宍戸 錠。 【画像】宍戸錠の弟・郷鍈治は兄に似ていない?俳優としての活躍や死因・ちあきなおみとの馴れ初めも調査!

宍戸錠さん訃報で息子・開さん近況に注目 ネットに応援と心配の声: J

宍戸 錠

キネマ旬報社『キネマ旬報』第284号(1961)より 本名 宍戸 錠 生年月日 1933-12-06 没年月日 2020-01-18 (86歳没) 出生地 ・ 死没地 ・ 身長 174cm 血液型 職業 ・・ ジャンル 、 活動期間 - 活動内容 :ニューフェース 1955年:『警察日記』でデビュー :『』 :『』、『海から来た』 :『ろくでなし』 :『』シリーズ 配偶者 宍戸游子(本名・宍戸昌子) (2010年死別) 著名な家族 (実弟) (義妹) (紫しえ、長女) (長男) 公式サイト 主な作品 テレビドラマ 『』 『』 『』 『』 『』 映画 『』 『』 『』シリーズ バラエティー番組など 『』 『』 『』 『』 宍戸 錠(ししど じょう、 - )は、の・・。 はB型。 宍戸錠事務所所属。 愛称は「 エースのジョー」。 は実弟、は長男、宍戸史絵(現・)は長女、は義妹(郷鍈治の妻)。 (現在の)出身。 卒業、演劇科中退。 来歴 [ ] 父親は現在のの出身。 母親はの出身。 時に大阪に居を移し 、父は大阪の・アーサー・バルファーに勤めていたが 、を扱う会社を起業して独立し、ので250万円(1978年頃ので60億円)儲けた。 この後、「錠」は大阪で出生。 「錠」という名前の由来は宍戸家が子沢山だったため、『この子を最後の子にしたい(子作りに錠前を掛ける)』という両親の思いがあったからだという(その後に実弟の郷鍈治が生まれることとなる)。 家のあったは下請けの町工場とがあっため、環境に悪いと3歳 から5歳の頃 、家族でへ移り住み、父は仕事を辞めその後は亡くなるまで定職に就かず、1300くらいの家を建て、一家は裕福な生活を送る。 小学6年生の頃にで自宅が全焼し、跡地はドサクサに紛れた何者かに居座られ、奪われてしまう。 遠い親戚を頼り(現在の)に疎開。 当地に父が家を建て 、高校卒業まで当地で育つ。 勉強もスポーツもよく出来、高校では部に所属。 映画もよく見て、か、で野球をやるか俳優をやるか考え、高校卒業後、で演劇をやろうと試験を受けたが落ち 、に進む。 同期に、、、ら。 大学へ入学するが、2年のときにに合格したために中退。 、 日活ニューフェイス(第1期生)として入社。 、『』での若い巡査役で銀幕デビュー。 この頃は線の細いだったが、にトレードマークとなる豊頬手術を受ける。 本人は「それはそれでいいんですが、一方ではもし整形しなかったら、もっとすごい俳優になれていたかもしれないっていう意識も常にあったんですよ」と述懐するが、これを機に「アクの強い役=」への転向を見事に果たした。 豊頬の際に注入された異物(オルガノーゲン)はに摘出手術で取り除いた(摘出までの過程はテレビ放送され、話題となった)。 摘出手術に踏み切った理由を「理由の一つに、僕は70歳を前にして普通のジジイの顔になりたくてやっただけ」と語っていた。 映画や創生期のテレビドラマ『 』などに出演。 タフでハードボイルドな役柄でらとともに名を知られ、日活アクション映画の需要もあって、「 エースのジョー」と呼ばれて親しまれた。 エースのジョーのニックネームは日活の宣伝部員によって名付けられ、これは宍戸が「ハリウッドの3流ギャング映画的な『殺し屋ジョー』でやりたい」というリクエストに応えたものだった (古くから海外ミステリーの熱心な愛読者でもあり、日活の路線も相まって、比較的趣味と近い部分で役柄やイメージを展開していた)。 宍戸が考案した「チッチッチッ」のジェスチャー (他人の発言や行動をたしなめる仕草) 映画の衰退と共にテレビへと活動の場を移し、テレビドラマの他に『』に出演したり息子と『』のレポーターを務めた。 、息苦しさを感じ、心臓血管研究所付属病院での検査の結果、と診断されて即入院。 冠状動脈カテーテル・バルーン手術を受けた。 、妻と死別。 にはの設計で邸宅を建てるも 、に全焼 、妻の死去後は独り暮らしで外出時の出火だった。 直後のホテル住まいを経て、翌月からは賃貸マンションで暮らした。 消防署の調べでは古い電熱器のコードが原因だと判明。 こので思い出の品々や過去の衣装、日用の衣類までほぼすべて失い 、本人は「しょうがない、今後の衣服はで我慢するか」と語った。 2020年1月18日、のため東京都内の自宅で死去。 86歳だった。 未明に東京都にある自宅で倒れているのが発見され、警察や救急隊により死亡が確認された。 人物 [ ]• 洋画の仕事もこなしており、やを担当している。 