ファイア オブ プロメテウス。 【グラブル】 新エピックウェポン・チェーン・オブ・カウカソス、聖域の錫杖、ウニウス、不毀の籠手考察 新スキル・エピックブランド・ゲインで神石編成移行のハードルは下がりそうか

【グラブル】 新エピックウェポン・チェーン・オブ・カウカソス、聖域の錫杖、ウニウス、不毀の籠手考察 新スキル・エピックブランド・ゲインで神石編成移行のハードルは下がりそうか

ファイア オブ プロメテウス

Endless Legend 洋風ファンタジー4Xシミュレーション。 天変地異により制御不能な気候変動に見舞われている惑星Aurigaを舞台に、表面的にはケンタウルスやオーク、エルフが登場する典型的ファンタジックな世界観…かと思いきや、その深部は深く寝られたSF設定で構成されている。 太古の宇宙移民船の不時着者の末裔、古代文明の実験生物兵器の生き残り、自立意思を持ったマザーコンピュータ教団、森羅万象を司る謎の通貨金属Dust。 登場する各文明は個性豊かながらよくバランスが取れており飽きさせない。 また有志による日本語化パッチも公開されているようだ。 音楽に関しては、Endlessシリーズを通じて楽曲を提供しているフランスの作曲家FlybyNoによる珠玉の傑作を始めとする数々の名曲が、滅びゆく惑星Aurigaの美しさと儚さを余すところなく表現している。 Endless LegendはAmazon等では実質的に取り扱っていないのでで購入することになる。 上の画像のリンク先はサントラ。 ただしSteamのゲームファイルの中には320kbpsのmp3サントラが入っているため、ゲームは不要だがサントラだけ欲しいという人でなければあまりメリットがない。 Europa Universalis IV あまりにも圧倒的なスケールとボリュームを誇る歴史シミュレーションゲームの金字塔Europa Universalis 4。 ヴァルナの戦いで東欧の雄ハンガリー・ポーランド連合軍を破ったオスマン帝国が、古代ローマの名残コンスタンティノープル1都市を残しバルカン半島のキリスト教圏に影響力を広げることとなった1444年11月に始まり、ヨーロッパ全土を巻き込み革命の嵐を吹き起こしたナポレオンが没する1821年までのおよそ400年間がプレイ期間となる。 たった400年…とcivlizationシリーズの6000年と比べると矮小に見えるかもしれないが、Europa Universalis 4は時間の進行が1日ずつのRTSなので非常に長い。 その上、この歴史区間に登場する全世界のあらゆる勢力、ネイティブアメリカンの一部族から神聖ローマ帝国領内の一領主、歴史の表舞台から姿を消して久しいアイユーブ朝のサラディンの末裔までプレイ可能で、かつユニークな特性やイベント、実績を備えている。 日本列島だけを見ても、1444年スタートでは京都を領する足利将軍家が応仁の乱を前にして既に勢いを逸しており、有力守護大名の細川・山名を筆頭に30もの大名が天下を窺っている。 製作者の情熱には頭が下がる思いだ。 ただしあまりにも膨大なボリュームに付随する大量のDLCは悪名高く、全て揃えるとなると投資額がかさむ。 優に1000時間は遊べるゲームなので本体もDLCものセール期に少しずつ買い足していくのが良いだろう。 Civilization IV 文明育成ゲームCivilizationシリーズは現在のところ最新作が である。 しかし中毒性の強さでいえば間違いなくCivilization4に軍配が上がる。 プレイヤーはいずれかの文明の指導者として紀元前4000年から紀元2050年までの間に世界を制覇する、宇宙開拓に成功する、文化力を極めるなどの方法で世界一を目指す。 特筆すべきはライバルとなるAI指導者たちの豊かな個性と作曲家John Adams氏の現代音楽の哀感にある。 AIがまるで中に人が入っているかのように振る舞いプレイヤーを追い詰めてくる様は気持ちのいいプレッシャーだ。 今作は主題歌「」がグラミー賞を受賞したことでも名を上げたが、そればかりではなくJohn Adams氏の音楽にも惹きこまれるものがある。 ぜひ等で視聴して欲しい。 また有志によるMOD は独自のファンタジー世界としての完成度が高い。 ちなみにSteamのダウンロード版は30ドル以下で入手可能なので英語に堪能な方はそちらがお得かもしれない。 Arcanum: Of Steamworks and Magick Obscura Arcanumは日本での知名度は決して高くないがスチームパンクRPGでは間違いなく傑作と呼べる。 ゲームの構造としては初代Diablo型の操作性だがDiabloとは対照的に極めて物語性が強く、また選択肢と行動選択による自由度が高い。 プレイヤーは世界を救うことも、盗賊になることも、ろくに喋れない愚か者として過ごすことも出来る。 豊富な文章量を読み解くには長編小説以上に骨が折れるが大学生程度の英語力があるならばぜひ辞書を片手にプレイして欲しい。 ただし発売から10年以上が経過しておりグラフィック、操作性の面では昨今のゲームに遠く及ばない(とはいえグラフィックは世界観を表現するには十分機能しているが)。 あくまでも濃密なストーリーを楽しむ嗜好の方におすすめしたい。

