ライン 電話 音 ならない。 LINEの着信音、なぜ鳴らない? その原因と対処法

LINEの着信音が鳴らない場合はどうすればいいのか?対処法をご紹介!

ライン 電話 音 ならない

LINEの無料通話、着信があったらすぐに気づきたいですよね。 相手は急ぎの用件や大事な相談だから、LINEのトークではなく通話をかけている可能性があります。 そんな着信を逃したら一大事。 ところが、なぜかLINEの着信音が鳴らなかった経験がある人もいるでしょう。 そこで、着信音が鳴らないときにチェックしてほしいことを説明します。 スマホをマナーモードにしていないか LINEの着信音が鳴らないとき、まず確認してほしいのがスマホをマナーモードにしていないかという点です。 「そんな基本的なミスは起こさない」という人が大半かと思いますが、なにかの拍子に端末側のスイッチが切り替わったり、音量ボタンを長押ししてしまったりしていることがあります。 iOS端末では、スマホがサイレントモード マナーモード になっていないかを確認。 Android端末は、音量ボタンで音量を下げ続けるとマナーモードになる機種が多いので、LINEの着信音が鳴らないときは音量を上げてみましょう。 iOS端末でマナーモードにスイッチを切り替えると、赤色が見えます。 逆に赤色が見えていなければ音が鳴ります• Androidは端末側面の音量ボタンから、音量を下げ続けることでマナーモードになります スマホの着信音が小さすぎないか スマホで設定した着信音が小さすぎて、LINEの着信に気づいていない可能性もあります。 LINEの着信音だから、スマホの着信音と別なのではと思わず、音量を上げてみてください。 音楽を聴いているときに本体の音量ボタンで調整すると、音楽の再生ボリュームが上がるので、スマホの「設定」から行うのが確実です。 iOS端末は、「設定」の「サウンドと触覚」にある「着信音と通知音」のバーを右に動かして音量を上げます。 Android端末は、「設定」の「音」にある「着信音の音量」のバーを右に動かせば音量が上がります。 iOS端末は、「着信音と通知音」のバーを右に動かしましょう• Android端末は、「着信音の音量」のバーを右に動かし音量を上げます おやすみモードになっていないか iOS端末と一部のAndroid端末には、「おやすみモード」が用意されています。 就寝中でも着信を受け取りたい場合は、おやすみモードを解除しましょう。 iOS端末には、おやすみモードをオンにしていても、画面がロックされていないときは着信音が鳴る設定があります。 スマホをいじっているときは着信音が鳴るため、気づかないうちにおやすみモードのまま使っている可能性もあるので確認してみましょう。 Android端末は機種によって設定が異なりますが、LINEの着信音が鳴らない場合はおやすみモードの設定をチェックしてみてください。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

LINEの着信音が鳴らない場合はどうすればいいのか?対処法をご紹介!

