ネット 証券 初心者 2ch。 初心者におすすめ証券会社9選│株やるなら手数料比較して口座を選ぼう|たあんと

ネットでの株の買い方を初心者向けに解説

ネット 証券 初心者 2ch

投資信託初心者にネット証券はおすすめ? ネット証券という少々特殊な環境で、初心者の方が投資信託を運用する。 こうした場合を考えてみますと、基本的に、勉強熱心で何事も、自分で考えて、調べて納得いくまで掘り下げ比較し、検討するといった姿勢が有るのであれば、私は初心者であっても熟練者であってもあまり関係は無い様に思います。 インターネットメディアはその気になって探せば、かなり深いところまで掘り下げることが出来ますし、また、2chなどに限らず、投資運用をしている人が集まる掲示板の様な場所は有りますので、そうした場所にたどり着ければより広い見地を得る事も出来るかと思います。 なので、ネット証券だから不利だとか有利だとかそうした事は無いのではないかと思います。 基本的なスタイルとして、証券会社や銀行などを頼る事も悪い事では有りませんが手数料などで不利な場合は多いです。 ネット証券だけが証券会社と云う訳では有りませんし、銀行や証券会社で対面での方法ではネット証券と異なり、対面する人が相応の知識を持って販売している方も大勢いらっしゃると思いますので一概に良し悪しを決める事ではないかと思います。 しかし、最終的にはやはり自分のお金です。 どのようにして運用するのかは自己責任で確りと考え決めていきたいです。 ネット証券のメリットとしては、自分で決めた選び方で、自己責任での完全な投資運用が出来るという所にあるかと思います。 逆にデメリットとしては他人のアドバイス(受動的な)が聞きにくい所にあると思うので、面倒くさがりで放置しておきたいような初心者ですと、あまりお勧めできるところではないのです。 ご自身で熱心に調べられるという方には非常に良い環境にもなりえるでしょう。 最終的にはご自身がどのようなスタイルで取引していくなどの具体的な条件を確り見定めて頂きたい所です。 今回は特に投資信託と云う自分で情報を集めようとすると結構な手間暇のかかるものなので、じっくりと考えてから取り組んでいただければと思います。 最後に、ネット証券最大のメリットは少額でも積立てがしやすいという所です。 対面では言いにくい1,000円分の投資などを細かく積み上げるて行くにはネット証券は実は最適の方法だったりするのです。