によると缶ビールを飲みながら収録を行うこともあったが、誰一人として「エースのジョー」に物申すスタッフはいなかったという。 英国のファッションブランド「トムモリス」のファンで愛用者。 愛称「エースのジョー」は自身がトランプを趣味としていたことから。 豪快な性格でも知られた。 飼い犬の名前も「俺は強い名前が好きなんだ」と豪語していた通り、のに「ムサシマルコ」、の「サダムフセインコ」と命名した。 自宅全焼については当初、その2年前に自身の飼っていた番犬が既に死んでいたことから放火である事を主張した。 宍戸は取材に対して「(犯人を)捕まえて犬に食わしてやる! 」と怒りを露わにしていた。 整形による役作りだけではなく身体能力にも定評があり、でもとともに一、二を争うアクションの腕前の持ち主であった。 野球選手を演じた映画『川上哲治物語 背番号16』で、「の二軍でなら通用する」と言われたほど若い頃の宍戸の身体能力は抜群だった。 一番の役者はであると、生前語っていた。 宮根は「ビビった」と番組の中で語っている。 また宮根は「事務所の社長から住所を聞いて、お手紙を書いた」と礼状をしたためて「ご覧になっているんだと、嬉しかった」とも語っている。 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• (1957年 - 1964年、)• 見事な娘(1957年、日本テレビ)• 人命(1957年、)• (1957年、日本テレビ)• 鴎(1958年)• 清吉の女(1976年、)• 新世界裏町・妹よ泣くな(1978年、毎日放送)• 通天閣横丁 たびだち(1979年、毎日放送)• うちの嫁さんちょっと秘密や(1981年、毎日放送)• 六十歳のシンデレラ(1990年)• (日本テレビ)• 狙われた女(1959年)• (日本テレビ)• 今晩わドロボーです(1965年)• 美人にモテル方法(1966年)• おおわが悪妻(1966年)• お妾さん整理します(1966年)• マリア様と浪花節(1966年)• (1966年)• 女の振り子が止まるとき(1966年)• おゝわが愚兄(1966年)• 花の新入社員(1967年)• 夫が突然消えるとき(1967年)• 男は女で勝負する(1967年)• 十年目の再会(1968年)• 奥さまはホステスがお嫌い(1968年)• (1965年 - 1966年、日本テレビ)• 第193話「失われた腕の痛み」(1966年)• (1966年 - 1967年、日本テレビ)• (1967年、)• (1967年、日本テレビ)• 天まであがれ(1967年)• (1967年、日本テレビ)• (フジテレビ)• 第5シリーズ 第9話「鶴之助参る」(1967年) - 関良白• 第5シリーズ 第24話「殺生封印切り」(1968年) - 玄海和尚• (1967年)• (1968年、TBS)• (1968年、フジテレビ)• (1968年、)• (1968年 - 1969年、TBS) - 金太• (1969年、TBS)• (1969年、フジテレビ)• 第119話「殺人免許貸します」(1970年) - ゴロー• 第228話「女忍者対ギャング変身大作戦!」(1972年) - 鬼丸• 第310話「女子学園スキャンダル殺人」(1971年、TBS=) - 岡野学長• (=東映)• 第121話「夢を追う殺し屋」(1971年 - エースのジョー• 第141話「男殺し裸のハンター」(1971年) - エースのジョー• 第152話「女の寝技師」(1972年)• 第167話「男命を殺しに賭けて」(1972年)• 第181話「ヌードダンサー殺人事件」(1972年)• 第223話「女の鍵は夜開く」(1973年)• (1971年、NHK)• 第5話「こぶら男の大逆襲」(1971年、NET=東映)• 第3話「必殺 帰らざる街道」(1972年、NET= - 熊木鉄心• 第39話「帰って来た裏切り者」(1973年) - 白木剛• 第117話「父と子の再会」(1974年) - 梶大作• 第489話「帰って来たボス -クリスマスプレゼント-」(1981年) - 赤沢警部• 第3話「大当り千両長屋」(1973年、=東映)• (NHK)• (1973年) -• (1974年) -• (1976年) - 鹿島玄道• (1988年) -• (1996年) -• (2000年) -• (2009年) -• (1974年、NET=) - 高村輝次郎• 第25話「櫛」(1974年、朝日放送=松竹) - 風間源十郎• 第14話「理由あるプレイボーイ」(1975年、TBS=大映テレビ)• 第7話「戦後30年の逆さ吊り」(1975年、朝日放送=)• (1976年、日本テレビ=) - 毎朝新聞社・松川• (1976年、NTV=)• 第3話「あんたあの娘をどう思う」(1976年、朝日放送=松竹) - 花輪東十郎• 第3話「ベルトラ姐ちゃん大進撃! 