銀杏 食べすぎ。 銀杏の食べ過ぎに注意!中毒の症状や対処法と食べる個数の目安

ギンナンの食べすぎは中毒症状で危険 日本中毒情報センターが注意喚起

銀杏 食べすぎ

銀杏は栄養価の高く、糖質も多い食材です。 そのため、中国ではスタミナ食や即効性のある薬用として活用されていました。 私たちが一般的に食べている部分は、固い殻や皮の中に包まれている胚乳種の柔らかい部分です。 古くから日本や中国、韓国で食べられていて、イチョウの実として知られています。 年間を通して食べられますが、秋の味覚として9月下旬〜10月上旬に店頭に並ぶ銀杏は独特の臭みや苦味が少なく食べられるものが多いようです。 焼く、茹でる、乾燥させるなど様々な調理方法ができる万能な食材です。 また、銀杏の果肉には触るとかぶれや皮膚炎を起こすギンコール酸が含まれ、稀に頭痛や下痢発疹、胃腸障害などのアレルギー反応が出る場合があるため、銀杏の皮の処理や収穫する時にはゴム手袋などをして素手で直接触らないようにしましょう。 銀杏の効能は以下のようなものがあります。 ・むくみ改善 ・動脈硬化・高血圧などの予防 ・美容効果 ・冷え性改善・疲労回復 銀杏は豊富なカリウムを含むため、体内や血液中の塩分ナトリウムを排出する効果でむくみ改善や、動脈効果や高血圧の予防ができます。 塩分の多い食生活をしている人は特に積極的に食べることをおすすめしたい食材です。 また、銀杏に含まれるタンパク質やビタミンC、ビタミンEなどは、メラニンの生成を抑える効果があるので、肌にシミができにくくなります。 ビタミンEには血液の循環を良くする効果もあるので肌の血色も良くなり、タンパク質は爪や髪が健康になるなど、高い美容効果も期待ができます。 ビタミンB群やパントテン酸、ナイアシンなどの疲労を回復させる栄養素も含まれることから、銀杏はとても栄養豊富な食材と言えるでしょう。 銀杏を食べ過ぎたために、体の痙攣や嘔吐の主な症状やそれ以外の体の不調を感じたら、すぐに医師の診察を受けましょう。 稀にですが過去には死亡例があるので、自己判断せずに早めに医師の治療を受けることが大切です。 体に取り込んだメチルピリドキシン以上にビタミンB6を治療として投与すると、相対的に毒性の働きが弱まり、たちまち中毒性が治ると言われます。 銀杏を過剰摂取してしまい、主な症状として嘔吐の症状がある時に無理やりに吐かせてしまうと、痙攣を誘発させてしまうので医師に診療してもらうまではなるべく安静にしていましょう。 過剰摂取しても症状が体に現れないこともあるようですが、多量に毒性の成分を摂取しているので、医療機関で医師の診察を受けることをおすすめします。

