サイモン & ガーファンクル。 サイモン&ガーファンクル

会社概要

サイモン & ガーファンクル

この節のが望まれています。 2003年6月、コーウェルは自身の持っていたS Recordsのを4200万ドルでに売却、億万長者となった。 2006年、コーウェルは二つの大きな契約を結んだ。 アメリカでは更に5年の間アメリカン・アイドルの審査員として留まる契約を交わし、1シーズンごとに2000万ポンド(4000万ドル)を受け取ることになった。 イギリスではとは3年間の契約を交わし、『The X Factor』の放映権、またウエスト・エンドで上演されるミュージカル『グリース』に出演するスターを探す番組『Greese Is The Word』に関して1300万ドルを受け取ったと言われている。 7月23日号の米TVガイド誌が「米テレビ出演者の報酬」のランキングを発表し、年収4500万ドルで2位にランクインした。 11月、経済誌が「アメリカのテレビ界で最も稼いでいる男性」のランキングを発表し、2008年6月から2009年6月までの収入が7,500万ドル(日本円で約67億5,000万円)で1位にランクインした。 このランキングの上位にランキングされた男性出演者のほとんどが事業なども手掛けていて、コーウェルは英歌手レオナ・ルイスやスーザン・ボイルの契約するレコード会社を所有している。 12月、同誌が「エンターテインメント業界で最も稼いだ人物」のランキングを発表し、8,000万ドル(日本円で約65億6,000万円)を稼いで11位にランクインした。 5月、英サンデー・タイムズ紙が「英音楽界での長者番付」を発表し、推定資産2億ポンド(約266億円)で6位にランクインした。 この資産は2010年から3500万ポンド増加している。 8月、米TVガイド誌が「ドラマ&リアリティ番組に出演する高額ギャラ俳優・女優」を発表し、1シーズンにつき7500万ドルを稼いでリアリティ番組部門のトップになった。 9月、フォーブス誌が「2010年から2011年で最も稼いだエンターテインメント界の男性」のランキングを発表し、9,000万ドル(日本円で約68億4,000万円)を稼いで5位にランクインした。 オーディション番組 [ ] 2001年、『ポップ・アイドル』の審査員となり、2001年にはアメリカ版とも言える『アメリカン・アイドル』でも審査員を務めた。 出場者に対する彼の厳しい批判はこれらの番組を有名にする理由の一つとなり、コーウェルは"nasty guy Simon"として一躍有名になる。 彼のよく言うフレーズには"I don't mean to be rude, but …"(この題名で自伝も出版している)があるが、その後には出場者に対して中傷とも取られかねない手厳しい批判(パーソナリティから外見まで)が続くことが多い。 2004年にはイギリスでオーディション番組『The X Factor』を制作、シャロン・オズボーンやルイ・ウォルシュと共に審査員も務めた。 2005年、この番組が『ポップ・アイドル』にあまりに似ているとして「ポップ・アイドル」のプロデューサーから訴えられてしまうが後に和解している。 『The X Factor』はこれまで10シーズン制作されている。 2007年から、『』の審査員となった。 プロデュースしたアーティスト [ ]• ワンダイレクション Syco所属アーティスト• 以前Sycoに所属していたアーティスト• ゲスト出演 [ ]• - 声• - ラップ・バトルの審査員• - Far Far Away Idolの審査員(声) 備考 [ ] 辛口の批評で有名になったコーウェルは、フィンランド出身のシンガーソングライター、 ()の曲『Simon Can't Sing』で、『サイモンは歌も歌えないし ダンスもできない』と揶揄されている。 映画 [ ]• One Chance 2013年 - 製作を担当。 コーウェルが審査員を務める公開オーディション番組『』に出場し、優勝したの実話に基づく作品。 本作の劇中歌「Sweeter Than Fiction」はの楽曲で、第71回にノミネートされた。 脚注 [ ] [].

