菅田 将暉。 松坂桃李、菅田将暉、中村倫也 日本のエンタメ界を牽引する「トップコート」トリオの存在感|Real Sound|リアルサウンド 映画部

菅田将暉の最新彼女事情まとめ【2020】!実は隠された「本命」がいた?彼女に要望する「条件」とは!?【画像あり】

菅田 将暉

3月末、いまをときめく超人気者である菅田将暉と小松菜奈の交際がスポーツ紙により報じられた。 4月公開予定の映画『糸』の撮影中であった昨年秋、菅田の猛アタックにより交際に発展したという。 『週刊文春』(4月2日号)によると、はじめ小松は「菅田さんのことが嫌い」だったらしい。 そんなふたりは今、4月公開予定(延期が決定)だった『糸』のプロモーションのために数々のバラエティー番組に出演中だ。 30歳までに同い年くらいの人と…… 通常、人気絶頂の俳優と女優ともあれば、交際が発覚したら「ショック」「受け入れられない」といったファンの声が飛び交いそうなものだが、SNS上は「お似合いすぎる!」「最高のカップル」といった意見で埋め尽くされた。 CDデビューでもさせられるんか、といったユニット感さえ出ているが、これぞ双方のファンから祝福されている証といえる。 このように、世の若者たちが応援するカリスマカップルへとなったわけだが、現在菅田は27歳、小松も24歳とかなり若い。 不謹慎だが、万が一、破局だなんてことになったら、期待を背負ったぶん落胆の声も大きいはず。 そんな菅田は'19年2月に発売された俳優10周年を記念したアニバーサリーブック『誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを 見ていた者が繕った何かは いつの日か愛するものが造った何かのようだった。 』(この長さもシャレオツ)のなかで小栗旬と対談し、こんな発言を残している。 《 有名人の熱愛報道にしても、もう、ええやん、好きにさしたったらと思うんですけどね、俺。 (中略)周りがやいのやいのいう必要がないと思うんですよね。 一般の人が言うならまだしも、同業者が言ったりもするじゃないですか。 報道などにより色眼鏡でみられ、自分の仕事や作品に意図せぬフィルターがかかってしまうことに関しても、 《変にスターになり過ぎると、ちゃんと見てもらえないみたいなことも、現実的にはあるのかなって》と嘆いてみせるのだった。 とことん作品を大事にするプロフェッショナルの精神に感服……かと思いきや、昨年12月に放送された『TOKIOカケル』に出演した際、結婚願望について聞かれた菅田は、 「(時期は)30歳までに」 「(相手は)同い年くらい」と、小松を意識したかのような回答を繰り出していたというのだ。 時期的にはちょうど交際が始まって間もなくなわけだが、あまりに具体的な発言に小松との交際を知る由もなかったネット民も「すでに相手がいる……?」と騒然となった。 小松への想いが作品を届けたい情熱を超えてしまったというのか……? それを紐解く鍵として、前述の『週刊文春』には事務所関係者のこんな証言が掲載されている。 「やいのやいの」のタネを自ら蒔いてどうする。 とはいえ結局、いくら好きアピールがすごかろうとも、芝居にせよ歌にせよのクオリティーが高いのがカリスマたるゆえんなのだろうけど。 〈皿乃まる美・コラムニスト〉.

