ヘキサ メト ニウム。 EW

アセチルコリン受容体

ヘキサ メト ニウム

EW-自律神経節遮断薬 自律神経節に作用する薬物 ・自律神経節シナプス後膜にあるニコチン様NN受容体は、節前線維から遊離されたAChにより刺激され、シナプス後膜の脱分極により、興奮を伝達する。 37 p. 110 ・つまり自律神経節に作用する薬物とは、このニコチン様NN受容体に作用する薬物をいう。 ・交感神経節にも副交感神経節にもニコチン様NN受容体が存在するが、自律神経節に作用する薬物がある一つの臓器において同時にそれぞれのニコチン様NN受容体に働くことはない。 ・一つの臓器に対して拮抗的二重支配を行う自律神経だが、いずれかの神経が各臓器に対して優位に働いている。 ・交感神経優位支配臓器:血管、汗腺(コリン作動性) ・副交感神経優位支配臓器:心臓、瞳孔、毛様体筋、消化管、膀胱、唾液腺 ・自律神経節に作用する薬物は、この優位神経節のニコチン様NN受容体に対して働きかける。 ・また自律神経節に作用する薬物は副腎髄質のニコチン様NN受容体に作用してエピネフリンの放出にも影響を与える。 1.自律神経節刺激薬 自律神経節刺激薬は自律神経節に作用して、節後線維の興奮を起こす薬物をいう。 薬物名 要点 アセチルコリン ムスカリン様受容体遮断後、大量投与しなければ現れない。 ニコチン 少量投与の場合、節刺激作用を現わす(節遮断薬の頂を参照)。 他にテトラメチルアンモニウム(TMA)、ジメチルフェニルピペラジニウム(DMPP)。 2.自律神経節遮断薬 自律神経節において、AChによる興奮伝達を遮断する薬物を節遮断薬という。 自律神経節は、交感神経と副交感神経に存在し、両者ともニコチン様作用であるため、節を遮断すれば、交感神経節も副交感神経節も遮断されることになる。 しかし各臓器はいずれかの神経が優位であるため、臓器への影響は優位支配の神経が遮断された時と同じ結果が現れる。 自律神経節遮断薬には競合的節遮断薬と脱分極性節遮断薬がある。 それぞれ、節伝達、外来性の節興奮のいずれも抑制する。 (例)血管は交感神経優位で、節を遮断すると交感神経節が遮断され、血圧が下降する。 消化管は副交感神経優位で、節を遮断すると副交感神経節が遮断され、消化管の緊張 が低下する。 薬物名・構造 要点 ヘキサメトニウム(C6) ・2個の4級アンモニウムの間に炭素鎖が6個。 ・消化管からの吸収が悪く、血液一脳関門を通りにくいので、中枢作用はない。 ・NN受容体の競合拮抗薬と考えられてきたが、現在では、Na チャネルのuse-blockであると考えられている。 ・作用発現は速く、持続は短い。 ・ヒスタミン遊離作用、血管拡張作用(パパベリン様作用)を現す。 ・全身麻酔時の低血圧維持の目的で点滴静注により使用。 しかし後に持続的脱分極を起こすため節遮断作用を有する。 薬物名・構造 要点 ニコチン ・タバコ葉のアルカロイドである。 ・少量で興奮、多量で抑制。 〔少量投与〕 ・自律神経節のシナプス後膜を脱分極し、各器官において優位支配神経の興奮効果 (血圧上昇、心拍数減少、縮瞳、腸管収縮、胃液分泌促進など)がみられる。 ・副腎髄質からのエピネフリンの分泌は増加する。 ・運動神経節接合部においてもニコチン様作用が現れ、骨格筋の収縮をきたす。 〔多量投与あるいは少量投与後期〕 ・シナプス後膜を持続的に脱分極し、優位支配神経の興奮効果は遮断される。 ・骨格筋は弛緩する。 ・カテコールアミン放出を介した、疲労回復感。 ex ニコレット 自律神経の優位性と節遮断効果 支配臓器 有意な神経 節遮断効果 血管 交感 血管拡張により血圧降下、起立性低血圧 汗腺(コリン作動性) 交感 分泌減少(制汗) 心臓 副交感 心拍数増加(頻脈) 瞳孔 副交感 散瞳 毛様体筋 副交感 遠視性調節麻痺、眼内圧上昇 消化管 副交感 緊張・運動の低下(便秘) 膀胱 副交感 尿貯留(尿閉) 唾液腺 副交感 分泌減少(口渇).