次の

株式会社サイモン

サイモン & ガーファンクル

サイモン・ ウィーゼンタール・センター サイモン・ウィーゼンタール・センター() 設立 所在地 1399 South Roxbury Drive 活動地域 ・(米国中西部)・(米国南部)・・・・に事務所を置く。 2730万ドル(を期末とする) 基本財産 6148万ドル(2014年6月30日) サイモン・ウィーゼンタール・センター(: Simon Wiesenthal Center, SWC)は、のに本部を置き、(ユダヤ人大量虐殺)の記録保存やの監視を行い、国際的影響力を持つ非政府組織であり、 ()の運営団体である(後述)。 ヴィーゼンタール・センターとも。 同センターはロサンゼルスに本部を置き、エルサレム・ニューヨーク・トロント・マイアミ・シカゴ・パリ・ブエノスアイレスなどで事務所を運営。 民間の寄付で運営される非政府組織で、2012年は2億6000万ドルの寄付を受けた。 歴史 [ ] は、出身のであり、中には政権下のによって、、、などに収容されていた。 戦後まで生き延びたヴィーゼンタールは、戦後やに事務所を構えてドイツ敗戦後に逃亡したの疑いがあるナチス党員の追及に尽力した。 2003年、戦犯追及の終了を宣言した。 1100人以上の戦犯の起訴に貢献、引退を発表した。 1977年にアメリカのロサンゼルスにサイモン・ヴィーゼンタール・センターが開設された。 創設者たちのヴィーゼンタールへの好意によってヴィーゼンタールの名が冠されたものである。 1982年公開の記録映画『 ()』の制作に協力した。 同映画はを受賞した。 寛容博物館 [ ] 1987年、 ()の決議によってサイモン・ヴィーゼンタール・センターの中に「 ()」が建設された。 同博物館ではアメリカにおける人種差別の歴史の展示、そしてに関する展示が行われている。 にある「」とともに「アメリカの二大ホロコースト博物館」と称されている。 寛容博物館はホロコーストの展示場とアメリカの偏見・差別・暴力の歴史の展示場の2つの施設を中心としている。 アメリカ人の差別の体験の中にホロコーストを位置付けることで理解しやすくなっている。 またそれ以外の20世紀の大量虐殺についての展示もある。 ホロコーストに関する展示は大きく3つに分けられており、まずからのドイツにおける自由選挙下でのナチス党の権力獲得について、ついで終わり頃のドイツ政府と国民によるユダヤ人やその他劣等とされた人々に対する迫害の激化の様子、そして大戦中のドイツ政府と国民によるユダヤ人狩り・ゲットー・強制収容所・大量虐殺についてという順番になっている。 人物 [ ]• 所長 - ()• 副所長 - 抗議活動 [ ] インターネットに投稿された差別をあおる(憎悪表現)を監視する活動も、活動の一部として続けている。 監視対象はやを含む2万のウェブサイトで、運営会社に差別的な表現を投稿させないように対応策を働きかけている。 1995年1月、の雑誌『』が「ホロコーストを否認する記事を掲載した」として抗議、文芸春秋社は同誌を廃刊とする。 1999年5月、にの記事が掲載されたとして抗議し、ら日本の大手企業に対して週刊ポストへの広告費を支払わないよう要求。 2013年12月26日、副所長は、首相の参拝に対し「倫理に反している」と非難する声明を発表した リンク切れ。 副所長は「戦没者を含め、亡くなった人を悼む権利は万人のものだが、戦争犯罪や人道に対する罪を実行するよう命じたり、行ったりした人々を一緒にしてはならない」と指摘した。 2014年7月24日、副所長は、で記者会見し、について「戦争犯罪をした側も、被害者も、傍観者も、歴史の舞台から去ろうとしている。 八十代、九十代がまだ少しでも残っている今がラストチャンス」と日本の対応を求めた。 2018年11月、「がナチスドイツ風衣装を着ていた」として謝罪を要求する。 脚注 [ ]• IWJ公式ホームページ• 著『ホロコースト大事典』()、87ページ• ウォルター・ラカー著『ホロコースト大事典』(柏書房)15・19ページ• ウォルター・ラカー著『ホロコースト大事典』(柏書房)18ページ• リンク切れ• IWJ公式ホームページ• 1999年(平成11年 10月30日夕刊• (リンク切れ) 2014年7月25日• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語) エルサレム・マミラ墓地保護キャンペーン公式サイト : この項目は、に関連した です。

