コロナ ウイルス 収束 見込み。 新型コロナウィルスがいつ頃終息?コロナ収束予想・見込み、及びコロナ終息後の世界はどう?

コロナの収束見込み、スピリチュアル予測・予言まとめ!いつ終息か占いで分かる?

コロナ ウイルス 収束 見込み

新型コロナウイルスはなぜ発生し収束見込みはいつなのか? 自然破壊や過密社会が流行の原因 霊長類学者ジェーン・グドール氏の見解 イギリス出身の霊長類学者ジェーン・グドール博士は、新型コロナウイルスの発生は、人類が自然を無視し、動物を軽視したことに原因があると指摘しました。 ナショナルジオグラフィックの新ドキュメンタリー番組「ジェーンのきぼう」公開に先駆けて行われた電話会見での発言だそうです。 彼女によると、 「例えば、われわれが森を破壊すると、森にいるさまざまな種の動物が近接して生きていかざるを得なくなり、その結果、病気が動物から動物へと伝染する。 そして、病気をうつされた動物が人間と密接に接触するようになり、人間に伝染する可能性が高まる。 動物たちは、食用として狩られ、アフリカの市場やアジア地域、特に中国にある野生動物の食肉市場で売られる。 また、世界中にある集約農場には数十億匹の動物たちが容赦なく詰め込まれている。 こうした環境で、ウイルスが種の壁を越えて動物から人間に伝染する機会が生まれるのだ。 」 ということです。 環境学者の石 弘之氏の見解 環境学者の石 弘之(いし ひろゆき)氏によると、 「コロナウイルスはこれまでに 3 回出現し、パンデミック(世界的流行)を引き起こしています。 最初は 2003年のSARS(重症急性呼吸器症候群)、次が 2012年のMERS(中東呼吸器症候群)、そして今回の新型コロナウイルスです。 ウイルスが世代交代を繰り返しているうちに、突然変異が蓄積して重篤な症状を起こすように変異したのでしょう。 」ということです。 また、 「感染症は環境の変化から流行するというのが持論です。 西アフリカのエボラ出血熱の大流行は熱帯林の破壊が原因であり、マラリアやデング熱などの熱帯病は温暖化で広がっています。 今回の新型コロナウイルスに関していえば、人間がこれほどの過密社会をつくらなければ、彼らも流行を広げられなかったでしょうね。 」とも述べています。 森林破壊により動物が近接して生息するようになったこと、人間との接触も増えたこと、そして過密社会により流行が爆発的に広がったことが原因と考えられるようです。 新型コロナウイルスの収束見込みはいつなのか 収束について石 弘之氏は、はっきり述べていませんが、ワクチン開発に18か月かかること、また、似通ったウイルス、SARSが2002年11月に始まり、 2003年7 月にWHOが終息宣言したことを挙げています。 SARSの流行期間は約 170日間だったそうです。 著書「感染症の世界史」では、環境学の立場から約 20 万年前にアフリカで誕生した私たちの祖先が、数多くの病原体と戦いながら今日に至るまでの感染症の歴史について述べています。 パンデミックから学べること ジェーン・グドール氏は、ロックダウン 首都封鎖 の状態になって、私たちが目を覚まし、自分たちの生き方をどうすれば変えられるか考えるようになれば、と期待しているそうです。 私たちが食べている食べ物はどこからどのようにしてきたのか、なぜ安いのか、環境に悪影響を及ぼしていないかなどを考えること、世界から貧困をなくすために何ができるのかを考えることも必要だと述べています。 確かにこの機会に今まで目を向けてこなかった問題について考えることが必要なのかもしれませんね。 自分が大変な時に他の人や環境のことを考える余裕などないと思いがちですが、他の人のために何ができるかを考えることがひいては自分のためなのだと聞いたことがあります。 ジェーン・グドール博士について ジェーン・グドール博士は1934年イギリス生まれ。 幼いころから動物が好きで、リスや鳥の観察をしていた。 成長しケニアに行き、人類学の権威ルイス・リーキー博士に出会いました。 リーキー博士は類人猿のフィールド調査を行う人材を探していて、ジェーンをその役に抜擢しました。 ジェーンは東アフリカのゴンベでフィールド調査を始め、チンパンジーについて数々の目覚ましい発見をするのでした。 世界的に有名な英出身の霊長類学者、ジェーン・グドール博士(86)は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は… — AFPBB News afpbbcom.