」(1976年、NET=東映) - 石橋警部• 第15話「暴走! 父ちゃんのダンプ」(1977年、フジテレビ=東宝) - 小山ゲンジ• 第45話「白昼の市街戦」(1978年、日本テレビ=石原プロ) - 針尾組長• (1978年、日本テレビ=東宝)• 第1話「ハイエナが集まった」• 第8話「必死の追走」• (1978年、日本テレビ=) - 倉田寅男• (1978年、日本テレビ=) - キャプテン・ジョウ• (1978年、日本テレビ=ユニオン映画) - 東剛教頭• 刑事編(1979年、日本テレビ=ユニオン映画) - 菅谷一平刑事• (1979年 - 1980年、日本テレビ=ユニオン映画) - 高岩巌• 第2話「ハードパンチャー強盗事件 -伊勢志摩-」(1979年、フジテレビ=)• (1980年、東京12チャンネル=円谷プロ) - 荒名堂郎警部• (1980年、日本テレビ=国際放映) -• (1980年、NHK) - ムタイ所長• 第2シリーズ 第14話「北野先生をやめさせないで」(1980年、日本テレビ=ユニオン映画) - 父親・藤森忠次• 第19話「道中奉行を殺せ! 」(1981年、KTV) - 山崎九兵衛• (1981年、日本テレビ=) - 菊島雄三• (1984年、) - 東森くりんの父• (1985年、テレビ朝日)• (1987年、朝日放送=松竹) - 久蔵• (1987年、テレビ朝日=松竹) - 佐藤猛雄• (NHK)• (1991年) - 角倉勘次• (1995年)• (1997年) - 恩田慎作• (1994年、日本テレビ) - 大久保竜造• (1995年、NHK) - 森谷考輔• 第6シリーズ 第7話「のっそり医者」(1995年、フジテレビ=松竹) - 荻原宗順• お嬢様は名探偵(1998年、NHK)• (1998年、TBS)• (1999年、NHK)• 第3シーズン 第8・9話「露西亜人形殺人事件」(2001年、日本テレビ) - 田代富士夫• アートの遺伝子Z(2001年、日本テレビ)• 4 第2話「約束金二十両」 (2003年、フジテレビ=松竹) - 平内太兵衛• 「」(2004年、NHK) - 根本元治• (2005年、NHK) - 田端廉太郎• (2007年、NHK) - 田村次右衛門• (1955年、)• (1955年、日活)• (1955年、日活)• (1955年、日活)• (1955年、日活)• (1955年、日活)• (1955年、日活)• (1955年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1956年、日活)• (1957年、日活)• 「廓」より (1957年、日活)• (1957年、日活)• (1957年、日活)• (1957年、日活)• (1957年、日活)• (1957年、日活)• (1957年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1958年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1959年4月28日、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1960年、日活)• (1960年、日活)• (1960年、日活)• (1960年、日活)• (1961年、日活)• (1959年、日活)• (1959年、日活)• (1960年、日活)• (1960年、日活)• (1960年、日活)• (1960年、日活)• (1960年、日活)• (1964年、日活)• (1965年、日活)• 海から来た流れ者(1960年、日活)• (1960年、日活)• (1960年、日活)• (1960年、日活)• (1961年、日活)• ろくでなし稼業(1961年、日活)• 用心棒稼業(1961年、日活)• 助っ人稼業(1961年、日活)• (1961年、日活)• (1961年、日活)• (1961年、日活)• (1961年、日活)• (1961年、日活)• (1961年、日活)• (1961年、日活)• (1961年、日活)• (1962年、日活)• (1962年、日活)• (1962年、日活)• (1962年、日活)• (1962年、日活)• (1962年、日活)• (1962年、日活)• (1962年、日活)• (1962年、日活)• (1962年、日活)• シリーズ• (1963年、日活)• (1963年、日活)• (1963年、日活)• (1963年、日活)• (1963年、日活)• (1963年、日活)• (1963年、日活)• (1963年、日活)• (1963年、日活)• (1964年、日活)• (1964年、日活)• (1964年、日活)• (1964年、日活)• (1964年、日活)• (1964年、日活)• (1964年、日活)• (1964年、日活)• (1965年、日活)• (1965年、日活)• (1965年、日活)• (1965年、日活)• (1965年、日活)• (1965年、日活)• 