アバウト タイム 女優。 アバウトタイム~止めたい時間~(韓国) 全話あらすじと感想 視聴率 キャストと相関図

イ・ソンギョン、ドラマ「アバウトタイム~止めたい時間~」で歌とダンスの実力を見せる…オーディションに臨むスチールカット公開

アバウト タイム 女優

主人公ミカ(イソンギョン)は子供のころから人の寿命が見えるという不思議な能力を持っていた。 あるとき自分の寿命が見えてしまい、残り100日の命だと知る。 ひょんなことから出会ったドハ(イサンユン)だが、彼と一緒にいるときだけ寿命時計が進まないことがわかった 「2度目の二十歳」から3年ぶりにイサンユンさんとキムヒョンシク監督が再会した作品。 キャストのイソウォンが不祥事で途中降板するという事態があり(後述)、悪いイメージがついてしまいましたが、ファンタジー要素の強いロマンチックな作品はそれをものともせず、視聴者に愛される作品となりました。 キムヒョンシク監督は制作発表の場で 「イソウォンが務めていた役は比重の大きい役ではないが、ストーリー展開上必要な人物で、それを務められる俳優を探している。 」 と発表。 そしてアバウトタイムのスタッフであるというあるネチズンが 「すでに12回まで撮影を終えてるのに、死にそうだ」 とSNSに投稿したことが話題になると、監督は 「スタッフの投稿と思われる書き込みを見た。 俳優一人が変わることで無理が生じないように追加の人材を入れて、日程を調整できるように協議している」 と話しました。 ただでさえ韓国ドラマ撮影のスケジュールは過密で、たびたび問題になります。 この書き込みが本当にスタッフのものなのかは不明なままですが、キャストの急な降板で、スタッフがどれだけ大変な思いをしたか想像に難くありません。 のちに、キムドンジュンさんが代打を務めることとなりました。 友達で精神科専門医のソンビン(テ・イノ)は、ドハに持続的な相談治療を勧めるが、順調に進まない。 一方、ミカ(イソンギョン)は7歳の頃から人の寿命が見えるようになった。 運命は変えられると最初は助けようとしたが、寿命時計が変わることがないことを知っている。 ふと突然、自分の腕に寿命時計が刻まれているのを発見する。 彼女に残された時間は100日余り。 最後の人生後悔なく生きようと孤軍奮闘している。 ドハが病院を出て行こうとしていたとき、ミカと最悪の出会いを果たす。 ミュージカルのオーディションで音楽監督のジェユ(キムドンジュン)に感情がこもってないと酷評されたミカは、なんとしてもミュージカルに受かるため、偶然会場に来ていたドハにキスをする。 初対面で無礼なミカをドハはもう関わることはないと突き放すが、中国・海南で二度目の再会を果たし、ドハは自分の人生にズカズカと入ってくるミカが次第に気になるように。。。 そして、ミカがドハの手を握った瞬間、ミカの寿命時計が止まった。 ドハとミカの不思議な時間が始まった。 bs11. イソンギョンさんに合った背の高い俳優がいいとのことで、年齢差はあるけど長身の二人のビジュアルが重視されたようです。 イサンユンさんは1981年生まれ、185㎝ イソンギョンさんは1990年生まれ、174㎝ です。 イサンユンさんは 「平均身長180㎝カップル」と自ら話し、さらに 「イソンギョンはかわいらしい人だから、ビジュアル的な面で押されないように、ダイエットしたりエステに通ったり、服装も気を付けたり努力している」 と話しました。 イソンギョンさんは本作でミュージカル女優の役を演じました。 「台本がとても面白く、女性なら夢見るファンタジーロマンスに惚れた。 ミュージカルおたくというほどミュージカルが好き。 」 イソンギョンさんはモデルになる前は音大を目指していたほどで、歌もピアノもとても上手。 音楽と演技を愛するミカ役はまさに適役と言えるのではないでしょうか。 監督が主演の二人を起用した理由は 「イソンギョンは常々エネルギッシュな女優だと思っていたが、会ってみて本当に情熱あふれる人だと思った。 上手なことも多い。 今回また彼の魅力をたくさん見せたいと思った」 と話しています。 ファンタジーだいすき! 歌がうまいことは元々よく知られていましたが、この作品で魅力を最大限発揮されたと言えます。 イサンユンさんは老け顔(失礼!)、イソンギョンさんは若々しいイメージで実際の年齢差9才よりも、ずいぶん年の差を感じてしまいました。 視聴率が期待されたほど伸びませんでしたが、総じて評判のよかった作品です。 最後に 本作はイソンギョンさんの魅力がたくさん詰まった作品です。 監督は 「誰でも本当に幸せな瞬間が止まってくれたら、と思うもの。 すべての登場人物が最も幸せな瞬間を探していくドラマ。 心が温かくなり、この時間が止まってほしいと思うような気持で見てほしい」 と語っていました。

