遠 距離 カップル コロナ。 【コロナ破局】遠距離恋愛だけじゃない?すぐ近くの二人にも影響が?

コロナに負けるな、遠距離カップル!会えない期間を充実させる10の方法

遠 距離 カップル コロナ

はじめに まず、 現在の世間の状況について把握しておく必要があります。 時間はあるのに会ってはならない理由をしっかり理解しておかないと、特に遠距離だとすれ違いが生まれやすい時期だと思います。 価値観の違いが生まれやすい コロナウイルスの感染者数などを日本各地で比較してみると、やはり県によって感染率が違います。 ということは 意識の差も全然違ってきます。 私は都内でフリーターとして生活しています。 2月末には1つ目のバイト先が休業し、3月に入ると2つ目のバイトも休業になりました。 収入面で考えても、とても生活の変化を実感しています。 どこに行ってもトイレットペーパーが売り切れだったり、たくさんのお店が休業中で 日本の中でいちばんウイルスの被害を受けている場所に住んでいます。 そうなると、最近友達と電話する機会も増えましたが、東京以外の子に状況を聞いてみると 東京よりはそこまで重くとらえてないように聞こえます。 それが 1か月後にはこんなに自分の生活に支障を出してくるとは思ってもいません。 人にもよると思いますが、そこまで感染者が出ていない県からすると、私がそうやって他人事として観ていた気分の価値観なんだろうと思います。 そうすると遠距離をしているカップルとかは、 「会いたいけど絶対会っちゃだめ」「まだ会っても大丈夫だろう」と、 人や住んでいる場所によって価値観が違ってくるのではないかと思います。 最悪のケースを考える どうしても会いに行きたい場合、 一度最悪のパターンを考えてみて下さい。 もし恋人や家族がコロナにかかってしまった場合、 100%隔離されます。 それが 他県に渡って会っている場合はきっとニュースになります。 そして病状が悪化し亡くなってしまう事態まで進んでしまったとき、 面会出来ずに終わってしまうのです。 ここまで最悪な事態を考えてもまだ会いに行けますか? 「大げさだろw」と思うかもしれませんが、実際そういう状況なんです。 私自身本当に危機感を持って毎日過ごしています。 今は恋人として会いたい・会えないの次元ではなく、人として命を守るために責任をもって行動するときです。

次の

コロナで絆が深まる遠距離カップルに共通する5つのこと

遠 距離 カップル コロナ

常に「遠距離」がつきまとう国際恋愛 キラキラしていて楽しそう!と思われがちな国際恋愛ですが、実は「遠距離」「ビザ」というふたつの問題が付きものです。 ・ビザの申請が降りるまでの遠距離 ・お互いの国で学校・仕事があるために遠距離 ・ビザの期限切れで先が見えな遠距離 国際恋愛をしているカップルにとって「遠距離」はかなり身近な存在で、例を挙げればキリがないほど。 好きな人と一緒に時間を過ごすこと、同じ国にいることの難しさを痛感しますよね。 遠距離になりやすいのは、国際恋愛のデメリットと言えるでしょう。 コロナウイルスが原因で「遠距離」になるケース コロナウイルスの大流行、そして各国の取る対策により、遠距離をしている国際カップルはかなり増えたことでしょう。 コロナウイルスが原因で国際カップルが遠距離に悩まされる代表的なケースをまとめました。 無期限の遠距離になってしまった コロナウイルス流行により各国から「旅行禁止令」や「外国人の入国禁止措置」が今なお出されていますよね。 もともと「4月から日本で同棲しよう」「大学を卒業したら、彼の国へ渡航しよう」と期限付きで遠距離恋愛をしていた国際カップルは、これにより国をまたぐ移動ができなくなり、無期限の遠距離恋愛となってしまいました。 たとえば、コロナウイルスの感染者数が着実に減ってきているオーストラリアでも、近い将来に海外旅行や外国人の受け入れを開始する予定はありません。 海外に渡航することがこれほど難しくなるなんて、ちょっと前までは誰も予想していなかったですよね。 これにより遠距離中の国際カップルは、遠距離の終わりが見えない苦しい状況となっています。 短期間で外国で暮らす恋人に会いに行くこともできず、遠距離を乗り越える気力すらなくなりそうな現状です。 日本を出たパートナーが帰国できない 日本は2020年5月現在、入国拒否対象地域となっている国からの外国人の入国を禁止としています。 これにより、入国制限が出される前にビジネス旅行や規制で母国へ帰国していた外国人のパートナーが日本に帰ってこれないという事態が発生。 仕事も恋人も日本にいるのに、日本へ入国できないという厳しい状況が続いています。 日本で恋人の帰りを待つ方も苦しいですが、外国から日本へ突然帰れなくなってしまったパートナーもかなりの大打撃ですよね。 入国規制が緩和される見通しは今のところ出ていないので、さらにこの先不安が続きそうです。 一刻も早い終息を待ち望むばかりです。 パートナーを置いて自分だけ帰国 これは現在わたしが実際に直面間近なケースです。 パートナーと外国で生活をしており、日本に一緒に行く予定のあった国際カップルは、コロナウイルスにより一緒に日本へ渡航できなくなってしまいました。 これは日本が外国人を入国拒否していること、そして滞在している国が海外への渡航を禁止していることによる事態です。 本来なら学生ビザやワーキングホリデービザを取得した外国人パートナーと、同じ飛行機で日本へ行くことができなくなってしまうわけですね。 実際にオーストラリアにワーホリビザで滞在しているわたしは、不安で仕方がありません。 先が見えないから辛いコロナによる遠距離恋愛 コロナウイルスが流行りだした頃、夏が来る前には終わっているだろう…なんて思っていましたが、この状況だと回復までにかなりの時間がかかりそうですよね。 海外旅行はもちろん、海外渡航や外国人パートナーの日本への入国が不可能になってしまった今、多くの国際カップルは「無期限の遠距離恋愛」を経験していることと思います。 こんな前代未聞な状況と何もできないことに悔しくてたまりません。 終わりが見えないからこそ辛くて苦しい遠距離恋愛ですが、今は国際カップルに限らず多くのカップルが遠距離を頑張っています。 コロナに負けず、どうにかこの苦悩を乗り越えたいものですね。 【まとめ】一刻も早い終息を祈って… コロナウイルスによって「遠距離」になる国際カップルの現状をお届けしました。 今は先が見えず、誰もが不安でいっぱいな時期です。 楽しみにしていた予定はキャンセル、遠距離は無期限に…と苦しい状況ですが、今はできることを精一杯頑張りたいと思います。 引き続き自宅待機や衛生管理に徹して、世界的に一刻も早く「わたし達の日常」を取り戻せることを祈ります。