次の

【5600万投資し比較】ネット証券のおすすめは?僕の感想と評価、2chでの悪い評判まとめ

ネット 証券 初心者 2ch

05%、夜間取引0. 1株から株が買えますので、 安い銘柄だと100円台から株式投資が始められます。 <例)100円台から買えるみずほFG株> 1株から買える ミニ株(単元未満株)は、通常リアルタイムの売買ができないのですが、 LINE証券ではそれが可能です。 さらに 株の購入にLINEポイントが使えるのも大きな特徴です。 LINE証券の 口座開設は無料です。 2020年5月10日から手数料体系の異なる、単元株数(100株単位)での現物取引も開始されました。 そちらについては後述しますが、まずは多くの方が対象となる 少額取引の手数料についてご理解ください。 個人的に一番デメリットと感じるのはこの 手数料に関してです。 LINE証券では 口座開設費・口座維持費・取引手数料 無料です。 初心者を対象にしている商品であるなら、なおさらこのような言い方は避けてた方が良い気がします。 9時点 サービス開始直後は色々不明な点が多かった取引コストですが、現在は下記のように明示されるようになりました! 日中の9:00〜14:50までであれば、スプレッドコストは0. 単元数(100株)で売買する場合の手数料 2020年5月10日より、LINE証券ではミニ株だけでなく、単元数での現物取引も可能になります。 この場合の手数料は、下記のようになっております。 <LINE証券単元数での売買手数料> 100株以上の大金取引する場合は、上記料金体系が適用されます。 買付時は0円で、売却時にのみ手数料がかかる面白いパターンです。 通常のネット証券会社の手数料と比較すると安くなっております。 ただ、類似少額株式投資サービスの「 」は月間50万円の取引まで 実質20円(手数料220円だけどTポイント200円分GET)ということを考えると、大金の株取引なら ネオモバの方がお得でしょう。 29 現在は、国内ETF:15銘柄、国内株式:300銘柄、投資信託:28銘柄まで増えています。 ETFとは…特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託 ETFについては 9種類 15種類もあれば問題ないと思いますが、メインである国内株式銘柄が 100 社300銘柄に絞られているのはちょっとデメリットかもしれません。 (2020年5月10日〜) 1株から購入できる銘柄については、こちらの記事で詳しくまとめましたので、よかったらご参照ください。 詳細記事まとめております。 よかったらご参考ください。 LINE Payへの出金 0円 銀行口座への振込み 220円(税込) 見落とされがちですが 出金手数料もきちんと把握しておかなければなりません。 LINE証券で売買した後、自分の銀行口座に出金する場合は 220円(税込)の出金手数料がかかります。 LINE Payへの出金は無料なので、LINE Payに出金して、そのままお店で買い物に使う人であれば問題ないかもしれません。 ただ高額投資してる場合は、LINE Payでは使い切れないでしょうから銀行口座へ出金するのではないでしょうか? LINE証券の出金方法や手数料については、こちらの記事で細かくまとめてますので、よかったらご覧ください。 ちなみに同じ少額投資サービスの「 」は 出金手数料無料です。 地味にこの点も大きな違いかと思います。 初心者を対象にするのであれば、この点を打ち出した方がメリットが分かりやすく伝わると思うのですが、 LINE証券ではあまり推していません。 配当は1株以上、 優待は単元数以上(100株以上)、権利確定日に保有していれば LINE証券でも対象になります。 ただ、説明が粗く「各自調べましょう」というニュアンスです。 配当金はいつ受け取ることができますか? A. 決算日が同一でも配当金の支払日は上場会社ごとに異なります。 株式数比例配分方式では、上場会社が支払いを行う配当金支払日に証券口座に入金されます。 通常、権利確定日から2~3ヶ月後に支払いが行われます。 配当支払開始予定日は、各発行会社ホームページのIR情報>決算短信よりご確認ください。 株主優待を受け取ることはできますか? A. 優待の対象となる条件を満たしている場合、株主優待が受け取れます。 対象となる条件 保有株数や保有期間 、優待内容については、各発行会社ホームページのIR情報などでご確認ください。 もしくは、株式の発行会社にお問い合わせください。 この点も同じ初心者向け株サービスの「 」とは対照的です。 「 」では毎月、その月の株主優待銘柄がPick Upされます。 初心者にはやはり、こういう丁寧さが必要な気がします。 LINE証券で株主優待をGETする方法については、こちらの記事でまとめましたのでよかったらご覧ください。 LINE証券は証券取引所を介さず、相対取引をしています。 相対取引(あいたいとりひき とは? A. 相対取引(あいたいとりひき とは、証券取引所などの市場を通さずに、売り手と買い手が当事者同士で価格や売買数量などを決めて行う取引のことです。 当社の場合には、当社がお客様の相手となって取引を行います。 言ってみれば、 LINE証券が買っている株を購入者に売ったり、買い取ったりしているんですね。 そのため、 取引コストという手数料を乗せたり、売買対象銘柄を絞っているのでしょう。 なぜ、ネオモバは成立してるの? これは完全に私の予測なのですが、タッグを組んだ相手によるのではないでしょうか? LINE証券は 野村ホールディングス、いわば野村證券と協働したのですが野村證券はネット証券ノウハウという意味ではあまり実績がありません。 対して、「 」は ネット証券大手のSBI証券と TポイントのCCCが協働したサービスなのでネット売買システムやノウハウがたくさんあったのだと思います。 30〜) SBIネオモバイル証券とは、ネット証券大手の「 SBI証券」とTポイント運営会社「 CCC」が協働して作った株取引サービスです。 日本初、 Tポイントを使って株式購入ができる点が大きな特徴です。 ネオモバ は、月間50万円までの売買の場合、 手数料は月額200円(税抜)です。 ただ、それと引き換えに 毎月200Tポイント得られますので 手数料実質ほぼ無料です。 ネオモバは銀行口座への出金手数料もかからないことを考えると、 月間1万円以上の売買する方はネオモバの方が良いかもしれません。 それ以外にも多くのメリットがありますので、将来的に 株取引で資産運用する可能性ある人はネオモバの方が相性がいいと思います。 ネオモバは 実質手数料ほぼ無料です。 ご興味あれば、公式サイトご覧ください。