ライン 電話 音 ならない

マナーモードになっていないか確認する iPhoneのマナーモードボタンのスイッチが入っていないか確認しましょう。 画面のようにボタンが水平状態ならばOFFの状態。 後面に向けて倒れるように傾いていればマナーモードONの状態で着信音がなりません。 初歩的な事ですが、スマホカバー等をしていない場合、ズボンにひっかかたりして倒れこんでしまってる場合も多いようです。 おやすみモードになっていないか確認する iPhoneが「おやすみモード」に設定されていないか確認しましょう。 「おやすみモード」中は着信音やメール通知音等が一切鳴らなくなります。 iPhoneの画面の右上あたりから下方向にスワイプしてコントロールセンターを表示させます。 (旧操作では画面下から上にスワイプ) 画面上の矢印部分、月マークの部分で「おやすみモード」のONとOFFを切り替えます。 画面のように月マークが白く光っている場合はONの状態。 この時に着信音は鳴りません。 音量が最小になっていたり、消音になっていないか確認します。 次に「着信音専門の音量ボタン」も確認します。 iPhoneの音量には2種類があり以下のようになっています。 イヤホンジャックを確認する 着信音量以外の音声操作も聞こえない場合には、イヤホンジャックも確認してみます。 ごく稀に汚れが溜まった状態になってしまうと「イヤホンが刺さったまま」とiPhoneが認識してしまって、スピーカーからの音声が鳴らない場合もあるようです。 イヤホンジャックに汚れが溜まっていないかどうか確認してみましょう。 Bluetooth機器が接続されてない? iPhoneとBluetoothで接続するタイプのイヤホンやヘッドフォン等と接続している場合、iPhoneからの音がイヤホンやヘッドフォン優先で出るようになっている可能性もあります。 iPhoneでBluetoothの接続をOFFにするか、Bluetooth機器の電源をオフにする事で解消されます。 特に、ランニング等で音楽を聞きながら走っている人は、走り終わった後でこのBluetoothが繋ぎっぱなしになっていてこうなる可能性が高いです。 スピーカー異常かどうか確認する これまでの操作を行っても改善されない場合は、いったんiPhoneを再起動してみます。 再起動後にも着信音はもちろんその他の操作音も一切聞こえなければ、そもそもスピーカーが故障している可能性が高いです。 Apple公式の修理サポート『Genius Bar』へ問い合わせる事が基本ですが、iPhoneの非公式な修理業者でもスピーカー交換等の対応はしてくれます。 非公式業者の場合、比較的安く行ってくれる場合も多いですが、いったんiPhoneを開封してしまうと今後Apple公式のケアが受けれなくなるので、自己責任でよく考えて選ぶ必要があります。 いきなり切れてしまう時。 多くの場合は、まわりの電波状態が著しく悪い場合がほとんどです。 電波状態を確認し場所を移動するか、「設定」>「モバイルデータ通信」の設定画面で、モバイル通信をいったんOFFにして再度ONにしていったん接続しなおしてから試してみましょう。 電話をかける相手がiPhoneが「おやすみモード」等を設定している場合は、こちら側では「通話中音」が聞こえます。 iPhone4s等の機種では、初期不良的な形で通話時に無音になるという症状もありました。 この場合は、基本的には交換ですが、スピーカーボタン(音量ボタン)を症状が発生している時に押す事で通話できるようになります。 アラーム音がならない時は? iPhoneのアラーム音が鳴らない場合は、こちらの記事を参考にして下さい。

