ブラッド ボーン コツ。 Bloodborne (ブラッドボーン) 神攻略wiki

ブラッドボーン協力プレイの鐘の入手方法とやり方。オンラインマルチプレイに必要

ブラッド ボーン コツ

今回は親切度がアップしている デモンズソウル系をダークソウル2から開始した身としては、ダークソウル2があまりにも鬼畜だったので今回のブラッドボーンでは「ちょっと親切になったな」と感じる点がいくつかありました。 一つとしては「何度死んでも良い事」ダークソウルでは死んだらゾンビ化するので、死にまくるとゾンビ化が進行して最大体力が減るっていう鬼畜仕様でした。 途中でリングを手に入れたらちょっとは腐敗を抑えられるけど、あくまで最大体力よりは減ってましたからね…気楽に死ぬ事は出来ない仕様だった事を考えると、前作のダークソウル2よりは親切になったと言えるでしょう。 またある程度進んだら必ずショートカットを起動するものがあるので、灯りからスタートした際にショートカットから進めるのは良かった。 必ずボス戦前にはショートカットがあり、灯りから適当にダッシュしてボス戦までまっしぐら出来るようになってました。 でも毎回思うけど、ボス戦は何度でも即座にリトライ出来るようにして欲しい…マジで…w ロード時間が長い ブラッドボーンは「狩人の夢」と「戦闘区域 勝手に命名 」の2パターンしか分かれておらず、ここを行き来する時のみロードが発生します。 このロードがめっちゃ長い、十数秒は待たされます。 勿論戦闘区域に入ってからロードは一切ないので、その事を考えたらロードが長いのも仕方ないのかも知れませんが、死ぬ度にこのロードが行われるのが苦痛でした。 下手な初心者がやったら何度も死にまくるのがこのゲームなので、死ぬ度に長いロードがあると、難易度以前にロード時間で挫折する人が増える気がしてなりません。 この点についてはなんとかして欲しかった…インストールするとかでロード時間短縮出来なかったのかな…。 グラフィックは最高に綺麗 さすがPS4と言いますか、グラフィックが非常に綺麗です。 敵の毛並みも非常に綺麗で狼さんと戦ってる時もあまりの毛の綺麗さに感動したレベルです。 主人公も返り血を浴びるほどに血に染まっていき、その血が皮の服についた質感が非常にリアルで凄く良い感じでした。 個人的にはグラフィックだけでも感動したので買って損はないって思います。 敵もリアルだし、灯りの所に出てくる骸骨さんに防止をかぶせると可愛いし、良い感じでした。 最後の方に月がよく見えるようになるんですけど、なんか月だけ無駄に実写みたいだったなぁ…w 難易度も下がったし初心者でも楽しめる…はず 今作はダークソウル2に比べれば鬼畜度は減っていると思うので、初心者でもそれなりに楽しめるはずです。 勿論ある程度ゲームをプレイする事に自信がある人、そして「何度死んでもめげない根性がある人」に限るのは言うまでもありません…俺も何度も死にました…w 一番最初に一切説明がないので何がなんだかわからないうちに死んだりするようなゲームなので、ゲームに慣れてない人からすれば鬼畜のようなゲームかもしれませんが、ダークソウル2経験者は「なんかちょっと優しくなったなぁ」と感じる事は間違いなしですw あくまでも難しい部類に入るゲームである事は間違いありません。 ですがダークソウル2ほどの鬼の難易度じゃないとは思います。 ただ慣れるまではL1で武器の形状変化でL2が左手武器使用、R1が右手武器通常攻撃、R2が右手武器強攻撃ってのは咄嗟には判断できなさそう…俺は間違えました…w 何度か銃を撃とうとしてL1を押してノコギリ鉈が伸びたり縮んだりしましたからねボス戦でww でも本当に楽しかったのでアクションゲームが好きな人には是非オススメしたい神ゲーでした。 やっぱりデモンズソウル系に外れはありませんね~!!

