学習塾 バイト。 塾講師バイトは他の塾と掛け持ちできない!裏付ける2つの理由

【塾講師で学んだことを就活で活かす】履歴書やESの自己PRで使える例文

学習塾 バイト

塾講師のバイトをすぐ辞める理由 塾講師のバイトはブラックバイトと言われていた時期があります。 なぜなら、時給が発生しない仕事をしなければならない時間があるからです。 主に、3つの仕事内容に対して時給が発生しませんでした。 授業準備 授業後報告 生徒への質問対応 それぞれの項目について見ていきます。 【塾講師のバイトをすぐ辞める理由】授業準備 学習塾の講師は、授業コマ数に対して給与が発生する場合がほとんどです。 しかし、授業をするためには子供達の学力の把握、従業後の達成目標の設定、説明の仕方の検討、演習問題の選定や学習到達確認のテストの用意などやっておかなければならないことがあります。 また、プリント教材を使用する場合には印刷などの業務も発生します。 こうした授業準備は通常、自宅などで業務に入る前に済ませておくことがほとんどなので時給が発生していませんでした。 【塾講師のバイトをすぐ辞める理由】授業終了報告 学習塾にもよりますが、1人の生徒や1つのクラスに対してアルバイトの学習塾講師が担当することは稀です。 担当する科目も、基本は1科目から3科目ほどがメインになるので生徒の学習状況について引き継ぎが発生することになります。 その引き継ぎ事項と教室責任者への報告が授業終了報告になります。 学習塾にもよりますが、責任の分散のためにも1科目を複数の講師で分担することもあるので、教科的な引き継ぎ、生徒特記の引き継ぎがメインになります。 授業時間に対して時給が発生する場合には、こうした報告書の作成や直接の報告の時間に対しては給与が発生しないことになります。 【塾講師のバイトをすぐ辞める理由】生徒への質問対応 授業終了後に、その日の授業で理解しきれなかった場所や学校でわからなかったこと、個人的にわからなかったことについて質問をする生徒は少なくありません。 そうした子供達への対応には時給が発生しないケースがあります。 だからといって、子供達が質問に来ることを拒むわけにはいかないので、サービス残業になってしまうことが少なくないのです。 中には、授業内で理解をさせることのできない能力の低さが原因であるとする見方もあります。 しかし、授業に関係のない個人的に受験する予定の検定などの質問も増えているので一概に講師の能力の問題とは言い切れないのです。 現在の塾講師のバイトがすぐに辞めないようにする対策 現在は、ブラックバイトだと世論が動いてからは各学習塾が労働環境改革に取り組んでいるので状況が変わってきています。 授業準備に関しても見なし手当として時給を今までよりも高く設定しているケースや、拘束時間を30分や1時間早めて、その時間に授業準備をおこなうように奨励して授業準備にも賃金が支払われる仕組みが作られています。 また、授業終了後の報告や生徒への質問対応も同様に想定しておき授業後30分から1時間を拘束時間にしている学習塾もあります。 このように労働環境改善をおこなう学習塾は多いので学習塾のアルバイトを敬遠している人は考えすぎないようにしましょう。 しかし、気をつけるべきこともあります。 学習塾の労務環境は変わりつつあると言っても、全ての学習塾ではないということです。 大手の学習塾であればしっかりと改善に向けて取り組んでいますが個人経営の小規模な学習塾などは昔の体質のまま運営をおこなっている場合があります。 学習塾講師のアルバイトとして働く場合には、労働条件の確認をかならずおこなうことご不可欠となります。

