アイフォンストレージ その他とは。 iPhone容量を圧迫する『その他』とは?

3つの方法でiPhoneストレージの「その他」を削除する

アイフォンストレージ その他とは

オーディオ:曲、オーディオ Podcast、オーディオブック、ボイスメモ、着信音。 ビデオ:映画、ミュージックビデオ、テレビ番組。 写真:フォトライブラリ、カメラロール、フォトストリームのコンテンツ。 App:インストールされた App。 App のコンテンツは、「書類とデータ」に分類されます。 ブック:iBooks のブック、オーディオブック、PDF ファイル。 書類とデータ:Safari のオフラインリーディングリスト、インストール済みの App 内に保管されているファイル、App のコンテンツ 連絡先、カレンダー、メッセージ、メールと添付ファイルなど。 その他:Siri の音声、システムデータ、キャッシュファイル。 iOSデバイスで確認する場合• 確認したいアプリを選択し、書類とデータを使用しているアプリがある場合は、アプリのサイズとは別に 「書類とデータ」の項目でサイズも表示されている。 その1. オフラインリーディングリストの整理 はじめに説明したように、 書類とデータには「Safariのオフラインリーディングリスト」も含まれる。 書類とデータのストレージを開放する方法の1つ目として、このSafariのリーディングリストを整理する。 オフラインリーディングリストやキャッシュの削除方法はiOS10やiOS11では多少異なるため、別記事に詳しくまとめているので参考にしていただきたい。 またSafariにあるキャッシュやCookieなどを削除しておくことで書類とデータだけでなくその他に含まれるものも削除することができるので見なおしておくことをおすすめする。 リーディングリストの整理やSafariの履歴やサイトデータを消去する方法は以下のリンクで確認できる。 その2. メッセージの添付ファイルや会話を削除 iOSのメッセージアプリで受信した添付ファイルなどは、書類とデータとしてストレージを使用しているため、かなり大きくなってしまう可能性がある。 メッセージアプリをあまり使用しない場合は効果が薄いかもしれないが見なおしておく価値はあるはずだ。 iOS11の場合 iOS11の場合、メッセージアプリで受信した写真やビデオ、チャットなどを個別に削除することができるため、管理しやすくなっている。 具体的な削除方法は以下のリンクを参考にしていただきたい。 iOS10以前の場合 サードパーティ製ソフトを使用 iOS10以前の場合は、少し手間がかかるが、サードパーティ製のソフトを使用して少し無理矢理になるが、添付ファイルを削除することができる。 こちらの方法についても以前に記事にしているので参考にしていただきたい。 またはiOS10の脱獄ユーザーはiFileを使用するともう少し簡単に行える。 その3. メールの添付ファイルなどを削除 メッセージアプリと同じくメールアプリには添付ファイルやキャッシュなどがあり、削除することで改善することができる。 方法は簡単で設定アプリ内のメール設定で アカウントを削除した後、再度アカウントを追加することで可能だ。 ミュージックから音楽をすべて消去した後、 PCにiOSデバイスを接続し、再度音楽を同期する。 これによりキャッシュがクリアされる。 その5. アプリを再インストール iOSデバイスに元々インストールされているメールやメッセージアプリ以外のApp Storeなどからインストールしたゲームやその他アプリなども使用しているうちにキャッシュが溜まっていくものがある。 これらは基本的に一度アンインストールした後、再インストールすることで改善できる。 またこの作業も「その他」のデータを大幅に改善することもあるので定期的に行なうメリットは十分にあるだろう。 設定アプリ内からアプリを削除 ホーム画面からアイコン長押しで削除することができるが、設定アプリ内からそれぞれのアプリで使用されている書類とデータやアプリのサイズなどが確認でき、その場で削除も行うことができる。 後、AppStoreから再インストールする。 更新履歴•

