ニッキー ミナージュ 結婚。 新婚のニッキー・ミナージュ、結婚生活は「さわやか」!? その理由とは

ニッキー・ミナージュ、ケネス・“ズー”・ペティとの結婚を発表

ニッキー ミナージュ 結婚

にのと契約。 初期の経歴で、3つのミックステープ『プレイタイム・イズ・オーバー』『サッカ・フリー』『ビーム・ミー・アップ・スコッティ』を発売。 ミックステープ発売後、アメリカのラッパー仲間に見出され、ヤング・マネー・エンターテインメントと契約。 契約後、デビューアルバムの制作を開始し、『』として2010年に発売、で初登場2位を記録。 米国でを受けた。 で、自身が参加した7曲が同時にチャート入りするという記録を打ち立てた。 2枚目のシングル「」はBillboardホット・ラップ・ソングチャートで首位を獲得。 これにより、以降で単独でチャート首位を獲得した初の女性ラッパーとなった。 デビュー・アルバム『ピンク・フライデー』発売後、が発表する「今年のホットなMCリスト」に6位となり、女性アーティストとして初めて選出された。 生い立ち [ ] 1982年、セントジェームスでオニーカ・タニア・マラージ として生まれた。 弟と兄がいる。 両親はとである。 両親がで住居を探す間、彼女は祖母とセントジェームスで暮らしていた。 母親は時折、セントジェームスの家を訪れた。 ミナージュが5歳の時にクイーンズに移り住む。 ミナージュの話によると彼女の父親はやを飲んでは暴れて、過去に自宅に火をつけてミナージュの母を殺そうとしたことがあった。 エリザベス・ブラックウェル中学校210に通いを演奏した。 ラガーディア高校はや公演美術などを学べるで、ミナージュはを専攻していた。 かつてのに勤めていた。 音楽活動 [ ] 2004年 - 2009年:初期のキャリアとミックステープ [ ] ミナージュが制作したミックステープの幾つかが『』で取り上げられた。 2008年にで女性アーティスト・オブ・ザ・イヤー賞を受賞した。 にミックステープ『ビーム・ミー・アップ・スコッティ』を発表した。 2009年 - 現在:コラボレーションと『ピンク・フライデー』 [ ] この節のが望まれています。 主に: 2011年以降の経歴 2010年、彼女最初の『』を発表した。 と共に制作されたこのシングルはをフィーチャリングしている。 シングルのはが監督を務め、同年に近くので撮影が行われた。 決して成功したとは言えなかったが、曲自体は流行った。 このシングルは彼女のデビューアルバムには収録されていない。 次にデビューアルバムからの最初のシングルとして『』を発表した。 ミックステープ『バービー・ワールド』のバージョンが漏らされ、それがラジオで多くのエアプレーがされた後の発売だった。 また、以来、ソロでチャートの1位を獲得した女性ラッパーになった。 が監督を務めたシングルのミュージックビデオは7月4日に撮影され、7月21日に初公開された。 デビューアルバムからの2枚目のシングル『』はアルバム発売日近くに発表される。 ミナージュは自身のでデビュー・アルバム『』が2010年11月23日に発売されると発表した。 2010年10月、Billboard Hot 100に『ライト・スルー・ミー』『ユア・ラブ』『チェック・イット・アウト』を含む7曲が同時にチャート入りし、同チャートの同時チャートイン最多記録を打ち立てた。 2011年、リリースしたシングル『Super Bass』がBillboard Hot 100で3位を記録した。 2019年6月、シングル『メガトロン』を発表。 続いて5枚目となる新作アルバムを制作することが伝えられていたが、9月5日に家庭に専念するとして引退を宣言。 ファンに対して「私が死ぬまで応援し続けてほしい」、「皆を一生愛している」と呼び掛けた。 しかし翌日には、「唐突すぎた」と引退宣言を撤回した。 音楽性とイメージ [ ] イメージ [ ] 雑誌『』でのインタビューで、自身の性的なイメージについて「私は成長していく中で、女性があることをしているのを見たの。 そして、私も同じことをしなければならないと思った。 私の時代の女性ラッパーはよくセックスについて歌っていたの。 彼女たちがそれで成功したから、私も同じことを歌わなきゃいけないと思っていた。 でも実際、私はそんなことしなくてもよかったの」と語った。 雑誌『』とのインタビューで、再び自分の性的なイメージについて語り、「私は性的魅力を意識的に弱くすることで、みんな、特に若い女の子たちに、人生ではセックスアピールがすべてじゃないって知ってもらいたいの。 他にも何かがなくてはいけないのよ」と述べた。 奇抜な衣装や髪型が持ち味だが、その装いがしばしばに似ていると指摘されることがある。 しかし本人はあくまで否定している。 ABCテレビの「Nightline」のインタビュー内で、レディー・ガガと比較されることについて「もうくたびれる。 