煉獄さん かっこいい。 煉獄杏寿郎のかっこいい名言!死んでもなお炎柱のかっこよさが伝わる|鬼滅の刃.info

【鬼滅の刃】炎柱 煉獄 杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)がかっこいい!イケメンすぎる心と超泣ける最期。

煉獄さん かっこいい

引用:鬼滅の刃7巻 これは7巻55話に登場するシーン。 鬼の術で柱になった報告をしに父の部屋を訪れる煉獄さんですが、父は煉獄さんが柱になった報告を受けても煉獄さんを見ようともせず、「柱になったからなんだ。 どうせたいしたものにはなれないんだ」と冷たくあしらいます。 ショックを受けつつ部屋を出ると、弟の千寿郎と会い、「父上は喜んでくれましたか?」と聞かれます。 さらに、「俺も柱になったら父上に認めて貰えるでしょうか」と言われました。 その後の回想では優しくて強い父へのリスペクトと、現在の父がどうしてあんなに堕落してしまったかへの疑問、千寿郎への思慮が描かれており、その上で煉獄さんは父は自分が柱になったことを喜んでくれなかったことを正直に、前向きに千寿郎へ伝えました。 父の態度は煉獄さんにとって大変ショックだったと思いますし、その態度を受けたあとで千寿郎が父に認められたいと思っている事を聞いてしまうと、つい誤魔化したり、嘘をついたりしてしまうような場面だと思うのですが、煉獄さんはここで正直に千寿郎君へ認められなかった事を伝え、更に、認められる事が全てじゃない、同じ道を辿ろうとしなくていい。 千寿郎を信じていると諭すようにきっぱり伝えていた所が、煉獄さんの強さと優しさが表現されているようでとてもかっこいいなと思いました。 その強さが鬼になれば永久に死なずに、尚且つ強さを保持またはそれ以上にすることができる至高の領域に踏み入れることが出来ると話します。 しかし、煉獄は人間が老いることや死ぬことが儚さの中にある美しさであると言い、鬼になることを断ります。 怪我を負っている炭治郎が弱いと猗窩座は言いますが、煉獄は侮辱するなと言い放ちます。 確かに炭治郎は猗窩座の言う通り、下弦の鬼を倒すだけで立てない、刀も握れないほどの大怪我を負っています。 それに比べて柱でもある煉獄はまだまだ技も繰り出せる、強さが圧倒的に違います。 それでも一緒に戦い、鬼を倒すことで戦闘が難しくなっている状況を炭治郎は弱くないと、侮辱するなと言う、自分より下の人間の立場を理解できるからこそ炭治郎を庇う行動が出来るのだと思いました。 また、敵である猗窩座が褒め称えていることから煉獄杏寿郎の実力が遺憾なく発揮されているシーンだとも思います。 実力で敵わないのにも関わらず、日が昇る朝まで粘ろうとする根気が垣間見えるところも良いと感じています。 母親との約束を守り、後輩たちを助け、最後の最後まで先輩としての勇姿を見せ続けていました。 また、家族へも愛情のこもった遺言を残したシーンには、胸を打たれ煉獄さんの男としてのかっこよさを感じました。 全ての戦闘が終わり、瀕死の状態で炭治郎や列車の乗客を守り抜いたあとの余韻がカッコいいです。 そんな中でも、自分が死ぬことを気にしないで欲しいと炭治郎へ言葉をかけていました。 鬼殺隊の柱としての心構えも感じられるシーンでした。

