愛子 さま 大学。 愛子さまが「ICU」ではなく「学習院文学部」を選ばれた“意味” 天皇陛下も「本人の意向を尊重」

愛子さまの学力は?偏差値72で国語は天才。小説を書いたことも|気になる調べ隊!

愛子 さま 大学

4月に入学する。 偏差値72であれば、愛子様の志望校は一橋大学や筑波大学、上智大学か国際基督教大学ではないかと噂になりました。 愛子様の友達が学習院大学ではない他大学の医学部や獣医学部を目指しているために、愛子様は影響を受けて他大学に気持ちが傾いているという情報もあったんですよ。 また、皇后様が東京大学に通っていたことと、受験にはまだ時間があることから本命は東京大学ではないかとも言われていましたが、天皇陛下と同じ学習院大学・文学部に進まれるのですね。 規制の多い皇族にとって、大学は結婚相手を選ぶことのできる数少ない場です。 学習院大学に進学してくる学生は皇族にゆかりのある人も多いことから、素性の知れた人の中から愛子様が結婚相手を探すのが理想的だと皇族側が考えての内部進学であると言われています。 また、学習院大学であれば皇族の受け入れ体制も万全なために、愛子様も良い環境で学べるというのも内部進学の理由の一つなんだそう。 ところが過去に、頭脳明晰の愛子様が発達障害であるという噂があったんですよ。 愛子様に自閉症の疑い!? 愛子様が誕生してもしばらく取材されることがなかったため、3歳にあたる2004年頃から海外メディアが 発達障害(自閉症スペクトラム障害)ではないかと報道されましたが、自閉症ではありません。 自閉症スペクトラム障害とは、言葉の使い方に異常があることで対人関係に支障をきたす病気です。 愛子様が自閉症スペクトラム障害ではないかという理由は下記の6項目。 2014年武蔵野陵参拝の際に皇后様よりも先に歩いたことと、中学にして玉串奉奠(たまぐしほうてん)ができなかった。 自閉症の子供に多い手の甲を人に向けて手を振る行為。 2014年7月号の週刊文春が愛子様が「先生が私の言うことをきかない。 」と発言したと報道。 2014年10月号の週刊文春が愛子様が個別で授業を受けていて、美智子様が医師に相談していると報道。 幼少期から相撲が大好きで、力士の四股名や下の名、出身地まで全て覚えていることから、特定の分野だけに人並み外れた才能を発揮する『サヴァン症候群』ではないかと噂された。 幼少期は天皇陛下と皇后様がマスコミから距離を置くことで守っていたと考えられ、情報が少ないために間違った憶測が広まってしまったのでしょうが、その間に愛子様は学力をつけていたんですね。 愛子様の出身高校 愛子様さんは 2017年4月に学習院女子高等科へ入学し、2020年3月に卒業予定です。 愛子様はチェロが得意で、2年生のときに卒業生の送別学芸会の劇のBGMでチェロを演奏しました。 勉強と音楽の才能もさることながら、運動神経も抜群で、バスケットボールの試合に出場したこともあるんですよ。 仲の良い友達がいて、2018年の春休みに学習院高等学校野球部の試合を観戦したり、富士急ハイランドやディズニーランドに行ったり、ボウリングやカラオケ、プリクラも楽しんでいるんだとか。 修学旅行は京都と奈良で御所を見学しました。 2018年7月22日から8月9日まではイギリス短期留学である海外研修プログラムに参加してストーンヘンジ、大英博物館を訪れました。 ロンドン郊外のイートン校では英語の授業を受講します。 修学旅行や短期留学の間も愛子様は人気者で、文化祭で武勇伝まで作っているんですよ。 愛子様の高校時代はダンスがスゴイ? 2018年11月3日に開催された学習院中等科・高等科の文化祭『八重桜祭』にダンスチーム『BLOOM』を結成して出場した愛子様。 2017年は司会だけだった愛子様がダンスデビューするということで、友人だけでなく男子生徒までが殺到し、開始時間を30分遅らせるほどの人気ぶりだったんですよ! ベラ・ソーンの『Call it whatever』とアヴリル・ラヴィーンの『What the hell』の2曲をポンポンを持って踊った愛子様に、「あいちゃーん!」の声援が周囲から聞こえたそうで、完全に学習院のアイドルです。 愛子様の人気は佳子様を超えているという噂まで出ていて、名前の通りに愛されキャラですね。 愛子様の中学時代は不登校気味だった? 中学生になって少しずつ公務をこなされている愛子様にストレスがかかったのか、多感な時期で学生生活を負担に感じていたのか、愛子様は何度か学校に行かなかった時期があります。 