首のない男(1965年、日活)• (1965年、日活)• (1966年、日活)• (1966年、日活)• (1966年、日活)• (1966年、日活)• (1966年、)• (1966年、日活)• (1966年、日活)• (1966年、日活)• (1966年、日活)• (1967年、日活)• (1967年、日活)• (1967年、日活)• (1967年8月1日、日活)• (1967年、日活)• (1967年、日活)• (1967年、日活)• (1967年、日活)• (1967年、日活)• (1967年、日活)• (1967年、日活)• (1968年、日活)• (1968年、日活)• (1968年、アカデミー・プロ)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1970年、日活)• (1970年、日活)• (1970年、東映東京)• シリーズ• ハレンチ学園(1970年、日東プロ=ピロ企画)• ハレンチ学園 身体検査の巻(1970年、日活)• ハレンチ学園 タックルキスの巻(1970年、日活)• 新・ハレンチ学園(1971年、日活)• (1970年、新国劇映画)• (1970年、松竹大船)• (1970年、)• (1971年、=日活)• (1971年、日活)• (1971年、)• (1971年、日活)• (1971年、日活)• (1971年、日活)• (1972年、松竹)• (1972年、=東宝)• (1972年、東映東京)• (1972年、=東宝)• (1973年、松竹)• (1973年、)• (1974年、松竹大船)• (1974年、東映京都)• (1974年、東映京都)• (1975年、東映京都)• (1975年、東宝映画=)• (1976年、=)• (1977年、東宝)• (1977年、=松竹)• (1977年、東宝=)• (1977年、東映京都)• (1977年、、の『』の実写映画)• (1978年、松竹=)• (1980年、近代映画協会)• (1980年、松竹=)• (1981年、東宝映画)• (1981年、松竹)• (1982年、=日本ATG) - 斉藤孝造(一美の父)• (1982年、東映)• (1983年、日本テレビ=)• (1984年、ニュー・センチュリー・プロデューサーズ=)• (1984年、東宝)• (1985年、渡辺プロ=N・C・P=シネマハウト)• (1985年、東宝映画=)• (1985年、にっかつ)• (1986年、東映)• テイク・イット・イージー(1986年、渡辺プロ=ニュー・センチュリー・プロデューサーズ)• (1986年、ヘラルド・エース) - 歯科医• (1986年、日本テレビ=) - 校長先生• (1986年、東映) - バー「ブッチ」のマスター• (1988年、エクゼ) -• (1988年、東映クラシックフィルム・ケントスムービーブラザーズ) - 源田先生• (1989年、東宝=)• (1989年、横浜博覧会協会=)• (1989年、東宝映画=プルミエ・インターナショナル) - プルミエ化粧品社長役• (1990年、エクセレント・クリエイティブ)• (1990年、松竹)• (1990年、ガッツエンタープライズ)• (1991年、=ビッグバン)• (1992年、=全国映画センター)• (1992年、にっかつ=にっかつビデオ)• (1992年、にっかつ撮影所)• (1992年、=東宝)• (1992年、中央宣興)• すべて寂しいよるのために(1992年、リム出版)• (1993年、にっかつ児童映画=ロマン企画=にっかつビデオ)• 我が人生最悪の時(1994年、=映像探偵社)• 遥かな時代の階段を(1995年、フォーライフレコード=映像探偵社)• 罠 THE TRAP(1996年、フォーライフレコード=映像探偵社)• (1994年、松竹=テレビ東京=アミューズ=日本出版販売)• 銀座警察(1994年、シネマパラダイス)• 2 HEART CRASH(1995年、シネマパラダイス)• (1995年、シネマパラダイス)• (1996年、松竹=日本テレビ)• (1997年、映画『秋桜』製作委員会)• (1997年、日活)• (1999年、Mukai