クリティカル エイジ。 Critical Age クリティカルエイジ

クリティカルエイジ

クリティカル エイジ

答えは 「YES」です。 しかも、これはあなたが実際に、日本語を学ぶときにやってきたのです。 もしも、あなたが日本語を話す能力があるのであれば、 英語だって話せるようになるのです。 そう、つまり、 「文法ルールなどを暗記せずに英語を話せるようになる」 のです。 英語をマスターしたあとの「あなたの人生」を。 「英語をマスターして、 キャリアアップ している」 「海外ドラマ、映画を 字幕なしで観ている 」 「 外国人の友人や恋人 をつくってる」 「海外旅行で外国人と 楽しく話している 」 「 留学や海外赴任 で楽しく生活している」 …などを想像するのではないでしょうか。 でも、あなたは多くの日本人と同じように、 「どうして、日本人はいつまでたっても英語が苦手なんだろう」 と思っているのではないでしょうか? しかし、 これは脳科学から考えれば当たり前です。 それでは、詳しくみていきましょう。 クリティカルエイジとは、遺伝的に決まっている それぞれの器官のそれぞれの機能の発達年齢のことを いいます。 たとえば、 言語であれば、8〜13歳くらいまでに 母国語としての言語の習得が止まってしまうといわれています。 ですから、一般的に、小学生くらいのときを 海外で過ごした日本人はバイリンガルになっていますが、 大人になってから海外留学した日本人が バイリンガルになるのが難しいのです。 つまり、あなたが14歳以上であれば、 クリティカルエイジを克服する勉強法をしなければいけないのです。 脳科学から見たときに、日本の英語教育がやっている 「文法」から学んでいく方法は完全に間違っているのです。 私たちが日本語を学んだように、 「見る・聴く」からはじめなければ 言語をマスターするのは難しいのです。 脳が言語を学ぶ仕組みは、「見る・聴く」が最初なのです。 そうすれば、赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じように、 「文法ルールなどを 暗記せずに英語を話せるようになる」 のです。 文法から学ぶ方法は大間違いなのです! では、具体的には、どうすれば、短期間に英語をマスターできるのか? 具体的には、 「脳が言語を学ぶメカニズム」に沿った方法で、 英語を学ぶ必要があります。 前述したように、赤ちゃんが英語を学ぶのと同じように、 「見る・聴く」からはじめ、文法は学ばない! そうすることで、 あなたの脳の中に、 「英語脳」をつくることができるのです。 実際に、 苫米地博士が考えた方法で、 年齢や環境に関係なく 英語力ゼロからネイティブスピーカーになった人が多く生まれています! しかも、限りなく短期間に、多くの方がネイティブスピーカーになったのです! この方法は、かつて苫米地博士が雑誌『CNNイングリッシュエキスプレス』に半年ほど連載し 話題になり、昨年15万部突破のベストセラーとなった 『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方〜クリティカルエイジを克服する加速勉強法』でも触れ、 その後インターネットを中心に話題になりました。 最新の脳科学で実証された成果を基につくったこの方法は、 より短期間に、効率よく外国語を学べる方法です。 これと似た方法が、かつての スパイ教育でも使われていたこと もわかっており 短期間で外国語を習得する最適な勉強法 であることは間違いありません。 7〜8年にわたって多くの人が体験し、成果を出している方法なのです。 ぜひ、この機会に、 書籍 『英語は逆から学べ!』 〜最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法〜 苫米地 英人 博士 著 を今すぐ書店でお買い求めください! ぜひ、これまでの間違った英語学習を今すぐ止めて、 最新の脳科学による英語学習法にシフトして下さい。 脳機能学者・計算言語学者・分析哲学者・実業家。 上智大学外国語学部英語学科卒業。 2年間の三菱地所勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学。 その後、コンピューター科学の分野で世界最高峰と言われるカーネギーメロン大学大学院に転入。 計算言語学の博士号を取得(日本人初)。 帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、通商産業省情報処理振興審議会専門委員等を歴任。 中国南開大学客座教授、全日本気功師会名誉会長。 現在、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、米国公益法人The Better World Foundation日本代表。 イエール大学・カーネギーメロン大学在学中、世界で最初の音声通訳システムを開発し、 CNNで紹介されたほか、マッキントッシュの日本語入力ソフト「ことえり」など、多くのソフトを開発。 帰国後、三菱地所の財務担当者としても活躍。 自身の研究を続ける傍ら、1989年のロックフェラーセンター買収にも中心メンバーの一人として関わった。 また、オウム真理教信者の脱洗脳や、国松警察庁長官狙撃事件で実行犯とされる元巡査長の狙撃当日の記憶の回復など、脱洗脳のエキスパートとしてオウム事件の捜査に貢献。 現在も各国政府の顧問として、軍や政府関係者がテロリストらに洗脳されることを防ぐ訓練プログラムを開発・指導している。 近年は、同時通訳者としての経験や脳機能学者・計算言語学者としての見識から生み出した「英語脳のつくり方」プロジェクトが大反響を呼んでいるほか、本業のコンピューター科学分野でも、人工知能に関する研究で国の研究機関をサポートする。 次世代P2P型通信・放送システム「Key HoleTV」を開発し、無料公開も行っている。 今春から、自己啓発や能力開発の分野における世界的権威ルー・タイス氏とともに、米国認知科学の最新の成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」の日本向けアレンジに着手。 日本における総責任者として普及に努めることになった。 一方、格闘家前田日明氏とともに全国の不良たちに呼びかけた格闘イベント「THE OUTSIDER」を運営。 また、「神様のパズル」(角川春樹事務所)や「明日使える心理学!テッパンノート」(TBS・毎日放送系列)「ケータイ捜査官セブン」(テレビ東京系列)の監修を務めるなど、多方面で活躍している。 著書に『残り97%の脳の使い方』『英語は逆から学べ!』『英語は逆から学べ!実践トレーニング編』『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方〜「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法〜』『脳と心の洗い方〜「なりたい自分」になれるプライミングの技術〜』(フォレスト出版)、『本当はすごい私』(講談社)『年収が10倍アップする超金持ち脳の作り方』(宝島社)『洗脳』(三才ブックス)、『ドクター苫米地の新・福音書』(講談社)、『スピリチュアリズム』(にんげん出版)、『心の操縦術』(PHP研究所)、『洗脳原論』(春秋社)、『夢をかなえる洗脳力』(アスコム)、『洗脳護身術』(三才ブックス)、翻訳書に『CIA洗脳実験室』(デジタルハリウッド)など他多数。 セミナーなどの最新情報はブログで.