次の

”ステキ”がいっぱい

アバウト タイム 女優

子どもの頃からサマーキャンプなどで舞台に参加し、カナダ・トロントのヨーク大学で演劇を学ぶ。 卒業後はカナダの映画やTVに出演し、2002年に「ホット・チック」でハリウッドに進出、学園ドラマ「ミーン・ガールズ」(04)で注目を浴びる。 恋愛映画「きみに読む物語」(04)で日本でも広く知られるようになり、共演したライアン・ゴズリングとは一時期恋仲に。 その後は「消されたヘッドライン」や「きみがぼくを見つけた日」(ともに09)などに出演し、大ヒットした「シャーロック・ホームズ」(09)と続編「シャドウ ゲーム」(12)ではアイリーン・アドラー役を演じた。 その後は「恋とニュースのつくり方」(10)で主演を務めた他、ウッディ・アレン監督最大のヒット作「ミッドナイト・イン・パリ」(11)や、リチャード・カーティスの監督引退作「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(13)、TVシリーズ「トゥルー・ディテクティブ」シーズン2(15)などに出演。 社会派ドラマ「スポットライト 世紀のスクープ」(15)でアカデミー助演女優賞に初ノミネートを果たした。 マーベル映画「ドクター・ストレンジ(原題)」(16年全米公開予定)への参加も決まっている。 関連作品(映画)• 5 2020年公開• 5 2017年公開• 0 2016年公開• 7 2016年公開• 7 2016年公開• 4 2015年公開 関連作品(海外ドラマ)• 5 受賞歴.

次の

アバウトタイム 感想、あらすじ、名言、キャスト、矛盾、動画、監督、キットカット

アバウト タイム 女優

子どもの頃からサマーキャンプなどで舞台に参加し、カナダ・トロントのヨーク大学で演劇を学ぶ。 卒業後はカナダの映画やTVに出演し、2002年に「ホット・チック」でハリウッドに進出、学園ドラマ「ミーン・ガールズ」(04)で注目を浴びる。 恋愛映画「きみに読む物語」(04)で日本でも広く知られるようになり、共演したライアン・ゴズリングとは一時期恋仲に。 その後は「消されたヘッドライン」や「きみがぼくを見つけた日」(ともに09)などに出演し、大ヒットした「シャーロック・ホームズ」(09)と続編「シャドウ ゲーム」(12)ではアイリーン・アドラー役を演じた。 その後は「恋とニュースのつくり方」(10)で主演を務めた他、ウッディ・アレン監督最大のヒット作「ミッドナイト・イン・パリ」(11)や、リチャード・カーティスの監督引退作「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(13)、TVシリーズ「トゥルー・ディテクティブ」シーズン2(15)などに出演。 社会派ドラマ「スポットライト 世紀のスクープ」(15)でアカデミー助演女優賞に初ノミネートを果たした。 マーベル映画「ドクター・ストレンジ(原題)」(16年全米公開予定)への参加も決まっている。 関連作品(映画)• 5 2020年公開• 5 2017年公開• 0 2016年公開• 7 2016年公開• 7 2016年公開• 4 2015年公開 関連作品(海外ドラマ)• 5 受賞歴.

次の