新型 コロナ ウイルス 治療 薬。 武田薬品が新型コロナ回復者の血液収集、治療薬は最短9カ月で

新型コロナウイルスはどうなる?潜伏期間は?治療法や治療薬などをまとめました

新型 コロナ ウイルス 治療 薬

北里大学感染制御研究センターの花木秀明センター長は2日までに日刊工業新聞のインタビューに応じ、抗寄生虫薬「イベルメクチン」について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として1年以内の承認申請を目指す考えを明らかにした。 主に軽症者を対象に、今夏にも医師主導の臨床試験を開始する。 イベルメクチンを使った新型コロナ感染症の臨床試験は世界で18例が行われており、日本で開始されればアジアで初めてになる。 医薬品が厚生労働省から承認を得る場合、申請後の審査などで1年ほどかかる。 新型コロナ感染症治療薬については現在優先的に審査を受けられるため、申請後6カ月以内に承認を得られる可能性がある。 これまで米ユタ大学が、新型コロナ感染症患者にイベルメクチンを投与する研究を実施した。 研究結果によると、患者全体の死亡率は8・5%から1・4%に低下した。 うち人工呼吸器が必要な重症患者の場合の死亡率は、21・3%から7・3%に改善した。 イベルメクチンは寄生虫感染症の治療薬だが、エイズウイルス(HIV)やデングウイルスへの効果が報告されている。 ウイルスの遺伝子であるリボ核酸(RNA)の複製や、たんぱく質生成を阻害する作用が、ウイルス感染症への効果につながっている可能性があるという。 イベルメクチンは全世界で広く使われており、大きな副作用は確認されていない。 軽症者で効果を確認できれば入院患者の増加を防ぐことができ、再流行が起きても医療機関の逼迫(ひっぱく)は起きにくくなる。 一方、コロナウイルスは高温・多湿では感染力が弱まるという特徴から、夏季は患者が減少する可能性がある。 花木センター長は「感染集団(クラスター)は継続して発生するだろう。 クラスターをターゲットに、全国で臨床試験を実施したい」と述べた。 イベルメクチンは、寄生虫によって起きる「オンコセルカ症」の治療に使われる。 オンコセルカ症は目のかゆみや発疹などが生じ、失明に至ることもある感染症で、イベルメクチンは現在でも年間約3億人に投与されている。 イベルメクチンのもととなる化合物アベルメクチンの発見により、同大大村智特別栄誉教授は2015年、ノーベル賞を受賞した。 新型コロナ感染症の治療薬を巡っては、米ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」が国内で初めて承認を得た。 他に、富士フイルムの抗インフルエンザ薬「アビガン」や中外製薬の関節リウマチ治療薬「アクテムラ」が臨床試験を実施しており、早期の治療法の確立が待たれる。

次の

鹿大 新型コロナ治療薬候補を発見 ウイルス増殖を抑制する化合物(KKB鹿児島放送)

新型 コロナ ウイルス 治療 薬

新型コロナウイルスがひきおこす重い肺炎の治療薬候補のひとつに、免疫を抑える薬が注目されている。 本来は体を病気から守る免疫を抑えてしまうと、ウイルスが増えるおそれがあり、通常は使われない。 常識と違う使われ方をするのは、新型コロナの重症化の原因に、免疫が暴走する「サイトカインストーム」が指摘されているからだ。 どういうしくみなのか。 新型コロナに感染した患者の診療にあたる、大阪はびきの医療センターの田中敏郎副院長は「急速に全身状態が悪化して、人工呼吸器が必要になる患者がいる」と話す。 こうした急速な重症化の原因とみられるのが、サイトカインストームだ。 2003年に中国などで流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)などでも影響が報告された。 「サイトカイン」とは、細胞から分泌され、さまざまな働きを持つ、たんぱく質の総称。 ウイルスが細胞に侵入すると、免疫にかかわるサイトカインの働きが強まり、免疫細胞を活性化して、ウイルスに感染した細胞を攻撃する。 感染症にかかると、発熱やだるさ、筋肉痛などが起こる。 これはサイトカインが働き、病原体と戦っている証拠だ。 ところが、何らかの理由でサイトカインが増えすぎると、免疫の働きが暴走する。 これが嵐(ストーム)のように急速に起こる状態が、サイトカインストームだ。 サイトカインストームとは 免疫が暴走しないように体内には複雑な仕組みが備わっている。 だが、ひとたびサイトカインストームが起こると制御できなくなり、暴走した免疫が、感染した細胞だけでなく、正常な細胞も傷つけてしまう。 サイトカインストームでは、血液が固まりやすくなる恐れもあり、血流が止まる血栓の原因にもなりうる。 新型コロナの患者で脳梗塞(こうそく)が起きるケースが相次ぐなど、血管への影響が注目される。 肺では、毛細血管をつくる細胞が傷ついたり、血管がつまったりして、必要な酸素が吸収できなくなる「急性呼吸不全」になってしまい、人工呼吸器などが必要になることがある。 心臓、肝臓や腎臓など、さまざまな臓器で正常な細胞が傷つき、最悪の場合は死に至ることもある。 研究進む「候補薬」 新型コロナの治療薬ベクルリー(一般名レムデシビル)や、治療薬候補のアビガン(ファビピラビル)のような抗ウイルス薬では、免疫の暴走は止められない。 そこで、免疫を抑える薬を使え….

次の

新型コロナウイルスはどうなる?潜伏期間は?治療法や治療薬などをまとめました

新型 コロナ ウイルス 治療 薬

安倍晋三首相は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた、史上初の主要7カ国(G7)首脳による緊急テレビ電話会議で「治療薬の開発」を急ぐことを明言した。 実は、先週14日の記者会見でも、同様の発言をしている。 新型コロナウイルス感染症には現在、有効なワクチンや治療薬がないが、何らかの手応えがあるのか。 取材すると、期待できる「4つの薬」の存在が浮上した。 そのためにG7が協力し、そして世界の英知を結集して治療薬の開発を一気に加速すべきだと」 安倍首相は17日未明、直前に行われたG7首脳会議で、自身が主張したことの1つとして、記者団にこう披露した。 ほぼ同様の発言は、先週の記者会見でも聞かれた。 現在、世界各国の製薬会社や大学などの研究室では、新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の研究・開発が進められている。 世界保健機関(WHO)によると、世界で400件近くの新型コロナ関連の臨床試験が進行中だという。 米国立衛生研究所(NIH)は16日、米企業と連携して開発しているワクチンの臨床試験を開始したと発表した。 ワシントン州シアトルの病院で初めて人に投与した。 米政府系メディアのボイス・オブ・アメリカ(VOA)によると、実用化には1年~1年半かかる見通し。

次の