次の

iPhone/iPadの空き容量が復活!ストレージ「その他」を消す方法

アイフォンストレージ その他とは

要約: iPhoneを長く使うと、「その他」データがいっぱいになってストレージを圧迫したことがよく発生しますから、どのように削除して容量を増やせますか?この記事はiPhoneストレージの「その他」を削除する方法を3つまとめて紹介しますから、参考にしてください。 iPhoneを使用していると、様々なアプリをインストールしたり、写真や音楽をたくさん保存したりして、つい容量を圧迫して空きストレージが不足になりました。 iPhoneやiTunesで容量をチェックすると、写真や動画の他に、「その他」データが溜まってiPhoneストレージを圧迫しています。 その場合に、どのようにその他データを削除して空き容量を増やしますか?従って、今回の記事では、iPhoneストレージ「その他」を削除する方法を3つまとめてご紹介します。 iPhoneストレージの「その他」とは アップルの公式サイトより、「その他」データはシステムファイル、ソフトウェアアップデート、Siri の音声、キャッシュ済みのファイル、ログなど、その他すべてのデータの総合です。 なので、iPhoneを長く使うと、このようなiPhoneの中に見えないゴミが溜まっていきます。 そして、「その他」データの詳しい情報を確認したいなら、iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続した後、iTunesで をクリックして下部の黄色の帯で確認してください。 方法一: iPhone本体を再起動してストレージの「その他」を削除する iPhoneの「その他」を削除したいなら、最も手軽な方法はiPhone本体を再起動することです。 異なる機種で再起動する方法が違いますから、次の記事でiPhoneの再起動方法をまとめて紹介します: 方法二: iPhoneを初期化してストレージの「その他」を削除する iPhone「その他」を削除することについて、一番確実な方法は、iPhoneを初期化して復元することですから、ここで、具体的な操作手順をご紹介します。 Step 1: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > iTunesを起動して をクリック > 「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてパスワードを設定 > 「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneをバックアップします。 iPhoneの「その他」を削除 追加Tip: iTunesバックアップからデータを個別に復元する方法 しかし、iTunesでデータを完全復元する際に、「その他」内の一部データも復元しましたから、ここで、iTunesバックアップからデータを個別に復元する方法を紹介したいです。 それは、iOSデバイス向け専用の復元ソフト-を利用してiTunesバックアップからデータを個別に復元します。 そして、このソフトは次のようなメリットやデメリットがあります: メリット: 1. iTunesバックアップ内のデータを17種類に分けれて、個別に復元することができる。 連絡先、メッセージ、通話履歴、写真など大切なデータだけをiPhoneに復元する際に、「その他」データを完全に削除できる。 バックアップ内のデータが展示されてプレビューできるので、復元したいデータだけを選択できる。 データをそのままにデバイスに復元して、アプリ内で再確認することができる。 デメリット: 1. 一時的にLINEやAppドキュメント、App画像のデータをデバイスにに復元することが支持していない。 iPhoneの設定を復元することもできない。 もし「その他」データを徹底的に削除したいなら、BackupNinjaでの復元をおすすめしますが、復元する際のデメリットも十分に注意してください。 とりあえず、次では、BackupNinjaでの復元方法を画像付きでご紹介します。 Step 1: iPhoneを初期化した後、USBケーブルでパソコンと接続 > BackupNinjaをダウンロードして起動 > ホーム画面の中の「復元」ボタンをクリックします。 iPhoneの「その他」を削除 簡単な操作でiTunesバックアップを復元できますから、初心者でもすぐに使えます。 それでは、さっそく体験しませんか。 方法三: iPhone内のアプリを整理してストレージの「その他」を削除する iPhoneを初期化して復元する方法は確実に「その他」を削除できますが、かなり時間がかかっています。 実は、インストールされている各アプリ内に溜まっている不要ファイルも「その他」に含まれているから、iPhoneで各アプリの使用容量を確認して整理することもおすすめします。 手順: お使いのiPhoneで「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」という順でタップして、各アプリのストレージ使用状況を確認します。 iPhoneの「その他」を削除 不自然に容量の多いアプリを削除して再インストールしたり、使っていないアプリをアンインストールしたりして、アプリごとのデータを消去して「その他」も削除できます。 だが、多くのアプリがあったら、一つずつでアプリを削除するのは面倒ですから、ここで、パソコンでiPhone上のアプリをまとめて管理できるソフト-をおすすめします。 そして、このソフトは次のようにメリットがあります: 1. 複数のアプリを選択して一括に削除することができる。 検索ボタンがあるので、アプリが多いでも迅速に探せる。 削除したアプリの再インストールも支持している。 数クリックでできるから、初心者やパソコンに苦手な方も使える。 なので、お使いのiPhoneでアプリストレージ使用状況を確認する際に、パソコンのAppSitterでアプリを削除や再インストールすることをおすすめします。 それでは、さっそく使ってみてください。 具体的な使用方法は以下の部分をご参考ください。 Step 1: パソコンでAppSitterをダウンロードして起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。 iPhoneの「その他」を削除 削除したアプリの再インストールは2つの方法があって、App管理の「このデバイスで購入済みApp」で、または、Appライブラリの「App Store」検索でアプリをライブラリにダウンロードした後再インストールすることもできます。 なので、もしiPhone内のアプリを整理して「その他」を削除したいなら、今すぐパソコンでアプリをまとめて管理しましょう! 最後に 以上はiPhoneストレージの「その他」を削除する3つの方法です。 どうでしょうか?もし「その他」データがiPhoneの容量を圧迫しているので、削除したいなら、ぜひ上記の方法を利用してみてください。 最後まで読んでありがとうございました。 この記事がお役に立ったら、シェアしてくれると嬉しいです。

