コロナ 仕事 やめたい。 新型コロナウイルスで忙しい仕事とは?コロナで忙しくなる仕事と低迷する仕事の違い

コロナ明けに仕事に行きたくない!もうずっと家(自宅)に居たい!

コロナ 仕事 やめたい

職場に忍び寄る新型コロナウイルスの脅威と転職する不安 新型コロナウイルスの影響で、これまでのような働き方が難しくなっている職種や業種も多いです。 休業や営業時間短縮をせざるを得ない業種もあれば、これまで以上に忙しくなる業種もあります。 現在の仕事は感染のリスクが高いということで転職を検討している人も多いです。 また、仕事が減ったりなくなったりして収入面の不安から転職を検討する人もいます。 ただ、この状況で転職できるかどうかという不安も大きいです。 そのため、仕事を辞めたいと思いつつも、我慢して続けている人も少なくありません。 本当は仕事を辞めたいのに… Twitterやウェブ掲示板などでは、本当は仕事を辞めたいのに辞められないという内容の、Tweetや書き込みが目立ちます。 例えば、接客業の仕事に従事している人のTweetでは、コロナの影響でクレームが増えたという内容のものが多いです。 不特定多数の人と間近で話す機会が多く、感染のリスクに怯えながら仕事をしている人もいます。 しかし、今の仕事を辞めてしまうとすぐに次の仕事が見つかるという保証はありません。 そのような状況で、仕事を辞めたくても無理をして続けている人が多いです。 神奈川県労連に寄せられた相談では、勤務先のコロナ対策で業務量が増えたという内容のものもあります。 公共交通機関で通勤する社員は時差出勤で勤務時間を短縮する一方で、マイカー通勤の社員はこれまで通りの勤務という内容です。 結果的にマイカー通勤の社員にしわ寄せが来て、負担が重くなってしまいます。 しかし、仕事がなくなっている人も多い現状で、辞めるという選択はなかなかできません。 (参照:) 「ガールズちゃんねる」では仕事を辞めたという書き込みもありました。 妊娠中の女性で、母子感染を危惧して辞めるという決断をしたようです。 仕事そのものでの感染のリスクだけでなく、通勤中の感染のリスクが怖いという書き込みもありました。 転職希望者がいま知っておくべき現実 今の時期に転職を希望するなら、仕事を辞めたくても辞められない人がいる理由を知っておく必要があります。 現在の転職市場は、コロナ前の売手市場とはかなり違う状況です。 では、どんな状況なのか見ていきましょう。 コロナの時期でも転職したい! 人の移動や人が密集することを避けなければならないため、飲食や旅行、娯楽などの分野では仕事が激減しています。 その影響が他の業種へも及び、業績が悪化している企業が多いです。 これまでは人手不足に悩んでいた企業でも、求人を取り下げるなどの動きが見られます。 転職市場全体で求人数が減少傾向なのが現状です。 今後しばらくは、これ以上の雇用は見込めないでしょう。 一方で、現在の職場に対してストレスを感じている人や、不満を抱いている人も少なくありません。 各企業では、社員の感染を防止し生活を守るために対策に努めています。 しかし、企業が行っている感染防止対策が不十分だと感じている人も多いです。 一定の補償はあるものの、収入が減って困っている人もいます。 在宅ワークを導入している企業であれば、対策が比較的行き届いているところが多いです。 しかしそれでも、上司の監視が厳しいなどでストレスを抱えてしまう人もいます。 在宅ワークなら、いつでも仕事ができるということで、普段よりも仕事がきつくなったと感じている人もいるでしょう。 そのような状況から、求人数が減っていても転職したいと考えている人が多いです。 