次の

LOHACO

クリティカル エイジ

音読で文章力を上達させる方法 脳機能学者・苫米地英人さんによると、文章力の有る・なしは、脳の「クリティカルエイジ」と関係があるようです。 クリティカルエイジとは、遺伝的に決まっているそれぞれの器官が持つそれぞれの機能の発達の年齢のことを言います。 つまり、脳のクリティカルエイジは「脳の学習限界年齢」と言い換えることができます。 例えば、言語にもクリティカルエイジが存在し、8〜10歳くらいまでに母国語としての言語の習得が止まってしまうといわれています。 ですから、一般的に、小学生くらいのときを海外で過ごした日本人はバイリンガルになっていますが、大人になってから海外留学をした日本人がバイリンガルになるのは、クリティカルエイジの壁があり、難しいのです。 クリティカルエイジという観点から「文章力」というものを考えてみると、文章が苦手な人は、中学生くらいになるまでの期間(13歳前後)までに、文法的に正しい文章や、語彙の豊富な文章を読んだことがなかったのではないかと推測されるのです。 しかし、苫米地英人さんによれば、「クリティカルエイジは克服可能」であるとのこと。 その方法としては、「ヘンな文章を書く脳」を活性化させずに、新たに「正しい文章を書く脳」を作る、ということなのだそうです。 具体的には、お笑いやバラエティなど、正しくない日本語のテレビをなるべく見ないようにして、明治の文豪など、語彙の豊富な美しい日本語の作品を声に出してたくさん読む(音読する)ということ。 音読によって、美しい文章の日本語を、脳に、新しく、徹底的に学習させるのです。 もし、「ヘンな文章を書く脳」を2時間使ってしまったら、「正しい文章を書く脳」を3時間使い、活性化させる脳の割合を常に後者優位にします。 これを3週間くらい続けることによって、頭の中に「語彙が豊富で美しい文章を書く脳」が新たに形成される。 つまり、クリティカルエイジを克服したということです。 この方法は、大人になってから新しい語学を習得する際にも、効果的に応用することができるでしょう。

次の

早めの回答お願いします。トライエイジで、クリティカルが出たとき...