中学に入学してから間もなく、午後2時に登校する日々が続き、定期試験や苦手科目である理数系の授業を休むようになってしまいました。 2年生と3年生のチームトーナメント制で、愛子様の守備はショートだったのですが、なんと準優勝をしているんですよ。 自然学校(群馬県みなかみ町)や臨海学校(静岡県沼津市)、修学旅行(広島県)に参加するほど元気だったにもかかわらず、3年生の10月から43日間学校を休んでしまいました。 中学1、2年では参加していた体育祭も3年生は欠席。 体育祭に参加していた時の画像を見ると、楽しそうで長期間休む理由がないように見えますよね。 小学生時代に愛子様をいじめていた男子生徒と再開したのが長期欠席の原因とも言われていますが、愛子様は女子校に進学しているので、男子生徒から避けられる状況だったのではないでしょうか。 嫌なことをする相手に対して果敢に攻めていく女性もいる中、愛子様は優しすぎて何もできなかったのかもしれません。 理数系、特に数学の三角比や確率の計算が苦手だった愛子様は、作文が天才級なんですよ。 愛子様の作文が神ってる! 修学旅行で訪れた広島原爆ドームのことを卒業文集に書いた愛子様。 作文が素晴らしいと2017年3月22日発刊の『毎日新聞』で全文が掲載されました。 何よりも、原爆が何十万人という人の命を奪ったことに、怒りと悲しみを覚えた。 命が助かっても、家族を失い、支えてくれる人も失い、生きていく希望も失い、人々はどのような気持ちで毎日を過ごしていたのだろうか。 私には想像もつかなかった。 平和を願わない人はいない。 しかし、世界の平和の実現は容易ではない。 今でも世界の各地で紛争に苦しむ人々が大勢いる。 では、どうやって平和を実現したらよいだろうか。 「平和」は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから。 愛子様の出身小学校 愛子様さんは 2008年4月に学習院初等科へ入学し、2014年3月に卒業しています。 オール5ということは、勉強だけでなく運動や音楽、美術や書道もできたということですよね。 小学3年生にして、書道の先生と間違えるようなキレイな字を書いていますよね。 運動会では、足が速くてかけっこやリレーで花形選手だったよう。 冷静なイメージの愛子様も、競争になると加熱するんですね。 英語は特に得意で発音が天皇陛下よりも上手だという噂もあるほどですが、一体どのような勉強をしていたのでしょう? 愛子様の小学生時代の勉強方法は? 国語が好きな愛子様は、知らない言葉や漢字を見るとすぐに辞書を引くんだとか。 漢字テストで間違うようなことがあると、同じ漢字を100回書いて絶対に忘れないようにしているんですよ。 集中しすぎて12時を超えることもあり、皇后様に注意される日もあるほど。 その上、毎年、英語のサマースクールにも通っていたといいますから、英語の達人であって然るべきですね。 天皇陛下からは日本史や世界史を教えてもらうことが多く、寸劇のように面白おかしく教えてくれたんだそうで、愛子様はすぐに覚えることができたでしょう。 愛子様の出身幼稚園 愛子様さんは 2006年4月に学習院幼稚園へ入園し、2008年3月に卒園しています。 幼稚園時代の愛子様は、折り紙と木登りが好きだ少女だったそう。 相撲好きだったことはお伝えしましたが、大相撲中継で旭天鵬と玉乃島の対戦を見て「あっ、これ小結同士ね」と言ったという逸話もあるんですよ。 幼稚園時代の画像がとてもカワイイので、ご紹介しましょう。 幼稚園よりも幼い画像ですが、バイバイも愛子様がすると神々しく感じてしまいます。 愛子様の学歴まとめ! 学習院幼稚園 入園年月 2006年4月 卒園年月 2008年3月 学習院初等科 入学年月 2008年4月 卒業年月 2014年3月 学習院女子中等科 偏差値 65 入試難度 65 入学年月 2014年4月 卒業年月 2017年3月 学習院女子高等科 偏差値 67 入試難度 難関 入学年月 2017年4月 卒業年月 2020年3月(予定) 学習院大学・文学部・日本語日本文学科 偏差値 67 入試難度 難関 入学年月 2020年4月(予定) 卒業年月 2024年3月(予定) 愛子様は一時期、学校に馴染めない時もありましたが、成績は常にトップで佳子様をしのぐほど人気者になりました。 偏差値72という点数化できる部分も、文才という点数化しにくい部分も両方長けていて、チェロが上手でソフトボールではショートで活躍していたとは、まさしくスーパーガールですね。

