フォルクスワーゲ ン t ロック。 VWの新型ピックアップトラック、車名は アマロック

【VW新型T

フォルクスワーゲ ン t ロック

「T-Cross」は進化形SUV 世界的に人気を博しているSUVだが、ここにきて差別化が続く。 先ごろ、フォルクスワーゲンからされることがアナウンスされたSUV「T-Cross」もその1台。 T-Crossの特徴を端的に表現するなら、進化形SUV。 より正確に記するなら、ハッチバックモデルである同社「ポロ」の美点を伸ばした発展版であると筆者は捉えた。 T-Crossは大らかな見た目とは裏腹に、乗り味は(バキバキに硬いわけではなく)シャキッとしていて俊敏で、取材地ドイツにおけるアウトバーンの速度無制限区間でも背の高さを感じさせない優れた走行安定性を実感できた。 生誕の地でT-Crossに試乗し、改めてSUVとは何かを考えさせられた。 少し大きなタイヤを履き、最低地上高と車高がやや高くとられ、アウトドアシーンをイメージさせるタフな外観を組み合わせる……。 多かれ少なかれ、シティユースに的を絞ったSUVはこの路線が定着している。 T-Crossはどうか? 前部にアンダーカバーを思わせるデザイン処理を施し、ボディ下端にはホイールアーチに至るまで樹脂モールで覆うなど、一見するとセオリー通りのシティユースSUVに思えるものの、タフなアウトドアシーンを匂わすところがほとんどない。 さらりと着こなせそうな気軽さがある。 さらにベースとなったポロの美点、たとえば兄貴分の「ゴルフ」と基本骨格であるMQBプラットフォームを共有したことによる不安のない走行性能は、既存のシティユースSUVよりも信頼度が高い。 市街地では早めにシフトアップを繰り返すDSGにより、巡航時はおおよそ1500rpm程度で走る。 日本に導入されているポロも、市街地では同じように早めのシフトアップ&低回転域を常用するが、T-Crossはパワー&トルクともに最大値だけでなく常用域も力強くなっているため、ポロから100kg弱(筆者の推察)ほど車両重量は増えているのだろうが、それによるマイナス面を一切感じない。 アイドリングストップ機構には、ポロと同じく独特の間がある。 日本の信号機では、対向する信号機の色を見計らってブレーキペダルを放すと再始動のタイミングが合うようだ。 場所によってアップダウンが激しく路面もところどころ荒れていて、きつめのカーブが連続する区間も多かった。 ここでは減衰特性に優れたサスペンションに助けられ、路面の凹凸もスッといなしつつ、カーブでは外側にしっかりと荷重をのせながら控えめなロール量で通過する。 後席でも試乗したが、前席同様にシート座面こそ小ぶりであるものの背もたれ部分を含めて面圧分布が筆者(身長170cm)にも適正で、アップライトな姿勢ながらも体をしっかりゆだねられた。 アウトバーンでも走行性能に不満なし。 細かく見ていくと、エンジンパワーは4800rpmを超えたあたりから下降線を描くものの、素早いシフトチェンジ操作と適切なギヤ比で振り分けられた7速DSGがそれを手助けする。 巡航中の静粛性は高い。 一方、エンジン音は賑やかだ。 4000rpmあたりから音量も大きくなり、その割に加速力が伴わなくなってくるシーンも見受けられるから、エンジンが精一杯頑張っている感は否めない。 1972年東京生まれ。 交通コメンテーター。 得意分野はパーソナルモビリティだが、広い視野をもつためWRカーやF1、さらには2輪界のF1であるMotoGPマシンの試乗をこなしつつ、4&2輪の草レースにも参戦。 また、大型トラックやバス、トレーラーの公道試乗も行うほか、ハイブリッド路線バスやハイブリッド電車など、物流や環境に関する取材を多数担当。 国土交通省「スマートウェイ検討委員会」、警察庁「UTMS懇談会」に出席。 AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。 (財)全日本交通安全協会 東京二輪車安全運転推進委員会 指導員。 著書に「2020年、人工知能は車を運転するのか 〜自動運転の現在・過去・未来〜」(インプレス)などがある。

