置き換わる 類語。 ビジネスで「思います」はNG?「思う」の敬語表現と英語表現

変容(へんよう)の類語・言い換え

置き換わる 類語

他人の文章に目を通していて、「これはおかしい」と感じるものの、具体的にどう直してよいか分からない場合がある。 また、どことなく表現が画一的でチープだと感じるのだが、言い換える語句が思い浮かばない場合も多い。 こうした場合、国語辞典などではなく、同じ意味を持つ単語を検索できる「類語辞典」を使うとよい。 欧米では「シソーラス(Thesaurus)」と呼ばれ、ボキャブラリーを増やすのに大いに役立つのだ。 例えば、誉め言葉が常に「すごい」という表現になってしまう人がいる。 自分の中では「すごい」以外の表現をしたい意思はあるものの、それ以外の表現が思い浮かばないため、何かにつけて「すごい」を連発するハメになるわけだ。 こうした場合、類語辞典で「すごい」を検索してみよう。 すると「迫力がある」とか「圧倒される」といった、同じニュアンスを持つ別の語句が表示される。 これらの表現をマスターしていけば、ボキャブラリーが自然と増えていくわけである。 会話の上では口をついて出てくるまで時間がかかるかもしれないが、文章を書く上では文字通りの即戦力となりうる。 類語辞典には、書籍版もあれば、電子辞書に搭載されているデジタル版を利用する方法もあるが、とりあえず試してみたければ、オンラインの類語辞典を使用するのが手っ取り早い。 200以上の辞書やコンテンツを収録した統合型辞書サイト「」では、40万語を収録した「」が利用できる。 また、では、三省堂の「必携類語実用辞典」が利用できるので、試しに使ってみることをオススメする。

次の

「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」

置き換わる 類語

以前の漢字文化資料館で掲載していた記事です。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 Q0122 「切り換え」と「切り替え」は国語辞典などでは同義語として扱われていますが、「きりかえスイッチ」はどちらを使いますか? A 漢字の使い分けというのは、基本的には2つの側面があると思います。 1つは、その漢字が本来はどのような意味を持っているのかを見極めて判断する、という側面。 もう1つは、その漢字が日本語の中で慣用的にどう用いられているかから判断する、という側面です。 そこで問題の「きりかえ」ですが、これは「換」と「替」の使い分け、ということになります。 しかし、この2字を上記の2つの側面から追求しても、なかなかハッキリした使い分けが出てこないのです。 国語辞典で同義語とされているとおり、日本語の中では慣用的に、この2文字は置き換えが可能です。 もちろん、「置き換え」を「置き替え」と書くことはあまりないように、ことばによってはどちらかの漢字が定着しているものもありますが、全体を見渡した場合、両者に用法上の大きな違いは見あたりません。 次に、漢字の本来の意味を考えてみると、「換」は「手」へんが付いていますから、手に関係するイメージです。 「替」は、「日」が付いていますが、これはニチという字ではなく、もともとは「曰」という字で、音読みエツ、訓読みで「いう」という漢字です。 漢文で「子曰わく(しいわく)」などという時の「曰」で、つまり「言う」という意味ですから、「替」はことばに関係するイメージとなります。 そうすると、「換」は手でとりかえる、「替」はことばを交わしてとりかえる、といった意味なのかということになります。 もちろん、もともとはそうだったのでしょうが、特に「替」の方はそういったイメージは早いうちに薄れてしまっています。 というわけで、「きりかえスイッチ」の場合も、やっぱり国語辞典に従って、どちらでもよい、ということになりそうです。 どうしてもどちらかを選べ、とおっしゃるのならば、スイッチですから、やはり手のイメージがある「換」の方としておきましょう。

