モナリザ 目 文字。 レオナルド・ダ・ヴィンチの小部屋 : モナリザ

【モナリザ症候群】食べ過ぎていないのに太るのはなぜ?改善方法は? │ 防災の種

モナリザ 目 文字

Leonardo da Vinci の言葉 さて、には有名な画が沢山ありますが、 今回は、について少し記したいと思います。 イタリア協会長のヴィンチェンティという方がいるのですが、その氏曰く、 の瞳に書き込まれた文字がモデルの正体を明かしている、なんと、の瞳には文字がある? それを題材にした映画『-の瞳 -』がありました。 映画では、瞳の文字についての謎解きはされていませんが、その文字については数年前に少し話題となっていまして、以下のサイトでは、 記事によりますと、 の右目には「LV」という文字が書かれていて、これは明らかにのイニシャルで、また左目には、アルファベットの「B」または「S」あるいは「CE」という文字が見られ、このことからモデルの正体を示す重大なヒントがあるのではないか、とのことです。 また、背景の橋の右側のアーチにも数字かアルファベットが書き込まれているらしいんです。 『の右目に「LV」という文字が書かれていて、これは明らかにのイニシャル』ということから、のモデルは自身ではないのか? という説まで出ています。 ただ、記事にはこんなことも記されています 「彼は、瞳は魂と通信するための手段であり扉だったと信じていた。 レオナルドは、メッセージにシンボルとコードを起用し、彼は私たちがの目を通してそのモデルが誰なのか証したかったのでしょう」 ということなんです。 瞳は魂の扉、はそう信じていたらしいんですね。 であるならば、の瞳に何かしらのコード 暗号 やシンボル 象徴 を書き込んでも不思議ではないかもしれません。 そして、瞳は魂との通信手段であり扉でありますから、の右目の「LV」と書かれたコードは自身ではなく、霊的なシンボルである可能性があるようにも感じています。 この、この絵は「ヴェールをかぶったの娼婦」と初めは呼ばれていたとされます。 の名称が定着したとされるのは、ダ・ ヴィンチの生涯を記したとされるという人物がこの絵について『』と記してからのことらしく、モナとは婦人、リザとはエリザベッタの愛称を意味するとされます。 つまり、「ヴェールをかぶったの娼婦」改め「」としたという人物がモデルについての情報を知っていたかもしれません。 で、の生涯を記したは、のモデルは、 の富豪フラン・デル・ジョコンドの妻であると記しているんです。 この富豪がどなたなのかは知りませんが、何となく気になったことはあります。 のモデルは「ヴェールをかぶったの娼婦」で「富豪の女性」...... 娼婦をも意味する「罪の女」 the Sinner との異名を与えられたり とあるんですね。 金持ちにして娼婦........ 人物を画くに当たってのモデルは別にいたのでしょうが、の内面はではないのか?なんて思ってしまいました。 そう思うだけの根拠も証拠もありませんが。 神 蛇 の目の中で力比べをする力士。 日の丸も蛇の目なのかもしれません。 の信じた 瞳は魂と通信するための手段であり扉 とは、神様とのコンタクトを象徴するものかもしれません。 余談ですが、どの角度からを見ても、彼女の視線を感じてしまいます。 somin753.

次の

【モナリザ症候群】食べ過ぎていないのに太るのはなぜ?改善方法は? │ 防災の種

モナリザ 目 文字

世界で最も有名で最も高額な絵画とも言われるレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」。 モデルの正体や描かれた背景、隠された寓意 ぐうい なども含め、議論が絶えない謎の多い絵画。 1503年から1506年にかけて制作されたといわれる「モナ・リザ」。 (ルーヴル美術館) 英紙デーリー・メールが発見されたと報じた「モナリザ」の目の中に文字。 肉眼で確認することはできないが、超高解像度の写真を分析すると、緑がかった茶色い瞳の中に黒い絵の具で文字が描かれていることを確認。 モナ・リザの右目には「LV」と書かれていてこれは明らかにレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo Da Vinci)のイニシャルとのことだが、左目にはアルファベットの「CE」あるいは「B」または「S」、という文字が見られ、これがモデルの正体を示す重大なヒントと見られるとか。 また、背景の橋の右側のアーチには数字の「72」またはアルファベットと数字の組合せで「L2」と書かれていて、これも手がかりとなるかもしれないと考えられている。 モナ・リザの目の中の文字について触れている1960年代のフランスの美術史家によって書かれた本が、きっかけでイタリアの文化遺産委員会のヴィンチェティヴィンチェティ氏が調査。 ヴィンチェティ氏と、絵画の専門家は拡大鏡と微細な筆を使って描かれたこれらの文字は、絵画制作の過程で偶然描かれた模様とは考えられないという点で一致。 「レオナルドはメッセージを伝えるために象徴や暗号を多用した画家。 『瞳は魂への扉』と考えていたダ・ヴィンチは、モナ・リザの目を通じて見る者にモデルの正体を明かしたかったのか。 一方、高度な拡大鏡の技術がないダビンチは、どのようにそれを描いたのかといった疑問もあり、謎が謎を呼んでいる。 レオナルド・ダ・ヴィンチの晩年の自画像(1512年~1515年ごろ) モナ・リザのモデルはフィレンツェの商人の妻リザ・デル・ジョコンドだとする説が現在もっとも有力。 だが、絵の裏には『149』という数字が書かれていて、4つめの数字が消されていのは、ダ・ヴィンチがミラノ滞在中の1490年代にこの絵を描いたと示唆し、ミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの宮廷の女性がモデルであったと考えられるとのこと。 また、モナ・リザはダ・ヴィンチの自画像だとする説も存在してるが今のところどの説にも決定的な証拠はない。

次の

『モナ・リザ』の瞳に文字、謎だらけの絵画: すき間

モナリザ 目 文字

【ローマAFP=時事】4日付のイタリア週刊誌セッテは、ルネサンスの巨匠レオナルド・ダビンチ(1452~1519)が描いたとみられる肖像画が新たに発見されたと報じた。 同誌は「最終的な確認を待たねばならないが、センセーショナルな大発見だ」と伝えている。 ルネサンス時代に芸術の庇護者として知られたイタリア北部マントバ侯妃のイザベラ・デステ(1474~1539)の横顔を描いたもので、スイスの銀行金庫から見つかった。 絵画収集で知られたイタリアの一族が保管していたという。 そのスケッチ画はパリのルーブル美術館に所蔵されているが、彩色したものは実際には存在しないか、描かれたものの、紛失したと思われていた。 肖像画は縦61センチ、横46.5センチ。 炭素年代測定法によって鑑定が進められた。 何層にも重ねられた絵の具の組成や厚みが明らかになったという。 「モナリザ」は、ダビンチが1503年に描いたとされる肖像画。 女性の肌の濃淡を表現するのに、変化がほとんど分からないようぼかした「スフマード」という先駆的な技法が使われている。 フランス美術館修復研究センターのチームは、蛍光X線分析装置を使ってモナリザの肌の層を分析した。 その結果、絵の具の層は1~2マイクロメートル(1マイクロメートルは1000分の1ミリ)から次第に厚く重ねられ、陰影の部分では30~40マイクロメートルに達することが分かった。 チームのメンバーはCNNとのインタビューで「研究の結果から、ダビンチが使った絵の具の成分なども推定できる」と述べた。 チームではダビンチによるモナリザ以外の作品や、ルネサンスの他の画家らの作品についても同様の分析を行い、ドイツの化学専門誌に結果を報告した。 ただ、同メンバーは「この研究で分かるのは使われた材料だけ。 モナリザをめぐる謎はまだ数多く残る」と話している。

次の