〜困難な選択肢を覚悟しなければならない?〜コロナでの転職事情 これまでもリーマンショックをはじめとして、不況で就職や転職が困難な状況になったことは、何度もありました。 しかし、今回の状況はこれまでの不況とは事情が異なります。 消費が落ち込んでいるだけでなく、経済活動そのものが困難だというのが大きな特徴です。 そのため、新卒採用が停止している大企業も出てきています。 企業説明会なども開催できない状態です。 新型コロナウイルスのパンデミックがいつ収束するのか見通しが立たず、採用活動を停止している企業も少なくありません。 中途採用に関しても、一時停止をする企業が目立ちます。 日本国内で新型コロナウイルスが収まってきても、世界全体で収まらない限りは、採用を控えようとする企業も多いです。 ただし、コロナウイルスの影響で業績が伸びている業種もあります。 例えば、IT系の企業では、採用活動に力を入れているところが多いです。 IT系なら中小企業でもオンライン面接を導入しているところもあります。 オンライン面接なら、実際に集まったり間近で話をしたりすることがないため、これまで通りの採用活動が可能です。 IT系の企業への転職を考えている人にとっては、チャンスといえるでしょう。 この時期を活用し、転職への準備を始めよう 今の時期に転職活動をするのが厳しいと感じている人は、コロナ後に行う転職活動のための準備をしておくことをおすすめします。 この状況を逆手に捉え、家での時間を活用して転職の準備をする 多くの企業でコロナ対策として就業時間の短縮や、在宅ワークなどを行っています。 そのため、自宅にいる時間が長くなったという人も多いです。 コロナ後に転職を検討しているのであれば、自宅にいる時間を有効活用してみましょう。 転職の際には自己分析が必要です。 なぜ現在の勤務先を辞めたいのか、なぜその企業を選んだのか、矛盾なく説明できなければなりません。 自己分析は意外と時間がかかるため、自宅にいる時間を上手く利用して済ませておきましょう。 また、資格の勉強などをしておくのもおすすめです。 転職希望の業界で必要な資格やスキルを身につけておけば、それが評価されることもあるでしょう。 オンラインサロンへ参加して、転職希望の業界に関する知識を蓄積しておくのも良いかもしれません。 その業界で働く人から話を聞くことで、本当にその業界が自分に合っているのかどうか判断するのにも役立ちます。 こんな時だからこそ退職代行サービスを活用しよう 現在の仕事を今辞めるにしても、コロナ後に辞めるにしても、上司に退職届を出して退職の意思を伝えなければなりません。 上司に対して面と向かってはなかなか伝えづらいと感じている人も多いです。 そこで、退職代行サービスというのがあります。 自分の代わりに退職の意思を会社側に伝えて、必要な手続きを代行してもらえるサービスです。 新型コロナウイルスの影響で、この退職代行サービスの利用者が増加傾向にあります。 仕事が在宅ワークや自宅待機などになった人が、退職代行サービスを利用して、そのまま辞めるというケースが多いです。 退職代行サービスを利用すれば、もう今の上司と顔を合わせることも話をすることもなく辞められます。 もともと辞めたいと思っていた人にとっては、在宅ワークや自宅待機が良いきっかけになっていることが多いです。 今すぐ仕事を辞めたいと考えている人も、コロナ後に辞める予定の人も、ぜひ退職代行サービスを利用してみてください。 ・ 24時間LINE相談! 即日退職も可能• ・有給サポートで 実質負担額無料の場合有• ・3万円 全額返金保証で万が一の場合も安心.