次の

【グラブル】プロメテウスHL攻略/ドロップと注意点【グランブルーファンタジー】

ファイア オブ プロメテウス

This holy scepter burns bright with fire stolen from the heavenly realm, a beacon of light to all living creation. Only that which is holy and those who are pure of heart may remain unscathed by its flame. Ferulic Nexus Massive Fire damage to a foe. Gameplay Notes [ ] Inferno's Insignia [ ]• Multiple Insignia skills' HP damage stack additively. The dealt by Insignia skills:• Consumes one stack of Next one-to-one attack received will be ineffective Effect removed on next all-foe all-ally attack instead of dealing damage. Will only consume one stack regardless of the amount of Insignia skills used. Gets absorbed by Next ATK received will be ineffective for a fixed amount before dealing HP damage. Does not consume Next DMG received will be ineffective. Converting turn-based DMG to HP recovery Poison, burn, wither etc. has no effect on Insignia's turn-based plain damage. References [ ].

次の

武器/ファイア・オブ・プロメテウス (SSR)

ファイア オブ プロメテウス

これ一つで27%もの通常攻刃 SLv15の攻刃3よりも高い を確保できる。 ただ杖なのでステータスは低めで、実際の攻撃力はなどよりは下。 呪印による自傷で、ある程度能動的に背水を発動できる点がこの武器の最大の強み。 背水スキルを中心としたマグナ編成と相性抜群。 コロマグ編成においては、バハムート武器と代替する事で種族縛りを抜け出すという運用もできるだろう。 自傷は最大HPの5%分で、複数本を積むと累積する。 なので敵からの被弾を考えると馬鹿にできない量のHPが減っていくためキャラやアビリティの選定は慎重に。 2本だと戦線を維持するのはほぼ不可能なので1本がせいぜい。 たった5ターンでも最大HPの50%分のスリップダメージをもらうことになる 長期戦だと1本でも、ユエル+4凸ルシですら割とHP維持に苦心するので、状況次第では組み込まない編成も検討しよう。 同様、「奥義のみの連発」「出張キャラに影響を与えるため」「アビリティのみ」という使い方もされる。 ドロップするカー・オンも強敵なので、わざわざ集めるのは趣味的な武器といえるが、 クリュサオルの登場で二刀流用として価値が出てきた…かもしれない。 この武器の登場でケルフェンを待たずともヴァルナ編成に移行しやすくなった。 2本以上作っても 重複せず1本分の効果しか発揮しないので注意。 そのため他のエピックウェポンと違い強力と言えない武器。 水属性の終末の神器やセラフィックウェポンが杖なのも相まって、ヴァルナ編成では編成の7〜9枠程度を杖で占める事も現実的である。 ハイランダー編成で使用する支配の天秤も杖であるため、杖を主軸としたハイランダー編成にも無理なく組み込むことができる。 いわゆるハイランダー編成用。 メイン効果である第二スキルが属性を指定していないので全属性で使用可能。 EX攻刃の効果量は虚空武器相当。 ダメージ上限UP効果は四象邪やアンダリス、支配の天秤と同枠。 第2スキルのヒロイック・テイルは一見するとカイムと同じに見えるが、こちらは「 全ての 武器種を装備している時」である事に留意したい。 カイムは装備している 武器が 全て異なる場合 編成難易度がカイムを使ったハイランダー編成よりも更に厳しくなっており活かすにはかなりの武器パワーとキャラパワーが必要になる。 第一スキルに魅力を感じない、もしくは第二スキルに合わせた縛り編成が難しい場合はこちらよりも縛りが緩いアヌビス杖 支配の天秤 を編成した方がよい。 アヌビス杖の第二スキルの縛りはカイムと同様の「すべての武器を装備している時」であるため武器種が被っても問題ない。 いわゆるハイランダー編成用。 メイン効果である第二スキルが属性を指定していないので全属性で使用可能。 EX攻刃の効果量は虚空武器相当。 ダメージ上限UP効果は四象邪やアンダリス、英雄王の戦斧と同枠。 火力を少し下げて上限を伸ばすという意味で虚空武器や四象邪、麒麟弓に近い武器。 どれだけ強力な武器であっても同じ武器を2本以上装備できないという制約のために編成を組むのが難しく、仮に編成を組めたとしてもダメージが上限に届かないのであれば六道武器を装備した方がよい。 ダメージ上限に到達することがこの武器を編成する最低条件・この武器の編成理由であることから、武器1本で多大な火力上昇が見込めるリミテッド武器 4凸 やそのリミテッド武器を超える性能を持つ終末の神器 5凸 を所持していないと始まらない。 闇の天秤の第2スキルは条件満たしていれば属性関係なく発動だってさ。 旧エピックの説明が全体的に古いね。 ウニウス集まらないから取り合えずインドラリム3ウニウス1で編成組もうと思ってる。

次の