私はラッパーだし、クィーンズ出身。 ガガは素晴らしいアーティストだが、路線が一致することはない」と述べている。 分身 [ ] ミナージュは、いつも両親のトラブルや闘争に巻き込まれた。 彼女はそういった実生活の問題から逃れる為に、自分とは違うキャラクターを作って新しい生活を送ろうとした。 雑誌『』とのインタビューにおいて、「親の問題から逃れるために、私は新しい自分を想像するの。 ファンタジーは私の現実だった。 私はそんな感じのうっとうしい少女だった。 」と述べた。 彼女はデビューアルバムの為に「ローマン・ゾランスキ」 という新たな分身を作った。 の『』の様な曲でラップを歌っているのはローマンで、ローマンは「双子の姉妹」であると主張した。 ローマンはの分身「スリム・シェイディ」と比較された。 デビューアルバム『ピンク・フライデー』に収録されている「ロマンズ・リヴェンジ」で、2人はそれぞれの分身を利用して、共同で楽曲を制作した。 ローマンには「マーサ・ゾランスキ」という「母」がおり 、同アルバムからの曲「モーメント4ライフ」のミュージックビデオで、デビューを果たした。 『オール・アイ・ドゥ・イズ・ウィン リミックス 』の様な曲で歌っているのはニッキーであると述べている。 ミナージュはデビューアルバムと当時に彼女のファンがニッキー、ローマン、オニカと「会う」ことになるだろうと語った。 に、のガーデン・オブ・ドリーム・ファンデーションを訪問した際は、「ファンのための治療者」として「ニッキー・テレサ」という分身を装った。 同年放送回のトーク番組『ロペス・トゥナイト』に出演した際に、での出来事に感化されて作った「ローザ(綴りは"Rrrrrosa")」という分身を紹介した。 影響 [ ] 自身の音楽性に大きな影響を与えた人物として、、、、、、のを挙げている。 私生活 [ ] ミナージュの歌とインタビューには彼女がであるという含意があると批評された。 ミナージュは自分は女性と交際しないし、もしないと述べた。 しかし、同性愛専門誌『』のインタビューで「私は男性ともデートしない」と答えている。 雑誌『』のインタビューでは「私はすべての人の生き方を認めているの。 誰も悪人だとは言わない。 それと、私は女の子たちは美しくて、セクシーだと思う。 それを彼女らは言われないといけない。 もしそう言う人が誰もいないのなら、私が伝えるつもりよ。 みんなは私をこうだと決めつけたがるけど、私はそれがいやなの」と語った。 『アウト』のインタビューでも決めつけられることへの嫌悪を繰り返し語り、「重要なのは、誰もが白や黒ではないということ。 その間にはとてもたくさんの色があるわ。 貴方は彼らがいつそれを言いたいのか、言うことを望んでいるのか、言うのに適した環境であるかを感じなきゃいけない」と述べた。 『』2010年5月号のインタビューにおいて、「ヒップホップが同性愛者によりフレンドリーになっていると感じるか」と尋ねられた際に「私は世界がよりゲイ・フレンドリーになってきていると思う。 ヒップホップもそうだと思う。 しかし、好意的に受け入れられたオープンな同性愛者の男性ラッパーを想像するのは難しいわ。 人々は男性の同性愛者には先進性がないって言う。 でも、私の生きている間には、そういった人が現れると思うわ。 」と答えた。 ラガーディア高校在学中の18歳当時、1歳年上の先輩と付き合っていた時にしたが、当時の状況でやむなくした。 ミナージュはこの時のことを「人生で最も辛いことだった」と語っている。 に同じくラッパーのとをした。 左腕に「上帝與你常在」と()のを彫っている。 意味は「God is always with you」(神はいつでもあなたのそばに)。 ディスコグラフィ [ ] 詳細は「」を参照 スタジオ・アルバム• Pink Friday(2010年)• (2012年)• The Pinkprint(2014年)• Queen 2018年 受賞とノミネート [ ]• 2008年 アンダーグラウンド・ミュージック・アワード• 女性アーティスト・オブ・ザ・イヤー 受賞• 2010年• 優秀女性ヒップホップアーティスト 受賞• 優秀新人賞 受賞• 優秀グループ ヤング・マネー - 受賞• 優秀新人賞 ヤング・マネー - ノミネート• 視聴者賞:『ベッドロック』 ヤング・マネー feat. ロイド ノミネート• 2010年• ブレイクアーティスト - 女性 ノミネート• 2010年 [ ]• 優秀新人賞: 『マッシブ・アタック』 feat. ショーン・ギャレット ノミネート• 2010年• 新人賞 受賞• ファッション賞 受賞• 視聴者賞 受賞• 年間ハスラー賞 ノミネート• 年間作詞賞 ノミネート• 2010年• 優秀国際アクト ノミネート• 2012年• 最優秀新人賞 ノミネート• 2015年• 最優秀ヒップホップ・ビデオ賞 - 「アナコンダ」• 2015年• 最優秀ヒップホップ賞 来日公演 [ ]• Pink Friday Tour 2012• 、なんばHATCH• 2012年、ZEPP TOKYO• 2012年、BAY HALL 出典 [ ] []• 2010年8月28日閲覧。 