次の

自律神経節刺激薬・自律神経節遮断薬の一覧と作用機序

ヘキサ メト ニウム

【実験方法(実験1・2共通)】• 水槽の設置・設定 50mlのマグヌス管を水槽に設置し,水槽に水道水を入れる。 栄養液(Tyrode氏液)と通気のセット あらかじめ加温しておいたTyrode氏液をマグヌス管に入れる。 栄養液には空気導入管を通して毎分60泡程度の気泡を送る。 このとき,気泡によって回腸片が大きく振動しないようにする。 回腸標本のセット 準備されている回腸標本を変位計側・金属棒側のセルフィン(金属製のクリップ)の順番に「ねじれの位置」にならないように挟む。 このとき,回腸に機械的な力が加わったり,断片が盲管になったりしないようにする。 変位計の設定 回腸標本に2gの張力がかかるように,変位計が水平になるように万能スタンドとおもりを調節する。 〈実験1〉アセチルコリンの摘出回腸に対する各薬物の効果 【実験方法】• 使用薬物の調整 薬物 元の状態 作成濃度 (管内) 計算方法 希釈 局方塩化 アセチルコリン (Ach) 粉末0. 66 5. 85 5. 4ml アンプル1mlに蒸留水13. 73 5. 7ml アンプル1mlに蒸留水6. 7mlを加える 塩化 ヘキサメトニウム (C6) 粉末0. 19 5. 5ml 蒸留水5. 5mlを加える 10倍希釈し, 10 -5,10 -6M作成 局方メチル 硫酸ネオスチグミン (Neos) アンプル 0. 39 5. 9ml アンプル1mlに蒸留水1. 9mlを加える 10倍希釈し, 10 -7,10 -8M作成• 薬物の投与• Ach(10 -4〜10 -9M)の用量反応曲線 Ach(10 -4〜10 -9M)を投与し,用量反応曲線を描く。 3回以上繰り返し,用量反応曲線の再現性を確認する。 終わったら栄養液で標本を十分に洗浄する。 d-Tbのグラフ(グラフ【1】) 10 -9 10 -8 10 -7 10 -6 10 -5 10 -4 コントロール 0 0 0. 3 3. 65 4. 15 4. 65 d-Tb前処置 0 0 0. 4 2. 5 3. 5 3. 85 再現性 0 0 0. 2 2. 35 3. 3 3. 85 d-ツボクラリンは神経筋接合部遮断薬で,Achの作用を競合的に遮断する(競合性遮断薬)。 主に骨格筋に作用し,腸管平滑筋にはあまり影響を与えないので,Achのみを投与したときと変わらないと予想される。 実験では,再現性の曲線とd-Tbの曲線との間にあまり差がみられないので,洗浄が不十分だったと考えられる。 C6のグラフ(グラフ【2】) 10 -9 10 -8 10 -7 10 -6 10 -5 10 -4 コントロール 0 0 0. 7 3. 1 4. 5 4. 5 C6前処置 0 0. 1 0. 4 3. 0 4. 2 4. 2 再現性 0 0 0 3. 0 3. 8 4. 0 ヘキサメトニウムは神経節遮断薬であり,主にニコチン受容体を遮断する。 摘出回腸では,副交感神経節遮断によって,平滑筋緊張と運動は低下すると予想される。 しかし実験では,C6を投与した場合のAchによる作用に差は認められなかった。 これはAchが平滑筋の神経筋接合部のムスカリン受容体に直接に作用したためであると考えられる。 0 4. 1 4. 4 4. 4 Neos前処置 0 0. 4 4. 5 4. 6 4. 7 4. 7 再現性 0 0 2. 2 3. 9 3. 9 4. 0 ネオスチグミンはアセチルコリンエステラーゼ(AhE)の作用を阻害するため,Achの作用を増強し,またニコチン受容体にも直接作用する。 そのためAchの用量作用曲線は左にシフトすると予想される。 Atroのグラフ(グラフ【4】,管内濃度は10 -8M) 10 -9 10 -8 10 -7 10 -6 10 -5 10 -4 コントロール 0 0 0. 9 4. 0 4. 3 4. 4 Atro前処置 0 0 0 0. 5 4. 2 4. 5 再現性 0 0 0. 4 3. 9 4. 3 4. 4 アトロピンは抗コリン作用薬で,ムスカリン受容体と結合してその活性化を阻害する拮抗阻害薬である。 従ってAchの用量作用曲線は右方にシフトすると予想される。 実験では予想通りの結果が得られた。 【考察】 1. 腸管平滑筋における自律神経支配について Neos前処置下でAchの用量作用曲線は左方シフトし,Atro前処置下でAchの用量作用曲線は右方シフトした。 従って腸管平滑筋は,コリン作用性の神経(主に副交感神経)によって支配されていることがわかる。 アトロピンの拮抗様式について アトロピン前処置の実験において,Achの用量作用曲線は右方シフトし,Ach濃度の十分に高いときには,アトロピン前処置なしの時の筋収縮量とほぼ同じ(最大反応量は同じ)であることから,アトロピンはAchの競合阻害薬である。 アセチルコリンの作用部位について 自律神経の化学伝達の種類 節前線維 自律神経節 (部位) 節後線維 効果器 交感神経 コリン作用性 ニコチンR (交感神経幹) アドレナリン作用性 アドレナリンR 副交感神経 コリン作用性 ニコチンR (効果器近傍) コリン作用性 ムスカリンR 摘出回腸では,上の表の薄く塗りつぶした部分のみ存在するので,Achは副交感神経にのみ作用する。 AtroはムスカリンRと結合して作用する抗コリン薬であり,C6は神経節のニコチンRに結合して作用する神経節遮断薬である。 実験の結果からムスカリンRと結合するAtroでは右方シフトが起こり,ニコチンRと結合するC6では変化がみられないことから,Achの腸管平滑筋収縮作用は,AchがムスカリンRに結合することによって起こる。 