次の

「その他」がストレージを圧迫する場合の解決方法

アイフォンストレージ その他とは

こんにちは!!『アル』です。 本日ご紹介させて頂く内容は 『iPhoneのストレージがその他で一杯になった時の容量確保する為に削除し解決する方法』 をご紹介していきます。 Apple製品を長年使用していて 一番にネックな問題になってくるのが ストレージを埋め尽くす『その他』の処理方法 写真や動画などでデータを消費するのは 理解が出来ますよね。 ゲームなどのアプリを入れて楽しんでいたら iPhoneのストレージを圧迫するのも当然です。 しかし、その他がiPhoneのストレージを圧迫 することはアル的にはちょっと理解不能です。 ここからあなたのiPhoneを『その他から救う』べく 削除する方法をご紹介し解決していきましょう。 iPhoneのストレージを埋め尽くす『その他』ってそもそも何者? 『その他』の正体はなんと・・・・ あなたがこれまでiPhoneを愛用してきた証! なんてかっこいい事を言いたい所ですが、 本当にそうなんですよね。 これまで使用してきたアプリやファイルなどの キャッシュが溜まりに溜まってしまっているんです。 もちろん『その他』の中には必要なデータも保存 されていますが、そうではない 『不必要なデータ』 も同時に保存されてしまっているのです。 『その他』はiPhoneを使用すればするほど どんどん膨らんでいきストレージを圧迫させる 原因になるわけなんです。 iPhoneの『その他』を簡単に削除してスッキリする方法 『その他』のデータを効率良く簡単に削除する方法 はiTunesを使用して行います。 お使いの iPhoneをiTunesに接続し データのバックアップを行います。 iTunesにiPhoneのデータをバックアップする事が出来たら 次にiPhoneを初期化してリセットしていきます。 安心してくださいね。 あなたのiPhoneデータはiTunesですでに バックアップをしているので、初期化後に復元して いきますよ。 iPhoneの設定から進み初期化してきます。 iPhoneのリセットが完了したら 今度は元のデータをiPhoneに復元していきます。 リセットされたiPhoneをUSBケーブルで iTunesと接続させると 『このバックアップから復元』すると 表示されますのでバックアップを取ったiPhoneを 選択してパスコードを入力して下さい。 上記の方法でバックアップを行い 復元すればLINEのトーク履歴は削除されません。 iPhoneの復元が完了したらさっそく ストレージを圧迫していた 『その他の容量』 が減っている事を確認する事が可能です。 まとめ 前回、ご紹介させていただいた 上記の7つの解決策は 手軽に使っているiPhoneのみで 解決する事ができるので 外出時や時間がない時にオススメの方法です。 時間にちょっとだけゆとりがある人は ぜひ、 『がっつりその他を削除』して 大きなストレージの容量を確保しましょう。

次の