ジャーナル スタンダード ファニチャー。 [O.L.D.] オーエルディー|ACME FURNITURE アクメファニチャー やjournal standard Furniture ジャーナルスタンダードファニチャー などの家具を中心に販売している名古屋のアパレル、インテリアショップです。

journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)の商品の卸・通販

ジャーナル スタンダード ファニチャー

ジャーナルスタンダードファニチャーは時流を加えたファッションのようなスタイルを提供しているインテリアショップです。 そのシンプルかつ堅牢なデザインの家具がとてもオシャレでカッコイイと、多くのインテリア好きさんから注目を集めています。 注目を浴びるのは、最新のトレンドが感じられる見た目のデザインだけではなく、機能性や満足感を手に入れられるのと、様々な場面で利便性に優れているのもよいところでしょう。 そんなジャーナルスタンダードファニチャーで手に入る家具について写真を交えて紹介します。 特にDIYが好きで、DIYが終わった部屋によく馴染むオシャレな家具を探しているという人は参考にしてみましょう。 ここなら、あなたにピッタリな家具が見つかるはず!! ジャーナルスタンダードファニチャーは! リビングルームは家の主役。 リビングルームが使いにくい、印象が悪いと家自体の価値も下がってきます。 リビングルームは最も長い時間を過ごすところもでもあり、クオリティーオブライフにもかかわってきます。 だからこそリビングルームはしっかりとコーディネートしておきたいところです。 そんなリビングルームを構築する際にはテーマを決めることが大事です。 どのようなテーマでリビングルームを構築するかによって揃えるべき家具も変わってきます。 逆に何のテーマもなしにリビングルームに置く家具を決めるとリビングルームの印象も、ちぐはぐになるので気をつけておきましょう。 この点でもジャーナルスタンダードファニチャーは役立つところです。 ジャーナルスタンダードファニチャーのインテリアはどれも雰囲気が似ていてあまり深く考えずとも、オシャレで居心地のよいリビングルームが作れます。 たとえば、リビングルームでもっと家族や恋人が過ごしやすい空間にしたい、友人や親戚に自慢できるような空間にしたいと考えている人は、上の写真のようなソファやテーブルを用意してみてはいかがでしょうか。 シックで落ち着いたイメージのブラウンカラーソファと、シンプルで使いやすいスタンダードテーブルが、まるで隠れ家的洋風カフェを思わせるようなリビングルームに大変身させます。 他にも、ジャーナルスタンダードファニチャーが販売しているリビングルーム向けの家具がどのようなものか知りたいという人は下記の写真を参考にしてみてください。 見てわかるように実にシンプルながら独特のテーマがあることが感じられるはずです。 上の写真のようにカーペットはかなり主張が強いですから、カーペット選びにもこだわってみるのがおすすめです。 こたつは昔からある日本の暖房器具です。 こたつの人気は衰えることがありませんが、こたつもジャーナルスタンダードファニチャーで手に入ります。 ジャーナルスタンダードのこたつは日本風でありながら洋風のソファなどとも合わせやすいところも利点でしょう。 こたつをリビングルームに取り入れる際には部屋が狭苦しくならないように気をつけましょう。 こたつは占めるスペースもかなり広いですから、こたつを置くと部屋が狭くなって暮らしにくくなることも。 これを防ぐためにもこたつを角に置いたりするのがおすすめです。 他に、こたつに備え付けたい収納ボックスなどもあります。 ジャーナルスタンダードファニチャーのこたつが気になるという人はぜひチェックしてみてください。 見てわかるようにかなり洋風家具との相性もよいことがわかります。 ジャーナルスタンダードファニチャーではこたつに限らず洋風家具も多いので、家をジャーナルスタンダードファニチャーの家具で統一してみるのもよいでしょう。 家具選びの際にはなるべく選択肢が多いに越したことがありません。 選択肢が多数あれば自分にあった家具がかなり選びやすくなります。 ジャーナルスタンダードファニチャーは家具の品ぞろえもかなり豊富なのでこの点でも安心です。 たとえば、収納棚ひとつをとっても多くの種類があって選びやすくなっています。 しかし、それだけ悩んでしまうという人もいるでしょう。 そんな人はまずはジャーナルスタンダードファニチャーのカタログをチェックして、どの家具にするか決めてからジャーナルスタンダードファニチャーの店舗を訪れてみるのがよいかもしれません。 カタログは! この収納棚のようにジャーナルスタンダードファニチャーの家具はかなり作りもしっかりしています。 一度購入すれば数十年単位で利用していけることでしょう。 このため、一生ものの家具が欲しい場合にもジャーナルスタンダードファニチャーは役立ちます。 この収納棚のようにシンプルなデザインの家具も多いため、いろいろな場面に活用できる家具が多いことも利点になっています。 仕事もおしゃれな気分が大事!毎日使うビジネス家具も入手可能 ビジネス用品もジャーナルスタンダードファニチャーでは揃っています。 たとえば、デスク、チェアー、収納ボックス、ファイラーなどが入手可能です。 オフィスをかっこよく決めたい場合にもジャーナルスタンダードファニチャーを利用してみるとよいでしょう。 ビジネス用品はなるべく統一することも大事で統一することでオフィスの見栄えもよくなります。 「デスクチェアーはこのブランドにする」「チェアーはこのブランドにする」といったようにいろいろなブランドを利用すると、トーン&マナーがバラバラになってしまいます。 この点でもジャーナルスタンダードファニチャーであれば、一度に大量に購入することができますから利用しやすいでしょう。 あまりないサイジング!リビングチェア ジャーナルスタンダードファニチャーが特にこだわっているのがチェアです。 武骨な印象が魅力的で、ゆったりと座れるのでリラックスもしやすいです。 カバーも取り外しできますし、長時間座っていても疲れにくいのも利点でしょう。 ジャーナルスタンダードファニチャーのチェアーは実に種類も豊富であり、かなり選びがいもあります。 中でもリビングチェアは特におすすめしたいところです。 ジャーナルスタンダードファニチャーのリビングチェアはシンプルかつほかのお店の家具にはない魅力があります。 どれも落ち着く印象のものが多いですし、洋風、和風のどちらの部屋でも簡単に合わせていくことができます。 このように洋風・和風のどちらにも合う家具はそこまで多くないので、和風の家に住んでいる場合にもジャーナルスタンダードファニチャーは役立つところでしょう。 また、椅子カバーも変えやすい、高さ調節が簡単といったように機能豊富なアイテムが多いこともジャーナルス タンダードファニチャーの特徴です。 これだけ機能が豊富であれば「こんな機能があったらいいのに」と購入後に後悔することもなくなるはずです。 ジャーナルスタンダードファニチャーで纏う豊かさ このように、ぜひとも参考にしていただきたいインテリアの数々をご紹介させていただきましたが、お気に召したものはありましたか? DIYをした後に新しい家具が必要になった時や、オフィスルームをもっとオシャレにする家具が欲しいといった時などいろいろな用途で利用することができるので、興味のある方は一度覗いてみるといいでしょう。 ジャーナルスタンダードファニチャーは!.