交感神経の役割を明らかにする実験計画 副交感神経節のうち腸管を支配するものは,壁内神経節でニューロンを代えるためその神経節の作用をみることができる。 しかし腸管を支配する交感神経節は,上腸間膜神経節でニューロンを代えるため神経節の作用をみることはできない。 そこで交感神経の示す実験では次のような方法を採る。 まず腸管にAchを投与して用量作用曲線を描く。 次にNEを前処置した後Achの用量作用曲線を描く。 NEの作用部位を知るために,以下の薬物を前処置した上での用量作用曲線を作成する。 これを実証するためには,まずニコチンを投与してニチコンによる副交感神経節刺激の用量作用曲線を描く。 次にNE前処置した後にニコチンを投与し,用量作用曲線を描く。 このとき収縮が抑制されていれば,NEが副交感神経節に作用して副交感神経の活動を抑制することがわかる。 79 〈実験2〉ヒスタミンの摘出回腸に対する各薬物の効果 【実験方法】• 07 5. 80 1. 34 1. 19 2. 85 5. 4ml アンプル1mlに蒸留水13. 4mlを加える 10倍希釈し, 10 -8M作成• 薬物の投与• シメチジンのグラフ(グラフ【5】) 10 -9 10 -8 10 -7 10 -6 10 -5 10 -4 コントロール 0 0 0 0 0. 75 2. 0 シメチジン前処置 0 0 0 0 0. 5 1. 8 再現性 0 0 0 0 0. 85 2. 1 シメチジンはH2受容体の競合遮断薬であるが,H2受容体は回腸に存在しないため,回腸の平滑筋に影響を与えない。 そのためHisのみを投与したときと変わらないと予想れる。 シメチジンはH2受容体の競合遮断薬であるが,H2受容体は回腸に存在しないため,回腸の平滑筋に影響を与えない。 そのためHisのみを投与したときと変わらないと予想される。 事件ではほぼ予想通りの結果が得られた。 Dphのグラフ(グラフ【6】) 10 -9 10 -8 10 -7 10 -6 10 -5 10 -4 コントロール 0 0 0 0 1. 0 2. 2 Dph前処置 0 0 0 0 0 1. 5 再現性 0 0 0 0 0. 3 2. 0 DphはH1受容体遮断薬であるのでグラフは右方シフトすると予想される。 実験ではほぼ予想通りのグラフが得られたが,収縮反応が微弱であるためより濃い濃度のHisを使うと最大反応が得られると予想される。 このことからDphは,競合阻害薬であると予想される。 Papのグラフ(グラフ【7】) 10 -9 10 -8 10 -7 10 -6 10 -5 10 -4 コントロール 0 0 0 0 0. 6 1. 8 Pap前処置 0 0 0 0 0. 1 0. 4 再現性 0 0 0 0 0. 7 1. 9 Papは平滑筋弛緩薬であるのでグラフは右方シフトすると予想される。 実験ではほぼ予想通りの結果が得られた。 Pap処置後のHisの最大反応は,Hisのみの場合に比べてかなり低くなっていることから,Papは非競合阻害薬であり,H1受容体以外を介して平滑筋弛緩を起こしている。 PapはcAMP量を上昇させ,細胞内Ca濃度の上昇を抑制することにより平滑筋を弛緩させる。 Atroのグラフ(グラフ【8】) 10 -9 10 -8 10 -7 10 -6 10 -5 10 -4 コントロール 0 0 0 0. 1 3. 6 4. 2 Atro前処置 0 0 0 0 3. 8 4. 5 再現性 0 0 0 0. 4 4. 0 4. 6 Atroはムスカリン受容体の阻害薬であり,Hisを用いた今回の実験ではHisの用量作用曲線に変化はみられないと予想される。 実験結果はほぼ予想通り大きな変化はみられなかった。 【考察】 1. 26 2. Dph,Papの拮抗様式 Dph前処置後のHisの用量作用曲線は,右方シフトするが最大反応は変化しないので,ヒスタミンH1受容体を競合的に阻害する。 Papの前処置後のHisの用量作用曲線は,右方シフトし最大反応を低下させるので,ヒスタミンの非競合阻害薬と考えられる。 これを調べるには単独適用法を用いて調べる。 各種濃度のアンタゴニストをまず適用し,洗浄しないで続いて一定濃度のアンタゴニストを加えて反応を観察した後,薬物を洗浄する。 生物学的検定の応用 生物学的検定とは,「薬物を一定の条件下で試験動物もしくは細菌などに作用させて検量線を作成し,未知の濃度の薬物濃度を定量する方法」である。 腸管を用いた場合について考えると,有機リン中毒患者の血清中のコリンエステラーゼ阻害活性を調べるのに用いられる。 ヒスタミンH1・H2受容体についての検討法 Hisのみの用量作用曲線を作成し,次にH1,H2受容体遮断薬を前処置した後のHisの用量作用曲線を作成し,その変化からH1,H2受容体の作用を検討する。 使用する薬物としてはH1受容体遮断薬にはジフェンヒドラミンなど,H2受容体遮断薬にはシメチジンなどがある。 受容体遮断薬によってHisの用量作用曲線が右方シフトすれば,その受容体がその作用に関係があると考えられる。 同様にしてH1受容体作用薬とH2受容体作用薬による用量作用曲線の関係をみてもよい。 DphのpA2 pA2はアゴニストの用量作用曲線を2倍だけ高用量に平行移動させるのに必要な競合的アンタゴニストのモル濃度の負対数である。 94 Copyright C 1997-2008 Suzumura Tomohiro All rights reserved.