次の

「塾講師バイトの面接」で聞かれる質問と採用までの流れ

学習塾 バイト

面接のコツ まず、面接です。 この時点で緊張します。 誰でもそうかもしれませんが。 できればその日にペーパーテストをしてほしいとの旨も伝えられました。 そして面接です。 履歴書は必須ですが、大学生の履歴書なんてものは学歴以外見るところはないと思います。 参考までに、私はいわゆる「MARCH」と言われる大学のうちの一つに所属していました。 面接にはスーツで行きました。 なにか色々しゃべったような気がしますがよく覚えていません。 「 学習塾ビジネスってのは子供じゃなくてその親のための仕事だから」みたいなことをドヤ顔で語られた記憶がなくもないです。 その後、面接の方は席をはずして、その場で問題とシャープペンと時計を渡されて、テストがありました。 教科は英語と数学でした。 内容は高校受験の試験に近いようなものだったと記憶しています。 準備をしてこず、あまり解けた気はしなかったのですが、面接していただいた方は「 一応形だけ」みたいなことを言っていたので、大丈夫だろうと思っていました。 (実際大丈夫でした。 ) 研修の内容 研修はしっかりしてるものだと思いましたが、思ったよりは適当でした。 一応範囲のテキストを渡されて、下準備をしてきます。 私は最初のほうは真面目だったので、しっかり声に出して授業時間50分ぶんのデモをしたりもしました。 塾によっては数ヶ月研修があるみたいなところもありますが、私は他の講師の方が授業をしているのを何回か見て、同じ塾の先生型の前で一度授業デモをやったっきりで、一週間くらいで終わった気がします。 そのあとにすぐ実践でした。 アドバイスとしては、「 中学生は集中力が続かないから大きな声でね」みたいなことを言われた気もします。 教える教科について、知識などに自信があったわけではありませんが、基本的に参考書やテキストに書かれていることを教えるだけだし、リアルタイムで生徒からの質問が来るわけもないので、内容面に関しては、よっぽど中学のときに勉強をサボった人でないかぎりは余裕だと思います。 大変だったこと まず50分とか45分とか声に出してしゃべり続けるというのがかなり消耗します。 しかも、ただだらだら喋るんじゃなくて、言葉が詰まらないように話し続けなければならないのですから、頭も神経も使います。 その分鍛えられました。 あと、ホワイトボードに字を書くのが慣れていないので難しかったです。 ノートになら上手に描ける図形も、ホワイトボードに書くのは難しく、たぶん 塾講師になって一番練習したのが「ボードにうまく字や図形を書くこと」です。 中学生というやつらは、字が汚いとか図形がガタガタだとかいう理由でも馬鹿にしてくる可能性があるので、それらへんは意識しました。 仕事の内容 一番少ないときは1人というのがあったけど、多いときは15人とかいました。 平均だと7、8人くらいでしょうか。 大勢の中学生に向けて授業をします。 1コマ50分が目安でした。 私はただの練習用のガキだと思っていたのですが、それでもめちゃくちゃ緊張しますね。 最初のほうが、どもったり詰まったりしないように、事前にかなり時間をかけて自主的に練習しました。 塾に通うような子供はやはり真面目なもので、私語をしたり暴れたりするやつはいませんでした。 そういう意味では普通の中高の講義よりはずっと楽だと思います。 しかし、子供の視点は怖いものです。 特に女子生徒の視点は怖い。 「 この先生キモい……」とか思われないように必死ですよこっちも。 ただ、やればやるほど「大勢の前でしゃべる」ということに場慣れしていきます。 もともとの目的はそれだったのですが、効果は十分にアリでした。 基本的に何をしゃべるかは決まっていて、あとは声に出すだけで、相手も中学生。 比較的イージーな環境だから練習には最適だと思います。 あと、やっぱり授業をやっているとき、相手の反応は伝わってくるもので、 「より興味を持ってもらえるように」という向上心を持って授業をやっていたので、自分のスキルも向上していく感じがして楽しかったですね。 つらかったこと 一番は時給ですね。 実質の時給はかなり低いと思われます。 授業の練習をするしないは自由ですが、くだらない書類みたいなものがわりと多いです。 授業が終わった後も、生徒と一緒に帰れるわけじゃなく、何か書類みたいなものを書かないといけないのです。 それも自分で自分を評価するような面倒くさいやつ。 ペーパーに思ったより時間をとられます。 そして、実質時給が少ない割には、大勢の生徒を相手にする責任と心労が大きいので、純粋なお金目的だとあまりいいバイトではないかもしれませんね。 あと、人間関係の問題もありますが、私は生徒からはけっこう距離を置いていました。 熱血に指導する先生とか、成績とは別の個人的な事情を相談される人望のある先生方もいますが、そういう方は大変だと思います。 塾講師をやってよかったこと メリットは、トークスキルの向上と、「 話すことに対する慣れ」です。 これは、社会人にとって必須のものであると同時に、なかなか自発的には鍛えにくいものなので、塾講師をやる一番のメリットだと考えます。 あと、もっと真面目にやっている人にとっては「やりがい」というものもあると思います。 自分のおかげで生徒の成績が上がると嬉しいですよね。 まあ自分は最低限教えることをしっかりこなすというスタンスだったのですが、熱血先生はそれだけ生徒から慕われることもあるし、十分にやりがいを感じられると思います。 個人的に良かったことは、 女子生徒が可愛いことですね。 もちろん性的な意味ではありませんよ! ただ、中学生くらいの娘ってみんな可愛いのです。 いやロリコン的な意味ではありませんよ! 大学生にもなったおっさんが、中学生と普通に会話したりできる場所って、塾という空間くらいなのかなあ、と思います。 まあ学校の先生とかになったら嫌というほど話さないといけないのでしょうけどね。 自分としては、そういう経験が希少性のあるものだったので、塾講師をやって役得だと思いました。 もちろん連絡先を聞くみたいなことはしていないし、あくまで塾という空間で、先生と生徒という立場で話していただけです。 出会いはあるのか? 出会いはあるのかという問題ですが、同僚の大学生などで気になった同士だと、仲良くなって付き合っちゃうとか、そういうことはあるかもしれません。 自分の場合は小規模な支店だったということもあり、1年とちょっと続けたのですがそういうことはありませんでした。 あと、中学生との出会いはたくさんありますが、それをモノにしてしまったら 犯罪です。 自分も一度中学生に告られそうになりましたが、事前に雰囲気を感じとって避けました。 一線を引くのは大事なことです。 何かの参考になったなら幸いです。