次の

【当てはまったら要チェック】コロナがきっかけで仕事を辞めたい人とは

コロナ 仕事 やめたい

緊急事態宣言ってこんなもんなん? これだろ。 外出自粛してほしいのはわかった、テレワークしてほしいのもわかった、そしてお金は出したくないっていうのも重々わかった。 むしろ最後が一番わかった。 わかったことはあるけれど、じゃあ私ら介護業界はどないしたらいいんかなっていうのはわからなかった。 学校等には言及しても、同じく高齢者が集まるデイサービス等へのお話は何もなかった。 外出しないでと言われても、訪問しなきゃいけない 、訪問看護、ケアマネへのお話は何もなかった。 介護施設とかはちらっと言ってたけど、その施設が指す具体的なサービス種別はわからなかった。 年寄りという選挙権モンスターに対する忖度おそるべしぎる。 ただし、医療福祉関係、行政、警察、消防等で働いている親の子どもは預かります。 休むことは許されないってことか。 このメールはマジでがっかりしました、私ら緊急事態が出ても子ども預けて働かなあかんのかなと。 わかりますよ事情はわかる。 わかるんだけど。 本当は休みたいけど、保育園が開いているから預けて仕事行かないといけない親だっているわけです。 なんかすごく複雑な気持ちになってしまいました。 高齢者にしろ子どもにしろ、預け先を閉められないのって、ひとえに働く世代の都合ですよね。 高齢者は一概には言えないけど、子どもはそうじゃないですか。 なんだかなあでした。 だからといって休み切れない仕事だから預け先はいるんだけども。 休み切れない理由はのちほどまた。 で、高齢者関係の連絡はないなあ、でもあちこち事業所閉めるんだろうなあ、仕事行ったらメモとか留守電が殺到してるんだろうなあ。 そんな気持ちで出勤した9日。 緊急事態宣言に関わる連絡はほとんどなかった。 〇〇さんちに歩行器のデモ機納品します 障害福祉課でタクシー券もらってきてください 明日デイサービス追加利用します 等々のメモを見て我茫然。 いっこだけ、有料老人ホームが緊急事態宣言終了まで面会禁止ですってのはあったけど、マジ予想以上の通常運転。 緊急な事態とは。 宣言とは。 何なら新規のデイサービスを希望して体験利用して、新しく利用開始している利用者さんもいる。 その他にも、認定調査は普通に行われる。 訪問も普通に行く。 他の都道府県のケアマネさんの話だと、 誰や見逃したん こう言うてくださるのはありがたい。 お言葉には甘えたい。 なんぼ小学校高学年とはいえ、一か月以上ほったらかしていた娘はもう本物の廃人になっているのです。 これね、会社がこうやって特別休暇くれるっていうのはですね 母体が全然介護関係ない大手の会社だから これに尽きます。 そもそもあふれんばかりの補償があれば、もっとみんな仕事休むっちゅうねん。 お金のためだけに仕事に行ったりお店開かざるを得ない人、山ほどおるっちゅうねん。 そしてその補償が確約できる会社ばっかりでもないっちゅうねん。 と、中年が吠えるっちゅうねん。 ようするにうちの会社はケアマネの仕事をよくわかっていないので ここ泣くとこ)、このようなお達しが頂けたわけなんですよね。 そしてお国が言うように出勤者を減らすとなると、今うちの事業所で小学生以下の子どもがいるのは私だけなので、休めるのは私しかいない。 パートながら一番件数を持っていて一番認定調査もお使いも行ってる私だけが、休むことが許されるのです。 フルタイムで出勤してても激務なのに、仕事内容ほとんど変わらず休みが増えたら忙しさは倍増まちがいなし。 仕事内容は変わらない。 テレでワークなんかできない。 厳密には、できることもあるけどできないこともある。 しっかりした要支援の方なんかには、電話でのお話で事足ります。 玄関の外でハンコくださいが通じるお宅もあります。 ケアプランにサインが必要なので、郵送したものを返送用封筒で送り返してください、が可能な方もいます。 そして一番大切なことなんですが、テレでワークができない方は、訪問介護やデイサービス、ショートステイ等の介護サービスを利用して生活しています。 その提供がなくならない以上、司令塔であるケアマネの仕事がなくなることはないと思うし、ケアマネだけ休むわけにはいかないと思う。 その部分は電話やファックスでやり取りすることも可能なんでしょうけど、できない部分も少なくない。 ここ大事なんだけど、うちの会社セキュリティきつすぎて、書類等持ち出し厳禁だから、提供票一つ作るのも事務所行かなきゃいけない。 なるやろな だからこそ、行政がこの辺の仕事止めてくれたらいいんですよね。 止めてくれてる地域もあるわけですしね。 うらやましいですよね。 そんな感じですね。 とはいえ、外出自粛も守らないといけないし、何より廃人化している子どもらをどうにかしないといけないし。 いったんは休めそうな日は休む、帰れる日はダッシュで帰る、直行直帰で仕事をする、になるのかな。 なるのでしょうなあ。 緊急事態とは何なのでしょうなあ。 コロナで学校が休校になって世の中の情勢が変わって、子どもは最後の中学校生活もなくなり、仲の良かった友達とも会えず。 入学式も始業式も、いったんあるとなって大喜びさせてから、緊急事態宣言でなくなりました。 二転三転する情報で親も子も疲労困憊しているのに、介護業界は、高齢者の世界はあまりにも変わりがなさすぎて。 そのギャップに一度この私ですら、大きく心が折れてしまいました。

