プロスピ a 称号。 【プロスピA】称号の付け方とおすすめ

【プロスピA】2020プロスピセレクション第1弾の評価ランキング!当たり選手は?

プロスピ a 称号

プロスピセレクション第1弾評価ランキング 評価はSABCDEFの7段階評価になります。 第12位:内竜也 チーム 千葉ロッテマリーンズ 評価 D このメンバーの中ではちょっと評価が厳しいですね。 変化球はスライダーと落ちる球が2種類ありますが、スライダーは共に変化量1。 縦スライダーとフォークは明らかに回転が違うのでリアタイでは使いにくい投手でしょう。 また、2020シリーズでAランクが出ていないため、限界突破させづらいのも厳しい。 おすすめ起用法 中継ぎ 抑え適正Sですが、ステータスを見る限りでは中継ぎでの起用がおすすめです。 スピリッツは高いですが、抑えが務まるほどの能力は無い印象です。 おすすめ称号 火の玉ボール、超特急、うなる豪腕 とにかく球威をAに乗せたい。 第11位:デスパイネ チーム ソフトバンクホークス 評価 D パワーAはいいんですが、ミートはCとちょっと低め。 基本DHで出場している選手だけに守備力も低め。 特殊能力は良いですが、守備ができないことも考慮してこのメンバーだと評価は低めですね。 居なくなったらシルエットになるリスクもあります。 おすすめ起用法 DH、代打 おすすめ打順 6番~8番 守備力が低いのでDHか代打での起用をおすすめしたい。 守備につかせるにはリスキー。 おすすめ称号 安打製造機、好球必打 パワーはA84で十分なのでミートをBにしたい。 パワーが上がればミートCのままでも決してハズレの称号ではないですが。 第10位:中田翔 チーム 日本ハムファイターズ 評価 C 打点王は取ったものの、打率が低い年だったのでミートはCでも仕方なし。 特殊能力は良い。 チャンスに強いバッターなのでクリーンナップの後ろに居たら怖い存在。 限界突破はかなりさせやすい選手。 おすすめ起用法 レフト、ファースト、代打 おすすめ打順 5番~8番 クリーンナップの後ろを打つのがベストでしょう。 もしくは特殊能力を活かしてチャンスでの代打起用は大いにあり。 おすすめ称号 脅威のスラッガー、バズーカー、怪力無双など 称号を獲得してもミートBに乗らないのでパワー型の称号がおすすめ。 ミートとパワーが同値でアップする称号、もしくはパワーが一気に上がる称号がいいでしょう。 第9位:外崎修汰 チーム 西武ライオンズ 評価 B 選ばれたのが同じ西武ライオンズのサード枠でなぜ中村剛也ではなく外崎なのか謎ではありますが、外崎も十分強い選手です。 2020S1二塁手評価ランキングでも上位になった選手です。 様々なポジションをこなせるのも便利。 強打がいないポジションにまわしてもいいでしょう。 称号獲得でパワーと走力がAになれば一気に見栄えは良くなります。 関連記事 ・ おすすめ起用法 サード、セカンド おすすめ打順 6番~9番 下位打線に居れば心強い打力はある。 おすすめ称号 打撃を極めし者、ラン&ガン、稲妻など 打撃を極めし者、ラン&ガンが付けばパワーと走力を同値A可能です。 第8位:比嘉幹貴 チーム オリックスバファローズ 評価 B スライダーとシンカーで変化量の違う2種類の変化球があるのが良い。 リアタイではなかなか打ちづらい部類でしょう。 特殊能力はちょっと微妙。 おすすめ起用法 中継ぎ 多彩な変化球を活かした右打者のワンポイントリリーフも有効。 おすすめ称号 魂の投球など 球威はAに乗せたいのはもちろんのこと、制球もギリギリBなので少し上げておきたい。 第7位:吉見一起 チーム 中日ドラゴンズ 評価 B 圧倒的な制球力。 特殊能力は超コントロールに対ピンチ。 左右の変化球と2種類のスライダーを上手く組み合わせればリアタイでもそれなりに活躍できるでしょう。 おすすめ起用法 先発 リアタイではスライダーとシュートの出し入れが鍵を握ります。 超コントロールが発動したら、ストライクゾーンとボールの際(きわ)を攻めたい。 上位ランクだと通用しないかも。 おすすめ称号 ミスターコントロール、精密機械、針の穴を通す制球など どんな称号を獲得しても同値は狙えないので、ここは制球をさらにアップさせることをおすすめします。 制球Sを目指したい。 第6位:藤川球児 チーム 阪神タイガース 評価 A 球威は最強。 かつて登場したTS藤川球児よりもパワーアップしており、ツーシームを投げられる。 この球速と球威でストレートSとツーシームはかなり強力。 おすすめ起用法 中継ぎ、抑え リーグ戦でもリアタイでも中継ぎエースクラスの能力。 リアタイでストレート系苦手な人はかなり苦戦するでしょう。 TSサファテより強いです。 おすすめ称号 火の玉ボール、超特急など 球威がSに乗れば基本的には何でもいい。 贅沢を言えば火の玉ボール、超特急がベスト。 