寺尾 聰。 寺尾聰が降板する原因か「特捜9」現場で生まれた「確執」

寺尾聰の楽曲一覧

寺尾 聰

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年5月) 「 ルビーの指環」 の 初出アルバム『』 CINEMA HOTEL リリース (作詞) 寺尾聰(作曲) (編曲) 武藤敏文 寺尾聰• ・大賞、金賞、 作詞賞、作曲賞、編曲賞• 第14回・上半期グランプリ• ・大賞• ・大賞 チャート最高順位• 週間1位 (10週連続 、)• 1981年度年間1位 (オリコン)• 1位 (12週連続、)• 1981年度上半期1位 (ザ・ベストテン)• 1981年度年間1位 (ザ・ベストテン)• 1位 (10週連続・通算12回、 )• 1981年度年間1位 (ザ・トップテン)• 1位 (10週連続、)• 1981年度年間1位 (全国歌謡ベストテン)• 1981年度年間1位 () シングル 年表 () ルビーの指環 () () 目次• 解説 [ ] 寺尾聰の歌手としての出世作であり、調べでは、現在、寺尾のシングルで最大の売上を記録している。 『ASPEC』のとなり、翌春開催のの入場行進曲にも採用されている。 他に音楽活動再開とも重なったには『』のCMソングにも使われた。 「ルビーの指環」がヒットした後に建てられた溜池山王の東芝EMIのビルは「寺尾ビル」の異名を取っている。 寺尾は所属していたの社長・や専務・に聴いてもらうが、小林は「こんなお経みたいな曲が売れるわけがない」と否定する。 しかし石原には「いいんじゃないの」と好感触をもらい、レコード化が決定した。 発売当初はさほど売れていなかったが、発売から約1ヶ月程経った後から徐々に売上を伸ばしていき 、同年付ので自身初の1位を獲得。 同時期に、系『』でも1位を記録し、12週連続1位という同番組の最長記録を樹立し、この記録は放送終了まで破られなかった。 また、連続1位の最長記録が更新されるたびに、同番組からはプレゼントが贈られていた。 このことは、同番組の総集編やスペシャル放送などで、話題の一つとして必ず触れられている。 また、『』では放送第1回の第1位かつ10週連続、通算12回1位という同番組の最長記録を樹立している。 本作のヒットにより、発売当初はヒットしていなかった3rd、4thシングルの「」、「」も 相乗効果でヒットした。 [ ]「SHADOW CITY」は、発売から約9ヵ月後にオリコンシングルチャートで3位を記録(この時「ルビーの指環」が1位、「出航 SASURAI」が14位)。 また、『ザ・ベストテン』では本作と「SHADOW CITY」、「出航 SASURAI」の3曲が同時トップ10以内にランクインした。 1981年12月時点でのシングルの公称売上枚数は160万枚。 同年12月31日にはを受賞。 また、作詞者のは同賞の 作詞賞、作曲者の寺尾は 作曲賞、編曲者のは 編曲賞を受賞し、楽曲製作者に贈られる3タイトルを総なめにしている。 更に寺尾は同日の『』にも出場。 末の『』にも出場しており、どちらも「ルビーの指環」を披露している。 当時、寺尾が音楽番組で同曲を歌唱する際は、音源よりもキーを上げて歌うことが多かった。 収録曲 [ ]• ルビーの指環• CINEMA HOTEL• 2曲とも作詞:、作曲:、編曲: 価格 [ ]• 発売当時の値段は700円 カバー [ ]• 2002年、(アルバム『』に収録)• 2009年、(ライブビデオ『』に収録)• 2010年、(アルバム『』に収録)• 2011年、(アルバム『』に収録。 英語カバー)• 2013年、(アルバム『RE:MAKE1』に収録)• 2013年、(アルバム『The Reborn Songs ~ LEGEND ~』に収録。 2015年、(アルバム『時の旅人2015』に収録。 2019年、(アルバム『リスペクト!~私が昭和を歌ったらこんな感じ!~』に収録)• 庄野真代 関連項目 [ ]• - 作詞家活動30周年記念、「ルビーの指環」収録。 - 2004年に発表されたの小説。 12章から成り立っており、各章のタイトルに70年代から80年代にかけてヒットした楽曲のタイトルがつけられている(本作は第11章に用いられている)。 2015年公開の同名映画の劇中歌としても使用されている。 牧野良幸-「僕の音盤青春記PERT2」で寺尾のアルバムを聴き洋楽一辺倒だったけどいい曲がルビーの指環だと記述している。 脚注 [ ] [].

