最終宣告 cm。 まふまふ、新曲「最終宣告」が“専門学校HAL”新TVCMソングに決定 WEBで先行公開

まふまふ

最終宣告 cm

まふまふの新曲「最終宣告」が、本日4月1日に配信リリースされた。 同曲は、専門学校HALの新テレビCMソングとなっており、本日より全国で放送が開始されている。 まふまふが自身の経験を踏まえ、「若い方ほど刹那的に生きがちかと思います。 本心と向き合い、たった一度きりの人生を謳歌して欲しい。 」という想いが込められている。 また、CMの監督は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のデザインワークスや『ME! 』、HALの2016年度テレビCM『嫌い、でも、好き』篇の監督も務めた吉﨑響(スタジオカラー所属)が務め、CMに登場する近未来的なマスクは造形作家・池内啓人によってデザインされている。 専門学校HAL 専門学校HALは、東京・大阪・名古屋のターミナル駅前に校舎を構え、ゲーム、CG、ミュージック、カーデザイン、IT分野の即戦力を育成している専門学校。 希望者就職率100%を実現しています。 ジブンの声で、セカイを変えろ。 「Power of Voice」 ネット上に溢れる、たくさんの言葉。 気軽に投稿できる反面、他人の発言に自分が流されていく息苦しさも、そこには存在します。 ネットではなく、リアルな場で、本音を声に出すことの大切さ。 「こうなりたい」と、自分の本当の気持ちを放つことは、夢への第一歩でもあると、HALは思います。 周りに宣言をすることで、逃げ道を断つことができ、そこから実現への道が広がっていくからです。 ジブンの声で、セカイを変えろ。 これからキミの向かうセカイを変えられるのは、他でもない、キミの声。 夢に向かう決意をしたキミを、HALは全力で、プロへと育てます。

次の

まふまふ、新曲「最終宣告」が専門学校HALのCMソングに「一度きりの人生を謳歌して欲しい」

最終宣告 cm

マルチクリエイター・の新曲「最終宣告」が、専門学校HAL(東京? 名古屋)の2020年度新テレビCMソングに決定し、4月1日から全国で放送開始されることが明らかになった。 同曲は、まふまふが自身の経験を踏まえ「若い方ほど刹那的に生きがちかと思います。 本心と向き合い、たった一度きりの人生を謳歌して欲しい」との想いを込めた楽曲。 CMでは、本音を声に出して自分の向かう世界を変える1人の少女が主人公となり、最新鋭のCG表現とまふまふの楽曲が一体となって夢に向かう決意をした人々の背中を押す。 CMに登場するマスクは造形作家・池内啓人氏によるもので、近未来的なウェアラブル・ガジェットは細部まで必見だ。 CM放送に先がけ、きょう23日から専門学校HALのホームページで先行公開された。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

まふまふ、新曲「最終宣告」が専門学校HALのCMソングに決定

最終宣告 cm

---------------- 依然 ただ呆然 「明日が君の最後の夕食です。 専門学校のテレビCMに起用され、大きな話題を呼んでいます。 まふまふは当初ネット系クリエイターとして活動を開始し、今や若い世代を中心に全国的な知名度を獲得するアーティストへと成長。 今回の楽曲も、彼らしい魅力がたっぷり詰まったメッセージソングに仕上がっています。 幕開けを飾るのは衝撃的なセリフ。 「最後の夕食」という宣告に対して「呆然」とする主人公の姿が描かれます。 過去にも、生と死を真っ直ぐに見つめたシリアスなメッセージソングを数多く発表しているまふまふ。 「粗雑に昨日を費やした」という表現には、命あることの価値を軽んじてはならないという彼なりのメッセージが隠れているように感じられます。 また、自身が手掛けるボーカルユニット「After the Rain」として発表した同名の楽曲を思わせる「解読不能」というキーワードが、ファン心をくすぐる楽しい仕掛けになっています。 序盤にして一気に曲の世界に引き込まれますね。 現代の若者を取り巻く苦しい環境から生まれる感情を、痛々しいほどに素直な表現で「死にたがりばっかり」と表現して見せます。 不自然なオブラートに包むことなく、伝えたい気持ちを真っ直ぐに伝える。 まふまふらしい表現がはっきりと現れているパートではないでしょうか。 「惨状」「病状」と心地よい韻を踏みつつ迎えるサビで、楽曲最大の見せ場であるキーワード「最終宣告」が登場します。 背水の陣ともいうべき最後の通告を受け、対照的にむなしく「踊る」さまが感情の激しさをより鮮明に描写しています。 続いて登場する「ワンサイドゲーム」とは、圧倒的な力の差がある一方的な試合のこと。 最終宣告を告げる側と、告げられる側。 この世に生まれ落ちた時点で決まってしまう残酷な対比が、クールなリリックの中に織り交ぜられています。 「誰だって行き着く先は終点」という一見ネガティブな結論から、発想を転換し「好き勝手やるだけ」と力強い跳躍を見せています。 そして最後の一文は「生きると言え」。 これは歌詞に登場する人物の言葉でもあり、ほかでもないまふまふ自身のメッセージだと捉えることができるでしょう。 「最終宣告」を受けたと感じるほどに、辛く、苦しい状況に置かれたとしても。 ワンサイドゲームのように理不尽な展開が自分に待ち受けていようとも。 この世に生まれ落ちたからには生きることを諦めてはいけない。 最後まであらがわなくてはならない、というパワフルなメッセージが浮かび上がってきます。 『最終宣告』に一貫して漂う生と死のモチーフ。 現代人が陥りやすいネガティブな思考を巧みに楽曲のテーマに折り込みつつも、決して希望を捨てさせない力強さがまふまふの歌詞には存在しています。 生きる力を与えてくれる歌詞の魅力が、まふまふの人気を後押ししているのかもしれませんね。 TEXT ヨギ イチロウ.

次の