第5位:ソト チーム 横浜DeNAベイスターズ 評価 A 2020S1一塁手の評価ランキングで1位を獲得した、数少ない貴重なセカンドの強打。 適正はそこまで高くないですが、ファーストや外野にコンバートできるのも便利ですね。 2020S1のソトも十分強いですが、こちらのソトはスピリッツが3500で称号でミートAも可能になっています。 関連記事 ・ おすすめ起用法 ファースト、セカンド、レフト、代打 おすすめ打順 5番~7番 打力は十分クリーンナップを打てますが、クリーンナップが埋まっている人はその後ろでもいいでしょう。 サブポジが多いので、リアタイの代打で控えても便利で強いですね。 おすすめ称号 安打製造機、好球必打など ミートAに乗せることができれば超強力打者になります。 第4位:岩隈久志 チーム 楽天ゴールデンイーグルス 評価 A 先発として非常に素晴らしい能力。 称号でオールAで可能。 特殊能力も素晴らしい。 7球種持ち。 ただし、変化量や球種から見るとリアタイではそこまで強い投手ではないでしょう。 ある程度のランクなら通用しますが、リーグ戦向きな気がします。 おすすめ起用法 先発 リーグ戦の先発での起用がおすすめです。 おすすめ称号 超特急、本格派、圧倒的な球威 球威をAに乗せたいですね。 超特急、本格派、圧倒的な球威なら球威とスタミナ同値Aが狙えます。 第3位:鈴木誠也 チーム 広島カープ 評価 A 2019年のキャリアハイなので、2020S1鈴木誠也と同じようなステータスですがミートが1アップしています。 ミートが非常に高いうえにパワーもAあるので、非常に使いやすい選手。 ライトの守備適正も高いです。 おすすめ起用法 ライト おすすめ打順 2番~6番 肩力をはじめ守備力は良いのでライトで使いたい。 打順は自分のチーム状況次第でどこに置いてもいいでしょう。 おすすめ称号 ミスターフルスイング ミートが1下がってしまいますが、ミート・パワー同値が狙えるミスターフルスイングはおすすめです。 ミスターフルスイング以外ならパワーが上がる称号がいいでしょう。 第2位:坂本勇人 チーム 読売ジャイアンツ(巨人) 評価 S 今もなお歴代最強レベルのショート。 今年はTSで松井稼頭央も登場しましたが、坂本も同レベルで強い選手です。 全盛期に比べれば守備は下がり気味ですが、現状でも十分守備は良いです。 現役で強打のショートは坂本一択みたいなところがあるので、12球団オーダーの人は必須で欲しい選手です。 称号でミート、パワー同値が狙えます。 おすすめ起用法 ショート おすすめ打順 1番~7番 上位を打たせたい選手ですが、正直どこでも打てる選手です。 自分のチーム状況や打ちやすさを考慮して好きな打順を打たせましょう。 おすすめ称号 ミートとパワーを同値にできる称号がおすすめ。 走力Aでは狙う必要なし。 第1位:バレンティン チーム ヤクルトスワローズ 評価 S バレンティンが日本記録となる60本塁打を達成したときですね。 パワーは称号獲得でSに乗りますが、このバレンティンはミートも高いので 史上最強クラスの打者と言っていいでしょう。 おすすめ起用法 レフト、DH おすすめ打順 3番~5番 守備適正Dあって肩力もAあるので、外国人選手の大砲の割には悪くはない。 ミートも高いうえにパワーが異次元なので是非クリーンナップに置きましょう。 なるべくランナーが溜まったところで打席がまわるように3番がベストでしょう。 1打席でも多く打席をまわしたい選手なので。 おすすめ称号 バズーカー、怪力無双など パワーがSに乗る称号なら基本的に何でもいいと思います。 ベストはバズーカー、脅威のスラッガー、怪力無双、飛ばし屋あたり。 今回の当たり選手は? 通常のスカウトならどれも当たりの選手ですが、キャリアハイベストナインから選出されたプロスピセレクション第1弾としての当たりは以下の選手です。 野手 ・バレンティン ・鈴木誠也 ・坂本勇人 投手 ・岩隈久志 ・吉見一起 特に野手の3人は代わりになる選手がいないほど強いので、これ以上の当たりは無いですね。 現時点で最強選手です。 あとは、自分のチームに足りないポジションが埋まれば誰でも当たりですね。 まとめ キャリアハイベストナインから選出されてだけあってメンバーはかなり豪勢!TS(タイムスリップ)と被らない考慮がされているのもあると思うけど、ハズレ選手はほとんど居ません。 目的の選手が取れなかったとしても長期的にメンバー入りできる選手ばかりなので是非じっくり育ててください。 なお、 ここで登場した選手は今年の内はTSでも登場しないと思われます。 もちろん素材を残しておくのはいいと思いますが、Aランクなどの素材が活躍できるのは来年以降になりそうですね。 もちろん現役でもSランクでバリバリ活躍できそうな選手はいつでも素材になりますが。 プロスピA 攻略まとめページ•