次の

VW Tクロスの兄貴分 Tロックは2020年半ばに上陸予定

フォルクスワーゲ ン t ロック

久しぶりのニューフェイス 2018年3月のポロ以降、1年半以上もニューモデルの発表がなかったフォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)が、久しぶりに日本市場に導入するニューフェイスがTクロスだ。 Tクロスは、フォルクスワーゲンのSUVラインナップの中では最も小さなモデル。 「小さい、小さい」と言うと、中も狭いんじゃないかと思われるのではということで、VGJでは「Tさい」SUVと呼ぶことにしたらしい……というのはさておき、ドイツ本国では、小さい順にTクロス、「Tロック」「ティグアン」「トゥアレグ」という布陣でSUVブームに対応しているところ。 一方、日本では、ここしばらくティグアンが唯一の選択肢だったが、このTクロスに続き、2020年半ばにはTロックをラインナップに加えることで、日本でも人気のSUV市場でシェア拡大を狙っている。 そういう意味で重要な使命を与えられたTクロスは、成長著しいコンパクトSUVセグメントに属するモデル。 4115mmという全長は、コンパクトカーのポロに近いサイズで、ポロ同様、フォルクスワーゲン グループの生産モジュール「MQB」を採用している。 とはいっても、エクステリアを見るかぎりポロとの関連性は皆無なうえに、ボディーサイズの数字以上に存在感があり、堂々としたたたずまいも印象的だ。 室内も余裕たっぷり SUVを選ぶ理由として、その見た目の立派さに加えて、セダンやハッチバックよりも高い機能性を挙げる人は多い。 このTクロスも、コンパクトなボディーサイズのわりに広い室内が大きな魅力といえる。 ポロよりも100mm高いアイポイントのおかげで、運転席からの眺めはとても開放的。 横方向の余裕もあり、ひとクラス上のクルマに収まるような感覚である。 身長168cmの私が、そのまま運転席の後ろの席に移ると、さらにゆったりとした空間が広がっていた。 全高が1580mmあるTクロスは、拳2個分のヘッドルームが確保され、さらにニールームもおよそ拳3個分、20cmを超える広さを誇る。 Tクロスの後席には前後14cmのスライド機構が備わり、荷物が多いときなどにはシートを前に出すことになるが、一番前のポジションでも膝と前席との間には拳1個分以上のスペースが残る。 一方、ラゲッジスペースは、後席のポジションによって広さが変わるが、奥行きは約60~75cmと十分なうえ、高さと幅に余裕があるぶん、見た目以上に荷物を詰め込めるのがうれしい。 もちろん、いざというときには後席を倒して、さらに荷室を拡大することも可能で、この室内の余裕だけでも、Tクロスを選ぶ理由としては十分かもしれない。 1リッターエンジンのFWD仕様のみ 一方、Tクロスの場合、駆動方式はFWD(前輪駆動)のみで、高い走破性を求める人には不十分といえる内容だ。 ただ、SUVであっても4WDを必要としない人が少なくないのも事実で、ライトなSUVユーザーにとって、4WDが用意されないのはあまり気にならないのだろう。 燃費の点でも4WDよりもFWDのほうが有利といえ、さらに、このTクロスは、1リッターの直列3気筒直噴ターボとデュアルクラッチギアボックスの7段DSGを搭載することで、低燃費が期待できる。 そうなると、気になるのはその動力性能。 Tクロスの「1. 0 TSI」エンジンは、ポロに搭載される仕様に比べて出力で21PS、トルクで25N・m上回る最高出力116PSと最大トルク200N・mの実力の持ち主。 早速走りだすと、動き出しはやや緩慢で、2000rpm以下では、もう少しトルクがほしいところ。 また、常用することの多いこの回転域では、3気筒エンジン特有のノイズや振動が気になる場面もあった。 一方、高速道路の本線に合流するような場面でアクセルペダルを踏み込むと、十分な加速が得られ、高速巡航時の静粛性もまずまず。 欲をいえば、さらに余裕ある1. 4リッターの直列4気筒ターボを用意してほしいところだが、この1. 0 TSIでも必要十分な性能を持つのは確かだ。 スタイリッシュな18インチホイールだが ところで、Tクロスには日本導入にあわせて「TクロスTSI 1st」と「TクロスTSI 1stプラス」の、2つの特別仕様車が用意されている。 発売の時点ではそのベースとなる標準的なグレードが設定されておらず、しばらくはこの2モデルだけの展開というのが不思議である。 それはさておき、今回試乗したTクロスTSI 1stプラスは、2種類のうちデザインや装備が充実した上級モデル。 ただ、全高、最低地上高ともに高いSUVのボディーを支えるためにやや硬めにしつけられたサスペンションとの組み合わせでは、路面の荒れをコツコツと伝えてきたり、目地段差を越えたときのショックを遮断しきれなかったりと、乗り心地には不満を抱くことに。 一方、ピッチングやロールといったSUVに見られがちな不快な動きはよく抑えられており、見た目から想像する以上に走りは軽快だ。 快適性という点では、一般的なハッチバック車に一歩及ばない部分もあるが、アクティブな印象のエクステリアや広く使いやすい室内など見どころも多いTクロス。 流行のコンパクトSUVだけに、フォルクスワーゲンの新しいエントリーモデルとして、いい仕事をしてくれそうだ。