次の

菅田将暉の“自動車CM“が大不評「危ないわ!」「あり得ない...」(2020年6月7日)|BIGLOBEニュース

菅田 将暉

(C)まいじつ トヨタ自動車のサブスクリプションサービス・『KINTO』のCMが、ネット上で不評を買っているようだ。 【関連】ほか 問題のCMは、今年4月から放送が開始された『買うよりお得、らしい。 』シリーズ。 俳優の、、女優のと人気の役者が出演しており、3人和気あいあいとする様子が収められている。 コンセプトは「台本はほとんどない半ドキュメンタリー」で、3人のやり取りはほとんど素顔のままとのこと。 サブスクのメリットを語りながらドライブし、「KINTO」の良さを自然に訴え掛けている。 不評を買っている主な要因は、助手席の菅田と運転席の二階堂との掛け合いだ。 会話の流れで「買うか『KINTO』か…」というフレーズが出たところ、菅田は運転中の二階堂に対して「『買うかKINTOか』って10回言ってみて」と、突然10回クイズを出題。 二階堂が10回復唱すると、菅田は「ここは?」と自身の肘を指し、二階堂は思わず笑いを誘われてしまうという流れだ。 「事故につながりかねないのでは?」とのツッコミが… 出演者の仲の良さをアピールする目的があったと思われるこの演出だが、よくよく考えると、運転中の人間に横から茶々を入れるのは、事故を誘発することにもなりかねない危険な行為。 しかも、「ここは?」とヨソ見までさせようとしている。 異業種の広告における運転の演出ではなく、自動車会社が直々に行っているCMという点もあり、ネット上には、 《事故につながりかねないわよ? とてもトヨタのCMとは思えない内容だわ》 《運転中に10回クイズって危ないわ!》 《運転者の気と視線を散らせようとする同乗者、危険でしょ》 《助手席で「ここは?」って、ヨソ見して事故にでもなったらどーすんだよ》 《運転している女性に、助手席の男性が、注意を引くことを盛んに言う… 私は怖くて仕方がないのだが》 《クルマ会社のCMなら責任ある制作をしてほしいわ》 など、非常識さを問う声が続出している。 「本来、車のCMにおいて、事故を連想させる描写は絶対的にNG。 これは最もデリケートになる部分であり、少しでも危うげな言動は組み込まれません。 いくら現実で会話をしながらの運転が許容されているとしても、これは『気が散る』『事故につながる』と言われても仕方のない描写。 教習所でもNG行為だと学ぶでしょう。 生真面目過ぎるといえばそれまでですが、CMとはそういうものなので、不適切だったと言えるでしょうね」(広告クリエイター) 車における演出といえば、「犯人が逃走車なのにシートベルトを締めている」というツッコミが定番。 しかし裏を返せば、それだけ慎重に映像づくりをしなければいけないということなのだろう。

次の

菅田将暉&有村架純が親密ロケ「付き合ってるとしか思えない」

菅田 将暉

すべての物事の消費サイクル速度が上がっているいま、エンタメ界でもその流れは同じであり、映画やドラマを支えるスターたちの顔も目まぐるしく入れ替わっている。 そんななかにあって、人気と実力を兼ね備えた若手演技派として存在感を示しているのが、松坂桃李、菅田将暉、中村倫也の「トップコート」3人衆だ。 なかでも松坂桃李は、先日行われた第43回日本アカデミー賞で『新聞記者』での演技が認められ、最優秀主演男優賞を受賞。 昨年の『孤狼の血』での最優秀助演男優賞に続く受賞を果たし、昨年の涙のスピーチから、今年は堂々たる主演俳優としてのスピーチを行って話題を集めた。 『新聞記者』 c 2019『新聞記者』フィルムパートナーズ 松坂は、フラットな空気を保ったままに、剛柔どんな役にでもなりきって見せる役者だ。 2008年に芸能活動を開始し、翌年2009年に『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日系)のシンケンレッドで俳優デビューを飾った松坂は現在31歳。 映画『ツナグ』やNHK連続テレビ小説『梅ちゃん先生』などの好演で着実にキャリアを重ねた。 その後も本人の好青年なイメージは変わらぬまま、役者としては挑戦的な役に挑んでいく。 『劇場版 MOZU』『彼女がその名を知らない鳥たち』、そして衝撃を与えた娼夫役『娼年』と立て続けにイメージを覆すキャラクターを演じて、演技の幅の広さを見せつけていく。 前述の『新聞記者』では鬼気迫る演技を見せ、特にラストシーンでの得も言われぬ表情を観る者の脳裏に焼き付けた。 今年はジブリアニメ『耳をすませば』の実写版で清野菜名とW主演を務めることが発表されており、早くから賛否を集める注目作となっているが、松坂の武器のひとつでもある声の魅力をうまく生かした柔らかな作品になってくれるのではと期待している。 その松坂とは共演作も多い菅田将暉は現在27歳。 2009年に『仮面ライダーW』(テレビ朝日系)で桐山漣とのW主演により俳優デビューを果たしたが、彼の存在を知らしめたのは2013年に主演した『共喰い』だろう。 狂気が似合う役者・菅田の片りんがはっきりと見てとれる。 菅田には、菅田という個性を打ち出したうえで、役に染まって見せる強さがある。 『糸』 c 2020映画『糸』製作委員会 女装を披露した『海月姫』、ドラマ『民王』(テレビ朝日系)、アーティスト菅田へと繋がっていった『キセキ ーあの日のソビトー』、振り切れ具合が気持ちいい『帝一の國』など、バラエティに富んだ作品に出演を続けてきた菅田。 近年も、趣里とのヒリヒリする距離感で引き付けた『生きてるだけで、愛。 今年は実に3本の主演映画『糸』『花束みたいな恋をした』『キネマの神様』の公開が発表されており、絶好調だ。

次の