軽 自動車 ナンバー 変更 費用。 車のナンバープレートの変更方法は?料金や必要書類【まとめ】

軽自動車の白ナンバー変更やり方と費用 | lapis lazuli

軽 自動車 ナンバー 変更 費用

ナンバー再交付・番号変更 ナンバープレートを汚損・き損・紛失した場合の手続きについて説明しています。 はじめに• 手続きは、管轄ので行ってください。 ナンバー再交付(同じ番号のナンバーを作ってもらう)と 番号変更(新しい番号のナンバーに変更)では、手続き、必要書類が異なります。 ナンバーを読み取ることができない場合や紛失などの場合は、同じナンバーの再交付は受けられませんので、番号変更を申請してください。 (紛失などの場合にはが必要になります)• 再交付の場合は、申請してでき上がるまで10日程度かかります。 (番号変更は申請日に交付されます)• 地域により、必要書類などが異なる場合がありますので、事前に管轄のにお問い合わせください。 ナンバープレートを再交付する場合の必要書類• 汚損・き損しているナンバー• (軽自動車検査協会でもらえます) 使用者の押印、または使用者の著名が必要です。 使用者が法人の場合は、代表者印の押印、または代表者の著名が必要です。 3の書類は、印鑑を持参して当日に用意すれば結構です。 スポンサーリンク 番号変更する場合の必要書類• 使用者の(使用者の認印が押印されているもの。 法人の場合は、代表者印の押印がされているもの) 使用者本人が申請される場合は、申請依頼書の代わりに認印(法人の場合は代表者印)の持参、または署名でもよい。 ナンバープレート前後2枚 ナンバープレートを紛失、盗難により返納できない場合は、(警察への届出受理番号などの記入が必要。 また、使用者の認印の押印があること)が必要になります。 (軽自動車検査協会でもらえます)• (軽自動車検査協会でもらえます) 4、5の書類は、当日用意すれば結構です。