次の

寺尾聰が降板する原因か「特捜9」現場で生まれた「確執」

寺尾 聰

映画「黒部の太陽」や「男はつらいよ」、テレビドラマでは「西部警察」や「仰げば尊し」などに出演していた俳優でシンガーソングライターの「寺尾聰」さん。 その寺尾さんが所属していた石原プロモーションを脱退したのは、1982年のことでした。 果たして、この石原プロ脱退の理由は何だったのでしょうか? 名前:寺尾聰(てらおあきら) 生年月日:1947年5月18日(72歳) 職業:ベーシスト、シンガーソングライター、俳優 所属:寺尾音楽事務所(個人事務所) 出生地:神奈川県横浜市保土ケ谷区 学歴:文化学院 Sponsored Links みんな「破門された」とか「クビになった」とか言ってるけど、そうじゃないんだ。 今度のことは絶対に喧嘩別れじゃない。 そこのところをよくわかって欲しい! 1982年5月10日の水戸市・茨城県民文化センターで行われたコンサートを終えた寺尾聰さん(当時35歳)は、楽屋での取材にこう訴えました。 続けて、 だって、そうでしょう?社長(石原裕次郎さん)や哲アニイ(渡哲也さん)などが、僕のことを気に入らなくて「寺尾はクビだ!」ということになったら、そういうことはストレートに出て来ますよ。 石原プロってそんな体質の会社なんだもの。 そういう話は出てないでしょ? と語ったのです。 確かに当時、一部の週刊誌には「裕次郎が激怒!」などと伝えられていましたが、そういう過激な表現とは裏腹に、石原プロは脱退する寺尾さんに対し、レコードやテープなど石原プロが所有している全ての権利を寺尾さん本人に譲渡しているのです。 また、レコード会社(東芝EMI)に対しても「寺尾を暖かく見守ってやってくれ」という要望までしていました。 もちろん、この時に行なわれていた寺尾さんの全国縦断コンサートツアーも、最終日の6月1日まで石原プロが責任をもってプロモートしています。 今は何を言っても無駄だろうけど、これまで報道された記事には誤解が多過ぎる! と、寺尾さんは憤慨していました。 さらに、 哲アニイと俺の仲が悪い、というのもそうだよ。 そんなことは全然ないのに…その証拠に、辞めると決まった後、アニイは俺に言ってくれた。 「俺とお前の関係は、今回の事件があったからって変わるもんじゃない。 お前が一番かわいいと思うのは死ぬまで同じだ…」って… と、悔しい思いを滲(にじ)ませていたのです。 元はホリプロダクションに所属していた寺尾さん。 しかし、映画「黒部の太陽」への出演を機会に、実父である宇野重吉さんから石原裕次郎さんの事務所に預けられることになりました。 脱退の時には石原プロへ来て15年が経っていたのです。 その間には当然、寺尾さんの中でも様々な葛藤がありました。 結局、今度のことは、男35になった俺が「新しい夢を見たい…」という希望に、石原プロのみんなが同意してくれた、ということなんだ。 ただ具体的に何をするか、そういうことは言える段階じゃないけどね。 と話す寺尾さん。 そもそも、この脱退劇が急速に進展するきっかけになったのは、コンサートツアー初日の1982年3月23日に遡(さかのぼ)ります。 当時、神戸国際会館のコンサートを開催していた寺尾さんが、その会場でマスコミに対して取材を拒否した事件が発端でした。 「マスコミにはできるだけ協力してもらう」という石原プロ首脳部の方針と、「マスコミよりファンを大切にしたい」という寺尾さんの考え方が、真っ正面から対立したのです。 でも、僕は全面的にマスコミを拒否してるわけじゃない。 今度のコンサートの取材の件だって、以前からきちんと申し込んでくれていたマスコミに対しでは、こちらも協力している。 ただ、僕は来てくれたお客さんのために汗を流したいんだ。 そのためには余計なことに気を使いたくない。 アーティストとして、その考えは間違っていないと思う。 と寺尾さんは話しました。 仕事に関しては、頑ななまでに自分の考えを守り通す寺尾さんと、マスコミに対しての義理を大切にする石原プロは、この一点で妥協点を見い出せなかったのです。 記者会見の席上で、小林正彦・石原プロ専務(当時)が、裕次郎さんの言葉を代弁して「かわいい子には旅をさせろ。 アーティストとして出来あがった彼は、外に出してやった方がもっと大きくなる」とコメントをしていました。 寺尾さんも、 俺は社長、アニイ、専務の3人に一番かわいがられた。 それは何よりも俺のプライドになっている。 これから仕事をしていく上でも、このプライドは大事に持ち続けていくよ。 と語ったのです。 また、 俺は完全に石原プロから去るわけじゃない。 看板は掲げていないけれど、石原プロの人間が一人、外で活動していると思って欲しい。 とも語ったのです。 こうして寺尾さんは石原プロを正式に脱退。 1980年代後半からは黒澤明監督の「乱」や「夢」、「まあだだよ」に出演し、「雨あがる」では主演を果たしました。 この「雨あがる」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞、2005年の「半落ち」でも同賞を受賞し、2008年には紫綬褒章を受章、2018年には秋の叙勲で旭日小綬章を受章しています。 まさに「かわいい子には旅をさせろ」と語った石原プロの気持ちに応えた形となったのです。