Production)• (1999年、ムービーブラザース)• (2000年、ムービーブラザーズ)• THE MOVIE 2000(2000年、日活)• (2000年、日活芸術学院)• (2000年、日本テレビ=バップ=マセキ芸能社)• (2001年、東映=h. =東映エージェンシー)• (2001年、アーバンアクターズプロ)• (2002年、シネマパラダイス)• 新・日本の首領(2004年、GPミュージアム)• 新・日本の首領2(2004年、GPミュージアム)• 新・日本の首領3(2004年、GPミュージアム)• (2004年、向井プロ)• (2005年、)• (2005年、東映ビデオ=東映) - 遠山隆義 役• 天まであがれ!! (2006年、「天まであがれ!! 」製作事業コンソーシアム、イエスビジョンズ)• (2006年、BS-i)• (2007年、BS-i)• (2011年、BS-TBS)• (2007年、)• (2007年、) - 吉田義之丞(旅芸人一座座長)• (2009年)• (2010年)- 山神直樹• (1990年、東北新社=東映ビデオ)• (1990年、松竹ビデオ事業部=獅子プロ)• (1990年、東映ビデオ)• (1991年、日本ビデオ映画)• (1991年、東映ビデオ)• (1991年、にっかつビデオ)• (1991年、東映ビデオ)• (1993年、東映ビデオ)• 3 治外法権麻雀(1994年、竹書房)• 仁義絶叫(1999年、松竹ホームビデオ)• 仁義絶叫2 修羅の仁義(1999年、シネマパラダイス)• 仁義絶叫3 仁義関東嵐(1999年、シネマパラダイス)• 仁義絶叫4 仁義の挽歌(2000年、松竹)• (2001年、ミュージアム)• 1 - 5(2005年、2006年 アネック) 舞台 [ ]• 「サーカス殺人事件」• 「リリーとリリー」• 「シュガー」• 「マジック狂時代」• 「馬喰一代」• 「花咲ける騎士道」 吹き替え [ ]• シリーズ(B. (フジテレビ、月曜日)• (フジテレビ)• (NET)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (MBS)• (TBS)• (フジテレビ) ラジオ [ ]• (1968年、)• (2010年1月21日、) CM [ ]• くつろぎの霧島(1984年)• 男性用 -『』で長年を担当していた• プリンス・ライター• ラーメンめん吉(一家で出演)• フランソア熟麗• ゴルフ300R• こうや豆腐• (ナショナル)充電ゾリット・電動ひげ剃り その他 [ ]• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (テレビ東京)• シシド 小説・日活撮影所 単行本:・ 、文庫版:・• シシド 完結編 小説・日活撮影所 単行本:2012年・ 脚注 [ ] []• 日刊スポーツ新聞社. 2020年1月23日. 2020年1月23日閲覧。 Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2020-01-21. 2020年1月21日閲覧。 18』1978年10月1日発行、ムービーマガジン社、 12—21頁。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2020-01-21. 2020年1月22日閲覧。 毎日新聞2020年1月21日 19時25分(2020年1月22日閲覧)• 現存するわずか数本のうち、2本(7月放送)に出演していた。 これらの映像は現在、にあるなどで見ることができる。 2020年1月21日. 2020年1月21日閲覧。 デイリースポーツ online. 2020年1月21日. 2020年1月21日閲覧。 2013年2月5日. 2013年2月5日閲覧。 msn産経ニュース. 2013年2月4日. の2013年2月5日時点におけるアーカイブ。 nikkansports. com. 2013年2月6日. 2013年3月24日閲覧。 2020年1月22日 スポーツ報知• nikkansports. com. 2013年3月20日. 2013年3月24日閲覧。 『声に恋して声優』p95〜95より。 2020年1月22日 6時0分スポーツ報知(2020年1月22日閲覧)• シネマトゥデイ 2010年6月16日 9時00分(2020年1月22日閲覧)• デイリースポーツ 2020. 22(2020年1月23日閲覧)• PDF. 1968-10-07. 2013年12月19日時点の PDF よりアーカイブ。 2020年1月21日閲覧。 外部リンク [ ]• - 宍戸錠事務所• - (英語)• - GQ JAPAN.

