ダスティ アッテンボロー。 【銀英伝】銀河英雄伝説に登場する主要人物を一挙紹介!

【銀英伝】銀河英雄伝説に登場する主要人物を一挙紹介!

ダスティ アッテンボロー

以下、リリースを引用 『銀河英雄伝説Die NeueThese』OP・EDを新たに4月6日 月 よりNHK Eテレにて放送決定! さらに、新規ビジュアル2種と新規PV2種を解禁! 『 銀河英雄伝説』は、遙か未来の宇宙を舞台にしたSF小説です。 数々のヒット作を生み出した人気作家、田中芳樹の代表作で、1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として、累計1500万部のセールスを記録。 今なお増刷が続いています。 1988年からはアニメシリーズが本伝110話、外伝52話、長篇3作という圧倒的なボリュームで展開され、さらに多くのファンを獲得しました。 そして、2018年4月、Production I. Gが改めて新作アニメーションとして『 銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』 全12話 を制作。 新たな声優陣、最新の技術での艦隊戦、新たな解釈で描かれた本作は、銀河英雄伝説ファンのみならず、幅広いアニメファンに話題となりました。 新たなOPテーマは「進撃の巨人」「機動戦士ガンダムUC」など、数々の大ヒットアニメ作品の劇伴音楽を手掛けてきた人気劇伴作家・澤野弘之のボーカルプロジェクトSawanoHiroyuki[nZk]の新曲「CRY」に決定。 ファーストシーズン「邂逅」オープニング曲・セカンドシーズン「星乱」エンディング曲に引き続き、NHK版 新OP曲も手掛けます。 ゲストボーカルは「UNIDOTS」のボーカルとして活動し、SawanoHiroyuki[nZk]の1stシングルより参加している憂いを帯びた歌声が魅力のmizukiが務める。 ファーストシーズン「邂逅」ED曲以来のNHK版 新ED曲を手掛けます。 さらに銀河帝国Ver. ・自由惑星同盟Ver. 2種類の新規ビジュアルと、ラインハルトVer. ・ヤンVer. の2種の新規PVが解禁となりました。 それぞれラインハルトとキルヒアイス、ヤンのみとなる新イラストはキャラクターデザイン菊地洋子描き下ろしとなり、物語が進むにつれて、移り行く各陣営の登場人物を描いていくデザインのシリーズイラストになります。 今後どのような登場人物が描かれていくのか期待が高まります。 PVでは物語の中心となるラインハルトとヤンをフューチャーし、なぜ彼らは軍人となり、戦うのか二人の相対する物語を描ます。 待望の初回放送はNHK Eテレにて4月6日 月 午後10時50分からとなります。 新OP・ED情報 解禁 「銀河英雄伝説 Die Neue These」NHK版オープニングテーマ「CRY」SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki 澤野弘之コメント 再び「銀河英雄伝説 Die Neue These」のオープニングテーマとして楽曲制作できた事を嬉しく思います。 今回は信頼するmizukiさんをゲストボーカルに迎え、彼女の歌声のおかげで「Binary Star」「Tranquility」とはまた違う力強く壮大な世界観にして頂き、僕自身凄く思い入れ深い楽曲になりました。 ぜひ作品の世界と共に楽曲「CRY」のサウンド、mizukiさんの歌声を楽しんで頂ければ幸いです。 そして、「銀河英雄伝説 Die Neue These」の一視聴者として僕自身も作品を楽しみたいと思います。 mizuki UNIDOTS コメント 今回、SawanoHiroyuki[nZk]プロジェクトを通じて「銀河英雄伝説 Die Neue These」に関わることができ、大変光栄に思います。 映像と楽曲「CRY」が重なった瞬間、心が沸き立つのを感じました。 この壮大な音楽と、詩と歌が、回を重ねるごとに作品とリンクしていく事を想像して、すでにわくわくしております。 澤野さんが生み出した、鋭くも切ない「CRY」。 この曲が「銀河英雄伝説 Die Neue These」のオープニングテーマとして皆様に愛されるよう心から願っております。 イントロダクション 「銀河英雄伝説」は、遙か未来の宇宙を舞台にしたSF小説です。 数々のヒット作を生み出した人気作家、田中芳樹の代表作で、1982年に第1巻が刊行されて以来、本伝10巻、外伝5巻の大長篇小説として、累計1500万部のセールスを記録。 今なお増刷が続いています。 1988年からはアニメシリーズが本伝110話、外伝52話、長篇3作という圧倒的なボリュームで展開され、さらに多くのファンを獲得しました。 そして、2018年4月、ProductionI. Gが改めて新作アニメーションとして 「銀河英雄伝説 Die Neue These」を制作。 銀河英雄伝説ファンのみならず、幅広いアニメファンに話題となりました。 この二国家の抗争は実に150年に及び、際限なく広がる銀河を舞台に、絶えることなく戦闘が繰り返されてきた。 長らく戦争を続ける両国家。 銀河帝国は門閥貴族社会による腐敗が、自由惑星同盟では民主主義の弊害とも言える衆愚政治が両国家を蝕んでいた。 そして、宇宙暦8世紀末、ふたりの天才の登場によって歴史は動く。 「常勝の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラムと、「不敗の魔術師」と呼ばれるヤン・ウェンリーである。 ふたりは帝国軍と同盟軍を率い、何度となく激突する。 スタッフ• 原作:田中芳樹 東京創元社刊• 監督:多田俊介• シリーズ構成:高木登• 助監督:森山悠二郎• キャラクターデザイン:菊地洋子 寺岡巌 津島桂• 総作画監督:後藤隆幸 菊地洋子• 特技監督:竹内敦志• メカデザイン:竹内敦志 臼井伸二 常木志伸• オリジナルメカデザイン:加藤直之• プロップデザイン:太田恵子• プロップデザイン・紋章デザイン:秋篠Denforword日和• 3D:I. G3D• 3D監督:森本シグマ• 美術:Bamboo• 美術監督:竹田悠介• 美術設定:塩澤良憲・曽野由大・藤井一志• 美術デザイン:渡部隆• 色彩設計:竹田由香• 音響監督:三間雅文• 音楽:橋本しん Sin 井上泰久• 音楽制作協力:Sony Music Publishing Japan Inc. エンディングテーマ:「光の星」ELISA• 撮影監督:荒井栄児• 編集:植松淳一• 制作:Production I. 監修:らいとすたっふ• 企画協力:ROOFTOP• 制作協力:徳間書店• 製作協力:DMM pictures• 製作:松竹・Production I. G キャスト• ラインハルト・フォン・ローエングラム:宮野真守• ヤン・ウェンリー:鈴村健一• ジークフリード・キルヒアイス:梅原裕一郎• ユリアン・ミンツ:梶裕貴• パウル・フォン・オーベルシュタイン:諏訪部順一• ウォルフガング・ミッターマイヤー:小野大輔• オスカー・フォン・ロイエンタール:中村悠一• アレックス・キャゼルヌ:川島得愛• フレデリカ・グリーンヒル:遠藤綾• ワルター・フォン・シェーンコップ:三木眞一郎• オリビエ・ポプラン:鈴木達央• ダスティ・アッテンボロー:石川界人• ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ:花澤香菜• フレーゲル:古谷徹• アーサー・リンチ:二又一成• ナレーション:下山吉光.