次の

寺尾聰(あきら)元嫁・范文雀との結婚、離婚の真相は?「ルビーの指輪」ヒット秘話

寺尾 聰

映画「黒部の太陽」や「男はつらいよ」、テレビドラマでは「西部警察」や「仰げば尊し」などに出演していた俳優でシンガーソングライターの「寺尾聰」さん。 その寺尾さんが所属していた石原プロモーションを脱退したのは、1982年のことでした。 果たして、この石原プロ脱退の理由は何だったのでしょうか? 名前:寺尾聰(てらおあきら) 生年月日:1947年5月18日(72歳) 職業:ベーシスト、シンガーソングライター、俳優 所属:寺尾音楽事務所(個人事務所) 出生地:神奈川県横浜市保土ケ谷区 学歴:文化学院 Sponsored Links みんな「破門された」とか「クビになった」とか言ってるけど、そうじゃないんだ。 今度のことは絶対に喧嘩別れじゃない。 そこのところをよくわかって欲しい! 1982年5月10日の水戸市・茨城県民文化センターで行われたコンサートを終えた寺尾聰さん(当時35歳)は、楽屋での取材にこう訴えました。 続けて、 だって、そうでしょう?社長(石原裕次郎さん)や哲アニイ(渡哲也さん)などが、僕のことを気に入らなくて「寺尾はクビだ!」ということになったら、そういうことはストレートに出て来ますよ。 石原プロってそんな体質の会社なんだもの。 そういう話は出てないでしょ? と語ったのです。 確かに当時、一部の週刊誌には「裕次郎が激怒!」などと伝えられていましたが、そういう過激な表現とは裏腹に、石原プロは脱退する寺尾さんに対し、レコードやテープなど石原プロが所有している全ての権利を寺尾さん本人に譲渡しているのです。 また、レコード会社(東芝EMI)に対しても「寺尾を暖かく見守ってやってくれ」という要望までしていました。 もちろん、この時に行なわれていた寺尾さんの全国縦断コンサートツアーも、最終日の6月1日まで石原プロが責任をもってプロモートしています。 今は何を言っても無駄だろうけど、これまで報道された記事には誤解が多過ぎる! と、寺尾さんは憤慨していました。 さらに、 哲アニイと俺の仲が悪い、というのもそうだよ。 そんなことは全然ないのに…その証拠に、辞めると決まった後、アニイは俺に言ってくれた。 「俺とお前の関係は、今回の事件があったからって変わるもんじゃない。 お前が一番かわいいと思うのは死ぬまで同じだ…」って… と、悔しい思いを滲(にじ)ませていたのです。 元はホリプロダクションに所属していた寺尾さん。 しかし、映画「黒部の太陽」への出演を機会に、実父である宇野重吉さんから石原裕次郎さんの事務所に預けられることになりました。 脱退の時には石原プロへ来て15年が経っていたのです。 その間には当然、寺尾さんの中でも様々な葛藤がありました。 結局、今度のことは、男35になった俺が「新しい夢を見たい…」という希望に、石原プロのみんなが同意してくれた、ということなんだ。 ただ具体的に何をするか、そういうことは言える段階じゃないけどね。 と話す寺尾さん。 そもそも、この脱退劇が急速に進展するきっかけになったのは、コンサートツアー初日の1982年3月23日に遡(さかのぼ)ります。 当時、神戸国際会館のコンサートを開催していた寺尾さんが、その会場でマスコミに対して取材を拒否した事件が発端でした。 「マスコミにはできるだけ協力してもらう」という石原プロ首脳部の方針と、「マスコミよりファンを大切にしたい」という寺尾さんの考え方が、真っ正面から対立したのです。 でも、僕は全面的にマスコミを拒否してるわけじゃない。 今度のコンサートの取材の件だって、以前からきちんと申し込んでくれていたマスコミに対しでは、こちらも協力している。 ただ、僕は来てくれたお客さんのために汗を流したいんだ。 そのためには余計なことに気を使いたくない。 アーティストとして、その考えは間違っていないと思う。 と寺尾さんは話しました。 仕事に関しては、頑ななまでに自分の考えを守り通す寺尾さんと、マスコミに対しての義理を大切にする石原プロは、この一点で妥協点を見い出せなかったのです。 記者会見の席上で、小林正彦・石原プロ専務(当時)が、裕次郎さんの言葉を代弁して「かわいい子には旅をさせろ。 アーティストとして出来あがった彼は、外に出してやった方がもっと大きくなる」とコメントをしていました。 寺尾さんも、 俺は社長、アニイ、専務の3人に一番かわいがられた。 それは何よりも俺のプライドになっている。 これから仕事をしていく上でも、このプライドは大事に持ち続けていくよ。 と語ったのです。 また、 俺は完全に石原プロから去るわけじゃない。 看板は掲げていないけれど、石原プロの人間が一人、外で活動していると思って欲しい。 とも語ったのです。 こうして寺尾さんは石原プロを正式に脱退。 1980年代後半からは黒澤明監督の「乱」や「夢」、「まあだだよ」に出演し、「雨あがる」では主演を果たしました。 この「雨あがる」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞、2005年の「半落ち」でも同賞を受賞し、2008年には紫綬褒章を受章、2018年には秋の叙勲で旭日小綬章を受章しています。 まさに「かわいい子には旅をさせろ」と語った石原プロの気持ちに応えた形となったのです。

次の