次の

宍戸開

宍戸 錠

宍戸錠が頬にシリコンを入れたワケ!現在も忘れられないエースのジョー出演作品は? 宍戸錠は渡り鳥シリーズになくてはならない好敵手「エースの錠」だった 宍戸錠は、1933年生まれでもう82歳になる俳優です。 勝新太郎には田宮二郎(「悪名」シリーズ)、加山雄三には田中邦衛(「若大将」シリーズ)、高倉健には池部良(「昭和残侠伝」シリーズ)と、映画黄金期のドル箱シリーズには、主役の相棒ともいうべき存在が不可欠でした。 そして忘れてならないのが、日活、小林旭の「渡り鳥」シリーズ。 主人公・滝伸次の前に立ちはだかる好敵手として人気を博したのが、黒づくめの殺し屋、エースの錠こと宍戸錠です。 宍戸錠は「エースの錠」がスピンオフして自らの「拳銃無頼帖」や「稼業」シリーズが大ヒット 宍戸錠は、1954年、日活にニューフェイス第1期生として入所。 1955年「警察日記」の若い巡査役でデビューしました。 当初は2枚目路線で売り出されましたが、当時の日活には、すでに石原裕次郎や小林旭がいてライバルも多かったため、宍戸錠は、もっとアクの強い役柄を演じるために、自らの希望で、頬にシリコンを入れたそうです。 当時は整形の技術もまだ拙く、本人が想像していた以上に、頬が誇張されてしまったとか。 しかし、これが功を奏して、自らが願っていた「エースの錠」のような、アクの強いキャラクターを演じられるようになりました。 この「渡り鳥シリーズ」の「エースの錠」がスピンオフして主役となり、1960年初めには、宍戸錠主演「拳銃無頼帖」シリーズや、「ろくでなし稼業」などの「稼業」シリーズが、立て続けに制作されています。 宍戸錠と息子・宍戸開は絶縁状態?自宅全焼の火事原因は? 宍戸錠の世田谷の豪邸を火事で焼失!その原因は?! 宍戸錠は、映画産業が斜陽となり、日活が1971年にロマンポルノ路線に転じてからは、映画界を離れ、テレビドラマだけでなく、バラエティなども器用にこなし活動しました。 兄を追って日活に入社した郷鍈治(ごうえいじ)もまた、テレビドラマに進出。 兄にもましてワイルドな風貌で、アクションドラマで活躍していました。 そんな宍戸錠には、3人の子供がいます。 長女は、父である宍戸錠のマネージャーを務めています。 長男の宍戸開は、50歳となっている最近はあまり見かけませんが、デビュー当時は、二世タレントとして結構売れていました。 そして次男は、一般人としてすでに独立して暮らしているようです。 久しく話題のなかった宍戸錠ですが、2013年2月4日、世田谷の豪邸を火事で全焼。 一時は放火と騒がれましたが、原因は、暖房器具のコードの劣化だったといわれています。 この火事により、2001年に取り出し、大切にしていた頬に入れていたシリコンも消失してしまいました。 長年連れ添った妻を2010年に失くしてからは、独り暮らしをしていたという宍戸錠のぼう然とした姿は、人々を驚かせました。 宍戸錠の火事によってばれた長男宍戸開との絶縁状態の原因とは 宍戸錠には、自宅を全焼した火事と同時に、長男である宍戸開との絶縁状態も明るみに出ました。 原因は、宍戸開の結婚問題。 宍戸開は、2010年に小学生の男の子がいる一般女性と結婚したのですが、どうやら宍戸錠の許しを得なかったようで、以後、絶縁状態だといわれています。 また、早くに亡くなった弟・郷鍈治を偲ぶ会に、弟の妻であったちあきなおみが出席しなかったことで、ちあきなおみとも疎遠らしいことが明らかに。 映画では、「エースの錠」として、気の利いたキャラクターを演じていた宍戸錠も、意外に、挨拶礼儀にはうるさい、昔かたぎの昭和の男性であったことが分かります。 宍戸錠の健康法は酔いつぶれても1㎞歩くこと。 エースの錠よ、永遠に! 宍戸錠は、人生いろいろあれど、今も健在です。 すでに80歳の時に、53歳も年下の女性をナンパしたなど、数々の武勇伝は尽きません。 宍戸錠にその元気の秘訣を聞くと、健康などはいっさい気にせず、3日分くらい買いだめにしたコンビニ弁当をバクバクと食べ、酒もガバガバ飲んでいるのだとか。 しかも、ほぼ毎晩、地元仙川の行きつけのバーや飲み屋で飲み、どんなにベロベロに酔っても、1kmの距離を歩いて帰るという宍戸錠。 