Culture Femme 2010年8月7日. 2010年8月13日閲覧。 ユニバーサルミュージック 2010年. 2010年10月2日閲覧。 Starbury, Allen 2009 "", BallerStatus, May 21, 2009• 2010年7月8日. 2010年7月19日閲覧。 Nielsen Business Media, Inc. 2010年11月28日閲覧。 Weiner, Jonah 2010年2月22日. Newsweek Interactive Co. LLC. 2010年11月14日閲覧。 Concepcion, Mariel Jaunary 15, 2010. Nielsen Business Media, Inc. 2010年10月29日閲覧。 2012年7月3日時点のよりアーカイブ。 2011年1月4日閲覧。 RapFix. 2010年10月8日. 2010年10月29日閲覧。 Trust, Gary 2010年6月30日. Nielsen Business Media, Inc. 2010年10月29日閲覧。 McGarry, Kevin 2009 "", New York Times, June 4, 2009• 2010年5月. 2010年4月19日時点のよりアーカイブ。 2010年7月19日閲覧。 Jeffries, David. allmusic. 2012年7月27日閲覧。 "", , November 24, 2008• Reid, Shaheem 2009 "", MTV, May 4, 2009• "", BET, May 1, 2009• 2010年3月29日. 2010年7月19日閲覧。 Rap-Up 2010年3月16日. 2010年7月19日閲覧。 Reid, Shaheem 2010年2月23日. MTV. 2010年7月19日閲覧。 BET. com 2010年3月18日. 2010年7月19日閲覧。 Rap-Up. com 2010年3月31日. 2010年7月19日閲覧。 USTREAM July 29, 2009 Retrieved August 21, 2010• NWMASS — When Hollywood Needs A Reality Check. NW Mass Media 2010年5月10日. 2010年7月19日閲覧。 ATRL 2010年5月8日. 2010年7月19日閲覧。 Posted By: Sam 2010年5月9日. That Grape Juice. 2010年7月19日閲覧。 HIPHOP DX 2010年10月9日. 2010年10月13日閲覧。 2019年2月18日閲覧。 AFP 2019年9月6日. 2019年9月7日閲覧。 2019年2月18日閲覧。 バイブ 2010年6月2日. 2010年7月19日閲覧。 Rachel, T. Cole 2010年4月. インタビュー. 2010年7月19日閲覧。 New York magazine. 2010年7月22日閲覧。 2010年7月22日閲覧。 Dawson, Imani A.. Rap-Up. com. Vibe Media Group. 2010年11月4日閲覧。 vodpod. New Lil Wayne 2009年6月28日. 2010年9月6日時点のよりアーカイブ。 2010年7月19日閲覧。 DimeWars. 2010年7月19日閲覧。 Jonah Weiner 2010年2月22日. Slate. 2010年10月2日閲覧。 Details. 2010年10月2日閲覧。 VIBE 2010年6月23日. 2010年10月2日閲覧。 OUT magazine. 2017年6月24日閲覧。 VIBE 2010年7月6日. 2010年10月2日閲覧。 msn• BET Awards 10 Official Site. BET. 2010年7月19日閲覧。 Hollywood Crush. MTV 2010年6月28日. 2010年7月19日閲覧。 MOBO 2010年9月9日. 2010年9月12日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年9月1日. 2015年9月4日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年10月29日. 2015年10月29日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• nickiminaj -• - (英語)• (日本語).

