広島 天気 雨雲 レーダー。 広島県東広島市の雨雲レーダーと各地の天気予報

広島県福山市の雨雲レーダーと直近の降雨予報

広島 天気 雨雲 レーダー

雨雲レーダー• 広島県 近隣の雨雲レーダー 実況• 8 15:00 19. 8 05:40 0. 0 5. 3 13:00 12. 8 31. 0 15:40 16. 2 05:20 0. 0 3. 7 14:40 12. 4 29. 4 13:50 19. 5 05:10 0. 0 5. 4 15:20 12. 9 --- --- 0. 0 3. 6 12:00 12. 7 --- --- 0. 0 --- --- --- --- 0. 0 --- --- --- --- 0. 0 --- --- 29. 3 14:10 13. 4 05:10 0. 0 3. 1 15:10 12. 5 --- --- 0. 0 --- --- 31. 0 13:50 14. 5 05:10 0. 0 3. 6 12:20 11. 6 29. 7 13:50 12. 3 05:20 0. 0 3. 4 09:50 12. 8 30. 2 14:10 19. 9 04:00 0. 0 4. 2 12:20 11. 9 --- --- 0. 0 --- --- --- --- 0. 0 --- --- 28. 7 14:40 18. 5 05:50 0. 0 4. 5 18:50 --- --- --- 0. 0 --- --- 29. 3 14:40 18. 5 01:30 0. 0 2. 9 11:00 12. 6 --- --- 0. 0 --- --- 27. 1 18:30 18. 0 03:00 0. 0 5. 7 11:00 12. 2 --- --- 0. 0 --- --- --- --- 0. 0 --- --- 30. 0 14:00 14. 7 05:00 0. 0 3. 8 17:50 12. 6 29. 8 16:50 18. 0 05:00 0. 0 4. 1 16:20 11. 4 31. 4 15:00 15. 4 05:20 0. 0 5. 4 16:50 12. 1 30. 3 15:50 18. 2 05:10 0. 0 3. 7 16:20 11. 7 --- --- 0. 0 --- --- 31. 2 14:30 17. 2 05:30 0. 0 3. 0 15:50 10. 7 --- --- 0. 0 --- --- 31. 6 14:00 14. 5 04:30 0. 0 3. 6 13:00 12. 0 28. 5 14:10 12. 1 05:20 0. 0 4. 6 11:50 12. 3 27. 8 15:10 11. 8 04:00 0. 0 3. 8 23:50 11. 1 --- --- 0. 0 --- --- --- --- 0.

次の

広島県気象レーダー

広島 天気 雨雲 レーダー

広島県(ひろしまけん)は、日本の中国地方に位置する都道府県の一つ。 瀬戸内海に面する。 県庁所在地は広島市。 広島都市圏と備後都市圏を中心に工業(自動車産業)・商業が盛んである。 県庁所在地の広島市は中国・四国地方最大の都市であり、政令指定都市に指定されている。 一方で海・山の豊富な自然にも恵まれ、農業・漁業も盛んである。 このため「日本国の縮図」とも呼ばれる。 旧国制に倣い、大まかに広島市を中心とする県西部を「安芸」、県東部で岡山県と隣接している福山市を中心とする県東部を「備後」と呼び、現在でも方言・文化の点で一部違いを見せる(方言については広島弁・備後弁を参照のこと)。 ただし近年の広島県の施策では、有する都市機能と生活圏などから、広島圏域(県西部)、備後圏域(県東部)、備北圏域(県北東部)の3つに分ける場合も多い。 第二次世界大戦において世界で初めて核兵器による攻撃を受けた広島市を抱えることから、国際的に知名度が高い。 また安芸の宮島と原爆ドームの2つのユネスコ世界遺産を有しており、日本国外からの観光客も多い。 広島県のより詳細な地域の地図と雨雲レーダー.