次の

塾講師バイトに必要な学歴は?テストや塾講師バイトの探し方について

学習塾 バイト

塾講師のバイトをすぐ辞める理由 塾講師のバイトはブラックバイトと言われていた時期があります。 なぜなら、時給が発生しない仕事をしなければならない時間があるからです。 主に、3つの仕事内容に対して時給が発生しませんでした。 授業準備 授業後報告 生徒への質問対応 それぞれの項目について見ていきます。 【塾講師のバイトをすぐ辞める理由】授業準備 学習塾の講師は、授業コマ数に対して給与が発生する場合がほとんどです。 しかし、授業をするためには子供達の学力の把握、従業後の達成目標の設定、説明の仕方の検討、演習問題の選定や学習到達確認のテストの用意などやっておかなければならないことがあります。 また、プリント教材を使用する場合には印刷などの業務も発生します。 こうした授業準備は通常、自宅などで業務に入る前に済ませておくことがほとんどなので時給が発生していませんでした。 【塾講師のバイトをすぐ辞める理由】授業終了報告 学習塾にもよりますが、1人の生徒や1つのクラスに対してアルバイトの学習塾講師が担当することは稀です。 担当する科目も、基本は1科目から3科目ほどがメインになるので生徒の学習状況について引き継ぎが発生することになります。 その引き継ぎ事項と教室責任者への報告が授業終了報告になります。 学習塾にもよりますが、責任の分散のためにも1科目を複数の講師で分担することもあるので、教科的な引き継ぎ、生徒特記の引き継ぎがメインになります。 授業時間に対して時給が発生する場合には、こうした報告書の作成や直接の報告の時間に対しては給与が発生しないことになります。 【塾講師のバイトをすぐ辞める理由】生徒への質問対応 授業終了後に、その日の授業で理解しきれなかった場所や学校でわからなかったこと、個人的にわからなかったことについて質問をする生徒は少なくありません。 そうした子供達への対応には時給が発生しないケースがあります。 だからといって、子供達が質問に来ることを拒むわけにはいかないので、サービス残業になってしまうことが少なくないのです。 中には、授業内で理解をさせることのできない能力の低さが原因であるとする見方もあります。 しかし、授業に関係のない個人的に受験する予定の検定などの質問も増えているので一概に講師の能力の問題とは言い切れないのです。 現在の塾講師のバイトがすぐに辞めないようにする対策 現在は、ブラックバイトだと世論が動いてからは各学習塾が労働環境改革に取り組んでいるので状況が変わってきています。 授業準備に関しても見なし手当として時給を今までよりも高く設定しているケースや、拘束時間を30分や1時間早めて、その時間に授業準備をおこなうように奨励して授業準備にも賃金が支払われる仕組みが作られています。 また、授業終了後の報告や生徒への質問対応も同様に想定しておき授業後30分から1時間を拘束時間にしている学習塾もあります。 このように労働環境改善をおこなう学習塾は多いので学習塾のアルバイトを敬遠している人は考えすぎないようにしましょう。 しかし、気をつけるべきこともあります。 学習塾の労務環境は変わりつつあると言っても、全ての学習塾ではないということです。 大手の学習塾であればしっかりと改善に向けて取り組んでいますが個人経営の小規模な学習塾などは昔の体質のまま運営をおこなっている場合があります。 学習塾講師のアルバイトとして働く場合には、労働条件の確認をかならずおこなうことご不可欠となります。

次の