次の

ニッキーミナージュの歴代彼氏まとめ!新恋人と結婚

ニッキー ミナージュ 結婚

ミーク・ミルとの交際が原因でドレイクとの友情に亀裂が入っていたニッキー・ミナージュだが、最近ミルとの破局を公表したこともあってか、ヤング・マネー軍団が復活しつつあるようだ。 現地時間2017年2月1日、ニッキーはドレイクとのツーショット写真をキャプションなしで自身のインスタグラムに投稿した。 ドレイクは現在【ザ・ボーイ・ミーツ・ワールド】ツアーでヨーロッパを回っており、写真がどこで撮られたのかは不明だ。 また、ニッキー、ドレイク、リル・ウェインのスリーショットをヤング・マネー・エンターテインメント社長のマック・メインが自身のインスタグラムに投稿し、「ビッグ3! 俺の家族! こういうことがしばらくなくてマジで寂しかった! この最高の瞬間を撮る為に俺が奴らを笑わせなきゃならなかったんだぜ。 ニッキーはベストショットの為に100枚は撮るからな(笑)正にクイーン」とキャプションをつけている。 ニッキーとドレイクは、ドレイクの2009年のシングル『ベスト・アイ・エヴァー・ハッド』、2010年の『アップ・オール・ナイト』、『モーメント4ライフ』、2011年の『メイク・ミー・プラウド』、ニッキーの2014年のシングル『オンリー』、2015年の『トリュフ・バター』など、これまで何回もコラボしている。 ニッキーが「アナコンダ」のミュージック・ビデオでドレイクにラップ・ダンスをしていたことを覚えているネット民も多いだ ろう。 2016年4月にドレイクはBeats 1のインタビューで、ニッキーとは口を聞いていないと明かしていた。 ただ、彼女の悪口は一切言っておらず、自分とは長い仕事上の付き合いもあり、彼女のことは大好きで尊敬していると話している。 バードマンとリル・ウェインや、自分とミーク・ミルの不仲に関しても彼女は品のある対応をしたと話し、疎遠になってしまったことを残念がるような口調だった。 この3人の再会が、ドレイクの次回作『モア・ライフ』、ニッキーの4thアルバム、またはリル・ウェインがリリース予定の3作『カーターV』、『フューネラル』、『デディケイション6』のどこかでコラボに結び付くのかは、まだ不明だ。