次の

コロナで仕事をやめたい方必見!実際の声や安心な退職方法、注意点を紹介!│ジョブシフト

コロナ 仕事 やめたい

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。 私も常に新しい情報を追っていますが、コロナの死亡率は日々高くなっていき、3月末の時点で世界の死亡率は4. 7%台と言われています。 ただしこの4. また新型コロナウイルスは、事が明らかになっていますから、 目の前の元気な方が実は感染者で、私たちにウイルスが移って、私たちだけ症状が現れる…なんてことも起こってしまいます。 そんな中、日本と海外での対応の差が浮きだっていますよね。 日本は世界と比べても対策が甘いと言われていて、• 感染者数最大のアメリカから入国した乗客乗員90人余りに対し、14日間の待機や公共交通機関を使わない要請をがあった• コロナウイルスの感染がまだ拡大している段階なのに、大阪などの一部を除いて学校は再開• 世界ではといった対策がされる中、日本は「お肉券・お魚件」を検討(しかも最短で5月に支給)• コロナ予防ではなくに、を2枚配布 などなど、世界と比べると後手後手の対応になっています。 最近は芸能界でもコロナが流行り始め、皆さんご存じの方は発症してして あなたが今大好きな人が、たった一週間後に、もう二度と話せなくなるかもしれないんですよ? たまたま症状が発症せず自分が陽性だと気が付かなかったあなたが、知らない間に移してしまう事で()。 そんな中、今まで通りお仕事をして生活していても良いのでしょうか? スポンサードリンク 新型コロナウイルス(新型肺炎)が理由で休職・退職する人が増えている 新型コロナウイルスの職場での感染や、通勤中の感染が広まっています。 京都府 40代男性感染確認 職場同僚に感染者 新型コロナ• コロナウイルスは既に感染経路が不明の事が多く、どこで誰がウイルスを持っているかわかりません。 同じ職場にいても、通勤電車にいても感染リスクがありますからね。 そして自分自身が感染し仮に発症しなかったとしても、 家で待っているお子さんや高齢者の方に移って発症してしまい、重症化してしまう可能性があります。 cnn. html そんな背景もあって、実は 新型コロナウイルスが原因でお仕事を辞める方、お休みする方が増えています。 ほとんどの方は退職や求職理由に「コロナウイルスが怖くて…」とは言っていないようですが(「気にしすぎ」と馬鹿にされて認めてもらえないそうです)、もしあなたの職場で最近休職・転職された方がいれば、もしかするとコロナが原因かもしれません。 今回は当サイトを通じて、アンケートに答えていただきました。 今、コロナウイルスが原因で会社に行きたくない・会社に行くのが怖いと思っている方の参考になればと思います。 日本は同調圧力が強く、また仕事が何よりも大事だと考える風潮があります。 身近には味方がいないかもしれませんが、今回答えてくださった方の意見で少しでも勇気づけられたらと思います。 「あなたはどうして、新型コロナウイルスが原因で会社を辞めたい・休みたいと思いましたか?」 現在妊娠中で、免疫力が下がっていることとお腹の中の子になにか影響があったら怖いと思って休職することにしました。 最初は休職するほどではないんじゃないかという葛藤はありましたが、電車通勤中に車両内で咳をしている人を見ると過剰に気になるようになりストレスが溜まってきたので休職を決めました。 昨年秋から妊娠しており、春に出産を控えています。 仕事で指導している中国人研修生の実家が武漢にあります。 その中国人研修生が正月休みを利用してに武漢に帰省しました。 話を聞いたら、ショッピングセンターなどに買い物に行ったり、友達や親戚に会ったと話しました。 家族の中に重病人がいるので、念には念を入れて、退職したいと思いました。 それと、職場が、奈良県なので、奈良県に感染者が居たというニュースを観て、より怖くなりました。 これから更に深刻な状況になるのは必至と判断したからです。 外国人観光客が多く特に中国人の方も多くくるお店で働いていたので、純粋にもしも映されてしまったらどうしようという恐怖がありました。 こんな恐怖のまま働いていては仕事にならないと思い、しばらくの間休職することを決めました。 コロナウイルスが流行った時期に、飛行機を利用して空港にいたので、コロナウイルスの感染が心配になりました。 中国の方と同じスペースを利用したわけではありませんが少し怖かったので、休職を相談することにしました。 会社自体が中国と交流のがある為、リスクがあるなと感じました。 例えば、部署は違うのですが、中国の方に出張をよくする部署があるので、もし感染して帰ってこられた時、昼食などで一緒になる時に感染してしまうかもしれないからです。 働いているところが空港のため、感染する確率がとても高いです。 