合はお米2合に雌しべ2本で十分な色と香りが出ます。 油にはとけない性質なので、炒め物では色が出ないという点は注意ですね。 ちょっとホイルなどで包んで温めてから使うと風味が増すのでオススメです。 サフランは女性特有の疾患やその症状・記憶力の回復や安眠に効果があります。 しかし、多用しすぎると不眠の症状が現れることもあるので使用する分量はあくまでも少な目が良いでしょう。

次の

サフラン球根栽培体験記録

サフラン 栽培

栽培は球根を植えるのが一般的ですので、 今回は市販のサフランの球根(種球)を入手して庭に植えてみたいと思います。 種球は、なるべく大きくてしっかりしたものを入手します。 (2016年10月26日) サフランの種球は、ネットの通販サイトで398円で購入しました。 種球は8月ごろから園芸店やホームセンターなどで販売されはじめますが、 10月も終わるころには売り切れでなくなってしまう場合があるので、 お店に置いていない場合はインターネットのネットショップなどで購入する事もできます。 少量だと送料がかかってしまいますが入手が困難な地域などでは便利です。 今回購入した種球は、全部で5個入っていました。 球根の全てで既に芽が出ていましたが、芽を折らないように取扱いに注意すれば問題ありません。 今回は、庭に植えてみたいと思いますが、なるべく日当たりが良く水はけが良い場所にします。 植える前に土と腐葉土と化成肥料を混ぜて軽く耕して置きます。 そこに深さ10〜15cmぐらいの穴を掘り、種球は球根の根が出ていた部分が下になるように向けて穴の底に置きます。 (ちなみに上のほうに写っているのはオリーブの苗を植えたものです) 土をかけたあと、水をタップリ与えれば終了です。 (2016年年11月14日) サフランの種球を植えてから18日経ちましたが、気が付いたら土の上に芽が出て既に花のつぼみも出ていました。 (2016年11月16日) サフランの花が咲きました。 紫の花びらの中に黄色の雄しべと、赤く長い雌しべが見えます。 サフランの雌しべを収穫する場合にはこのように花が咲いたらすぐに収穫します。 サフランの雌しべは1つの花に3本ありますが、根本で1つに繋がっています。 雌しべのなるべく奥のほうを指でつまんで引っ張ると根本から取れて収穫できます。 収穫した雌しべはティッシュペーパなどの上で室内や日陰で自然乾燥させます。 (2016年11月21日) サフランの花が咲き始めて5日経ったところで花のピークになりました。 1つの種球から3本から5本ぐらいの花が咲きました。 全ての花から雌しべを収穫しました。 雌しべを収穫したあとはサフランはそのまま葉を成長させて冬越しさせます。 (2016年11月26日) 収穫したサフランの雌しべを乾燥させて5日ほど経ち、完全に乾燥した状態になりました。 乾燥させたあとは、口が閉まる小瓶やビニール袋などに入れて保存します。 お菓子袋などに入っている乾燥材を一緒に入れておくと良いでしょう。 サフランの種球を植えてからちょうど1ヶ月で雌しべの乾燥まで出来ました。 (2016年12月3日) 花のピークから10日以上経ち、サフランは葉だけになりました。 花が終わっても葉はしばらく成長しますが、20〜30cmぐらいで成長が止まります。 花が終わったら追肥として化成肥料を土の表面にまいて、 そのまま冬越しさせます。 (2017年5月13日) サフランを植えてから年を越し、半年以上が経ちました。 サフランの葉はその後も成長を続けましたが、今年の2月ぐらいで成長が止まりました。 その頃に化成肥料を株のまわりにパラパラとまいて追肥しました。 葉の長さは結構長くなり、50cmぐらいになっているものもあります。 4月ぐらいまではまだ青かったのですが、5月に入ってから葉の先の方から急に枯れ始めました。 サフランはこの時期に球根を堀り出して種球にしますが、掘り上げずにおけば今年の秋にまた芽を出します。 しかし、数年経つと球根が混んできますので、その時は球根を掘り出して種球にし、秋に植え直すなどしたほうが良いでしょう。 今回は、植えてまだ1年目なので、このまま放任してみます。 (2017年5月22日) サフランの葉が完全に枯れました。 今回は球根をり堀り出さずにそのまま放任しますので、 今日はこの枯れた葉を取り除きます。 葉は完全に枯れていて、手で引っ張ると地上部付近で簡単に切れました。 地植えなので、あとは秋に自然に芽が出るまでこのままの状態にします。