次の

広島県の雨雲レーダーと各地の天気予報

広島 天気 雨雲 レーダー

広島県 ひろしま けん(Hiroshima Prefecture)の気象レーダー(weather radar)、雨量レーダーのサイトのリンク集(広島県気象レーダー一覧)です。 気象レーダーは、アンテナから電波を放射し、雲や雨粒から反射して返ってくる電波を分析して、雨や雪の位置・密度、風速や風向などを観測しています。 気象レーダーからの距離が遠くなると反射して返ってくる電波は弱くなりますので、気象レーダーから離れた場所の観測精度は落ちてきます。 また、地球が球形であることから、地表付近を高精度で観測できる気象レーダーは観測範囲が狭くなります。 通常、日本列島の雨雲は上空のジェット気流に乗って西から東に移動します。 しかし、台風の雲は反時計回り(左回り)の渦を巻いて移動します。 そのため、台風接近時は、普段の広島の雨雲の動きと異なりますので、ご注意ください。 気象レーダー 広島県の気象レーダーと降水量情報のリンク集です。 広島県以外の気象レーダーはをご利用ください。 jma. 24時間前から60分毎、6時間前から10分毎、3時間,1時間前から 5分毎の動画再生が可能です。 県境が書き込まれた白地図上の11段階の降水量表示が見やすく、また、スムーズに拡大・縮小できるので、台風接近時など広域で豪雨になっている場合でも、降雨の状況を把握ことが出来ます。 地図を拡大すると、県境に加え市町村の境界線も表示され、さらに地名・都市名,道路,鉄道,河川を表示させることも可能です。 リアルタイム雨量 広域版 をクリックすると雨量表示に切り替わり、前10分間、前1時間、前3時間、前24時間雨量を色で、地図を拡大すると 数値でも表示させることが可能です。 jma. jma. html? jma. html? jma. html? jma. 赤外は、赤外線を観測した画像で、温度の低い部分がより白く写ります(温度の低い部分は、一般に高い所にある雲です)。 水蒸気は、波長6. 可視は、太陽光の可視光線域の反射強度に応じて濃淡を付けた画像です(太陽光が当たらない夜の部分は写らず、黒くなります)。 雲頂強調画像は、日中の領域は可視画像、夜間の領域は赤外画像を表示し、その上に雲頂(雲の最も高い部分)の高度が高い領域を色付けした画像です。 赤味がかった領域は特に雲頂高度が高いこと示しています。 river. river. river. php? river. php? river. php? river. php? 6時間前から60分毎、3時間前から30分前, 1時間前から 5分毎の動画再生が可能です。 XバンドMP(マルチパラメーター)レーダーは、周波数8~12GHzのアンテナから電波を放射し、地上に落下する雨粒は大きいほど扁平する(上下方向に潰れた形になる)性質を利用し、高精度に降雨強度を観測しています。 従来の広域レーダー(4~8GHzのCバンドレーダー)に比べ観測できる範囲は狭くなりますが、観測頻度は5分間隔が1分間隔と5倍に、分解能は1km区画が250m区画と16倍になっています。 なお、XRAINトップページの全国レーダー図の雨量は、XバンドMPレーダーではなく、広域レーダー(Cバンドレーダー)の雨量画像です。 降水量表示はどちらも8段階です。 nullschool. 96,37. nullschool. 72034,34. nullschool. 96,37. nullschool. 72034,34. nullschool. 96,37. nullschool. 72034,34. nullschool. 96,37. nullschool. 72034,34. 58574,3000 地球の風・天気・海の状況をアニメーションで見ることが出来ます。 場所の移動はマウスをドラッグすることで、 拡大・縮小はマウスのホイールを上下に回して可能です。 地図上をクリックすると、その位置の座標とデータが表示されます。 yahoo. yahoo. 広島県以外に移動するには、地図をマウスでドラッグするか、地図右下の[地名から探す]をクリックして一覧を表示し、その中の都道府県名をクリックします。 降水量表示は14段階です。 降水量表示は14段階です。 jma. jma. html? 降水量表示は9段階です。 jma. tenki. tenki. tenki. tenki. html 気象レーダーで広島県の雨雲の動きを見ることが出来ます。 6時間後までの予想図を見ることも可能です。 気象レーダー画像に気象衛星画像や天気図を重ね合わせて表示できます。 一度、動画表示させると任意の時間帯にマウスで移動可能です)。 降水量表示は8段階です。 降水量表示は6段階です。 bioweather. htm 地図上をクリックすると各地の詳細が表示されます。 降水量表示は6段階です。 mlit. river. river. river. river. 降水量表示は8段階です。 river. XRAIN(XバンドMP(マルチパラメーター)レーダー)と広域レーダー(Cバンドレーダー)の画像を切り替えることが出来ます。 降水量表示はどちらも8段階です。 river. river. river. php? river. php? river. php? river. php? 6時間前から60分毎、3時間前から30分前, 1時間前から 5分毎の動画再生が可能です。 XバンドMP(マルチパラメーター)レーダーは、周波数8~12GHzのアンテナから電波を放射し、地上に落下する雨粒は大きいほど扁平する(上下方向に潰れた形になる)性質を利用し、高精度に降雨強度を観測しています。 従来の広域レーダー(4~8GHzのCバンドレーダー)に比べ観測できる範囲は狭くなりますが、観測頻度は5分間隔が1分間隔と5倍に、分解能は1km区画が250m区画と16倍になっています。 なお、XRAINトップページの全国レーダー図の雨量は、XバンドMPレーダーではなく、広域レーダー(Cバンドレーダー)の雨量画像です。 降水量表示はどちらも8段階です。 river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. river. ブラウザーによって動作は異なります)。 御相談は各機関に問い合わせをお願い致します。 情報のご利用は自己責任で行ってください。

次の