次の

サイモン&ガーファンクル

サイモン & ガーファンクル

1981年でのコンサートにて。 ポール・サイモン 右 、アート・ガーファンクル 左。 1975年に一時的に再結成してヒットを出したこともある。 にデビューしに活動を停止するまで、、を代表するとして数々のヒット曲を世に送りだした。 そのとサウンドは、やら後続のデュオに多大な影響を与えた。 以後も折に触れて2人で活動している。 に入りを果たした。 「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第40位。 その後、二人は大学での学業に専念した。 サイモンはこの時期に、キャロル・キングとジェリー・ゴフィンらと仕事をしたりしている。 しかし、発売初年度の売上が3,000枚と惨憺たるものだったため、ポールはヨーロッパ放浪の旅へ出て、アートもデビュー前に通っていた大学院へと戻ってしまった。 ポール・サイモンはイギリスではマーティン・カーシー、バート・ヤンシュ、アル・スチュアート、サンデイ・デニーらと交流を持った。 やがてプロデューサーのが、アルバム収録曲「(The Sound of Silence)」にエレキギターやドラムなどを加えてシングル発売したところ、これが66年に全米1位の大ヒットとなった。 さらに66年には続けて「アイ・アム・ア・ロック」 「早くうちへ帰りたい」がヒットした。 なお、「キャシーの歌(Kathy's Song)」は、ポールがイギリスに長期滞在していた際に交際していたガールフレンドに贈った曲である。 キャシーは、ポールが歌っていたパブで券もぎ係をしていた女性であった。 また、「」の歌詞で触れているKathyと同一人物で、2人でアメリカ旅行に出掛けた際に書いたとされている。 ポールのアルバム『ポールサイモン・ソングブック(Paul Simon Song Book)』に、若かりし頃のポールとキャシーが写っている。 Robinson 」などが大ヒット。 12月公開の映画『』の音楽を担当し、映画の成功と共に劇中歌「」が大ヒットし、日本をはじめ世界的にも大きな成功を収めた。 当時は「サイモンとガーファンクル」と表記されていた。 だが、発表のアルバム『 Bridge Over Troubled Water 』の制作中に、ポールとアートの音楽に対する意見の違いが表面化した。 『明日に架ける橋』は、全世界で売上が1,000万枚を超える大ヒットとなり、の最優秀レコード賞・最優秀アルバム賞を受賞したものの、このアルバムを最後に2人はそれぞれのソロ活動に入った。 72年から73年にかけては、日本独自で「冬の散歩道」「エミリーエミリー」がシングル・カットされ、小ヒットしている。 、ベトナム反戦候補で民主党リベラル派の大統領候補 支援コンサートに揃って登場し「スカボロー・フェア」、「」、「」などを歌った。 ブラス・ロックのもマクガヴァン候補を熱烈に支援した。 この時、ポールの作品にアートが参加する形でアルバム制作が行われたが、作品に対する意見の食い違いから、結局ポールのソロ・アルバム(『ハーツ・アンド・ボーンズ』)としてリリースされた。 このアルバムに収録された曲のいくつかは、アートも録音に参加し、発売直前までに完成していた。 その後、2人の間は疎遠になっていった。 2003年には、ポールがソロとして入りした際に、「ガーファンクルとは仲直りしたい」とスピーチで述べているほど、2人の関係は冷え切っていた。 近年は、と度々再結成を行い、全米ツアーなどを行っている。 1993年には「」の東京公演・福岡公演としてそれぞれとで再来日公演を行なった。 には16年ぶりの来日公演を行い、何回かの公演の合計で約15万人を動員する成功を収めた。 にはアートがインタビューで、近い将来デュオが再結成され、ツアーが実施されると信じると語った。 アートはファンがツアーを望んでおり、自分の心はファンとともにあると述べている。 彼らの作品は多くのミュージシャンにカバーされ、歌い継がれている。 「明日に架ける橋」はのカバー・バージョンがよく知られ、「」はのバージョンが全米2位を記録した。 ディスコグラフィ [ ] シングル(日本編集盤) [ ]• 「」 - "The Sound of Silence" 1966年、1968年• 「」 - "I Am a Rock" 1966年• 「」 - "Homeward Bound" 1966年• 「」 - "A Hazy shade of Winter" 1967年• 「」 - "Fakin It" 1967年• 「」(CBSソニーでのアルバム『ブックエンド』でのタイトル)「夢の動物園」(日本コロムビアでシングル盤として発売された当時のタイトル)"At the Zoo" 1967年• 「」 1968年• 「」 - "The Boxer" 1969年• 「」 - "Bridge over Troubled Water" 1970年• 「」 - "Cecilia" 1970年• 「」 - "El Condor Pasa If I Could " 1970年• 「バイ・バイ・ラブ」 1970年• 「」 1971年• 「エミリー・エミリー」 1972年 シングル(米国) [ ]• 『』 - Wednesday Morning, 3 A. 1964年• 『』 - Sounds of Silence 1966年• 『』 - Parsley, Sage, Rosemary and Thyme 1966年• 『』 - The Graduate 1968年• 『』 - Bookends 1968年• 『』 - Bridge Over Troubled Water 1970年• 『グレイテスト・ヒット』 - Simon and Garfunkel's Greatest Hits 1972年• 『若き緑の日々』 - The Simon And Garfunkel Collection-17 Of Their All Time Greatest Recordings 1981年• Wednesday Morning, 3 A. 1964, US 200 30• Sounds of Silence 1966, US 200 21• Parsley, Sage, Rosemary and Thyme 1966, US 200 4• The Graduate Original Soundtrack 1968, US 200 1• Bookends 1968, US 200 1• Bridge over Troubled Water 1970, US 200 1• Simon and Garfunkel's Greatest Hits 1972, US 200 5• The Concert in Central Park 1982, US 200 6• Collected Works 1990, US 200 --• Old Friends 1997, US 200 --• The Best of Simon and Garfunkel 1999, US 200 --• Live from New York City, 1967 2002, US 200 --• The Essential Simon and Garfunkel 2003, US 200 27• Old Friends: Live on Stage 2004, US 200 154• Live 1969 2008, US 200 33 日本公演 [ ]• Sony Walkman Special 5月7日・8日 、10日・11日・12日 当時の本拠地だった大阪スタヂアム公演では、ポール・サイモンがの帽子を着用した。 Asahi Beer Big Special 12月1日 、2日• Old Friends Tour 2009 7月8日 、10日・11日 、13日 、15日 、18日 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の