次の

プロスピA

プロスピ a 称号

【プロスピA】上級機能『称号』とは 『称号』では、Sランク[極]の選手に、ランダムな称号を獲得させることができます。 称号獲得の方法 称号の獲得は、限界突破と同じように下記のいずれか使用して行うことができます。 称号を獲得したい選手を選択し、使用する限界突破用の選手かコーチを選択すればOKです。 既に称号のある選手も、再度限界突破用選手・コーチを使用すれば称号を獲得でき、新しい称号を既存の称号と入れ替えるか選択することができます。 称号のランク 称号は星1~星4までランクがあり、ランクの高い称号は得られる能力も高くなります。 称号獲得前に称号抽選確率が表示されるので確認しましょう。 称号の極意書 称号の極意書を使用すると、ランクの高い称号が抽選されやすくなります。 称号抽選確率を表示している際、『サポートアイテム』から一度に最大5個まで消費することができます。 称号の極意書は称号を獲得するごとに1個入手することができます。 称号を外す タブを『称号を外す』に切り替えて選手を選択すると、称号を外すことができます。 一度称号を外すと、再度称号獲得をしないといけないので慎重に行いましょう。 効果は球威+2、スタミナ+1と良い称号なのですが、田中将大(2017ワールドスター)は元々の最大能力値が球威80、制球83、スタミナ83なので、制球とスタミナのコンボ要員でした。 今回の称号獲得で、最も高い数値がスタミナのみになってしまい、スタミナのコンボ発動にしか寄与しなくなります。 オーダー次第ですがコンボの可能性まで考えるとこの称号付与は微妙な結果ですね。 逆に、称号付与で、最も高い数値を同値に調整し、複数のコンボ要員にしたり、最も高いステータスを変更して別コンボの要員とすることができます。 ただし、称号付与自体ランダム要素が強いのでかなり根気のいる作業になってきます。

次の

【プロスピA】上級機能『称号』について

プロスピ a 称号

【プロスピA】上級機能『称号』とは 『称号』では、Sランク[極]の選手に、ランダムな称号を獲得させることができます。 称号獲得の方法 称号の獲得は、限界突破と同じように下記のいずれか使用して行うことができます。 称号を獲得したい選手を選択し、使用する限界突破用の選手かコーチを選択すればOKです。 既に称号のある選手も、再度限界突破用選手・コーチを使用すれば称号を獲得でき、新しい称号を既存の称号と入れ替えるか選択することができます。 称号のランク 称号は星1~星4までランクがあり、ランクの高い称号は得られる能力も高くなります。 称号獲得前に称号抽選確率が表示されるので確認しましょう。 称号の極意書 称号の極意書を使用すると、ランクの高い称号が抽選されやすくなります。 称号抽選確率を表示している際、『サポートアイテム』から一度に最大5個まで消費することができます。 称号の極意書は称号を獲得するごとに1個入手することができます。 称号を外す タブを『称号を外す』に切り替えて選手を選択すると、称号を外すことができます。 一度称号を外すと、再度称号獲得をしないといけないので慎重に行いましょう。 効果は球威+2、スタミナ+1と良い称号なのですが、田中将大(2017ワールドスター)は元々の最大能力値が球威80、制球83、スタミナ83なので、制球とスタミナのコンボ要員でした。 今回の称号獲得で、最も高い数値がスタミナのみになってしまい、スタミナのコンボ発動にしか寄与しなくなります。 オーダー次第ですがコンボの可能性まで考えるとこの称号付与は微妙な結果ですね。 逆に、称号付与で、最も高い数値を同値に調整し、複数のコンボ要員にしたり、最も高いステータスを変更して別コンボの要員とすることができます。 ただし、称号付与自体ランダム要素が強いのでかなり根気のいる作業になってきます。

次の