次の

収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

コロナ ウイルス 収束 見込み

私が思うには、4月10日 昨日 東京都が自主規制を促しましたが、結果的には無意味になると思います。 既に手遅れた感が否めないし、東京単独で行っても、東京への人の流入は阻止できないので、このままではコロナ免疫集団が出来るか、相当数の感染者が出て、ようやく危機感を持った者が慌てだし本当の自粛を始めるまでは収まらないと思います。 中国やヨーロッパではピークを過ぎたと言っていますが、一時的なものだと思っています。 ピークが過ぎたと思い、自粛を止めると、再び感染者が増大すると思います。 徐々に、一日の感染者は減っていき集団免疫によっていずれは終息宣言が出るとは思いますが、経済的にもガタガタとなると思います。 しかも、南米、アフリカ程ではないにしても先進国の中では日本が一番長く、しかもダメージをうけることになるでしょう。 今、世界は第三次世界大戦の最中だと思います。 その最中に、満員電車で通勤したり学生が平然と動き回っていて終息する理由がないと思っています。 現在の政府の危機意識の乏しさを鑑みると、このままだと集団免疫を形成しない限り終息はないと思っています。 勿論、国民の行動の自粛の欠如も含めてですが。 ちなみに、集団免疫を形成するためには集団において60~70%と言われているようですから日本に置き換えると7800万人ということになり、現在の日本の致死率からすると156万人以上ということになるかもしれません。 しかしながら、そうなるまでに、流石に平和ボケした日本人でも危機感が生まれるでしょうし、政府だってマスクを配るより人の動きを止めるようになると思いたいです。 中国が終息を数ヶ月で出来たのは、ある意味「赤」の国で共産党一党で独裁国家だからだったと思います。 ヨーロッパでも強制的に人の動きを止めていて、その結果が終息に繋がっていますが、日本の政府には今のところその権限がありません。 人々は「自粛」と言いながら自由に行動しています。

次の

『新型コロナ』いつまで続く感染拡大?その収束の見通し

コロナ ウイルス 収束 見込み

Contents• 過去の感染症のパンデミックと比較! ペスト 【流行期間】1348年〜1720年にかけて断続的に ヨーロッパを中心に流行。 コレラ 【流行期間】1817年〜1823年(約6年) 全世界で流行。 過去に7回の世界的流行(パンデミック)がある。 スペイン風邪 アメリカ合衆国から始まったインフルエンザウイルス(H1N1)によるパンデミック。 1918年パンデミックともばれる。 世界中で5億人(当時の人口の4分の1)が感染した。 死者は1,700万人~5000万人との推計が多い。 【流行期間】1918年1月~1920年12月( 約2年) SARS 中国南部広東省から始まったコロナウイルスによる感染症。 32の地域と国に、感染が拡大。 【流行期間】2002年末~2003年5月頃( 約6カ月) 集団免疫が獲得されたからなのか、季節が変わったからなのかは不明です。 MARS コロナウィルスによる感染症。 イギリスのロンドンで、初めて確認された。 サウジアラビアや、アラブ首長国連邦などの中東で多く発生し、約10カ国で流行。 【流行期間】2012年9月〜2015年(平均約7ヶ月) 新型インフルエンザ 豚由来のA(H1N1)pdm09型インフルエンザウイルスの世界的流行。 【流行期間】2009年4月~2010年6月(約1年2カ月) 日本国内での流行は、2009年5月~2010年3月 (約10カ月) 新型コロナウィルス 2019年12月:中国の武漢から、全世界に感染が拡大 新型コロナウィルスについてもっとチェック。 ロックダウンについてチェック コロナ中の過ごし方をチェック コロナによる運動不足解消についてチェック。 楽天で購入 コロナの収束見込み、ゴールデンウイークはどうなる? 新型コロナウイルス感染症は、南半球・北半球を問わず、全世界的に流行が確認されています。 このことから、 季節は問わず流行すると考えられます。 日本国内では、4月10日の時点で、感染は拡大している状態です。 緊急事態宣言が出た都道府県では、営業自粛が広がっています。 学校は、ゴールデンウィーク明けまで休校が多いですが、新年度の提出書類も多いため、分散登校での登校日を設けたりもしています。 保育園や学童保育でも、保育の対象をかなり制限する動きも出てきていますが、今まで通り保育をする園もあり、対応は様々です。 補償・給付金が整っていないため、自粛せずに営業を続ける所もあるのが現状です。 又、日本では今の所、諸外国の様なロックダウンはしない予定です。 東京脱出・コロナ疎開が話題になるくらい、地方に長期滞在する人も増え、地方に感染が拡大しています。 そんな中、 ゴールデンウィークに向けては、更に感染は拡大し、緊急事態宣言を出す都道府県も増えると予想されます。 期限は5月6日までとしています。 5月頭頃までには延長するか否かを判断するとしています。 コロナの収束見込み、オリンピックはどうなる? 過去の感染症のパンデミックを見ると、新型コロナウィルスと同様全世界規模で感染が拡大したウィルスは、収束までも長期間を要しています。 収束まで、2年以上かかる可能性もあるかと思います。 最低半年はかかるでしょう。 長岡花火大会や、墨田川花火大会が中止になっていることから、 収束は、早くても2020年9月、遅ければ2021年12月頃以降になるのではないかと予想されます。 オリンピックの開催には、日本だけでなく、世界各国での収束が必要です。 また、オリンピックを行うに当たり、国内で事前選考会などが行われます。 選考会は、早い競技では、1年前より行われます。 つまり、2021年の夏にオリンピックを開催する為には、2020年7月には新型コロナウィルス感染症が収束している必要があります。 過去の事例からの収束予想では、 2021年のオリンピック開催はかなり難しいのではないかと、個人的には考えています。 4月15日、米ハーバード大が 2022年までは断続的に自粛を継続する必要がある、との情報を出しました。 2024年までは、流行も断続的に続くとの見解です。 いずれにせよ、2021年のオリンピック開催はかなり難しい状況と考えられます。

次の