次の

愛子様が大学進路先を学習院へ変更?偏差値72は嘘?学校の評判や成績!

愛子 さま 大学

こんにちは、えりえりです! 12月は愛子さまと雅子様の誕生月ということで、愛子さまの最近のご様子が気になる方も多いことでしょう。 一時期は不登校やいじめなどの問題で話題になっていた愛子さまですが、実は学業成績がトップクラスで頭脳明晰なのです。 もともと社交的な性格のようで、クラスでも人気者だという噂も。 マスコミでネガティブなニュースばかり飛び交うのもうんざり~と思っていたので、愛子さまがそれほどまでに優秀であることにグッドニュースだな~と笑顔になりますね^^ さて、そんな愛子さまですが、進学先が気になりますよね。 進学先はどこの大学なのでしょう。 東大?一橋? 私立なら上智? 偏差値はいくつなのでしょうか。 70以上はあると言われていますが、そうなるとどこの大学へも進学可能ですね。 皇室始まって以来の神童とか天才とか言われています。 得意科目は何でしょうか。 では、始めましょう~~ 愛子さまの進学先はどこの大学? いろいろと言われていますけど、愛子さまは頭脳明晰なので、偏差値の高い大学へ行くことは間違いないでしょう。 では、どこの大学へ? 東大か一橋って本当? 愛子さまの希望される国立大学は 雅子様は東大出身だもんね。 一橋大学というと商学部が有名。 公認会計士を目指す人。 経営学を突き詰める人。 研究者としてさらに高みを目指す人。 などなど、非常にレベルの高い大学。 もちろん総合商社や金融機関などの民間の会社に就職するという選択肢も多いけど、 政府系機関への就職もかなり多い。 OBやOGが多いということは強みでもありますよね。 雅子様の母校である東大ではなく、一橋を目指すというのは、 母とは違う道に興味があるということ?? 筑波大学も研究者であれば行きたい大学ナンバーワン。 やっぱり愛子さまは研究者肌なのでしょうか。 小学生のころから漢字は常に100点満点。 現在、高校のクラスでも高いレベルのクラスに在籍中ということです。 両殿下の母校であるオックスフォード大学への留学もすると決めています。 英語は皇太子さまが「自分より上手」「英会話は愛子の方がうまい」とおっしゃっているので、英語には問題なさそう。 毎日、1~2時間、愛子さまは雅子様と英語だけで会話されているのだとか。 雅子様のネイティブ並みの英語力があれば、愛子さまもペラペラですね。 ところで、気になるのが愛子さまの偏差値。 いくつなのでしょうか。 なんと 72なのです。 とても高いですよね。 偏差値が72もあればどこの大学にも合格します。 本当に優秀なのですね。 愛子さまの得意科目は何? 漢字が得意な愛子さま。 でも、努力しているからこそなのです。 1つの漢字につき、100回は書いて練習して覚えてこられたのだということ。 努力家なのですね。 ですが、皇室始まって以来の神童とか天才とも言われています。 天才とは99%の努力と1%のひらめき、といったのはアインシュタインですが、愛子さまが天才と言われるのはきちんと努力しているから。 努力しているそのお姿には好感が持てます。 この頃は社交的な面も発揮されて、学校では人気者になっている愛子さま。 得意科目は?? 文系なので、国語や歴史といったところでしょう。 もちろん成績はこれまでオール5なので、どれも得意なのですが。。。 毎年発売される皇室カレンダー 来年2019年は天皇が変わり、元号が変わるということで激動の年になりますね。 カレンダーもチェックしてみてはいかがでしょうか。