次の

55

ヘキサ メト ニウム

問 123 自律神経節に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか 問 123 自律神経節に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 a 自律神経節にはニコチン性アセチルコリン受 容体がある。 b 副腎髄質では交感神経節前線維から放出され たアセチルコリンが、エピネフリン、ノルエピ ネフリンの放出を抑制する。 c DMPP(1,1-dimethyl-4-phenyl- piperazinium)は神経節を興奮させる。 d ヘキサメトニウムは、神経節においてアセチルコリンと競合的に拮抗し、伝 達を遮断する。 e カンシル酸トリメタファンは、全身麻酔時に、神経節遮断による血圧上昇の 目的で用いられる。 節前線維から放出される アセチルコリンは、副腎髄質の ニコチン受容体に結合して副腎髄質を興奮させ、 エピネフリン、ノルエピネフリンを放出させる。 ニコチンは 少量ではニコチン性アセチルコリン受容体を 興奮させ、 大量ではニコチン性アセチルコリン受容体を 遮断してしまう。 ニコチン受容体において、アセチルコリンと競合し交感神経、副交感神経の両方を遮断するがこれには優位性がある。 血管は交感神経が優位に支配しているので、交感神経を遮断することにより 血圧を下げる。 よってトリメタファンは外科手術時の低血圧維持並びに異常高血圧の救急処置に点滴静注される。 トリメタファンは 作用発現は速く持続は短いので副作用が出にくい。

次の