次の

遠距離恋愛に大打撃!カップルがうける新型コロナの影響

遠 距離 カップル コロナ

Contents• コロナ禍で遠距離恋愛カップルが心掛けていること コロナ禍で遠距離恋愛カップルが心掛けていることを解説しながら紹介していきます。 新型コロナのおかげで交通費が浮いたと考える 新型コロナの影響で会えない分の交通費が浮いたと考えてみて下さい。 「そんなこと考えたら、薄情だな」と思うかもしれませんが、遠距離恋愛だとどうしても往復にかかる交通費が大きな出費となりますよね。 大きな出費を抑えることができたのなら、その分のお金を自分のために使ったり、貯金したり、二人で美味しいものを食べたりなど使い道が様々です。 新型コロナのせいで会えないのは自分達だけじゃないと考える 新型コロナに会えていないのは自分たちだけではありません。 今、 世界中にいる遠距離カップルもあなたと同じように会えなくて辛い思いをしています。 筆者の私も同じ想いです。 同じ悩みを抱える仲間はあなたの想像以上に多いので一緒に頑張りましょう。 新たな趣味を見つける 遠距離恋愛で一人な上、外出自粛のWパンチですから新たな趣味を見つけるのも大事ですね。 人間夢中になれることがあれば、辛いことも一時的に忘れられたり、ストレスが解消できたりしますよね。 どうしても暇で余計なことを考えてしまう時間があると悩みが募ってしまうものです。 何か新しいことに挑戦したり、やりたかったことをこの際取り組んでみましょう。 会えない時間を嘆くのではなく、会える日を目一杯楽しむようにする 新型コロナで会えないのは仕方ありませんし、誰も責められません。 会えない時間を嘆くのではなくて 会える日を楽しむようにしましょう。 嘆いてたって時間の無駄です。 切り替えていきましょう。 周りの人にパートナーの話をする時は愚痴を言わない 言葉に発すると負の連鎖しかありません。 スピリチュアルな話をするつもりはありませんが、言霊なんて言葉もあるくらいですから、このような時期は特に愚痴や暗い話をするのはやめましょう。 あなたの周りにはあなたの話や気持ちに共感してくれる優しい友人がたくさんいるはずです。 暗い話ではなく、 明るい話を聞いてもらいましょう。 返信遅くても文句を言わない 返信が遅くても文句を言わないようにしましょう。 暇なときやかまって欲しい時はついつい相手の返事を気にしてしまいがちで、返信が遅いと文句をいってしまうことがあると思います。 しかし、あなたにもパートナーにも「自分のペース」というものがあるので、多めに見るようにしましょう。 自分のペースを乱されることは快いものではありませんから、トラブルを避けるためにも注意していきましょう。 寂しくてどうしようもなくなったら同棲した時のこと考える 寂しくてどうしようもなくなったら 同棲した時のことを考えてみて下さい。 同棲となると一人でいることの方が少なくなりそうですよね。 そうなったら 今会えない時期があることの方が貴重なことだと思えます。 また、同棲は近い将来のちょっとした楽しみだと思います。 一緒に過ごすことを想像しながら楽しいことを思い浮かべてもいいかもしれません。 相手も同じ気持ちなのを忘れない 相手も同じ気持ちなのを決して忘れてはいけません。 このような状況になり、会えなくて辛いのはあなただけではありませんよね? 辛い仕事を頑張ったり、会えなくて寂しい思いをしているのは、当然パートナーだって同じ気持ちなはずです。 まるで辛いのはあなただけ辛いという主張はしないようにしていきましょう。 次会えた時のことを話す 次会えた時のことを考えながら話してみましょう。 このような状況ですから遠距離恋愛の場合は特に次いつ会えるか分かりませんよね。 