ダダリオ xt。 D’Addario XT vs Elixir 比較レビュー│yoshguitarブログ

【D’Addario XT弦レビュー】極薄コーティングが特徴のエレキギター弦

ダダリオ xt

みなさんこんにちはmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)です。 さてちょっとまえに書いた話題のコーティング弦daddario XT弦を実際に張ってみてどのような感じだったのか第一日目をレビューしていきたいと思います。 期待のコーティング弦なので1週間位してから音色の変化とともにまたレビューしたいと思います。 今回はその比較として張ったばかりの音色を残しておきたくてこのブログを書きました。 できるだけ、その次に同じ環境でエリクサーとも比較してみたいです。 実際張ってみたところまあdaddarioのノーマルのニッケルのXL弦と感触はそこまでかわらなかったです。 実際にコーティング弦として長寿命だとすればもとからダダリオの弦の音色は好きなので使い続けたいなと思いました。 それでは深く掘り下げてみましょう。 daddario XT弦歪みサウンド アバウトにユーチューブにアップしてみました。 ギターsuhr classic antique PU Klein Pickups :Jazzy Cat Stratocaster Pickups センター 一週間経ってもつまみなどが変化なく、 再現性があるようにプラグインのamplitube、Marshallジュビリータイプを使用しています。 まあ、聴いての通り程よいジャキジャキ感と、弱く弾いたら弱いだけ出力する感じできちんと表現してくれます。 弾けるような元気の良さなどはそこまではないですが、十分ブライトで弾いていて気持ちいいです。 自宅で弾いただけではコーティング感がそこまでなかったので、もしかしたらそのナチュラル間で考えたらすごいことなのかもしれません。 daddario XT 弦弾きごこちは? テンション感はエリクサーよりも弱く、こちらもdaddarioのノーマルのXL弦とにていると思いました。 そのためか実際の音色よりも粘るような感じがして単音を弾いていて気持ちがいいかもしれません。 それに比べれば若干だけエリクサーはカッティングなどに向いていると言えるかもしれませんが。 まあ当たり前かもしれませんが、オクターブチューニングが合わないということもなく、安定しています。 ちょっと歪みのときに揺れている感もありますが、ぼくの押さえ方とノリノリで引いてしまった弊害です(笑) しばらく弾いてみて思ったのが張った直後のチューニングが結構安定しています。 張ってしばらく安定しない弦もありますが、この弦はきっちり張ればその直後からあまりチューニングがずれず、本番前などに変えてもそれほど不安感がないかもしれません。 daddario XT弦 パッケージング あとはつらつらとどんなパッケージで入っていたか見ていきましょう。 こんな感じのパッケージです。 ステッカーとともに入っていました。 ジップロック形式なのできちんと密閉されているし取り出しやすいです。 daddarioお得意の色付きボールエンドで間違えにくいです。 また巻グセなどもなく、解いたときにパラッと解けるのでなかなか品質のボーダーは守られているなと感じます。 daddario XT弦一日目まとめ さあ、今回だけ見ても比較にはならないでしょうが、daddario XT弦のまずファーストコンタクトの印象をまとめてみました。 往年のdaddarioの元の特徴と近いものを感じるので、ぼくはまあまあ好感触でした。 このままエリクサーと寿命に差がなければ使っていきたいなと思わせるものですね。 また比較をしていきたいと思うので、そのときも読んでもらえると嬉しいです。 それではmasa BLIK ito(まさぶりっくいとう)でした!.

次の

エリクサー VS ダダリオXT

ダダリオ xt

今回のXT弦のコーティングもこの他社のコーティングの手法になります。 ダダリオ ・・・ワウンド弦にコーティングを施してから芯線に巻く エリクサー・・・芯線にワウンドを施してから全体を覆うようコーティング また、意外と語られていませんがプレーン弦にも違いがあります。 ダダリオ ・・・プレーン弦にもコーティング エリクサー・・・錆びない材質Anti-Rust 寿命 で、上のエリクサー動画の通り、ワウンド弦をすっぽり覆ったコーティングの方が、汚れに強く長持ちするということなのですが、結果的に張りたてのギラついた感じがなくなります。 張り替え直後よりちょっと馴染んだ音が好きな人はエリクサーの方が良いですね。 またエリクサーは錆びないからと言って半年以上張り替えない方もいらしゃいますが、伸びてはいますのでサウンドは確実に劣化しています。 この辺に無頓着な人も多いですね。 そういうダメな弦を使わないようにするために劣化がわかりやすいエリクサー以外の弦にするという選択の仕方もいいかもしれませんね。 ダダリオXTの寿命はこれからしばらく使ってみてレビューします。 10日経過 (2019年11月27日更新) 1日1時間程度の演奏で10日経過しました。 交換直後の生々しさはさすがにありませんが、ブライトさは保っています。 光沢もあります。 1ヶ月経過 プレーン弦も含めて黒く錆びることはなさそうですね。 サウンドは流石にブライトさは落ち着いてきてます。 ただし、プレーン弦を摘んでなぞると曲がっている部分もあります。 なので私の体質では交換時期まで錆びる事は無さそうです。 触り心地、タッチ エリクサーはフィンガーイーズをかけたようにツルツルです。 コーティング薄めのOPTIWEBも滑ります。 ダダリオXTのタッチはザラザラ。 エリクサーを長年使ってきたわたしには少し違和感があるほどノンコーティングに近い感触です。 あとエリクサーはピッキングスクラッチ音が出づらいですが、ダダリオはその辺も良好です。 まとめ というわけで、弦交換の頻度を減らしたいけれど、ギラっとした生々しいサウンドが好みの方はぜひお試しください。

次の

D'Addario(ダダリオ)日本公式サイト:XTシリーズ

ダダリオ xt

eBayで注文していた ダダリオの新発売のコーティング弦、(11-49)が早くもイギリスから届いたのでに張ってみました。 (米アマゾンでこのゲージだけ納期が遅かったためeBayで注文しました) 直前はを張っていました(結局この弦は良くも悪くもなく、印象に残らない感じでした)。 一つの袋に全部の弦が入っているいつもの包装ですが、XTはチャック式で開けやすくなっています。 XTは現時点で10. 5-48のゲージはないので今回11-49を試したのですが、太くなった影響なのか、素材がアンティラスト的なものだからなのか、弦が 硬い印象です。 靭やかさを感じない。 張って暫く弾いてみての印象はあまり良くないです。 靭やかさは試した中ではが一番あり、SITコーティングとダダリオXTはともに プレーン弦が硬い印象です。 ちなみに1年以上このギターではコーティング弦を試していなかったというのもありますが、コーティング弦ってこんなに薄味な音だっけ?という印象です。 見た感じも、シルバーで艶がある普通の弦と違い、少しくすんだグレーで、音の印象と見た目の印象がリンクしていると思いました。 ただ、やっぱり今回1段階太いのを張ったというのがあるので、正確な比較は難しいです。 中域は薄くなったものの、弦が太くなったので音にも太さを感じます。 現時点ではダダリオのノーマル弦の方が好みです。 音質ではもかなり好みですが、 テンションが弱過ぎて強くできない感じでした。 かといってゲージを上げようとすると次が11-52で、ちょっと太すぎる気がして試していません。 そういえば IN110は錆びるのもかなり遅かったです。 米アマゾンでXTの09-42のゲージも注文してあるので、届いたらでも試してみようと思っています。 jazzguitar251.

次の