次の

ギンナンの食べすぎは中毒症状で危険 日本中毒情報センターが注意喚起

銀杏 食べすぎ

銀杏(ぎんなん)の栄養や効果効能は? 銀杏は、種の中の仁(じん)と呼ばれる部分を食用にして楽しむことができます。 仁はでんぷん質を多く含み、もちもちとした歯ごたえがあります。 栄養 脂質、糖質、たんぱく質、ビタミンA・B群、ビタミンC、鉄分、カリウムなど多くの成分を豊富に含んでいます。 特にビタミンB1とミネラルのバランスがよく、糖質が多いことが特徴です。 効果効能 糖質が豊富なことから、即効性のあるスタミナ食や薬用として中国では古くから食用に利用されていました。 ビタミンB1も多く含まれ、脳の中枢神経や手足などの末梢神経の機能を正常に保つ働きがあります。 結果、疲労回復や食欲不振、肩こり、イライラの解消などが期待できますよ。 また、カリウムには体外へ余分な塩分を排出する働きがあり、利尿作用のほか、高血圧やむくみの改善に有効とされています。 銀杏(ぎんなん)の食べ過ぎの中毒、副作用は? ビタミンB6の吸収を妨げる「メチルビリドキシン」という物質を含んでいますが、大人は、肝臓に解毒する酵素があるため、大量に食べない限り中毒症状はめったに起こりません。 ただし、子供は5~6粒摂取しただけで中毒を起こす場合があります。 痙攣や吐き気などの症状を引き起こし、最悪の場合死に至ります。 すぐにビタミンB6を摂取すれば症状は改善されますが、食べ過ぎには注意してください。 銀杏(ぎんなん)が臭いはなぜ?かぶれるの? 足の裏の臭いとも例えられる銀杏の臭いは、酪酸とペプタン酸が原因です。 独特の香りは、種が食べられるのを防ぐために備わった自然の本能です。 ネズミやサルなど野生の動物は、銀杏の実を食べません。 また、銀杏の果肉にはギンコール酸が含まれており、触るとかぶれや皮膚炎を起こします。 また、稀に胃腸障害や頭痛、下痢、発疹といったアレルギー反応がでることもあります。 銀杏を採取したり、殻の処理をしたりするときは、必ずゴム手袋を着用しましょう。 銀杏(ぎんなん)の殻の処理方法は? 食用できる仁は、硬い殻に覆われています。 お店で購入するものはすでに処理がされていますが、銀杏拾いをしたものを自分で処理することもできますよ。 以下に殻の処理方法をご紹介します。 ボウルなどに水をはり、銀杏の実を入れてふやかす 2. ぶよぶよになるまでふやけたら、ゴム手袋をして実を崩し、種を取り出す 3. 種を天日干しで乾燥させる 4. 種が十分に乾燥したら、新聞紙でくるみ、硬い棒などで殻を叩く 5. 殻から仁を取り出す 6. 銀杏がかぶるくらいのお湯を沸かし、穴じゃくしの上で転がしながらゆがく 7. 薄皮がとれ、透明になってきたら、お湯から出して水につける 8. ざるに上げて水気をきる 銀杏(ぎんなん)の保存方法は? 常温保存 殻のついた状態で、新聞紙にくるんで保存します。 常温の涼しいところに置いていれば1週間~1ヶ月はもちます。 ただ、長い間放っておくと、実が乾いて縮み、固くなってしまうので早めに食べるようにしてください。 冷凍保存 長期間おいしく保存したいときは、冷凍保存がおすすめです。 2~6ヶ月間はいい状態をキープできますよ。 殻つきならフリーザーパックに入れておくだけでかまいません。 殻をむいて処理したものなら、少量ずつラップにくるんでフリーザーパックに入れておきます。 ラップやフリーザーパックに入れるときに、空気を抜いておくと酸化を防げます。 かぶれに注意しながら銀杏の実を楽しもう 銀杏は、きつい臭いとかぶれが心配なことから、敬遠しがちな食べ物です。 ただ、実の中にある種は、翡翠色が目に鮮やかで、独特の苦味がくせになるおいしさです。 また、栄養も豊富で、体の不調も改善してくれますよ。 食べ過ぎには注意が必要ですが、晩ごはんに少し銀杏を加えてみると、食欲の秋を楽しめそうですね。

次の

銀杏をレンジで簡単調理!でも食べすぎには要注意

銀杏 食べすぎ

銀杏は栄養たっぷり、でも食べ過ぎに注意 身体の中の活性酸素が問題を引き起こす 人間は呼吸によって身体に酸素を取り込みます。 取り込んだ酸素の一部は活性酸素となり、体内の殺菌を行うなど、人にとってはメリットとなる働きをしてくれますが、同時に身体に対してダメージも与えてしまいます。 例えば鉄は放っておけば錆びるし、リンゴの皮をむいてそのままにしておくと変色しますね。 このように、活性酸素は身体を錆びさせたり、変色させるというデメリットの働きもあるのです。 わかりやすく言うと、活性酸素は「老化」を進めてしまうのだそうです。 カロテンの抗酸化作用 銀杏にはカロテンが豊富に含まれています。 このカロテンは、体内に入ると抗酸化作用を発揮します。 先ほど書いた、活性酸素による身体を錆びさせたり変色させる働きを抑える作用(抗酸化作用)があるのです。 わかりやすく言うと、カロテンは「老化」を防止してくれるのだそうです。 カロテンがビタミンAに変身 体内に入ったカロテンは、ビタミンAに変身して働き始めます。 ビタミンAは粘膜保護などの作用があります。 わかりやすく言うと、ビタミンAに変身したカロテンは「カゼ」を防止してくれるのだそうです。 銀杏を食べすぎると 銀杏も食べ過ぎると毒になります。 大人は解毒作用がありますのである程度でしたら大丈夫ですが、解毒作用が未発達な子どもは銀杏で中毒症状を起こすことがあるそうです。 吐き気、嘔吐、けいれんが始まったら、食べるのを止めて、ただちに病院へ行きましょう。 意識がないなら救急車を呼びましょう。 怖いことを書きましたが、ピスタチオ感覚で短時間で沢山食べると解毒が間に合わないこともあるという事を理解した上で食べるようにしましょう。 銀杏の電子レンジと封筒を使った下ごしらえ 銀杏は茶封筒に入れて、電子レンジでチンすると、殻が割れたり、割れやすくなり、中身もホクホクで美味しく食べられます。 目安は500Wで40~50秒です。 銀杏のレシピ 炊飯器にお米、お酒、お塩、昆布を加えて普通にご飯を炊いて下さい。 お米はいつもより長めに水にさらした方が良いでしょう。 炊き上がったら、下ごしらえをした銀杏の薄皮をむいて載せ、混ぜ合わせます。 ご飯をよそったら、イクラと刻みノリを散らすと、美味しく食べられます。

次の