次の

VW Tクロスの兄貴分 Tロックは2020年半ばに上陸予定

フォルクスワーゲ ン t ロック

優れた操縦安定性や乗り心地などトータルバランスの良さから、このクラスのベンチマークとして世界中のメーカーから目標とされる存在になっています。 日本には2013年6月から導入され、同社随一の人気モデルとなっています。 フォルクスワーゲン 新型ゴルフの値引き相場 値引き交渉の深さ 値引きの目安 特に値引き交渉をしない 3~10万円 競合を絡ませて値引き交渉 15~25万円 限界値引き交渉・オプション多数 30~45万円 フォルクスワーゲン 新型ゴルフの値引き難易度:A (A:甘い ~ E:厳しい) 世界中のCクラスハッチバックの規範となる存在であり続けるフォルクスワーゲン ゴルフ。 日本でも人気は高く、販売もあまり値引きのない堅実なスタイルでした。 現在はモデルライフ末期となり、値引きを引き出しやすくなっています。 新型ゴルフの納期:標準• 納期:1ヵ月~3ヵ月 大きな納期遅れもなく、納期は標準的となっています。 フォルクスワーゲン ゴルフ TSI Highline 「フォルクスワーゲン 新型ゴルフ7の値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。 しかし、 焦りは禁物。 商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。 自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、ゴルフの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、 買換え全体では損をする事になります。 まずはなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。 複数社に査定してもらうと査定の差額は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると すぐに相場がわかります。 新型ゴルフ7を見に行って 下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。 フォルクスワーゲン ゴルフ7のグレード別 新車価格 グレード パワーユニット 税込価格 円 TSI Trendline 1. 2L直4ターボ 2,589,000 TSI Comfortline 2,850,000 TSI Comfortline Meister 3,159,000 TDI Comfortline 2. 0L直4ディーゼルターボ 3,230,000 TDI Comfortline Meister 3,539,000 TDI Highline 3,620,000 TDI Highline Meister 3,910,000 TSI Highline 1. 4L直4ターボ 3,380,000 TSI Highline Meister 3,670,000 GTI 2. 0L直4ターボ 4,179,000 GTI Performance 4,749,000 R 5,799,000 GTE 1. 最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。 フォルクスワーゲン ゴルフ7のグレード選び パワートレイン ガソリンエンジンは1. 2L直4ターボ、1. 4L直4ターボ、2. 0L直4ターボ、ハイブリッド(1. トランスミッションは全てDCTとなります。 グレード ガソリンモデルはベーシックグレードの「TSI トレンドライン」、中間グレードの「TSI コンフォートライン」、上級グレードの「TSI ハイライン」が基本で、スポーツグレードの「GTI」、トップモデルの「Golf R」があります。 また、定期的に特別仕様車が用意されます。 ゴルフの実燃費(2WD、2名乗車時の目安) 1. 競合車種とポイントは以下の通りです。 メルセデスベンツ Aクラス スバル レヴォーグ特別仕様車「1. 6GT EyeSight V-SPORT」 モデルチェンジの度に大きくなったレガシーに代わって、日本国内での販売を意識してサイズを抑えて発売されたスバル レヴォーグ。 ゴルフがハッチバックであるのに対して、レヴォーグはワゴン寄りと言えます。 スバルらしい堅実な作りは、ある意味フォルクスワーゲンと通じるものがあります。 フォルクスワーゲン ゴルフ商談のすすめ方 ゴルフの値引きを引き出すにあたっては、上記のメルセデスベンツ Aクラス、マツダ MAZDA3、スバル レヴォーグの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。 他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、ゴルフの値引きを引き出し易くなります。 フォルクスワーゲン ゴルフの強味 同クラス車の世界基準となる卓越した造り 車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握! 車の買い替えに 焦りは禁物です。 愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず 大きな損をする事に…。 まずはなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。 査定額の差は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のように すぐに相場がわかります。 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。 新車ではなく未使用車という選択も 新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。 そんな方には 未使用車や低走行車もおススメ。 ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。 は、 お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。 「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

次の