次の

対人のテクニック:戦闘編

ブラッド ボーン コツ

概要 通常の攻略と違い、対人では特殊な戦法・作戦(立ち回り・テクニック)が要求される。 ここではそのような 対人用のメジャーな戦法・作戦とその対応策について紹介する。 スポンサーリンク 攻撃側のテクニック 操作テクニック 変形攻撃からのパリィ 変形状態の武器(聖剣や斧のように両手持ちのもの推奨)で戦い、 連続攻撃中に変形攻撃をして、通常状態(片手持ち)に戻す。 武器状態をあまり見ていない相手は、こちらの攻撃途中や終わりの場面で反撃をしてくるので、そこで 銃パリィを狙う。 ) 輸血パリィ 輸血液使用中でもパリィが入る。 判定は厳しいが、これができるとかなり有利に立ち回れる。 特定の装備やアイテムを利用したもの 青の秘薬、使者の贈り物(擬態)不意打ち 青い秘薬・使者の贈り物状態で相手に 不意打ちする作戦。 後述の灰銃撃や獣の咆哮などの特殊攻撃との組み合わせが効果的。 対人前に挨拶する等の拘りがある場合は使うのをやめておこう。 青い秘薬・使者の贈り物ともにじっくり観察されれば見つかってしまうが、 意外とばれないことが多い。 灰銃撃(骨髄の灰+銃攻撃) 骨髄の灰で 銃(主に大砲・エヴェリン)の威力を上げて 一撃必殺を狙おう、という作戦。 1撃のみ威力アップの骨髄の灰と大砲は大変相性がよく、 1発命中で1000近く削ることも可能。 不意打ちで狙うもよし、連続攻撃の合間に狙うもよし。 武器による特殊攻撃 一部の武器は非常に強力な攻撃ができるものがある。 ステータスや血晶を揃えておけば、 一撃で1000以上のダメージを狙えることもある。 不意打ちや乱戦での使用が効果的。 瀉血の槌 変形L2攻撃(発狂攻撃)• 苗床+ゴースの寄生虫 変形L2攻撃(怒り攻撃) 獣の咆哮での落下死 獣の咆哮自体にダメージはないが、 ノックダウンが取れるので、 狭い通路や崖際では相手の落下死を狙える。 ちなみに落下が狙えるポジションというのは、自分も落下の危険があることに留意。 スポンサーリンク 防御側のテクニック 操作テクニック 連続ステップ(ローリング) 2-3回連続でステップやローリングをすること。 うまい相手だとステップやローリングの着地先を狙って攻撃をしてくるので、それを避けるための作戦。 (所謂「ノーロック攻撃」を避ける作戦。 ) がん逃げ ひたすら逃げて相手から距離をとる作戦。 回復や装備変更が目的であり、 目的を達成したら普通に戦うようにしよう。 がん逃げからの不意打ち(曲がり角等、相手の視線から消える場面)も使いこなせば強力だろう。 後出しパリィ ひたすら敵の攻撃を避けて銃パリィを狙う戦法。 敵の攻撃を回避しつづける必要があるが、敵の攻撃が単調なら簡単にパリィを狙える。 (もちろん敵の武器のモーションを知っていないと難しいが) ともかくひたすら回避に徹するだけでも十分な効果があるので、練習する価値はある。 特定の装備やアイテムを利用したもの 古い狩人の遺骨 秘儀「 古い狩人の遺骨」を使うとステップ・ローリングの挙動が変化する。 無敵時間が増加するので、相手の武器の特徴(攻撃動作)さえ理解していれば大抵の攻撃を回避できるようになる。

次の

「ブラッドボーン」基礎的な攻略と戦闘のコツまとめ…ラスボスクリアまで使ったオススメ武器はノコギリ鉈

ブラッド ボーン コツ

皆様こんばんは! 如何お過ごしでしょうか。 今回は、 ブラッドボーンのカンストを達成しました! ソロで6周目を攻略し、無事にカンストを達成しました!というわけで、カンストの仕方などについて、解説したいと思います! カンストとは? ブラッドボーンは 周回する度に、敵の強さが増します! 7週目まで敵が強くなるのです!7週目の敵が最大に強化された状態を、カンストといいます。 カンストって大変じゃないの?コツは?? カンストは聖杯ダンジョンをきちんと攻略し、マルチ等で協力プレイすれば、そんなに大変ではありません。 聖杯ダンジョンで結晶石を集め、レベルを上げれば、なんとかなります! ソロでも敵の動きは変わらないので、周回は可です! 道中の敵は無視し、ショートカットを開通し、ボスだけを倒すようにすると良いでしょう! 倒すべき敵は以下の7ボスだけです。 1周1時間30分~2時間くらいで回せると思います。 カンストする際のおすすめ武器は?? 私は 月光大剣がおすすめです!変形後のL2溜め付きが非常に強力!隙を見てこれを出してるだけで、どのボスも倒すことができます! 月光の聖剣はかっこいいしとても強いので、おすすめです! カンストする際のおすすめビルドは? 何でも良いとは思いますが、 このゲームは遠距離攻撃できるととても楽になるので、 神秘キャラを作ると良いです!月光の聖剣が神秘と筋力依存なので、 月光の聖剣も使えます! 体力は50まで、持久力は40までふる。 技術、筋力は50くらいまで振って、あとは神秘に全部振れば良いです(レベルの制限を考えない場合)。 レベルを150くらいで抑えたければ、 体力30 持久力30 筋力30 技術15 血質10 神秘35 のように振れば良いでしょう。 ・・・多分笑 おすすめの秘儀は? 夜空の瞳、エーブリエタースの先触れ、獣の咆哮は使い勝手が非常に良いです! 夜空の瞳とエーブリエタースの先触れは銀弾の消費が1なのに強いので、燃費が良いです!エーブリエタースの先触れはパリィやバックスタブも取れます。 素晴らしいゲームですね!アクションゲームとしては最高峰だと思います! 2キャラ目作ったり低レベルプレイとかのやり込みをしても面白いかも。 遊び方は無限大ですね!何度でも、いくらでも楽しめるゲームです。 よければ下記の動画を参考にして下さい。 7週目のカンストまで、一気に攻略しています。 今回の記事及び下記の動画が、少しでも皆様の参考になりましたら幸いです。

次の