次の

愛子さま、学習院大学文学部「日本語日本文学科」進学は「意外」「驚き」――皇室ウォッチャーの本音(2020/03/10 14:25)|サイゾーウーマン

愛子 さま 大学

愛子さま学習院大学へ進学 愛子さまは4月から学習院大学の文学部に進学することが分かりました。 現在、学習院女子高等科に在籍しているので内部進学ですね。 一時は東京大学やハーバード大学に進むのでは?とも言われていましたが、順当に内部進学でした。 愛子さまあんなに小さかったのに もう18歳で大学に入学することに驚きを隠せない…. — カユ kayucompo 学習院大学の在籍中に海外留学に行くことはあると思いますが、それも注目ですね。 次に愛子さまの学力について迫ってみたいと思います。 愛子さまの学力は? 愛子さまは学年では常にトップクラスの成績で、 通信簿はオール5だったそうです。 高校でも 偏差値が「72」あるという噂もあるくらい優秀な成績でした。 愛子さまって、東大に入れるレベルの学力らしい。 — 一護 getugatenshow 科目では特に「国語」が好きで、 漢字テストは常に100点を取っていたそうです。 100点が取れなかった時は、 自ら間違った漢字を100回ノートに書くということを課していたそうで、真面目でストイックな一面があるのですね。 高校時代にイギリスに数ヶ月留学しただけですが、英語もペラペラだそうです。 お母さんの雅子さまが英語話せるので教えてもらっていたのかもしれませんね。 これだけ聞くとかなりの努力家でガリ勉なイメージですが、 愛子さまはバスケットやダンスなどの学校行事でも活躍されたそうです。 勉強も運動もこなせる、 まさに「文武両道」だったようです。 学習院大学では 「文学部」に進学することに決まりましたが、 文学に関しては特に才能が突出していると言われています。 小さい頃からかなりの量の本を読んでいて、集中すると夜中まで読んでいることもあったそうで、「早く寝るように」と注意されるくらいだったそうです。 中学1年生の時にはファンタジー小説を書かれ、思わず引き込まれてしまう文章力に驚きました。 愛子さまが中学一年生の時に書かれた短編ファンタジー小説、 「愛子の診療所」 愛子さまの動物愛がよくわかる一編 — 北野ケン助 zxi2050 とても中学1年生が書いたとは思わないですね。 また、中学3年生の時に書いた広島の原爆について書かれた感想文でも素晴らしい文才を見せていました。 何よりも、原爆が何十万人という人の命を奪ったことに、怒りと悲しみを覚えた。 命が助かっても、家族を失い、支えてくれる人も失い、生きていく希望も失い、人々はどのような気持ちで毎日を過ごしていたのだろうか。 私には想像もつかなかった。 平和を願わない人はいない。 しかし、世界の平和の実現は容易ではない。 今でも世界の各地で紛争に苦しむ人々が大勢いる。 では、どうやって平和を実現したらよいだろうか。 「平和」は、人任せにするのではなく、一人ひとりの思いや責任ある行動で築きあげていくものだから。 出典:世界の平和を願って(愛子さま作文) 中学でここまで書けるなんてという内容と文才ですね。 愛子さまが将来、小説を出したら読んでみたいですね! 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の