コロナ お 見舞い 手紙。 新型コロナウイルスへの対応についての挨拶文と感染症対策の例文ひな形

手紙の書き出し コロナウィルス》例文・文例

コロナ お 見舞い 手紙

手紙の書き出しのポイント 1. 相手をよく考える ・手紙を出す相手とあなたとの関係を考えます。 親しい相手なのか、目上の相手なのか、ビジネスの相手なのかを良く考えて書きます。 先方の状況を推し量る ・現在の相手の状況を考えてみます。 例えば、幸せ、元気、健康、闘病中、超多忙、活躍している、暇を持て余している、大変な困難に遭遇している、寂しい、不安、など。 ・上記のうち、もしも先方がコロナウィルス感染症に感染して闘病中の場合には、入院中であったり、感染予防の観点から手紙のやり取りが難しい場合などがあります。 できれば患者本人やその家族に対しては手紙は避け、どうしても連絡を取りたい場合にはメールや電話を使うようにしましょう。 季節を考える ・季節についてふれるのが手紙の書き出しの慣例となっています。 手紙の書き出し 1. 頭語(とうご) ・頭語とは、手紙を書く時に冒頭に用いられる言葉をさします。 例えば「拝啓」「拝復」「謹啓」「前略」など。 ・頭語は、 必ず、決まった結語とペアになっています。 例えば「拝啓」で書きはじめる場合は結語「敬具」で結ぶのが決まりです。 代表的な頭語と結語のペアには以下のようなものがあります。 ・頭語を用いるのが手紙の正式なマナーですが、文章が堅苦しくなるので、親しい相手や子どもにあてた手紙の場合などには、省略しても構いません。 このほかに「頭語」「結語」のペアはこちらのページ 手紙の書き出し 2. 時候の挨拶 (じこうのあいさつ) 冒頭に「頭語」を書き、続いて自分の言葉で季節感を述べます。 これを「時候の挨拶」と言います。 頭語のあと一文字あけて続けて書くか、または改行して次の行の上一文字下げて書きます。 時候の挨拶の例 ( 下記を参考に、時候の挨拶は自分の言葉で) 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。

次の

コロナに関するビジネス文章の書き出しと営業再開について文書の締め方

コロナ お 見舞い 手紙

コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛・3密を避けるなどで仕事のやり方も変わってきていますよね。 リモートワークを取り入れている会社では、在宅でメールやテレビ電話・ネットワークを利用しお仕事を進めている方も多いでしょう。 そんな中、 お取引先やお客様とのメールのやり取りではコロナウイルスについて気遣う言葉を添えたいですよね。 また、リモートワークが出来ない会社・職種もあるでしょうから、 打ち合わせ・イベントやセミナーなどの延期・中止などをメールで伝えなければならない人もいるでしょう。 そんな時も、お客様に気遣いの言葉をかけたいですよね。 今回は、 ビジネスメールでコロナウイルスについて気遣う言葉を使ったビジネスメールの例文をご紹介していきます。 他にも、打ち合わせやイベント・セミナーなどを延期・中止したい場合の例文もご紹介します。 本文 普段であればこのような挨拶をしてから、本文に入っていくと思います。 コロナウイルスの影響で経済状況が苦しい中『ますますご清栄のこと』などという言葉を使うのは、相手に失礼なのではないか?と思う方もいるでしょう。 ただし、ご清栄は相手の安否を伺うものではないので問題ないということを前置きしておきます。 現在弊社では、新型コロナウイルスの影響により、お取引先様との接触を控えるよう通達がございました。 ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんが、ご検討いただけますようお願い申し上げます。 あなたのせいで打ち合わせを延期・中止になるわけではありませんが、 最後に謝罪の文言を入れるのはマナーかな?と思います。 相手によってはそれでも会って打ち合わせするのが当たり前だろう! こちらは感染対策を万全にしている、そちらの勝手な言い分だろう! などと思う人もいるかもしれませんよね。 あなたのせいではない。 と分かってくれそうな相手でも、謝罪の一文は入れておいた方がいいですね。 イベント・セミナーの延期・中止を知らせる 厚生労働省からも、換気の悪い・多数が集まる・間近で会話や発声をする。 つまり 「密閉・密集・密接」の3密を避ける事が要請されました。 これにより イベントやセミナーなどを延期・中止する主催者も増えていますよね。 仮に開催してもキャンセルなどが相次ぎ、開催できない状況にもなっているようです。 そんなことを鑑みて、イベントやセミナーを延期・中止するお知らせをメールで送る例文をご紹介します。 新型コロナウイルス感染症の動向に鑑みて、当社主催のイベント セミナー の開催を中止 延期 させていただくことになりました。 なお、状況が改善され再開できる状況が整いましたら、改めて日程や詳細などをお知らせさせて頂きます。 未曾有のことで、弊社としても対応が行き届かない点もあるかと思いますが、何卒ご承知の程、お願い申し上げます。 【申し込みや料金徴収済みの場合】 すでにお申し込みが完了している段階でのご連絡となり大変申し訳ございません。 事前にお収めいただいております参加費 チケット の払い戻しに関しましては、ご指定の口座にご返金させていただきます。 どうぞよろしくお願い致します。 <自分の署名> 今回の例文はイベント・セミナーの延期や中止により、返金があるという内容でした。 もちろんお客様にどのように対応するかによって内容が異なりますので、あなた会社などのケースに合わせてくださいね。 さいごに 今回は、コロナウイルスについて気遣うビジネスメールの例文を紹介しました。 コロナウイルスの影響により仕事の仕方も変わってきましたよね。 会社に出社しても、会社からの指示で在宅で仕事をしたり待機したとしても、 お客様との約束に対応しなければなりません。 コロナウイルスの感染予防のために、打ち合わせやイベント・セミナーを延期したり中止することもあるでしょう。 そして、 会わないという配慮から要件をメールでやり取りする機会も多いはずです。 今回ご紹介したビジネスメールの例文を、 お客様の体調を気遣う時などの参考にしてみてくださいね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

