ミノムシ。 意外と知らないミノムシの生態!中身は何が入ってる?毛糸を使って蓑を作る!

ミノムシクリップ|製品情報|製品一覧|ミヤマ電器株式会社

ミノムシ

我が家の庭の木を見てみると、葉っぱがやたら虫食いにあっていることに気づきました。 むむむ。 今年はイラガの幼虫を全く見なかったが、ついに現れたか!と目を凝らしてみると。 なんと、ミノムシが・・・いっぱい・・・。 (写真ではよくわからないけど) こんな大量のミノムシが発生したことはこれまでなかったので、すっかり思考停止状態に! とりあえず退治しないといけないのだけど、手元にある薬だとダメっぽい。 まずは敵を知ることから始めようではないか。 さっそく、ググってみたところ、衝撃の事実が・・・ ミノムシの生体 ミノムシといえば、口から吐く糸で体中に木の枝を固定し蓑のようにまとっている虫ですが、これはミノガという蛾の幼虫です。 ミノムシは、蓑をまとって越冬し、そこで蛹になって春に羽化します。 実は羽化するのはオスだけらしく、しかもオスの口は退化していて餌をとることもありません。 やることは、ただひたすらメスを探すのみ。 一方、メスはというと、蓑をまとって越冬し春になっても蓑をまとったままです。 メスは成虫になっても見た目は変わらないのですが、蓑の中のメスの姿は小さな頭と胸、そして大きなお腹には卵がいっぱい。 オスと同様、口は退化しています。 そして、なななんと。 足も羽もない・・・。 げげげ。 蓑をまとってやることは、特有の匂いを出してオスを引き寄せること。 卵から幼虫が孵化するとメスは干からびて蓑の外へ落ちて死んでしまいます。 そして、幼虫は他の枝に移って蓑をまとって葉っぱを食べて大きくなります。 というような一生を送るらしいのです。 なんちゅうか、愕然としましたね。 子孫を残すということにほぼ一生を捧げてます。 成虫よりも幼虫の時が、人生で一番良い時つうことかな? ちなみに、ミノムシは生息個体が激減していて絶滅危惧種に指定されているところもあるらしい。

次の

ミノムシクリップ|製品情報|製品一覧|ミヤマ電器株式会社

ミノムシ

ミノムシは日本に40種類ほどいるミノガと呼ばれるガの一種、オオミノガの幼虫に付けられた名前なのです。 昔、農家の人たちが雨の日にシュロの皮やワラを編んで作った雨衣を着て作業をしていましたが、それに似ているということで付けられた名前のようです。 ミノムシという虫がいることは誰でも知っていますが、どんな昆虫であるかを知っている人は少ないのではないでしょうか。 ガの幼虫だということが分かれば、成虫は夜に飛び回るガであることが想像されます。 まさに普通のガの姿をしています。 ただし、それはオスだけで、メスは成虫になっても同じ昆虫とはとても思えない姿をしています。 脚も羽も触角もなければ、目も口もないウジ虫状態で、一生を通してミノの外に出ることがありません。 夕方になると、ミノの下から頭を少しだけ出して、そこからフェロモンといわれる匂いを放出してオスを誘います。 そのころ飛び回っているオスは、その匂いを嗅ぎ取ると、何百メートルも離れたところからでも飛んで来てメスと交尾をするのです。 交尾が終わったメスはその場で卵を何百個も産み、しばらくすると地上に落ちて死んでしまいます。 オオミノガはこのように不思議な昆虫ですが、今から30年ほど前に突然いなくなってしまったか、と思われるほどに姿が見られなくなってしまいました。 大陸の方から入って来た天敵のハエの一種に寄生されたのが原因といわれています。 葉が落ちた街路樹のサクラやケヤキの枝にぶら下がり、その様子は冬の風物詩ともいえる情景だったのですが、今では絶滅危惧種になってしまい、残念なことに、気をつけて探しても時々見つかるくらいになってしまいました。

次の

ミノムシの生態とは!?絶滅危惧種って本当!? | ペット総合情報ブログ

ミノムシ

夏にみつけたけど、これもミノムシ? はい、ミノムシです。 ミノムシといえば、寒い時期にしか見ないイメージがありますが、夏でも活動しています。 冬に目立つのは、木が枯れて葉っぱがないため、夏にくらべて大きくなっているため、あたたかいところを求めて人間の家に移りやすいためです。 なぜミノムシは大量発生する? ほかの虫も条件がそろえば(むし暑いなど)大量発生しますが、ミノムシも同じです。 おとなになったミノムシが産卵するのは夏ごろです。 1匹のメスが生む卵は 最低でも1000個ですから、複数のメスからいっせいに卵がかえれば大量発生してもおかしくはありません。 ミノムシは害虫? 害虫です(庭木を育てている人にとっては)。 ミノムシが木の葉っぱをたべてボロボロにするため、(ひどいときは枝が枯れたり、実を食べられたりします)庭木を育てている人にとっては困った害虫です。 被害をうけるのは木だけです。 人間のたべものや家には害をあたえません。 ですから、なにか栽培しているわけではないのであれば、放置しても問題ありません。 ミノムシを倒す方法は? 見つけたら、直接とりのぞくのが一番確実です。 大量発生して手では間に合わない時はスミチオンで対応します。 ミノムシは足や風をつかって移動できますので、先に手を打って防ぐことはむずかしいです。 できることは、居心地のいい場所だとわからないようにすることです。 具体的には、ミノムシのだした糸の跡を消すために、ハサミで取ります。

次の