次の

【銀英伝】アッテンボローを描いてみた|安良|note

ダスティ アッテンボロー

769 - S. In the - は(版)、横悦夫(長篇「の」)、()。 軍に所属し、最終階級は。 ヤンが駐留官になって以後、分艦隊官としてその腕を振るう。 26歳でと呼ばれる立場になったが、これはヤンよりもかった。 などで多数のを失ったこともあって、ラトの和約に到るまでは軍を導る重な人材であった。 ラトの和約後は不穏分子として同盟の監視対となるが、ヤンの同盟脱出においてはやらと共にこれを画策、ヤン・ズの中核となる。 ヤン暗殺後はを支えるとなり、彼をを面で支えた。 人物・能力 明るく前向きな。 好きな言葉は「」。 軍人らしくはないが、軍の規を維持するためには厳しい態度に出ることもある。 判明しているはに、方の祖にダス、ほか三人で、かつ末っ子。 元々は志望だったが、・アッテンーが軍人であった義ダスとの時にしていたことから強引に軍人にさせた。 士官時代は脱柵遊びの常習犯であったが、それが縁でヤンと知り合う。 やはり脱走を得意とする、・アッテンーとの関係は定かではない。 同じようにを志したものの立場を異にするという点で、初代とは「」の関係にあるといえるだろう。 戦術揮は非常に優れており、るフリと足を活かした囮役や足止めなど的な揮を得意とする。 士官時代のの頃から敗軍の再編と抵抗において抜きん出ており、「このが揮すると、敗軍のうごきが急に精をおびるのが不思議」とまでられている。 アムァ前戦で率いる第10艦隊がと戦った際は同艦隊に所属しており、官を失いながらも残存部隊の脱出が成功したのは、彼の働きが大きかったとされている。 イ側での遭遇戦では新兵の割合が高い艦隊を率いて、本体の援軍が到着するまでを支え、の戦いでは相手に囮役を務め、に引きずり込むことに成功している。 新都では、暗殺を試みる徒を、ンと共に追い詰めもしている。 ヤン暗殺後はを導者として自分がとなることを決心し、の導に疑義を抱く者にたいして厳しい態度で臨んだ。 が世間から「ヤンの功績を盗んだ」とされることに対しては、これに対してっ向から反論。 ヤンとの仲からとも非常に親しくしており、また彼のを認めていたことから、終始の護者であり良いであった。 が崩御した後は議員になるをっていることから、以後と皇太后デが議会設立の合意に到った場合、議員に立補した可性も考えられる。 義で妻や人はいないが、同盟脱出に際しがヤンのを用意していたのを見て、義の返上を伺わせる言動をしていた。 また、自身の経験をにしたためており、いずれはこれを自叙伝にして大けしようと考えている。 常にヤンやの近くにいての中心部に身を置いていたことから、自叙伝が発刊されれば重要な史料となったはずである。 毒舌仲間 なはンと。。 ンとは頻繁にやりあっているが、彼に押され気味になることも多い。 軍議でも特に遠慮はしない。 若手士官の集まりに加わろうとしてンに「三〇歳以上はとわり」と拒否されたり、歳になったときアッテンーが「おれはみたいに悪いことはなにもしていない。 のになんだって三〇歳にならなくてはならんのだ」と不満を述べたのに対し、から「なにも悪いことをできなかったような性なしに、三〇歳になってもらいたくないね」と返される、などというやり取りをしたこともある。 この三人の共鳴は、も呆れるほどのものだった。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