次の

LINEの通知音・着信音が「鳴らない」原因と対処法まとめ

ライン 電話 音 ならない

サイレントモード(消音モード)をオフにする iPhoneがサイレントモードになっていると、LINEの着信音・通知音はもちろん、キーボードのクリック音やロック時の音まで、一通りのサウンドが消えます。 スイッチ部分にオレンジ色のラインが見えていれば、サイレントモード(消音モード)がオンになっています。 スイッチを「カチッ」と音が出るまでスライドしてオフにしましょう。 このスイッチ、ふとした拍子に何かにぶつかり切り替わってしまう、なんてこともあるので注意が必要です。 サイレントモードにすると「消音モード オン」の文字が、サイレントモードを解除すると「消音モード オフ」の文字が画面に表示されるので、スイッチを切り替えることによっても確認できます。 全体の設定で通知がオンになっていても、1対1トークやグループトークなど、個別のトークルーム通知がオフになっていると通知は届きません。 トークリスト画面でトークルームの横に「サイレントマーク」が表示されていたら、そのトークルームの通知はオフになっています。 該当するトークまたはグループを長押しして、展開したメニューから、通知のオンに切り替えましょう。 マナーモード・バイブモードを解除する 電車での移動中や仕事中にマナーモードにしたまま戻すのを忘れていた、というのもよくある話。 マナーモードやバイブモード・サイレントモードにすると、LINEアプリの着信音・通知音をはじめ、キーボードのクリック音やロック時の音まで、一通りのサウンドが消えます。 機種にもよりますが、マナーモードやバイブモードのオン・オフ切り替えは「音量ボタン」でおこなえる場合が多いです。 Pixel・Xperia・AQUOSは音量ボタンで切り換え可能 音量ボタンを押すと、画面右側もしくは上部に音量のスライドバーが表示されます。 ここでアイコン部分をタップして「サウンドモード」に切り換えれば、通知音・着信音が出力されます。 Galaxyはクイック設定パネルで切り換え可能 もしくは、画面上端からスワイプする(通知バーを引き下ろす)ことで表示できる「クイック設定パネル」という領域からも、サイレントモードやバイブモードのオン・オフを切り替えられます。 appllio. 左:Pixel・Xperiaは「サイレントモード」をオフ 中:Galaxyは「通知をミュート」をオフ 右:AQUOSは高度なマナーモードをオフ これらは、前述したマナーモードやバイブモードとは別に用意されている完全消音のモードです。 多くの機種では着信音・通知音だけでなく、メディア音やアラーム音などすべての音を消す効果があります。 たいていのAndroid端末では、画面上端の通知バーを引き下ろすことで表示できる「クイック設定パネル」から、これらのモードをオフにできます。 マナーモードを解除してもなお着信音・通知音が鳴らない場合は、これらのモードになっていないかチェックしてみるといいでしょう。 通知音のサウンドパターンが「なし」になっていないか確認する 通知音のパターンが「なし」や「設定しない」になっていると、どれだけ音量を大きく設定していても音は鳴らず、バイブレーションが作動するだけにとどまります。 マナーモードでもないのにバイブレーションのみが作動する症状があれば、設定を見直してみましょう。 LINEの「ホーム」タブ画面で設定ボタン[ ]から[通知]へと進みます。 [LINE通知音を端末に追加]ボタンをタプした上で、[メッセージ通知]もしくは[通話]など、通知音を変更したいLINEの機能を選択しましょう。 ここでは、[メッセージ通知]を選択しました。 「メッセージ通知」の画面で、[アラートを受け取る]がオンになっていることを確認したら、画面下部の[詳細設定]をタップして開きます。 メニューの中から[音]を選択し、サウンドの選択画面に移行してください。 サウンド一覧の中の「マイサウンド」をタップすると、LINEのオリジナルサウンドの一覧がリスト表示されます。 ここで「なし」や「設定しない」「サイレント」にチェックが入っている場合は、タップしてパターンを他のものに変更しましょう。 最後に、[保存]をタップすれば通知サウンドの変更が完了です。 iPhone・Androidスマホ共通で試したい対処法 LINEアプリや端末の設定に問題はないのに着信音や通知音が鳴らない場合、iPhone・Android共通で以下の対処法を試してみてください。 イヤホンやヘッドフォンなど外部機器との接続を切る イヤホンやヘッドフォンなどの機器に接続していると、特定の音の出力先が端末の内部スピーカーからイヤホンに切り替わるので、LINEの着信音・通知音が鳴っても気づかない可能性があります。 心当たりある場合は、試しにこれらの外部機器との接続を切ってみてください。 通常はイヤホンやヘッドフォンを端末から外すだけで対処できますが、ワイヤレスイヤホンを端末とBluetooth接続している場合、接続解除の操作が必要です。 ただしiPhoneの場合、コントロールセンターからだと完全にオフにはできず、翌日には再びオンになってしまいます。 「設定」アプリの[Bluetooth]を開き、接続のスイッチをオフにしましょう。 OSやLINEのバージョンをアップデートする 2020年4月現在、 LINEアプリ推奨環境はiOS 11. 0以上、Android 5. 0以上です。 あまりにも古いバージョンだと、通知を含めLINEの各機能の動作がスムーズに動かない場合があります。 推奨環境未満の場合は、OSをアップデートすることをおすすめします。 また、LINEアプリが最新バージョンにアップデートされているかも確認しておきましょう。 バージョンが古いのであれば、最新バージョンにアップデートしてください。

次の