スクランブル 放送 と は。 NHKスクランブル化とは?意味や実現可能なのか調査!

20.「スクランブル」導入は今すぐにでも可能(B

スクランブル 放送 と は

NHKと民放の二元体制とは? NHKと民放の二元体制とは、1950年4月に成立した電波三法によって、民放の開設が始まり、公共放送 NHK と商業放送 民法 の2種類の放送が行われていることを言います。 放送の二元体制においては、NHK、民放が、「おのおのその長所を発揮するとともに互いに他を啓蒙し、 おのおのその欠点を補い、放送により国民が十分福祉を享受できる」ことが期待されている。 民放はCMから収入を得ますので、視聴率を高くすることが必要です。 そのためには、より多くの人が見たいと思うような番組に特化して製作することになります。 一方で NHKはテレビを持っている世帯から収入を得ます。 そのため、視聴率を気にすることなく、報道番組などの視聴率がそれほど取れない番組を充実させることができるのです。 今でも民放はNHKとの二元体制に肯定的 総務省で開催された、NHKのインターネット常時配信開始についての議論で、日本民間放送連盟はNHKと民放の二元体制について次のように述べています。 NHKと民放による「放送の二元体制」は、日本において、電波による放送の全国へ のあまねく普及と、報道と娯楽を両輪とする多彩な番組の放送を実現してきた、日本 の 放送の発展を推進してきたエンジンだと言える。 今も、お互いに切磋琢磨する関係 は有効に機能していると考えている。 スクランブル化すると二元体制が崩れる理由? 石田総務大臣は「NHKの放送をスクランブル化するということは技術的な話ではなく、NHKの基本的な性格を根本的に変えてNHKと民間放送という現在の二元体制を崩しかねないものだ。 二元体制は、国会で全会一致でNHK予算が承認されるなど日本に定着してきたもので、この点を順守する必要がある」と述べ、スクランブル化に否定的な考えを示しました。 スクランブル化は、WOWOWやスカパーのように、視聴料を支払って契約しないと番組が映らないしくみのことです。 石田総務大臣は、NHKをスクランブル化すると 二元体制が崩れると言っています。 二元体制とは、国民から収入を得るNHKと、CMから収入を得る民放の2種類の放送があることをいいます。 NHKをスクランブル化すると、NHKに加入する人が大きく減ってしまい、視聴料収入が減ってしまうのでNHKの現在の放送体制を維持できないということですね。 すると、民放だけになってしまい、二元体制が崩れるということですね。 ネットの声 かなり多くの人が、NHKのスクランブル化に賛成の様子。 NHKから国民を守る党が現れて1議席を獲得したり、NHKの強制加入を考え直してほしいという思いは、かなり大きな流れとなっているようです。 国民投票しようぜ 勝手に垂れ流して金払えも論外だし NHKにnetfilixやHulu程の価値もない、サービスと価格も釣り合ってない 「NHKスクランブル化は民放との二元体制崩す」石田総務相 NHKニュース — 水無月 NiguelLaguna その二元体制が要らないって話をしてんだよ。 NHKは既に劣化民放と化してる。 しかもTV自体が不要な世界が目前まで来ている。 「公共放送」なんて幻想だったんだ。 下らないドラマやバラエティーなんてNHKに求めてない。 スクランブルにしたら地球タクシーや世界町歩きだけ買って観るわ。 「NHKスクランブル化は民放との二元体制崩す」総務相 — bremen bremen29914247 言っていることはわかるが、世論の批判をふまえた回答になっていないから、結局さらなる批判を呼ぶのみ。。 「NHKの基本的な性格を根本的に変えて、(公共放送と民間事業者の)二元体制を崩しかねない」「二元体制は、国会で全会一致でNHK予算が承認されるなど、これまで日本に定着してきた」 — 佐々木 WBJPPP.