次の

【5600万投資し比較】ネット証券のおすすめは?僕の感想と評価、2chでの悪い評判まとめ

ネット 証券 初心者 2ch

05%、夜間取引0. 1株から株が買えますので、 安い銘柄だと100円台から株式投資が始められます。 <例)100円台から買えるみずほFG株> 1株から買える ミニ株(単元未満株)は、通常リアルタイムの売買ができないのですが、 LINE証券ではそれが可能です。 さらに 株の購入にLINEポイントが使えるのも大きな特徴です。 LINE証券の 口座開設は無料です。 2020年5月10日から手数料体系の異なる、単元株数(100株単位)での現物取引も開始されました。 そちらについては後述しますが、まずは多くの方が対象となる 少額取引の手数料についてご理解ください。 個人的に一番デメリットと感じるのはこの 手数料に関してです。 LINE証券では 口座開設費・口座維持費・取引手数料 無料です。 初心者を対象にしている商品であるなら、なおさらこのような言い方は避けてた方が良い気がします。 9時点 サービス開始直後は色々不明な点が多かった取引コストですが、現在は下記のように明示されるようになりました! 日中の9:00〜14:50までであれば、スプレッドコストは0. 単元数(100株)で売買する場合の手数料 2020年5月10日より、LINE証券ではミニ株だけでなく、単元数での現物取引も可能になります。 この場合の手数料は、下記のようになっております。 <LINE証券単元数での売買手数料> 100株以上の大金取引する場合は、上記料金体系が適用されます。 買付時は0円で、売却時にのみ手数料がかかる面白いパターンです。 通常のネット証券会社の手数料と比較すると安くなっております。 ただ、類似少額株式投資サービスの「 」は月間50万円の取引まで 実質20円(手数料220円だけどTポイント200円分GET)ということを考えると、大金の株取引なら ネオモバの方がお得でしょう。 29 現在は、国内ETF:15銘柄、国内株式:300銘柄、投資信託:28銘柄まで増えています。 ETFとは…特定の指数、例えば日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動する運用成果をめざし、東京証券取引所などの金融商品取引所に上場している投資信託 ETFについては 9種類 15種類もあれば問題ないと思いますが、メインである国内株式銘柄が 100 社300銘柄に絞られているのはちょっとデメリットかもしれません。 (2020年5月10日〜) 1株から購入できる銘柄については、こちらの記事で詳しくまとめましたので、よかったらご参照ください。 詳細記事まとめております。 よかったらご参考ください。 LINE Payへの出金 0円 銀行口座への振込み 220円(税込) 見落とされがちですが 出金手数料もきちんと把握しておかなければなりません。 LINE証券で売買した後、自分の銀行口座に出金する場合は 220円(税込)の出金手数料がかかります。 LINE Payへの出金は無料なので、LINE Payに出金して、そのままお店で買い物に使う人であれば問題ないかもしれません。 ただ高額投資してる場合は、LINE Payでは使い切れないでしょうから銀行口座へ出金するのではないでしょうか? LINE証券の出金方法や手数料については、こちらの記事で細かくまとめてますので、よかったらご覧ください。 ちなみに同じ少額投資サービスの「 」は 出金手数料無料です。 地味にこの点も大きな違いかと思います。 初心者を対象にするのであれば、この点を打ち出した方がメリットが分かりやすく伝わると思うのですが、 LINE証券ではあまり推していません。 配当は1株以上、 優待は単元数以上(100株以上)、権利確定日に保有していれば LINE証券でも対象になります。 ただ、説明が粗く「各自調べましょう」というニュアンスです。 配当金はいつ受け取ることができますか? A. 決算日が同一でも配当金の支払日は上場会社ごとに異なります。 株式数比例配分方式では、上場会社が支払いを行う配当金支払日に証券口座に入金されます。 通常、権利確定日から2~3ヶ月後に支払いが行われます。 配当支払開始予定日は、各発行会社ホームページのIR情報>決算短信よりご確認ください。 株主優待を受け取ることはできますか? A. 優待の対象となる条件を満たしている場合、株主優待が受け取れます。 対象となる条件 保有株数や保有期間 、優待内容については、各発行会社ホームページのIR情報などでご確認ください。 もしくは、株式の発行会社にお問い合わせください。 この点も同じ初心者向け株サービスの「 」とは対照的です。 「 」では毎月、その月の株主優待銘柄がPick Upされます。 初心者にはやはり、こういう丁寧さが必要な気がします。 LINE証券で株主優待をGETする方法については、こちらの記事でまとめましたのでよかったらご覧ください。 LINE証券は証券取引所を介さず、相対取引をしています。 相対取引(あいたいとりひき とは? A. 相対取引(あいたいとりひき とは、証券取引所などの市場を通さずに、売り手と買い手が当事者同士で価格や売買数量などを決めて行う取引のことです。 当社の場合には、当社がお客様の相手となって取引を行います。 言ってみれば、 LINE証券が買っている株を購入者に売ったり、買い取ったりしているんですね。 そのため、 取引コストという手数料を乗せたり、売買対象銘柄を絞っているのでしょう。 なぜ、ネオモバは成立してるの? これは完全に私の予測なのですが、タッグを組んだ相手によるのではないでしょうか? LINE証券は 野村ホールディングス、いわば野村證券と協働したのですが野村證券はネット証券ノウハウという意味ではあまり実績がありません。 対して、「 」は ネット証券大手のSBI証券と TポイントのCCCが協働したサービスなのでネット売買システムやノウハウがたくさんあったのだと思います。 30〜) SBIネオモバイル証券とは、ネット証券大手の「 SBI証券」とTポイント運営会社「 CCC」が協働して作った株取引サービスです。 日本初、 Tポイントを使って株式購入ができる点が大きな特徴です。 ネオモバ は、月間50万円までの売買の場合、 手数料は月額200円(税抜)です。 ただ、それと引き換えに 毎月200Tポイント得られますので 手数料実質ほぼ無料です。 ネオモバは銀行口座への出金手数料もかからないことを考えると、 月間1万円以上の売買する方はネオモバの方が良いかもしれません。 それ以外にも多くのメリットがありますので、将来的に 株取引で資産運用する可能性ある人はネオモバの方が相性がいいと思います。 ネオモバは 実質手数料ほぼ無料です。 ご興味あれば、公式サイトご覧ください。

次の