次の

サフランの取引と利用

サフラン 栽培

・日当たりのよい場所が適しています• ・高温多湿に弱く冷涼な気候を好む• 乾燥した雌しべは糸くずの様に細くて風で飛ばされやすいので気をつけましょう。 しっかりと乾いたら瓶などに入れて保存しますが、風味が落ちるので1年くらいで使い切るようにします。 主に料理などの着色、風味付けに使われますが主成分のクロシンは非常に着色力が強いので使用する量は加減します。 また、水や湯に浸けると色素が溶け出てきますが、油には溶けません。 使う前にホイルにくるんでオーブンの余熱で乾燥させてから用いると風味と香りがいっそう増すそうです。 掘り上げた球根は雨の当たらない風通しのよい日陰に吊しておき葉が完全に茶色く枯れたら葉を取り除いて、新しくできた子球を親球からはずしてネットなどの通気性のよい袋に入れて植え付け時期まで貯蔵しておきます。 高温多湿で球根が腐ることがあるので掘り上げますが、その心配がなければ数年間植えっぱなしでもかまいません。 ただし、3~5年も植えっぱなしにしていると球根がふえてきゅうくつになってしまうので、そのときは掘り上げて植え直します。 芽かき 芽が出た数だけ新しい球根ができます。 鉢やコンテナなど用土が限られた場所だとすべての芽を育てても球根が十分に太らず、翌年花を咲かせないこともあります。 球根を太らせるために花後、芽をかき取ってできる球根の数をしぼってもよいでしょう。 日当たり・置き場所 日当たりのよい場所を好み、日照不足になると花付きが悪くなります。 寒さには非常に強いので特に防寒をする必要はありません。 逆に高温多湿に弱いので、できれば春以降は掘り上げて涼しい場所で貯蔵します。 水やりと肥料 鉢植えの場合、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるのが基本です。 冬~春にかけては水やりを控えてやや乾かし気味に管理します。 花後に新しい球根を太らせるためには肥料は不可欠です。 花後と2月頃の2回、化成肥料を適量株元にばらまきます。 肥料はリン酸分の多いものを用います。 窒素分が多いと球根が軟弱になり病気にかかりやすくなります。 適した土 腐葉土や堆肥のたっぷり入った肥沃な土が適しています。 鉢植えの場合は赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜた土を用います。 植え替え・植え付け 球根の植え付けは8月下旬~9月中旬が適期です。 植え付けが遅れると花が小さくなる傾向があります。 また、植え忘れると袋の中で芽を出し花を咲かせることもあります(そうなってしまった球根は速やかに植え付けましょう)。 球根は浅く植えると芽はたくさん出てくるのですが、花付きが悪くなるのでよくありません。 鉢植えの場合は球根1コ~1. 5コ分の深さに、庭植えの場合は球根2コ分の深さが適当です。 草丈がさほど高くならないので、鉢に植える場合は高さの低い平鉢などに植えたほうが開花時に見栄えがよいです。 球根を手にとって選べる場合はできるだけ大きな球根を選びましょう(球根が大きい方が咲く花の数も多いです)。 ふやし方 新しくできた球根を外してふやすことができます。 「日常の手入れ」の項を参照にしてください。 かかりやすい病害虫 病気:軟腐病 害虫:ネダニ 窒素分の肥料が多すぎると軟腐病になり球根が腐ることがあります。 また、高温時期にネダニが発生することがあります。 関連する植物• 花後に葉っぱが伸びる。 花はクロッカスに似ているが別物。

次の