春節で中国来のお客さんもたくさん入国するので、ずっと警戒をしているのも疲れました。 パートなので、命を張ってまで勤めるのは考えてしまうため、退職をしました。 同居人の体調が悪く、心配だったのもありますが、私自身数日前から体調を崩しており、頭痛、鼻水、くしゃみや体の痛みがあったため休暇届を出しましたが、上司に受理してもらえず、休日まで出勤になったため体調の悪化を感じて休職を考えました。 ダブルワークをしています。 ホテルで働いた後に飲食店で働いてますが、飲食店の方々からホテルには中国人が宿泊してるから貴方も菌あるんじゃないと言われ続けて休職してます。 復帰は望んでないので今月あたりには退職したいと思ってます。 沖縄で民泊の清掃を担当しておりましたが、宿泊客が以前から中国・韓国・台湾の観光客が多く、とても多いな宿泊施設なので、宿泊客も海外からの団体などが多いので、どこから、いつ感染するかわからない状況だったため。 私は副業で、イベントスタッフのアルバイトをやっています。 いろいろなイベントを行うのですが、その大半は地域振興のもので、対象は外国人が多いのです。 しかし、今回のコロナウィルスの影響で、来場者が激減しているのと、感染する可能性もあることから、落ち着くまで休職することにしました。 2年以上派遣社員として勤務していたのですが、たまたま2月が契約更新の時期でした。 マスクの手持ちもなく、売り切れで買えない状況です。 勤務先が繁華街を通らざるを得ない場所なので通勤が怖くて契約を更新せず、今月末で退職の予定です。 私の会社は国内だけでなく海外にも事業所があり、私は2年前から中国の福州で出向をしていました。 コロナウィルス発生地の武漢とは距離がありますが、現地の人間はパニック状態になっており、私もこのままでは感染してしまうと考え退職を考えました。 このように、新型コロナウイルスが理由で退職・休職している方が実は多いです。 新型肺炎が理由の退職。 上司にどうやって退職理由を伝える? 今回話を聞いていると、「コロナウイルスが怖くて休みたい」「辞めたい」と伝えても、 「気にしすぎ」「じゃあ、他の働いている人は感染してもいいわけ?」などと言われ、退職を認めてもらえなかったケースが多かったみたいでした。 そんなこともあって、 コロナウイルス以外の事を理由に退職を上司に伝えた方が多かったです。 すぐにでも中国の出向を辞めさせてほしい」とお願いしました。 しかし私の言葉はまったく聞き入れてもらえませんでしたので、退職届を提出しました。 コロナウイルスだけを理由にしてはさすがに伝えられませんでした。 そこで働き続けなければいけない人もいるのです。 そのため、パートで働く条件が合わなくなってきたと伝えながら、コロナウイルスのことも少し伝えて退職しました。 新型コロナウイルスが怖いので、とは正直に言えませんでした。 実際この先も周りにいる社員の人はこのマスクのない状況で通勤して働かなくてはならない状況なのにその理由は言えません。 ですので、スキルアップをしたいので退職させていただきます、と伝えました。 なので、もし新型肺炎が理由で会社を辞める場合でも• 嘘の転職先を言う• 介護、親の病気• 引っ越し、夫の転勤• 結婚(寿退社)、結婚準備• 妊娠、不妊治療• 家庭の事情• 家業を継ぐ といったことを理由に、上司に退職理由を伝えるのが良いと思います。 ただし 理論的に説明しても会社が納得してくれない事は多いですし、どんな理由であれ会社に伝えるのは怖い方も多いと思います。 もし自分で伝えるのが怖かったり、1日でも会社に行きたくなかったら もし自分で会社や上司に退職したいことを伝えるのが怖かったり、もう1日でも会社に行かずに今すぐウイルスから逃げたい場合は、を利用してみてください。 退職代行サービスは私たちの代わりに会社に退職する旨を伝えてくれるサービスですが、• 今この瞬間から会社の人間と一切話さず、1日も出社せず• 合法的に即日退職できる という特徴があります。 コロナウイルスに感染するリスクは、1日経つごとに大きくなってきています。 あと1日の出社がウイルスに感染する可能性がありますから、今すぐ退職したい方はぜひ利用してみてください。 ちなみに 業界最大手のSARABAは• 24時間、いつでも打ち合わせが可能(夜中に申し込んでも返事が返ってきます)• 労働組合が運営しているので、会社が仮に無理なことを言ってきた場合でも対応できる• 1日30名以上が利用している• 業界最安値 という特徴もあるので、オススメです。 今この瞬間から、会社と一切話さず退職できる!【即日退職】 <>• 1日の平均お問い合わせ(退職相談)が 30件以上• 1か月の平均退職代行サービス実施数が 600名以上• 2019年までの累計退職者数が 8000名超え が、 退職代行サービスで最も人気のあるSARABAです(数は問い合わせて教えてもらいました)。 より確実に退職したい場合は、SARABAをお勧めします。

次の