コロナ後の会える日のことを思いっきり妄想しながら、行きたいところやしたいことなどを話し合えば楽しい気持ちになれるはずです。 基本一人で強く生きていくことをモットーにして生活する 基本一人で強く生きていくことを心がけていきましょう。 パートナーが大切という気持ちは忘れていけませんが、全てではありませんし、パートナーなしでは生きていけないという気持ちではいけません。 パートナーという存在に依存せず、 あなた一人でも生きていけるという強さを持って生活しましょう。 どんと構える こんな状況で不安かもしれませんが、 どんと構えましょう。 浮気などを過剰に心配するのではなく、「そうなったら仕方ない」と開き直って考えるのもいいと思います。 その方がパートナーにストレスを与えないので良好な関係を保てると思います。 毎日連絡を取る 毎日連絡を取ることも大事ですね。 コロナで不安なことが増えていると思います。 働いていたってこんな世の中ですからいつもと違ったストレスがあったりしますよね。 毎日連絡を取り合って、お互いの心のケアもしていきましょう。 コロナ禍を乗り越えるための遠距離恋愛カップルのアイデア コロナ禍を乗り越えるための遠距離恋愛カップルのアイデアを紹介していきます。 交換ノートを作る 交換ノートを作ってみましょう。 遠距離恋愛中の日記のようなものでもいいかもしれません。 月1回、交換ノートに毎日の出来事などを好きなようにノートに書いて交換していき、お互いコメントしあったりすれば返ってくるのも楽しみになりますよね。 普段言葉で伝え合っていることが文章やコメントという形で残れば見返す時や書きながら楽しむことができそうですよね。 コロナが落ち着いてからのやりたいことリストを作る 今のうちに やりたいことリストを作ってみてはどうでしょうか? お互いの行きたいところややりたいことをリスト化して、新型コロナが落ち着いた時のためにたくさんストックしていきましょう。 オンラインデートやバーチャルデートなどを活用する オンラインデートやバーチャルデートを活用してみましょう。 もしこれに慣れれば コロナ終息後も遠距離恋愛カップルを助けるツールになりそうですね。 「外出自粛で行きたいとこに行けない」「家にこもって暇で仕方ない」という方には特にお勧めです。 テレビ電話を利用して、顔を見ながら話したり、映画鑑賞したり、飲み会をしたりやれることは様々なのでお互い時間を合わせてやってみてはいかがでしょうか? 共有できることを増やす 遠距離恋愛中は共有できることを増やすことを心掛けましょう。 例えば、同じテレビ番組や映画をみたり、お互いのお勧めするものを見てみたり。 他にも共有できることってテレビや映画に限らず、趣味など様々あると思います。 共有できることを増やすことによって、同じ話題で話せたり、同じような経験をすることができますので心理的な距離を縮めることができると思います。 遠距離恋愛で怖いのは徐々に心の距離が離れていってしまうことだと思いますので会えない分、心理的な距離が離れないように共有できることを増やしていきましょう。 まとめ 皆さん少しは参考になりましたでしょうか? 協力してくれた 遠距離恋愛カップルもこのコロナによってかなり辛い思いをされているそうです。 やはり、会えなくなることは予想以上のダメージですよね。 こんな状況だからこそ 二人で手を取り合って乗り越えるのが大事だと思います。 皆さん一緒に辛いコロナ禍を乗り越えていきましょう。 ちなみにこの記事でもたまに使っていた 「コロナ禍」という言葉。 最近よく目にすると思いますが、あなたは正しく読めますか? についての記事を先日書いたのでよかったら答え合わせしてみて下さい。

次の