次の

いつも「すごい」しか言わない人へ――「類語辞典」で表現力アップ術

置き換わる 類語

「後生大事」の意味とは? 「後生大事」の類語や似たことわざ• 「後生大事」の使い方• 「後生大事」を使った例文• 「後生大事」を分解して解釈 「後生大事」の意味とは? そんな不思議な気持ちになるのは、 「後生大事」という言葉を耳にする時です。 「後生大事」という言葉は、普段の日常会話の中でも、 「あなたからもらったペンダント後生大事にするね」とか 「あいつは30年前のおもちゃを後生大事に取っているな」といった形で使われることがあります。 言葉の意味としては、 「非常に大切にすること」となり、そのことを比喩的な表現として用いることが多くなっています。 「後生大事」は、元々、仏教の言葉で来世の安楽を願って、ひたすら善い行いを積んで、仏道に励むことを指していました。 「後生」とは、死んで後の世に生まれ変わることで、来世や来世で極楽に生まれ変わることを指しています。 「後生大事」は、ごく普通に使っている言葉なのですが、実は使うニュアンスを間違えると、嫌な不快な思いをさせてしまう可能性がある言葉でもあります。 よく使う意味とは別の意味で使われることもあるので、使い方には気をつけた方がいい時もあります。 「後生」 「後生」は仏教から来ている用語として知られています。 この 「後生」には、 「死後の安楽を願いながら、現世を精一杯生きること」という意味が込められています。 「後生」は、仏教用語で死後の世界を表すとしていますが、その死後のことも意識した気持ちも表しているのではないでしょうか。 仏教用語では、後生の他に、前世の前生、現世の今生という表現もあり、 「後生」は、人の過去・現在・未來を大切にしているのでしょう。 ちなみに、 「後生」は、 「後生一生」などという慣用句が省略された形とも考えられています。 「後生だからお願い。 」というような言葉がありますが、死ぬまでの人生と、さらに死んだ後と生まれ変わりの人生のことも、含めて、 「1度だけのお願い」という意味があります。 「そんなに多くはないお願いごと」と言い換えることもできるでしょう。 この 「後生一生 のお願い 」が略されたのが、 「後生」という形になっていったのだと思われるのです。 日常的な会話の中で、 「後生だから」という表現は、 「1つだけでいいから、私の願いを叶えてください。 」という思いが込められています。 「大事」 「大事」とは、 「重大な事柄で普通では容易でないこと」を指しています。 事件や大きな変化の出来事を意味して、 「国家の大事」という時に使うことがあります。 また、 「大がかりな仕事」、 「大規模なプラン」の意味もあり、 「大事を成す」、 「大事な企て」というキーワードでも使われます。 「大変な結果」や 「非常に心配な事態」な意味で 「大事に至らないで済む」というという使い方もありますし、 「出家して悟りを開くこと」という意味や 「価値の高いものとして大切に扱うこと」で、 「大事な品物」、 「親を大事にする」、 「お大事に。 」という言葉にもつながってきます。 あるいは、 「重要で欠くことのできないそと」や 「ある物事の存否にかかわる」ことも意味しており、 「大事な用を忘れてしまった」、 「今が大事なタイミングだ! 」と言う場合でも使うことがあります。 icon まとめ 「後生大事」という言葉で、まず思い浮かべるのが日常会話の中で 「後生大事ににね。 」 と使う時に、その時の意味として、 「とても大切にしていること」という意味であるということです。 このような場面で 「後生大事」が使われるのですが、この使い方には、他の人が何かの物事を大事にしていることを例えるようなニュアンスで使われることがあります。 この時は、歳上の人や目上の人に使う時には、失礼になることもあるので、使い方に注意した方がよいでしょう。 「後生大事」という言葉には、 「大切な」という意味があることは何度も述べて来ましたが、人が大切にするものや考え、志向、状況は様々です。 「ご主人が宝物として扱っている新聞のスクラップも、奥さんから見れば、単なるゴミ」という例文がありましたが、この例文に見るように人の価値観は色々なことばかりです。 自分からすれば、100万円の価値があるものでも、人によっては、1円しか価値のないものもあるでしょう。 それだけに 「後生大事」という言葉が使われた時は、その人の価値観を尊重しなければならない時も出てくるのではないでしょうか?

次の