キンプリ番組情報。 King&Prince(キンプリ)テレビ出演予定情報まとめ(随時更新)

平祐奈とは真逆?キンプリ平野の「好きな女性タイプ」にファンが安堵

キンプリ番組情報

【お知らせ】 新型コロナウイルスの影響で、ドラマ撮影、番組ロケが続々と中止になっております。 そのためしばらく追記をお休みさせていただきます。 収束する日が一日も早く来ることを願っております。 Say! Say! Say! Say! JUMP) ・場所・・・大阪府 梅田 ・詳細・・・タクシーに乗るところだったそうです。 Say! Say! Say! Say! Say! 握手をしてくれたそうです.

次の

【King&Prince】2020年1月テレビ出演・雑誌発売情報【キンプリ】

キンプリ番組情報

ジャニーズ事務所 ジャニーズグループのなかで今もっとも勢いに乗るあのグループのメンバーが、大型特番の司会に抜擢されるという情報が飛び交っている。 「日本テレビが3月に放送する音楽特番のメイン司会を、 King&Princeの 平野紫耀とSexyZoneの中島健人が務めるという情報が流れています。 『Premium Music』というような番組名になる方向で企画が進んでいるといいます。 すでに日テレには『THE MUSIC DAY』『ベストアーティスト』という大型音楽特番がありますが、それに続く3番目の音楽特番になります。 ちなみに『THE MUSIC DAY』と『ベストアーティスト』は嵐の櫻井翔が司会を務めていますが、もしこの話が本当なら、新特番では後輩に司会の座を渡すかたちになりますね」(テレビ局関係者) また、別のテレビ局関係者も語る。 ちなみに新特番では、カラオケのヒットソングをひも解くかたちで、新旧の多くのアーティストが出演するかたちになる模様です。 また、キンプリの後輩にあたるジャニーズJr. の見せ場もしっかり設けられるという情報もあります」 それにしても、なぜ平野が抜擢されたのだろうか。 「昨年公開された平野主演の映画で『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦』という作品があるのですが、一般的にはそれほど話題になったイメージは強くないですが、実は2018年に公開されヒットした映画『スマホを落としただけなのに』より興行収入的には上なんです。 実際にキンプリ人気は今、急上昇中で、10代や20代のみならず、小学生の間でも人気が出始めています。 そういう若い層から圧倒的な支持を得るキンプリを、日テレの音楽番組の顔として囲い込んでおきたいという計算もあるのかもしれませんね」(別のテレビ局関係者) もし平野が司会を務める新音楽特番が本当に放送されれば、高い視聴率が期待できそうだ。 (文=編集部).

次の

平祐奈とは真逆?キンプリ平野の「好きな女性タイプ」にファンが安堵

キンプリ番組情報

キンプリはゴールデンで何を見せるか King & Prince(通称キンプリ)のファンから、歓喜の声が上がりそうだ。 「各局で争奪戦が繰り広げられていたキンプリですが、ゴールデン帯のバラエティー番組が内定したという情報が出ています。 まだ企画を詰めている段階で、発表はまだ先。 関係者の間では、年内で活動休止となる嵐の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)や『VS嵐』(フジテレビ系)の後番組としても期待が高まっています」(テレビ局関係者) キンプリは2018年にデビュー。 グループとしての活動はもちろん、個人でもドラマや映画に出演してきたが、特に待たれていたのが、バラエティーの冠番組だった。 「後からデビューしたSnow Manが、この3月からTBSの深夜帯で冠番組をスタートさせます。 キンプリファンは、まだかまだかとしびれを切らしている」(芸能関係者) ファンの期待が高まるのも無理はない。 キンプリファンが、コンサート時の役割分担からこんな分析をする。 「永瀬廉くん(21才)がMCを担当するしきり役です。 下ネタもさわやかだし、突っ込みの言葉選びもうまい。 バラエティーでもスムーズに番組を回せるはずです。 平野紫耀くん(23才)は、ド天然。 何をやらせても面白い。 高橋海人くん(20才)は癒し系で、みんなの言葉を的確に拾ってつなげる才能があるし、神宮寺勇太くん(22才)は、ほかにはいないナルシストキャラがハマっている。 いじられ役の岸優太くん(24才)もいるし、キンプリのバラエティー番組は、ファンじゃない人が見ても絶対に面白いはず!」 ファンの期待は膨らむ一方だが、テレビ局関係者は別の見立てをしている。 「鍵を握るのは平野さんでしょう。 ただ、その天然さが際立ちすぎてしまうと、グループとしての印象が薄くなってしまいますし、バランスが重要ですね」 平野は、「セプテンバーは何曜日?」「座右の銘はみずがめ座」といった天然発言や、「5円チョコと間違えて五円玉を食べていた」などの逸話をたびたび番組で話している。 天然エピソードはバラエティー番組で武器となる半面、リスクもある。 「現状では毎回ゲストを招く形の番組が想定されています。 もちろんワンマンプレーはNG。 バラエティー慣れしていない彼は、いまから震えているようですが、ああ見えて実は勉強熱心なところがある。 そこで、頼れる先輩にいろいろと相談をしているんです」(前出・芸能関係者)•

次の