コロナに関するビジネス文章の書き出しと営業再開について文書の締め方

コロナ お 見舞い 手紙

先日、施設に入所している母が肺炎の疑いで入院しました。 すぐにでも行ってあげたいのですが、現在私は娘が2人目を出産してお手伝いに通っているため、このご時世病院に行って私を通して孫たちに病気を移してしまわないか心配で躊躇しています。 母はほぼ寝たきり状態で意識はあるものの会話はままなりません。 もしかしたらこのまま状態が悪くなって亡くなってしまうかもしれませんが、私としては娘の方を優先し、病院には行きたくないと思ってしまってます。 もちろん新型コロナが流行っていなかったらあるいは娘の世話をしていなかったら直ぐにでも駆けつけますが… 私は気にし過ぎでしょうか? 母をほっとくなんて冷酷でしょうか? 同じような状況の方のご意見頂けたら幸いです。 ユーザーID: 3866606736 まずお伝えしたいのは、トピ主さんが必ず「病気をもらう側」ではないことを理解してください。 そもそもあなたが娘さんのところに「お手伝いに通」うこと自体にも感染リスクがあるのです。 その部分を勘違いしてはいけません。 我が家も家族が高齢者施設に入所していますが無期限で面会禁止です。 差し入れ等は可能ですが受付対応で家族本人には会えません。 おそらくお母様がいる病院も面会を制限されてると思います。 お母さまの身元引受をしてるのはどなたですか? そちらに確認のうえ、状況が落ち着くまで見舞いには行けないことを伝えたほうがいいと思います。 その場合、病気をもらってくる心配ではなく、自分自身が感染源になりうる可能性を伝えましょう。 ユーザーID: 7049709310• お手伝い 娘さん出産のお手伝いが、どこまで必要か、ですよね。 里帰り出産しない人も、遠方のため親の手伝いもない人も大勢います。 娘さんご本人は何とおっしゃってますか? うちの娘なら、おばあちゃんが危篤なら是非行ってあげてほしい、と言うと思います。 でなければ、施設の人に最期を看取ってもらう訳ですか?その後のあと片付けなどは誰がするのですか? 施設にコロナウィルスが蔓延してると決まってる訳ではないです、でも心配ならその後2週間は赤ちゃんに会うのを控えるとか、対策はあると思います。 あなたがおばあちゃんの立場としてやりたい事と、娘の立場としてやらなければならない事は、社会的義務として重みが全然違いますので、「こうしたいから」では、中々スジが通らないと思いますよ。 ユーザーID: 5694705102• 正解は無い 今は病院なんですね? 新型コロナもありますけど、例年今の時期だとインフルも ありますから、見舞いの制限だとか、見舞に来ても15分以内とか、 なるべく来ないでください、とか通達出ていませんかね? 自分は健康で問題なくても、どこかの誰かが・・だから、 病院としても見舞いは来てほしくないのがホンネです。 施設だって同じです。 うちの義母が入所している施設も2月中旬から末までの間は、 一切の面会謝絶でしたよ。 洗濯物の交換も職員に言って取ってきて貰って、 戻す時も同様でした。 義母の元へは絶対行けない状態でした。 今は時間制限(15分以内。 実際は20分くらいはいますが)で可能です。 状況次第でまた変わると思います。 お母さんをほおっておく、じゃなく病院は「来てほしくない」というのが あるので、別にほおっておくわけじゃないと思います。 気にはなるでしょうけど、総合的に見て「見舞に行かない」選択を することは「ほおっておく」わけじゃありませんからね。 ユーザーID: 5660991605• 面会出来るの? と思います。 初期対応のまずさかわかりませんが、結果世間がこういう状態になってしまったので気にし過ぎとは思いません。 病院自体面会禁止になっている所も多いので、お見舞いは無理ではないですか? 私も孫がいて高齢の実母がいる立場ですが、トピ主さんの状況ではまず自分の身体を最優先にします。 自分が万が一罹患すれば(コロナ以外の病気でも)孫の世話どころか、子ども一家にも影響をしますから。 お母さんはとりあえず入院をして治療を受けているのだから、病院にお願いしましょう。 決して冷酷ではなく、今は自分の受診以外で必要なければ病院を訪れることは避けることです。 