次の

無敵!ジャーナルスタンダードファニチャーでつくる男前インテリア空間

ジャーナル スタンダード ファニチャー

独自のセレクトでグローバルな商品と情報を提案するアパレルブランド・JOURNAL STANDARD ジャーナルスタンダード が展開するインテリアブランド。 ジャンルやカテゴリーに捕らわれないスタイリングを発信するJOURNAL STANDARDのコンセプトそのままに、時代感の異なる家具に現在のエッセンスを加えたミックススタイルを得意とする。 「Re-Make」「Re-Use」をテーマにしたオリジナル家具は、古材や古布、錆びたアイアンなどの経年美を感じるアイテムが豊富で、ヴィンテージ家具とも相性抜群。 ファッション性と普遍性が混ざり合う独自の世界観は、JOURNAL STANDARDファンならずとも見逃せない。 アワード受賞歴• グッドデザイン賞• ウッドデザイン賞• iF DESIGN AWARD iFデザイン賞• red dot design award レッドドットデザイン賞• キッズデザイン賞• IAUDアウォード• JIDAデザインミュージアムセレクション• FIRA Furniture Industry Research Association• German Design Award ドイツデザイン賞• IDEA Award IDEAデザイン賞• universal design award• recommended: UNIVERSAL DESIGN• UNIVERSAL DESIGN COMPETITION• Good Design Awards シカゴ・グッドデザイン賞• Baden-Wurttemberg International Design Award バーデン・ヴュルテンベルク州国際デザイン賞• ホームシアターグランプリ.

次の

journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)ALAMEDA SOFA 3P(アラメダソファ3シーター)ダークグレー

ジャーナル スタンダード ファニチャー

カバーリングソファならではの縫製を、可能な限り見え方に意識して製作を。 ストレートなパイピングや、座面とアームの生地を切り離すことで一見張りぐるみのソファとは見間違うほどの仕上がりとなっています。 機能面では、汚れてしまってもカバーを洗えるのはもちろんのこと、アーム内側は横になった際に肌が触れる部分になる事が多いので 縫製を入れずに仕上げることで多少なりともストレスを感じません。 配送員2人体制で商品をお部屋の中まで搬入して、開梱・設置・段ボール回収まで行います。 お客様はお立ち合いと商品設置場所のご指示をお願い致します。 ご注文時の通信欄に第1~3ご希望日までご連絡いただけますと、配送日お打ち合わせがよりスムーズです。 次回入荷予定については、都度メーカーへ確認させていただいてからのご案内となりますが、海外からの入荷のため、お時間を頂戴する場合もございます。 その場合、別途個別に送料見積もり等、配送についてのお打ち合わせをさせて頂きます。 ・搬入設置便は事前に配送人員を確保した上で、配送ルートも決まります為、直前の配送日変更やご不在による再配達は別途費用が発生する場合がございます。 ・その他、ご希望がございましたらご注文時にご相談ください。 ただし、できる限りご希望はお伺いいたしますが、ご希望に添えない場合もございます。 ・メーカー休業日(年末年始、GW等大型連休、お盆期間中等)や、引っ越しシーズン等、配送繁忙期には、上記ご案内日数よりお時間を頂戴する場合がございます。 ATTENTION journal standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)のアイテムは、ヴィンテージ感を強く出しているため、木部やレザー、アイアンの加工、ファブリックの柄の出方などが一点一点異なります。 木部における木目の出方・節・傷・塗装ムラ・傷・反り・割れや、アイアンにおける錆・塗料ムラ・傷・歪み・錆などは、ヴィンテージ感を出すための加工です。 またレザー部分における色ムラ・シボの強弱・傷・シミにつきましても、レザー特有の深い味わいであり、天然レザーとしての証です。 これら商品の特徴であり、不良品ではございません。 商品のデザインとしてご理解の上、お買い求め頂きますようお願い申し上げます。

次の