次の

「スクランブル」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

スクランブル 放送 と は

先日、我が家のテレビを地上、BS・CSともデジタル化しました。 一台のテレビは、1年程前に購入したもの、もう一台は、3日前に購入したものです。 当然、B-CASカードも各々同時期にチューナーに挿入しています。 3日前に購入したTVで有料CS放送を見ると、画面左側に「無料お試しの申し込みの勧誘」メッセージが表示された上で、スクランブルが解除された放送が表示されています(おそらく、初期の無料放送期間だと思います。 )が、1年ほど前に購入したTVでは、有料CS放送を見ることはできません。 ここで、質問です。 BS、CSの有料放送の映像部分のスクランブルは、どのようにして解除されているのでしょうか? 何も有料放送を無料で見たいと思っているわけではなく、技術的に大変興味があります。 ここの質問で、放送局側が、スクランブル状態の電波とともに、B-CASカード番号と関連付けたスクランブル解除信号を発信し、これを受信したB-CASカード付チューナー(B-CASカード番号が登録されたチューナー)が、スクランブルを除去するみたいな話がありました。 もしそうだとすると、放送局側は、膨大な数の(今、3000万超えたようですが・・)B-CASカード番号を関連付けたスクランブル解除信号を発信し続けることになりますし、チューナ側も、受信したスクランブル解除信号と、自己に登録されているB-CASカード番号を照合する処理が必要になるはずです。 試しに、1年前に購入したTVから挿入されていたB-CASカードを抜き取り、3日前に購入したTVに挿入したところ、CS有料放送が見れなくなりました。 現象としての結果は至極当然なのですが、表示までの時間にロスは感じられず、チューナー側で膨大な数のB-CASカード情報を処理しているようには思えません。 購入直後の初期無料期間のスクランブル解除状態(加入申し込みメッセージ付)、無料お試し期間申し込み後のスクランブル解除状態、契約後のスクランブル解除状態、契約終了後のスクランブル状態等、切り替わりのタイミングは様々ありますが、この処理は、どのように行われているのか、どなたかご存知ないでしょうか?? 基本的には次のような仕組みです。 B-CASカードにはID番号、マスタキー(秘密鍵)が保管されています。 購入時はこの2つが記録されているだけです。 放送局からは放送番組だけではなく、番組に付随する情報、ECM、EMM情報を多重化して送信しています。 ここで、ECMとは暗号化された番組を解読するための鍵などが入った情報です。 ECM自体も暗号化されています。 次にEMMですが、これが個別の受信者に向けて送信した情報になります。 EMMはB-CAS ID毎に、暗号化されて送信されています。 これはそのIDのカードに入っているマスターキーにて解読できます。 EMMには契約情報が含まれていて、たとえば放送番組Aの視聴契約をしていれば、番組AのECMを解読する鍵が入っています。 つまり受信機では、自分のB-BAS ID向けに送信されてきたEMMをB-CASマスターキーで解読し、EMMに入っている個別情報やECM解読用の鍵を取り出し、これはB-CASカードの不揮発性領域に格納します(これらの情報は有効期限を定めています)。 そして、個別の放送の受信ではその放送毎に多重化して送信されているECMをEMMから取り出した鍵で解読し、ECMに入っているスクランブル解除の鍵を取り出し、それで暗号化された番組を復号します。 EMMの受信に失敗することがないように、受信機は電源を切っているときでも電波を受信して自分宛のEMMがないかチェックしています。 更に言うと、受信機は自分の機種宛のファームウェアが送信されてきていないかどうかもチェックしています。 これは受信機のファームウェアがメーカーにより時々アップデートされることがあるためです。 EMMの送信頻度はよくわかりませんが、実用的な時間内に受信できるようにはしているのでしょう。 仮にEMMの情報量を20byte程度とすると、地上波デジタル1chの伝送量は約2Mbyte/secだから、一秒で10万件の送信が出来ます。 実際には占有するわけには行かないので、もっと長い周期なのではないかと思います。 今までの経験による推測ですが。 まずB-CASカードは本来デジタル放送の録画制限のためのものです。 その仕組みを有料放送の視聴制御にも利用しています。 まずテレビ 又はレコーダー に次の機能が組み込まれています。 1.B-CASカードが挿入されていないとデジタル放送受信を禁止する 2.B-CASカードの情報に従ってテレビを制御したり、メッセージを出したりする 3.デジタル放送受信中に信号中から分離した制御情報をモニターし自分のB-CASカードNoに一致する信号でB-CASカードを更新する まず、NHK 無料放送 は約1ヶ月間はそのまま見れます。 1ヶ月経つと画面に登録要請の画面が出続けます。 電話受付時間帯のみw センターに電話するとB-CASカードNoがコンピュータに入力され その後、1時間おきに1週間NHK5波 地デジ、BS で解除信号が送られます。 受像中にどれか1回受信するとB-CASカードに記録され要請画面が消えます。 有料の場合も似た仕組みで最初はガイド画面、仮登録するとB-CASカードに記録され期間限定スクランブル解除となり 1ヶ月以内に継続アクションを取れば通常スクランブル解除信号を送り、 そうで無ければ1ヵ月後にテレビ内で自動的にスクランブルが掛る と言う風になっていると思います。

次の

スクランブル解除は、どのような仕組みになっているのですか?

スクランブル 放送 と は

スクランブル scramble : ごちゃまぜなさま。 かき混ぜること。 緊急発進すること。 「スクランブル」の意味を詳しく 「スクランブル」は、以下の3つの意味に分けられます。 ごちゃまぜ 1つ目が ごちゃまぜという意味です。 ごたごたしながら動き回る様子を表します。 この意味では、「スクランブル交差点」が1つの使用例です。 スクランブル交差点は、歩行者が複数の方向に入り乱れて横断する交差点という意味です。 かき混ぜる 2つ目が かき混ぜるという意味です。 身近な例として、「スクランブルエッグ」があります。 スクランブルエッグは、卵に牛乳や塩コショウを加えて、かき混ぜながらフライパンで炒める卵料理です。 また、技術用語でデータや信号を変調することをスクランブルと言います。 データや信号に変換・演算を施し、内容を損なわずに元の状態とは異なる乱雑な状態にかき乱す技術です。 テレビの有料放送で秘匿性をもたせるために使われ、放送事業者と受信契約をした者だけが正常に視聴できます。 緊急発進 3つ目が 緊急発進という意味です。 軍事用語で戦闘機や飛行機などが緊急発進することをスクランブルと言います。 緊急発進とは、防空識別圏に無許可の正体不明の飛行機が来た場合に、飛行機の識別をして状況確認したり、警告して追い払ったりする措置です。 渋谷の スクランブル交差点を渡る。 朝食に スクランブルエッグを作った。 このチャンネルは衛星放送で スクランブルをかけている。 航空自衛隊の戦闘機が スクランブルをし、退去警告を行った。 クォーターバックが スクランブルをかけた。 上の例文のように、「スクランブル」は複数の意味があります。 名詞として使う場合は、どの意味で使っているかわかるように他の言葉を補うことが多いです。 たとえば、「スクランブル交差点」「スクランブルエッグ」「スクランブル放送」のように使います。 「スクランブル発進」と意味が重複して使われていることもあります。 また、動作の意味で用いる場合は「スクランブルをかける」という表現をすることが多いです。 もともとは「きびきびと這って進む」「敏捷 びんしょう に動く」という意味がありました。 その様から「誰にも負けじと争奪する」「入り乱れる」「ごちゃまぜにする」という意味として使われるようになりました。

次の