ダスティ・アッテンボローとは

ダスティ アッテンボロー

ヤン艦隊の司令官であり公私ともにヤン・ウェンリーと付き合いの深い人物である。 普段の言動はオリビエ・ポプラン同様、かなり自由奔放でムライのような真面目な年配者からは素行に対して度々喝を入れられている(厳密に言うと近くで咳をされているだけだが)。 ヤンとは士官学校時代からの付き合いである日、門限に遅刻したアッテンボローを上級生でだったヤン(下級生を監督する立場にあった)が見逃してくれたのをきっかけにお互いを知り合うようになる。 私生活でもヤンと度々会っているため、ヤンのもとで養われているユリアンとも知り合いで彼の兄のような存在になっている。 その自由過ぎる性格とは裏腹に軍人としては有能で30代で中将にまで昇進している。 自由惑星同盟が消滅してしまったため中将より上の階級に昇進する事は無かったが、年齢を考えると仮に自由惑星同盟の滅亡が後10年遅ければヤンに次いで30代で元帥の称号を獲得してもおかしくなかった。 軍隊に入った経緯 アッテンボローは元々ジャーナリスト志望だった。 しかし父親と祖父の間で交わされた「最初に生まれた男子を軍人にする」という約束があったため、 アッテンボローは一般大学と士官学校の両方を受験させられる事になる。 この際、父からもらった「幸運の鍵(一般大学に落ちるよう呪いが掛けられていた)」のせいもあり、士官学校のみ合格し仕方なく入学する事になった。 人物評 あまり他人から評価を受ける人物では無かったが、ヤンが彼に戦場において重要な任務を度々任せていた事を見ても司令官として高く評価されていたと考えられる。 またヤン・ウェンリーの死後後継者となったユリアンが自らの後継者としてアッテンボローを指名しており同盟軍内から幅広く支持されていたようだ。 実際ヤン艦隊の一司令官として帝国軍の歴戦の勇将たちと互角に戦っていた事を考えると、同盟が健在だった時期まで遡っても彼に勝る軍事的才能を兼ね備えた人物は少なかったと思われる。 人物ステータス• 司令官としての活躍は幾たびもあったが、アッテンボロー自らが白兵戦を展開する事は皆無だった。 生来の自由人で士官学校でもあまり真面目に授業を受けていなかっただろう事を考えると白兵戦は不得意だったのではないか。• メルカッツやフィッシャーと言った歴戦の司令官たちが戦死していく中でアッテンボローは最後まで生き残った。 これは彼の艦隊運用の巧みさにも一因があるだろう。• 自由奔放で気さくな人柄で多くの人と交流を持っていた。 ヤンにとってはユリアン同様、何でも気軽に相談できる人物の一人だった。• ヤンがレンネンカンプの策略によって拘禁された際、シェーンコップとともにヤンを救出しハイネセンからの脱出を企てた。• ヤンには及ばないものの優れた分析能力を持っており、彼の同盟に対する不満や分析はヤンの考えるものと酷似していた。 またビッテンフェルトに対しては彼の最も嫌がるような言葉を選んで見事な挑発文を送っていた。• 権謀術数と言うよりは悪巧みを考えるのに長けている。

次の