クリティカル エイジ

要旨は以下の通り 「新しい脳」を作るメカニズムとして「抽象度」を上げることが必要となる。 「抽象度」とは高い視点から物を見ることが出来る能力で、自分の過去の経験をきちんと抽象化できるようになると、高速学習が可能となる。 人間にはクリティカル・エイジとうい機能発達年齢制限があり、それを超えると学習能力が落ちる。 しかしこのクリティカル・エイジは抽象度を上げることによって克服できる。 著者である苫米地氏はオウム信者の脱洗脳も手がけた方なので、これらの手法は実証がされているしっかりしたものと思うが、説明が抽象的で実感が持てなかった。 また、高速学習の重要項目である抽象度の上げ方や共感覚の高め方に集中して紙面を割けばよかったのだが、記憶術、速読術、英語脳など高速学習の一例であるサブトピックに紙面を多く割いているためポイントがぼけてしまっているように思う。 このダ・ビンチ・プログラムと銘打ったこの手法に興味はあるのだが、本書では核心を実感することが出来なかった。 あくまでこれを導入書として位置づけて、著者の別の本を読んだり、セミナーを受けたりするすると理解が深まるのかもしれない。 だけど。 一回目に読んだときは意味不明!って感じてまったく頭に入らなかったが。 二回目に読んだら結構オモシロいと思った。 脳力をあげて効率アップを望めると思う。 脳力を引き出す上で使えそうなメソッドを以下にメモ。 オモシロい。 ・リラックス状態を作る。 ・英語を読むとき、次の語を予想しながら読む。 ・脳にものを覚えさせるには、一度間違えてから、 正しい情報を入れるとそのやり取りごと覚える。 ・トリガーとアンカーとして何かをするときに行動を合わせると 脳から情報の出し入れが容易になる。 ・抽象化する? 目の前にあるもの全てに説明や解釈を重ねる。 一度目をつぶって、目を開けた瞬間に さっきの説明・解釈全てが目に飛び込んでくるようにする。 を繰り返す。 これでIQアップトレーニングになるとのこと。 この人自身は、脳機能学者である。 まず、その経歴がすごい。 フルブライトの奨学金をもらってYaleの大学院にいくも、「脳科学ではカーネギーメロンがトップだから」という理由で博士課程は、カーネギーメロンへ。 浅草キッドと共演している番組を見たのだけれど、「トップの大学院にしか行きたくないんだもん」という感じ。 うーん、すごくぶっ飛んでる。 無事カーネギーで博士号を取得。 そして、20代でHarvardの医学部の教授に誘われる。 しかし、オウムの脱洗脳に関わるために日本に帰国し、一連のオウムの犯人達の「マインドコントロール」を解くことに成功する。 肝心の本の内容なのだけれど、残念ながら薄かった。 たとえば、IQの高い人は思考の抽象度が高い人であると定義するものの、それを上げるための具体的な方法論が効果的でないものばかり。 正直言って、時間を無駄にした気がした。 彼自身のキャラクターは面白いし、学者としても優秀なようなのであるが、この本に対する情熱は非常に薄かったように思う。 目指すべき頭の良さとは抽象的な思考力である。 しかしながら、そこで一つ弊害がある。 クリティカルエイジ(機能の発達年齢の限界)である。 これを克服してやる必要がある。 たとえば、英語であれば、日本語と別の脳を作る必要性があるため、「日本語脳を活性化させない」ことが重要である。 その有効な方法は、「次(に来る単語)を予想しながら聞く」のがよい。 さらに、抽象思考がこの学習効果を加速させる。 また、脳力を高め、効率的に学習するためには、1.リラックスした状態を作る/2.集中状態を作る/3. 脳を無意識の状態にさせる(学習に向いている)とよい。 最後に新しい脳を作るためには、リラックス状態を簡単に作れるトレーニング、抽象度を上げるトレーニング、共感覚をつくるトレーニング(ひとつの感覚神経でなく、たとえば、視覚・触覚・嗅覚など複数の感覚で把握する) をするとよい。 【感想】 本書は「物知り博士」になるための本ではなく、ファンダメンタルな頭の良さを手に入れるための指針を与えてくれる。 特に英語学習については、ぜひ参考にしたい。 そう考えたら、非常に理に叶っていると思えた。 フォトリーディングと共通するような考え方が紹介されていて、リラックスして集中するとき、最も高い能力が発揮できるという。 本を読むときはページを写し撮るように読むことを推奨している。 また、外国語の習得方法については、抽象度を高めて日本語脳を活性化させずに理解する、というもの。 リラックス状態をつくる? コンセントレーション? 頭の回転を速くする方法を学ぶ。 抽象度が高い思考ができると「知らないモノも認識できるようになる」。 脳を鍛えても頭は良くならない。 「いかに触れられない世界を自分の体で触っているかのように感じ、操作できるか」がポイントとなる。 その方法と解説。 リラックス状態を簡単につくるトレーニング? 抽象度を上げるトレーニング? ということは脳機能学からもフォトリーディングは有効だということでしょうね。

次の