次の

軽自動車の白ナンバー変更やり方と費用 | lapis lazuli

軽 自動車 ナンバー 変更 費用

車の譲渡・個人売買する時や、住所(氏名)変更などの車検証(名義)の記載を変える時には、手続きにいろいろ費用がかかりますね。 その費用を大きく分けると、• 車屋や行政書士に登録(申請手続き)を依頼する代行費用• 登録手数料・税金(環境性能割など)、車庫証明の申請費用 と、 「業者に頼む時の代行費用」と 「登録で実際にかかる費用」です。 やっぱり高いのは、業者に頼む時の代行費用ですよね。 ただ、登録手数料などは安いので自分で手続きをすれば、さほど費用はかからなです。 登録で実際にかかる費用っていえば、• 登録(申請)手数料• ナンバープレート代 (プレートを変更する場合)• 車庫証明申請(届出)手数料 (車庫証明が必要な登録)• 環境性能割 ( 旧 取得税 年式の新しい車の名義変更など) そこで、自分で手続きをした場合に実際にかかる費用を簡単に説明をしていきます。 登録(申請)手数料 登録(申請)時に、運輸支局(軽自動車は軽自動車検査協会)で手数料がかかります。 普通車(登録自動車)の場合 登録の種類で手数料は異なりますが、1つの申請で 無料~数百円(300円~500円)です。 住所変更して抹消登録(変更抹消)など、2つ以上の申請を同時に登録(申請)する場合は、それぞれの手数料がかかります。 例えば、変更抹消登録をする場合は、 変更登録350円・抹消登録350円で700円の手数料がかかります。 ただ、一時使用中止(検査証返納)や検査証再交付などは手数料がかかります。 その場合、1つの申請で 300~350円です。 ナンバープレート代 名義変更・住所変更で管轄の地域が変わる場合などでナンバープレートを変更の場合は、プレート代がかかります。 プレート代は、管轄の都道府県の運輸支局(軽自動車は軽自動車検査協会)で少し金額が違います。 ペイント式(普通) 1,500~2,000円• 自光式(光るナンバー) 5,000円ぐらい 希望ナンバー(通常のモノ)にした場合はプレート代は高く、 4,000円~5000円ってところですね。 申請場所は、 登録の住所(使用者住所 又は 使用の本拠の位置)の管轄の警察署になります。 申請する警察署で申請手数料(証紙代)が必要で、手数料は都道府県よって少し違います。 普通車(登録自動車)の申請 2700円ぐらい• この時に手数料(ハンコ代など)がかかる場合がほとんどです。 この費用(手数料・ハンコ代)は、その駐車場の大家さん(不動産屋)の考え方(商売のやり方)や地域の相場でバラバラですね。 ちなみに 、取得価額が50万円以下の場合は免税になっているのでかかりません。 ただ、この取得価額の決め方は 新車価格(課税標準基準額)と 年数経過(残価率)の計算なので、実際の車の相場(売り値や買取相場)よりもかなり安くなっています。 なので新車登録から数年経った場合は、取得価格が50万以下になっていることがほとんどなので中古車の登録時に環境性能割はがかからない場合が多いです。 例えば、新車価格が 300万円ぐらいで新車登録から経過年数が4年だとすると 取得価額が60万ぐらいやと思うのでかかります。 逆に新車価格が 250万円ぐらいであれば同じ経過年数でも 取得価額がギリギリ50万円以下になると思うので 免税になりかかりません。 軽自動車の場合 軽自動車の場合は、普通車よりも経過年数の残価率が低いので、同じ新車価格で経過年数が同じでも取得価額は安くなります。 なので、新車価格が 150万円ぐらいまでの車で2年以上経っていれば、 取得価額50万以下(免税)でかからないって感じです。 自動車税 名義変更などの時には、自動車税のやり取り(納付)っていうのは無いですね。 登録時に自動車がかかる 納付する)のは 普通車(登録自動車)で新規登録の場合のみ(月割り計算)です。 その場合、登録月から年度末(3月)までの期間で計算します。 個人売買の時でもこれに当てはまりますね。 ただこのような場合、自動車税の月割り計算をして売主と買主の間で、売買月を基準にしてお金のやり取りをするのが一般的です。 軽自動車の場合は、自動車税の月割がなく(月割返還もない)年払いなので新規登録の時でも自動車税は関係ありません。 個人売買の場合でも、普通車のような月割り計算してなどのやりとりは基本ないです。 業者に依頼した場合の代行費用 業者(行政書士や車屋)に登録(代行)を依頼した場合の代行費用は 、6,000~20,000円ぐらいかなぁって思います。 登録代行の依頼のやり方は、その店(事務所)に 「書類を郵送する」か、ナンバープレートの交換が必要なら 「書類(車)を持っていく」って感じですね。 それと、 ナンバープレート交換が必要であっても行政書士が自宅 駐車場)まで出張してくれてナンバープレート交換(封印)をしてくれるサービスもあります。 でも、業者(車屋)に頼むと楽で簡単ですが、やっぱり代行手数料がかかっちゃいますので住所変更などであってもそこそこ費用がかかります。 車の登録(申請)に関してはまったく難しくないので、平日に時間があるのであれば自分で手続きしてみてはどうでしょうか。 でもやっぱり個人売買などの場合、車屋目線で言うと業者(プロ)に登録代行を依頼したほうがいいかなぁって思います。 代行費用(手数料)っていう余分なお金はかかりますが、個人売買でよくある名義変更(登録)などトラブルにならないように。

次の

ナンバー再交付・番号変更

軽 自動車 ナンバー 変更 費用

ナンバープレート変更の手続きの流れ ナンバープレート変更の申請は、住所を管轄する運輸支局、または陸運局でおこないます。 変更後の新しいナンバープレートと引き換えに以前のナンバープレートを返却するため、申請する際は車で行くことが基本です。 運輸支局での変更手続きの流れは次の通りです。 窓口にある申請用紙に必要事項を記入 2. 登録手数料を印紙で購入して支払う 3. 書類を提出後、車検証が交付される 4. 同じ施設内にある自動車税事務所にナンバープレート変更の旨を申告 5. 変更前のナンバープレートを外して返却 6. 新しいナンバープレートを購入し、車に取り付ける 必要書類に漏れがなければ、基本的に即日で新しいナンバープレートが交付されます。 ただし、年度末や年末などの混雑する時期は、2〜3日かかることもあるので注意しましょう。 また、軽自動車の場合、運輸支局や陸運局ではなく「軽自動車検査協会」と場所が異なります。 希望ナンバーとは 希望ナンバーとは、好みの数字をナンバープレートの数字として申請できる制度です。 希望ナンバーを申請できる車種は、普通自動車(自家用・事業用)、自家用の軽自動車となります。 希望ナンバーは、抽選が必要な抽選対象希望番号と、抽選がない一般希望番号の2種類です。 抽選対象希望番号とは、「777」などのゾロ目、「1」や「8」などの縁起の良い数字などで、希望者が多いため変更手続きの前に抽選で当選しなければ取得できません。 一方、同じ数字を希望する人が少ない、誕生日などのランダムな数字などは抽選なしで変更できます。 また、希望ナンバーのほかに、ナンバープレートに絵柄が入る「図柄ナンバー」に変更することも可能です。 運輸支局の管轄する地域の名所や特産物が入ったものや、オリンピックやラグビーなどのイベントに合わせた期間限定のタイプもあります。

次の