次の

ニッキー・ミナージュ、ドレイクと関係修復?リル・ウェインとのスリーショットも

ニッキー ミナージュ 結婚

6ix9ine(シックスナイン)とニッキー・ミナージュによるコラボレーション「トロールズ」が1位に初登場した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。 6月12日にリリースされた「トロールズ」は、初週116,000ダウンロードを記録し、デジタル・ソング・セールス・チャートでも同1位に初登場。 3,600万視聴を記録して、ストリーミング・ソング・チャートでは3位にデビューした。 同日に公開されたミュージック・ビデオも、わずか1週間で1億3,000万再生を記録している。 2020年度の週間セールスとしては、5月23日付チャートでジャスティン・ビーバーとアリアナ・グランデのコラボ曲「スタック・ウィズ・ユー」が記録した、108,000ダウンロードを超える最高記録更新。 セールス・チャートでの首位獲得は、シックスナインにとって初、ニッキー・ミナージュは6曲目の快挙達成。 シックスナインとニッキー・ミナージュの公式ウェブサイトでは、カセット、CD、LPなど12種類のパッケージが販売され、高セールスに繋げた。 CDには、サイン入り コピー のものも含まれている。 なお、同曲の売り上げの一部は、人種差別抗議運動で逮捕された低所得者の保釈金確保を支援する団体ザ・ベイル・プロジェクトに寄付される予定。 Hot 100における首位獲得は、シックスナインにとって初、ニッキー・ミナージュは、今週6位にランクインしているドージャ・キャットの「セイ・ソー feat. ニッキー・ミナージュ」に続く2曲目で、リード曲としては初となる。 TOP10入りは、シックスナインが3曲目、ニッキー・ミナージュは19曲目のランクイン。 そのうちの1曲「FEFE」は、シックスナイン名義の曲で、フィーチャリング・アーティストとしてニッキーが参加したもの。 同曲は、2018年に最高3位を記録した。 ラップ・ソング・チャートでは、5月23日付チャートで3位にデビューした「グーバ」に続く2曲目のNo. 1獲得。 ニッキー・ミナージュは、両チャートそれぞれ6曲目の首位獲得を果たした。 シックスナインの所属するレーベル<Create Music Group>としても初のNo. 1タイトルとなり、インディペンデント・レーベルからの首位獲得は、2018年6月30日付チャートで達成した故エクスエクスエクステンタシオンの「Sad! 」以来、2年ぶりの偉業達成。 2020年に入ってからは、同曲含め計5曲のタイトルが1位に初登場している。 1年間での初登場1位獲得数としては、1995年と2018年の4曲を超える最多記録を更新した。 4月18日 ドレイク「トゥージー・スライド」 5月9日 トラヴィス・スコット&キッド・カディ「ザ・スコッツ」 5月23日 ジャスティン・ビーバー&アリアナ・グランデ「スタック・ウィズ・ユー」 6月6日 レディー・ガガ「レイン・オン・ミーwithアリアナ・グランデ」 6月27日 6ix9ine&ニッキー・ミナージュ「トロールズ」 また、複数のアーティストによるコラボレーション曲の首位獲得数も7タイトルに、歴代最多記録を更新している。 5月9日 トラヴィス・スコット&キッド・カディ「ザ・スコッツ」 5月16日 ドージャ・キャット「セイ・ソー feat. ニッキー・ミナージュ」 5月23日 ジャスティン・ビーバー&アリアナ・グランデ「スタック・ウィズ・ユー」 5月30日 ミーガン・ジー・スタリオン「サヴェージfeat. ビヨンセ」 6月6日 レディー・ガガ「レイン・オン・ミーwithアリアナ・グランデ」 6月13日 ダベイビー「ロックスター feat. ロディ・リッチ」 6月27日 6ix9ine&ニッキー・ミナージュ「トロールズ」 2週連続の首位をキープしたダベイビーの「ロックスターfeat. ロディ・リッチ」は、「トロールズ 」の登場により2位にダウン。 とはいえ、前週比11%増の3,980万回を記録し、ストリーミング・ソング・チャートでは5週目の首位をキープ。 セールス・チャートでも、12%増の13,000ダウンロードを記録して3位に、エアプレイ・チャートでは26位から14位へ、大きく順位を上げている 週間3,140万回。 主要チャートのポイントが上昇したのは、6月12日にブラック・ライヴズ・マター運動を受けてのリミックスがリリースされたため。 今週3位に初登場したのは、リル・ベイビーの新曲「ザ・ビガー・ピクチャー」。 この曲も「ロックスター」のリミックス同様、ブラック・ライヴズ・マターを支援すべく6月12日に急遽リリースされたもので、初週3,910万回を記録し、ストリーミング・ソング・チャートでは2位にデビュー。 8,000ダウンロードを記録して、デジタル・ソング・セールス・チャートでは10位に初登場した。 Hot 100における順位としては、ガンナとのコラボ曲「ドリップ・トゥー・ハード」 2018年 が記録した4位を超える、自己最高位更新。 今週は、1位に「トロールズ」、3位に「ザ・ビガー・ピクチャー」と、TOP3に2つのタイトルがデビューした。 TOP3に2曲以上が初登場したのは、5月23日付チャートでジャスティン・ビーバー&アリアナ・グランデ「スタック・ウィズ・ユー」 1位 と、前述の「グーバ」 3位 がランクインして以来、約1か月振り。 過去のチャートを振り返ると、TOP3に2曲以上が初登場したのは5回のみで、そのうちの2回が今年達成したことになる。 また、2020年には計8曲がTOP3にデビューしていて、半年間で昨年記録した9曲に迫る勢いをみせている。 2007年には、7月までに9曲が初登場するというスピード記録を達成しているが、その記録にも迫りつつある。 なお、次週はビヨンセが6月19日にリリースした新曲「ブラック・パレード」が上位にデビューすることが予想されていて、初登場曲の記録を更に更新するかもしれない。 ロディ・リッチ 3位「ザ・ビガー・ピクチャー」リル・ベイビー 4位「サヴェージ」ミーガン・ジー・スタリオンfeat. ビヨンセ 5位「ブラインディング・ライツ」ザ・ウィークエンド 6位「セイ・ソー」ドージャ・キャット 7位「インテンションズ」ジャスティン・ビーバーfeat. クエイヴォ 8位「ローゼズ」セイント・ジョン 9位「レイン・オン・ミー」レディー・ガガwithアリアナ・グランデ 10位「ザ・ボックス」ロディ・リッチ.

次の