年を取ると、足の裏が固くなって感覚がなくなってくるけれども、自分は酔って歩くことで柔らかくしている、コレが唯一の健康法だと豪語しています。 「無国籍アクション」と称された昔の日活作品、「渡り鳥」シリーズや、宍戸錠主演の作品を見直してみると、荒唐無稽といった言葉がまさにぴったりの作品群です。 しかし考えてみれば、1960年初頭の日本は、まだ娯楽など何もなかったといってもよい時代。 主人公たちが、エキゾチックな函館の街や、釧路の大草原、哀愁漂う新潟佐渡にまで足を延ばしていたのは、まさにディスカバージャパンの先駆けでした。 そして、どこへ行こうが、ミラーボールに市松模様のダンスフロアのクラブに、妖艶なダンサーの登場はお決まり。 そのダンサー役を演じた白木万理が、やがて、テレビの「必殺」シリーズで、中村主水の妻りつ役を演じたことは、あまりにも有名です。 当時の純朴な青少年たちは、彼女が登場するだけで、理由もなくわくわくしたものでした。 そこへ轟く銃声一発!細めの黒いスーツをおしゃれに着こなした「エースの錠」が登場。 目の前で、拳銃を握りながら、人差し指を左右に振って、「チィッ、チィッ、チィ。 ここは坊やが遊びに来るところじゃないぜ」なんて台詞をかましてくれました。 あなたは、こんなポーズをしたオジサンを、街の飲み屋で見かけたことはありませんか。

次の

宍戸錠

宍戸 錠

「どうか、お父様のような素敵なエースになってください」 錠さんの訃報の翌日に発表された開さんからの声明だが、開さんのツイッターには21日から錠さんへの追悼メッセージが続々と寄せられていた。 あるアカウントは開さんの最新ツイート(20日14時台)に対し、「寂しくなりますね。 お気を落とされませんよう」と、開さんを激励するリプライを送っているほか、別のアカウントは「どうか、お父様のような素敵なエースになってください」と、やはり、開さんへの激励の言葉を送っている。 錠さんへの多くのコメントが寄せられている開さんのツイッターだが、その投稿を遡ってみると、同アカウントで開さんはたびたび、映画作品についてのリツイートを行っていることが分かる。 1月19日に、開さんは映画「娘は戦場で生まれた」(2月29日公開)の公式ツイッターのツイートをリツイート。 同映画はシリアの内戦の様子を撮影したドキュメンタリー映画だ。 また、これより前の16日、開さんは「社会的格差貧困をテーマにした一大エンターテインメント!!」とのメッセージを添えつつ、映画「パラサイト 半地下の家族」のポスター画像をツイートしている。 「ストロベリーナイトサーガ」で刑事役 さらにツイートを遡っていくと、政治家や新聞記者のツイートのアカウントも目立つようになる。 14日には原口一博・衆議院議員によるカルロス・ゴーン被告の逃亡に対するコメントをリツイート。 同日にはほかにも慶應義塾大学の金子勝名誉教授や小沢一郎・衆議院議員をリツイートしているほか、東京新聞の望月衣塑子記者や元文部科学事務次官の前川喜平氏をもリツイート。 いずれも社会問題などに言及するツイートであり、前述の映画の内容同様、開さんが社会問題に強い関心を持っていることが見て取れる。 ただ、盛んなツイートの一方で、最近の開さんについては目立った芸能活動は少ないようだ。 所属事務所サイトの情報によると、2019年には4月期に放送された「ストロベリーナイトサーガ」(フジテレビ系)に刑事役で出演したものの、その後は連続ドラマへの出演はなし。 また、同年11月16日には「チコちゃんに叱られる!」(NHK総合)に出演したものの、そのほかに目立ったバラエティー番組への出演は見当たらない。 このためか、ツイッター上にはファンからの「最近見ないね」といった心配の声もチラホラ上がっているが、当の開さんのツイートは前述の通り、「社会派」と言って良いリツイートがそれ以前も続々となされている。 マイペースとも言える運用が続くツイッターを見ていると、ファンとしてはついついやきもきしてしまうのが正直なところだろう。 (J-CASTニュース編集部 坂下朋永).

次の