お母さん早く回復されるといいですね。 ユーザーID: 4289937125• 病院へはお子さんは連れて行かないでくださいね。 お母様は肺炎とのことですが、病室は一般病棟でしょうか? コロナでしたら、隔離病棟にて隔離させているはずですから、入れなくなっていますからコロナじゃなきゃ大丈夫です。 コロナではなく誤嚥性の肺炎などでしたら、一般病棟にいれますが ただ熱が出てたら、もしかして個室に隔離される可能性があります。 体から人が本来持っている菌が体から出て、そこに抵抗力の弱い人が入ると、ちょっと掛かりやすくなるとどうなるかはわかりません。 私は親戚が入院しその状態なのを知らずに部屋に入ったらその状態。 抵抗力の弱い私は、離れて親戚と対応したけど、洗うものを持ち帰り 看護師さんに普通に洗わないでくださいと言われ、塩素系だったか?漂白剤を使って洗ってくださいと言われ。 抵抗力が弱い人は絶対に触れないでくださいと言われました。 その状態ではないなら、普通に一般病棟で薬で対応していると思いますよ。 親戚はここで治って退院しましたが、肺炎影響はずっと残っていたみたいです。 もしも行くと言うのでしたら旦那さんに協力してもらい、お子さんはお留守番又は病院の駐車場まで、 トピ主さんのみ、病室に行けばいいと思います 手土産は不要かと思います。 飲み物とかはとろみのある物を飲んでいると思いますから。 飲料は飲めないと思います。 食べ物も無理かと思いますから。 お子さんの写真を置いていく程度でもよろしいのでは? 行かない選択も出来ますが、お母様を介護している方によろしくお願いしますとお願いした方がよろしいかと思います。 ユーザーID: 0323359044• 『大丈夫』とは言えない… 病院に依ってはこの時期、家族ですら面会謝絶の所があります。 まず、入院先の訪問は可能なのでしょうか。 特に「肺炎」との事なので心配ですよね。 あくまで私の見解ですが、 検査されずにコロナに感染している方はそれなりに居ると思います。 特にご高齢だと、普通の肺炎も多くあるでしょうから、お医者さんが疑わないと検査までさせてくれないでしょうしね。 (お母様が陰性でもこの時期は病院に行くのも気が引けますよね。 ) トピ主さんが、娘さんとお孫さんを第一に、と考えているなら、気持ちのままに、が良いのかなと思います。 子供の重症例は無いにしろ、 万が一お母様の最期に立ち会えなかった時の後悔と、娘さんかお孫さんに感染させてしまった時の後悔、どちらが…という話になるかとは思いますが。 ユーザーID: 8848193741• 今の状況だと 短時間にたくさんの方のレスを頂き本当に感謝しております。 ありがとうございます。 入院前の施設はコロナウイルスの影響で面会禁止になっていましたが、入院した病院は毎日確認してますが「家族のみ短時間の面会は良い」との事だったので悩んでおりました。 これほど蔓延していて面会人が持ち込む危険があるのになぜ面会禁止にならないのか正直不思議です 母には可愛そうですが、当面面会は行かない事に心が決まりました。 もちろん危篤等急を要する場合は駆け付けます。 はな様のおっしゃる通り、気をつけているつもりでも私自身が孫達に新型コロナウイルスだけではなく他の病気をうつしてしまう危険性もありますよね。 今は娘とよく相談して、幼子達を守っていかなくてはならないと思っています。 ユーザーID: 3866606736• レスします 皆様本当にありがとうございました。 お一人お一人にお返事ができず申し訳ございません。 10年程前にある地域の旅行につき、お土産のアドバイスをこのサイトでもらって大変助かった事を思い出して、今回投稿させていただきました。 良い意味で忌憚のない的確なアドバイスをもらえる友人がそこにいるようなサイトですね。 昨日母と同じ施設に入居している父より明後日退院と連絡がありました。 大したことがなくて安心しました。 当日は施設のスタッフさんに手伝ってもらって介護タクシーで退院するので大丈夫との事でした。 またほぼ寝たきりの生活を施設で過ごす事になります。 可愛そうですが当分面会可になるまで行けません。 皆様、新型コロナウイルスにはいろいろな影響を受けていると思いますが、早く終息する事を祈るばかりです。 ユーザーID: 3866606736•

次の