次の

《鬼滅の刃》煉獄杏寿郎の名言がイイ!煉獄さんの名言セリフまとめ

煉獄さん かっこいい

『裁判の必要などないだろう!鬼を庇うなど明らかな隊律違反!我等のみで対処可能!鬼もろとも斬首する!』• 『不死川の言う通りです!人を喰い殺せば取り返しがつかない!!殺された人は戻らない!』• 『(うむ!いい心掛けだ!)』• 『この話はこれでお終いだな!!』• 『俺の継子になるといい 面倒を見てやろう!』• 『溝口少年 君の刀は何色だ!』• 『罪なき人に牙を剥こうものならば この煉獄の赫き炎刀が お前を骨まで焼き尽くす!!』• 『うーん!うたた寝している間にこんな事態になっていようとは!!よもやよもやだ!柱として不甲斐なし!!穴があったら入りたい!!』• 『柱までは一万歩あるかもしれないがな!』• 『昨日の自分より確実に強い自分になれる』• 『だから柱である俺が来た!』• 『君と俺が何の話をする? 初対面だが俺はすでに君のことが嫌いだ』• 『老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ 老いるからこそ 死ぬからこそ 堪らなく愛おしく尊いのだ 強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない この少年は弱くない侮辱するな』• 『動くな!!傷が開いたら致命傷になるぞ!!待機命令!!』• 『俺は俺の責務を全うする!!ここにいる者は誰も死なせない!!』• 『(母上 俺の方こそ貴女のような人に生んでもらえて光栄だった)』• 『竈門少年が死んでしまったら俺の負けになってしまうぞ』• 『こっちにおいで 最後に少し話をしよう』• 『弟の千寿郎には自分の心のまま 正しいと思う道を進むよう伝えて欲しい 父には体を大切にしてほしいと』• 『それから 竈門少年 俺は君の妹を信じる 鬼殺隊の一員として認める』• 『胸を張って生きろ 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ 歯を喰いしばって前を向け 君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない 共に寄り添って悲しんではくれない』• 『竈門少年 猪頭少年 黄色い少年 もっともっと成長しろ そして 今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ 俺は信じる 君たちを信じる』• 『(俺はちゃんとやれただろうか やるべきこと 果たすべきことを全うできましたか?)』.

次の

《鬼滅の刃》煉獄杏寿郎の名言がイイ!煉獄さんの名言セリフまとめ

煉獄さん かっこいい

引用:鬼滅の刃7巻 これは7巻55話に登場するシーン。 鬼の術で柱になった報告をしに父の部屋を訪れる煉獄さんですが、父は煉獄さんが柱になった報告を受けても煉獄さんを見ようともせず、「柱になったからなんだ。 どうせたいしたものにはなれないんだ」と冷たくあしらいます。 ショックを受けつつ部屋を出ると、弟の千寿郎と会い、「父上は喜んでくれましたか?」と聞かれます。 さらに、「俺も柱になったら父上に認めて貰えるでしょうか」と言われました。 その後の回想では優しくて強い父へのリスペクトと、現在の父がどうしてあんなに堕落してしまったかへの疑問、千寿郎への思慮が描かれており、その上で煉獄さんは父は自分が柱になったことを喜んでくれなかったことを正直に、前向きに千寿郎へ伝えました。 父の態度は煉獄さんにとって大変ショックだったと思いますし、その態度を受けたあとで千寿郎が父に認められたいと思っている事を聞いてしまうと、つい誤魔化したり、嘘をついたりしてしまうような場面だと思うのですが、煉獄さんはここで正直に千寿郎君へ認められなかった事を伝え、更に、認められる事が全てじゃない、同じ道を辿ろうとしなくていい。 千寿郎を信じていると諭すようにきっぱり伝えていた所が、煉獄さんの強さと優しさが表現されているようでとてもかっこいいなと思いました。 その強さが鬼になれば永久に死なずに、尚且つ強さを保持またはそれ以上にすることができる至高の領域に踏み入れることが出来ると話します。 しかし、煉獄は人間が老いることや死ぬことが儚さの中にある美しさであると言い、鬼になることを断ります。 怪我を負っている炭治郎が弱いと猗窩座は言いますが、煉獄は侮辱するなと言い放ちます。 確かに炭治郎は猗窩座の言う通り、下弦の鬼を倒すだけで立てない、刀も握れないほどの大怪我を負っています。 それに比べて柱でもある煉獄はまだまだ技も繰り出せる、強さが圧倒的に違います。 それでも一緒に戦い、鬼を倒すことで戦闘が難しくなっている状況を炭治郎は弱くないと、侮辱するなと言う、自分より下の人間の立場を理解できるからこそ炭治郎を庇う行動が出来るのだと思いました。 また、敵である猗窩座が褒め称えていることから煉獄杏寿郎の実力が遺憾なく発揮されているシーンだとも思います。 実力で敵わないのにも関わらず、日が昇る朝まで粘ろうとする根気が垣間見えるところも良いと感じています。 母親との約束を守り、後輩たちを助け、最後の最後まで先輩としての勇姿を見せ続けていました。 また、家族へも愛情のこもった遺言を残したシーンには、胸を打たれ煉獄さんの男としてのかっこよさを感じました。 全ての戦闘が終わり、瀕死の状態で炭治郎や列車の乗客を守り抜いたあとの余韻がカッコいいです。 そんな中でも、自分が死ぬことを気にしないで欲しいと炭治郎へ言葉をかけていました。 鬼殺隊の柱としての心構えも感じられるシーンでした。

次の